• ベストアンサー
  • 困ってます

表層改良と布基礎について

初めて質問させていただきます。よろしくお願いします 私の実家ですがとあるHMにてH4年夏着工、H5年初頭に引渡しとなった家ですが現在建物の対角で約9cm傾いております。 もともと軟弱地盤で知られる土地で、さらに新築時に周りの土地とレベルを合わせる為に約1m盛り土をしております。 そのような場所で当初HMはベタ基礎を考えていたようですが、それでも不安があったので盛り土分約1mを表層改良を行うこととし、 それに伴いHMは布基礎に変更して工事いたしました。 結果的に築約9年時に異変を感じて測定依頼すると建物の対角で約9cm傾いておりました。 そして時間はたっていますが先日再測定を行い同様に約9cmの傾きでした。 HM側の説明ですが基礎部、表層改良部に問題はなくその下部の地盤部が 沈下して現状のようになったそうです。当時の技術的知見では予測不能であり100%の補償はできかねるとの回答でした。 現在は傾き修正のための見積もりをしていただき、そのうちどの程度HMが補償できるかの検討をしていただいております。 長くなりましたが私としては当時の技術的常識がどうだあったか知りたいと考えています。(HMの言い分は正しいのかを確認したい) さらに何かお勧めの学術文献や裁判の判例等がありましたら教えていただきたくよろしくお願いいたします。 グダグダの文面で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数672
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • billy65
  • ベストアンサー率48% (39/80)

2の者です。さらに補足しますと、 日本建築学会「建築基礎設計のための地盤調査計画指針」は第一版が1985年に出されています。昭和60年です。これに遅れて、さきにふれた「小規模建築物基礎設計の手引き」が昭和63年、同年に「建築基礎構造設計指針」も示されました。 「建築基礎設計のための地盤調査計画指針」は1995年に一部改正されて現在となっています。平成7年です。主には「地盤種別」を明確にし、より精度の高い調査立案となる指標が加えられたっていう流れです。 これらは、建築が人命を守る安全なものとするために最低限守らなくてはいけない指針として作成されています。 まずは、現状把握、周辺状況も含めた地盤調査は必要かとは思います。 質問の情報から言えることとして、盛土部分のみの表層改良は、全く意味をなしていないということですね。また、その下の地盤のことは知らないという姿勢は、大変問題だという点ですね。その下の地盤も含めて敷地なわけですから…。 この手の訴訟判例は、いっぱいありますよ。。。 第三者を入れて話し合いをしたほうがよいのではと感じました。 あっ、ただし昨今の大規模地震の地域だとすると、難しいとは思います。 それと気になるのは、築9年で気がついたというところと、その後数年間、何も地盤に対する調査をしてこなかったと思われるところです。 堅い話ですみません…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

前回の回答をいただいてから早速図書館で「小規模建築物基礎設計の手引き」を借りて現在勉強中です。 相手はとりあえず有名HMなのでそれなりに会話できると信じて理論武装をして相手方の対応を伺うという対応を考えています。 訴訟を起こしたところで費用と時間を浪費して最悪得られるものなし という場合を考えられますし・・・。 とりあえず今月末に次回打ち合わせがあるので又報告させていただきます。

関連するQ&A

  • 表層改良とべた基礎

    地盤改良(表層改良)とべた基礎について教えてください。 表層改良とは、地盤を一定の厚みでセメント系等の改良材で混合攪拌して1枚の盤にしてしまうものと理解しています。また、べた基礎とは、接地圧の分散を図るものでN値が低い場合にとられる基礎型式と理解しています。 では、表層改良が必要な地盤とは、べた基礎でももたないような軟弱地盤が表層に薄く分布している地盤ということなのでしょうか? 通常、表層改良は1m程度しか行わないと思うのですが、だったらべた基礎の接地面を1m掘り下げても同じではないかと思うのですが。 質問の論点がぼけてしまって申し訳ありません。要は、「表層改良+べた基礎が必要な場合」とは、どのようなケースなのでしょうか? 基本的なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • 軟弱地盤の上に表層改良のある土地の購入について悩んでいます(長文です)

    マイホームのため土地を検討している者です。 数社のHMに相談はしてるのですが、意見が分かれ悩んでいます。 一般的なご意見をいただければ幸いです。 土地は、30年ほど前は田で、その後、元の地主さんが駐車場にする ため行った表層改良が地表面から1m程下に、50cm~1mの厚さ で、分譲地全体にわたって存在しています。 その土地を中規模の分譲業者(今回の売主)が購入し、9区画で 分譲しています(すでに6区画は建築済み)。元々は建築条件付 きの土地だったのですが、条件を外してもらったのでHMと相談 しつつ検討しています。 場所が谷地で、近くに小さな川が流れていることもあり、SSやボーリング のデータを見ても、相当、軟弱地盤の土地です(建築済みの家では13m 程度の鋼管杭を打ってるそうです)。 また、地下水位が非常に浅く、表面は乾いていても1m弱も掘ると、 どんどん水が浸み出てくるほどです。 この土地に家を建てるにあたって、杭を打つ部分についての表層改良 は売主負担で撤去してもらえることになっています。しかし、全面的 には撤去しないとのことで、既に周りの家はその方式で建ててるそうです。 しかし、表層改良の影響を巡って意見が分かれています。 多くのHMは、表層改良を残したまま建てることに難色を示している のですが、1社は杭さえしっかり施工すれば心配ないと言っています。 地盤以外は非常に気に入った条件の土地なのですが、軟弱地盤の上に 表層改良のある今回のケースで考えられる不具合や、建築する際の注意点 としてはどのようなことが考えられるでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#78261

2の方の情報から考えると昭和64年=平成元年ですから地盤改良の歴史は20年という一般知識も裏付けられなるほどと思いました。しかし、確かに地盤の確認をするように法令化されたのは平成12年改正のときだと思います。 しかし、一流HMならば平成4年頃は地盤調査はやってたとおもいます。それを町場との差別化にしていたような所もあります。私は平成元年~11年まで一部上場HMにいましたが、入社当初は必ず住宅でも地盤調査はしていましたがコンペネなど不確かなものが多く、地盤の弱そうなところだけSSという方向で、当時10万近くしたSSの全棟採用は平成3年頃~だったと思います。既に地盤クレーム対策の研修もあり、注意すべき点を共有していました。必ず、SSをやる時は複数ポイント、地耐力、地質、耐力のムラを見ていたものです。しかも、当時は専門調査員の考察がびっしり記載されていました。 ただ、その知識と運用の差はHMの差であり、法令でといわれればまだ、未制定だったのですから仕方がないといわれれば・・。 しかし、経験と感という言い訳は・・いただけませんね。調査はしてないということですものね。 何しろ地盤の調査記録がなく、軟弱地盤という情報がある上で、盛り土部分のみを改良というのでは、それ以深についてはどう考えていたのか会社の見識を当時の管理建築士に問いたいところです。 HMの当時の状況で参考になるところがあればと思い再投稿しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ね重ねの回答ありがとうございました。 大変参考になりました。

  • 回答No.2
  • billy65
  • ベストアンサー率48% (39/80)

日本建築学会「小規模建築物基礎設計の手引き」の第一版が1988年に出されております。1988年ですから昭和63年です。 軟弱地盤の上に表層地盤改良をおこなっても、豆腐の上にブロックをおいてその上に建築しているようなもので、表層改良の意味がありません。言われている条件からすれば、柱状地盤改良等でなければいけないと考えられますし、そうした見解は当初から当然ありました。 予見は充分にできたといえます。 訴訟等、本気で争う気がおありでしたら、建築紛争の得意な弁護士さんに早々に相談に行かれることをお勧めします。 ちなみに、7/5に欠陥住宅110番の電話相談が全国規模で予定されています。こうした関係の情報も集められたら良いのではないでしょうか。 建物の対角がどのくらいの距離か分かりかねますが、9センチは大きいように思えます。ただ気がついてから5,6年すでに経っている?のですよね、そのあたりが訴えのネックになるかも…。(傾斜が分かった時点で行動しているかどうか) 争っていける内容と思いますが、それでも建築訴訟は長期化しがちなので、どう考えるかは、ご本人次第かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変連絡が遅れて、回答いただいた皆様には申し訳ございませんでした。 つい先日、HMの全額負担で修正工事をしていただけることとなりました。 時間がかかりましたが、われわれ家族にとっては最高の結果を得ることができました。 大変ありがとうございました。 (全体にお礼の仕方が分かりませんでしたのでこの欄にて失礼します)

  • 回答No.1
noname#78261

当時の地盤調査結果と今の沈下原因もないとなんともいえません。 文面からでは盛り土部分の対策に表層改良を行ったとありますが、その対策がふさわしいものであったかどうかはもっと資料がないとわかりません。 その下の地盤も軟弱地盤であるとすれば、その地質や、水位、また地耐力のムラがなかったかどうかも状況によります。 また、現在の不同沈下の原因が、当初の設計のミスなのか新しい工場の地下水のくみ上げによるものや住宅の基礎に関係するよりも以深の地盤の変形なのかもわかりません。 なのでHMが予見できなかったからこういう自体なのでしょうが、HMの言い分が一概に正しいかどうかは判断しかねます。原因によってはHMには非がないことさえも考えられますしね。 ただ、100%は補償出来かねるということは少し出す気でいるようですね。本来はちゃんと原因を追究しなければ行う対策が根本対策として正しいのか判断できないはずですが、とりあえず傾きの修正でいいとするならばこのまま金額交渉をするのも手ではあります。 しかし、原因がちゃんとしないと「とりあえず」という事になり更に沈下がおきたときにはもう、HMは誠意をつくしたといいかねません。 選択には充分な注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 HMの説明では当時の住宅建築においては現在のように詳細な地盤調査は一般的に行われておらず経験と勘でだいたい決めていたとのこと。 (当然実家の建築時にもそのようなことは行われておりません) よって指摘にありますように 「その地質や、水位、また地耐力のムラ」等のデータについては測定 されておりません。 又、近所に工場等地下水をくみ上げていそうな場所はありません。 それが当時の常識なのでしょうか?

関連するQ&A

  • 地盤改良(表層改良)後の基礎のやり直しについて

    地盤改良(表層改良)後の基礎のやり直しについて こんにちは、現在Mホームで建築しているものです。 畑だった土地を表層改良(1メートル)の後、基礎工事が終わりそろそろ枠を外す 段階になって基礎の配置が間違えていたと施工会社から連絡が入り メーカーの判断で基礎を取り壊し正しい位置に基礎を打ち直すことになりました。 この場合、もういちど表層改良は必要ないのでしょうか? メーカーの営業は???施工会社は問題ないといっています。 心配なので専門家のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いいたします。

  • 表層改良の上から鋼管杭

    軽量鉄骨メーカーで建坪15坪の2階建てを新築中です 建築にあたって地盤改良をしました。 支持層が4m程下にあるのですが表層改良を1.5m~2.8mしており、 この改良から支持層までの強度はどうなるのか説明を求めた所 納得いくものではなく、表層改良の上から鋼管杭を25本 支持層まで打ち込む事となりました。 最初の説明では表層改良の下の支持層までの約2m程の軟弱層はN値が3程なので 反発力?が働き大丈夫との事でしたが、話し合いの結果、表層改良に鋼管杭を 打ち込むという事になりました。土質は砂質土と粘性土です。 そこで質問ですが、堅い表層改良に杭を打ち込んで大丈夫なのでしょうか? 基礎ももうできており(布基礎)、それを壊して作ります。 もしかしたら杭を打つ事でより結果が悪くなるのではないかと心配です。 鋼管杭にする事により基礎が今より細くなるという説明を受け、そこも心配です

  • 表層改良の上に基礎がのっていない

    隣地が空き地だったが 建築する事になり浄化槽の穴を掘ったら 境界のコンクリートの長さが90センチメートルあったので 我が家の表層改良の位置を調べたら 表層改良と基礎の間が19センチメートルの空間がある事が計算したら出たので ハウスメーカーに問い合わせたら地面を掘って見ると言われました 表層改良、基礎工事はそれぞれの業者さんですが 現場監督はハウスメーカーの社員です。 10年検査で地盤沈下は1mmと言っていました。ここは雪は多くないですが地域が2メートル積雪地域の為 基礎ベース幅は85センチメートルです 表層改良した時の写真に移っていた定規を基に出したのですが 地面を掘らないと判らないものですか

  • 地盤改良が必要なの???

    マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、 表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1 3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土 6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。 杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。 その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

  • 表層改良の見積もりについて。

    表層改良の見積もりについて。 土地を購入したのですが、ハウスメーカーのサウンディング試験より表層1m土が弱いので改良が必要であると判断されました。 柱状改良の場合、深さ4mで25本 127万円 でした。 表層改良と柱状改良があるのに,どうして柱状改良なのか質問しても,漠然としている状態のHM側. よくわからないので,表層改良の見積も追加で出してもらいました。 表層改良の場合、深さ1mで改良範囲は約72平米、129万円と出てきました。 表層改良の見積が高すぎるのではないかと、不信に思っています。 当初より、なんだかんだと理由をつけて、柱状改良をなんとしてでもやらせたい感があり、 柱状改良が必要な理由を聞いても表層のN値が足りないからだそうです。 柱状改良をさせるために、表層改良はもっと高い見積を出してきたのではないかと思ってしまいます。 この表層改良の見積価格は妥当でしょうか?

  • 地盤改良 表層改良工法について

    新築物件を建築するにあたり、表面波探査法の検査により地盤改良が必要となりました。下記調査会社よりの報告です。 **検査報告** 現状地盤より-1.2メートル程度までに建物荷重を支えうる支持力が不足しているバランスの悪い不安定な地盤であると思われ、現状地盤より-1.2メートル程度まで掘り返し、床付面を充分に転圧を行い、表層改良(10.3m毎転圧)での施工が必要。振動ローラ・タンピングランマーにて転圧、プレートランマーは使用不可。 **特記事項** 調査地は既存物件のある敷地内、裏庭での計測です。 表面は全体的にやわらかく、付き棒検査では、60~80センチ程度貫入しました。調査データを、見てみると全ての測定地 地耐力30kN/m2未満の地盤があると思われます。(0.49~-1.22m程度の深さ) 敷地内には、大きな樹木があり、確実に撤去することをお勧めいたします。 上記の報告があり、表層改良を1月上旬に行い、棟上げは先月末に終了しています。本日現地の様子を見に行ったところ瓦がすでに葺かれ、窓の設置が行われていました。が、2.3日雨が続いていた影響なのか、建築建物基礎のすぐ横の土の部分(足場が組まれている建築建物側)に1メートル四方の土地の陥没を発見しました。 その上を歩くと陥没部の土はフワフワ、踏めば踏むほど周りの陥没していない土の部分までが、みるみると沈下していき地盤改良がきちんと行われていたのか不安になりました。地盤改良後の検査データは不動産会社から頂いていません。 現場の大工に確認したところ、木が生えていた場所だからまだ土が落ち着いていないだけで大丈夫だと返答されました。(この土地は大きな樹木があった場所で今回建築にあたり、植木屋さんに根ごと撤去してもらっています。) 今のところ陥没があった南側は基礎の真下までしか表層改良がされていないようです。一般的に表層改良は建物基礎部分から前後左右どれぐらい改良されるものなのでしょうか? どなたか詳しい方アドバイスをお願い致します。

  • ベタ基礎と布基礎 どちらがいいの?

    地盤によってベタ基礎が合うとか、布基礎が合うとかあると思いますが、最近のハウスメーカーの傾向をみると、どのようなハウスメーカーでもベタ基礎で施工しているように思うのですが、本当のところどうなのでしょうか? 私の知り合いの人が言うには、ベタ基礎の施工は簡単で、布基礎の施工は技術がないと難しいとのことでした。そのようなことがあってベタ基礎が増えているのでしょうか? また、ベタ基礎のほうがシロアリ対策としては、有効なような気がします。もっとも布基礎でもアリダンシートというのを敷いて、シロアリ対策は大丈夫とのことのようですが、本当のところどうなのでしょうか?   どうかわかる方がいたら教えてください。  よろしくお願いします。

  • 柱状改良での布基礎形状が逆Tではなく一部LはOK?

    はじめて質問させて頂きます。 現在ハウスメーカーにて新築工事中で、柱状改良を行ったあと、今まさに基礎工事中です。 建物は軽量鉄骨のボックスラーメン構造で、建築面積は約68m^2、延べ床面積は約122m^2、基礎は布基礎です。 布基礎の場合、図に示したように、基礎のコンクリート部分及び鉄骨ラーメンユニットを改良した柱の中心を通るように建築するのが普通と考えていますが、現状は改良柱の中心ではなくかなり端の位置を基礎、及びユニットが通るようになっている部分があります。(実際には糸が張られています) このことをハウスメーカーに問い合わせたところ、敷地境界線が近く、改良柱をそれ以上土地端部に寄せることができないためこのような状態になっており、基礎を逆T字ではなくL字型で行うとの説明を受けました。 添付の絵では基礎は改良柱に多少でも乗っているように書いていますが、実際はほとんど載っていないようなものも見受けられます。 当方ははじめての家づくりのため、憶測で考えていますが、このようなほとんど改良柱に基礎が載っていない状態で基礎をL字型にした場合、建物の荷重が基礎から改良柱にダイレクトに伝達されず、基礎が圧縮ではなく剪断される力がかかると思われます。強度計算上ではおそらく大丈夫なのでしょうがなんとなく心配です。 このような工法は通常行われ、特に問題となるものではないのでしょうか。 また今後の注意点を教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。 (汚い手書きの図で申し訳ありません)

  • 軟弱地盤の表層改良工法

    【背景】 新しく分譲された土地を購入し、スウェーデン式サウンディング試験により、7mほどの鋼管杭が39本の地盤改良工事が必要となりました。 いざ、地盤改良工事がはじまると、深さ60cmのところで、ヨウ壁の一部が、土地の底面に底皿として折入っていることがわかり、端っこの一列の5本の鋼管杭をあきらめ、表層改良工法となりました。 【質問】 他34本は鋼管杭にて対応、一列5本のみ表層工法で、さらに軟弱地盤と聞いています。 将来、この表層工法部分だけが地盤沈下するのではないかと心配しています。 (その場合、家に亀裂が入るなど) この方法は適切なのでしょうか? 今回、建築にあたり財団法人の瑕疵担保保証には加入済みです。 よろしくお願いします。

  • 表層改良工事について教えてください

      このたび新築を予定しています。建坪35坪 1階19坪  HMの見積もりの中に、地盤改良費120万(調査後確定)が含まれていました。 120万は柱状改良の予定 調査の結果1.2M表層改良を行う予定であり、見積もりだしてもらったところ120万かかるとの報告を受 けました。   内訳        表層改良1.2M   750000円        無粉塵改良工事  170000円        残土客土費     280000円  税抜 無粉塵改良は、住宅密集地であるため土埃を立つのを防ぐために必要な粉であり、まわりに気を使  わないのであれば170000円は必要ないとの説明をうけています。 無粉塵改良はやった方がよいのでしょうか? 表層改良だと費用が半分くらいだと思っていただけに、営業マンにたいする不信感でいっぱいです。 よろしくお願いします。    ちなみに人力等、必要な土地ではありません。