• 締切済み

徳川15代将軍慶喜について

先頃大河ドラマの篤姫を見ていて思ったのですが。篤姫が大奥に入った一番の目的に慶喜を次期将軍に勧めるためという事が繰り返し言われています。「慶喜様は人望も厚く」などなどお褒めの言葉が出てきますが、篤姫原作ですと彼女は慶喜のことをそんなに高く評価しなかったとありましたし、「15代将軍慶喜」(だったかな)という小説を読んだときもあまり良いイメージを受けなかったのですが。実際のところどんな方だったのでしょうか。 知識のベースが小説なのでどこまでが本当で、どのくらいフィクションがはいっているのか解りかねています。宜しくお願いします。

  • 歴史
  • 回答数9
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • wildcat
  • ベストアンサー率31% (349/1121)
回答No.9

#2です。その時代時代の最後の権力者はやはり勝者の側からみがちですからね。 鎌倉時代最後の執権北条高時しかり、室町時代最後の将軍足利義昭しかり、どうしても暗君というイメージが付きまといますよね。 ですから江戸時代最後の将軍徳川慶喜も暗君といわれても仕方ないのです。 この中で北条高時だけは自刃したんですけど、やはりあまりよく言われないですね。 徳川慶喜だって大政奉還したり、江戸城を無血開城したりといいことを結構たくさんしているんですけどやはり小説の目で見ると「華」が足りないんです。 だからこの人が9代とか10代将軍とかだったらまるきり目立たずに歴史の世界でひっそりとささやかに暮らして、誰からもいいことも悪いこともいわれずに過ごせたかもしれませんね。 最後の将軍は次の権力者に主役を譲るだけの存在なので少々のことをしてもたいした評価はされないですし、ちょっとした小さな失敗や悪いことは大げさに罵られます。これはめぐり合わせですからね仕方ないことですよ。 最後の将軍になるからだめなんです。それも実力のうちです。

miwamey
質問者

お礼

最後のコメントなかなか意味深いですね。フランス最後の王ルイ16世についても似たようなことが言われてますね。彼は王としては結構優秀だったけど、「最後」だったということで悪いイメージが広まってしまったと。

  • hakusyon1
  • ベストアンサー率43% (55/126)
回答No.8

 現代のようにメディアなどが発達した時代ならともかくとして、それ以前の過去に生きた人の人物像は結局のところ、歴史的だとされる事実から類推するよりほか方法がないところがあります。だから結局は受けての印象によって評価が変わってくることになります。司馬遼太郎の「最後の将軍」と山岡荘八の「徳川慶喜」では、慶喜の印象だいぶ異なります。それは司馬と山岡で受け取り方が違うからです。  私自身は+の印象です。私自身の印象は結果論的な所からくるところも大きいかもしれませんが、彼自身が恭順という立場をとったことも少なからず影響したことで外国からの侵略も受けずに新しい政権が誕生したわけですよね。この点においてかなり+な印象です。  前政権のトップが恭順という姿勢を見せることって、たぶん歴史的に見てもかなり少数な事例だと思うのですが。。。  質問者様自体はマイナスな印象をお持ちのようですが、印象を変えたいのなら、山岡荘八の「徳川慶喜」や、曾孫にあたる徳川慶朝氏の「徳川慶喜家へようこそ」や、同氏編纂の徳川慶喜の写真集などを読まれると、もう少し違った視点も開けるような気がします。私自身が読んでいないのであれなんですが、渋沢栄一という旧幕臣で慶喜と親交のあった人物の書いた「徳川慶喜公伝」なども読んでみるとまた違ったことが分かるかもしれません。  いずれにせよ、徳川慶喜という人に限らずプラスやマイナスの評価を知っておくことが大切ですし、それをもとにあなた自身の考えを作っていけばよいのではないでしょうか。

miwamey
質問者

お礼

参考文献についての情報ありがとうございます。図書館で探して見ます。 渋沢栄一(だったと思います、確か彼は兄弟だったのでもう片方のほうかも)についての小説も読んだことがあります。確かに今思い出してみれば、彼は明治政府の役職につくのを慶喜に悪いと言う理由で拒んだというエピソードがありました。それについて慶喜は新政府は優秀な人材が必要なのだから、薩摩だとか長州だとか旧幕府派などと言っていないで新しい政府に協力しなさい、それが国のためだからと助言し、渋沢は役職を請けたとありました。これも本当ならプラス要因追加ですね。

  • ashunar
  • ベストアンサー率23% (57/241)
回答No.7

No5です 慶喜に見立てるならば ・外交問題(拉致被害関連)に対して積極姿勢をとると期待された。 ・前の参議院選挙で選挙の顔として、実績があまり無いのに前評判が高かった。 ・小泉政権を継承して改革を断行すると期待された。 ・官房長官から後継者として抜擢。 ・閣僚や大臣のスキャンダルで内憂外患。 ・強行採決を行い、多くの法案を成立したが、独裁との批判もあり。 ・選挙で敗北、活路を見出せず突然の自任(無責任と酷評) 主観的要素も入っているので、慶喜に見立てても良いのか分かりませんが 福田首相を慶喜に見立てるよりは、イメージが近いかもしれないと思います。

miwamey
質問者

お礼

再度ありがとうございます。期待されたとか評判が高かったとか言うコメントから、前首相は期待はずれだったのかなという印象を受けました。慶喜のイメージがそれに近いとしたら。。。なんとなくイメージがわきました。

noname#104804
noname#104804
回答No.6

他の方が、慶喜は鳥羽伏見の戦いで指揮を放棄して、江戸に逃げ帰ったと指摘していますが、史実書は勝者の威光が高まるよう書かれるので、将軍という全時代の象徴であった慶喜が非難の集中砲火にあったことは想像にかたくありません。 明治維新後、静岡県で隠居生活をしたそうですが、かつての部下や関係者が、幕末(倒幕)~明治維新の間の出来事は多くを語らなかったとも。 鳥羽伏見の戦いも、ホンキで逃げたという説と内戦による国内秩序の崩壊を可能な限り避けたという説、外国による植民地化を避けたという説があると7いう話を聞いた事があります。 明治期後半には、明治天皇に謁見しています。

miwamey
質問者

お礼

ありがとうございます。戦いの指揮を放棄して逃げた「らしい」と言ったもの何かその裏に作戦があったのではという気もしなくもないからです。大政奉還も、いかにも「もう止めた」という投げやりな姿勢から行ったような印象を歴史の授業では受けたのですが、本当は天皇派に政治が出来るわけないと踏んで、大政奉還すれば天皇派が泣きついてくると考えた上(この推測は結局は間違いでしたが)での作戦だったと読みました。そういう意図があったなら、それはそれで評価に値するのではと個人的には思いました。

  • ashunar
  • ベストアンサー率23% (57/241)
回答No.5

現代の有能さと、当時の有能さがイコールであれば簡単なんですが 当時は何を持って有能とされていたかによって評価が難しいかと。 それはさて置き、将軍後継問題で慶喜が押されたのは、父の斉昭の 攘夷論に対して人々が期待した部分があります。実力はともかく 口先だけは威勢の良い斉昭を取り込むための宣伝工作の一環として 慶喜を英明であると宣伝する事はあると思います。 で、将軍就任後は幕府の改革…と言うよりは、延命を行う為に 軍事改革やフランス皇帝の支援など、積極的な政策を行いますが 倒幕に至ったのは周知の通りです。 後世の評価は良くも悪くも「最後の将軍」ですが、質問の意図が 江戸時代の評価は実際どうだったのか?と言う事で回答するなら 立場によって評価はマチマチですね。 大奥などは経費削減・既得権益喪失が予想される為に、評価は 低かったですし、雄藩連合を構想していた四賢公からは、老中 政治を一新して舵取りをすると高く評価されてましたし。 No4の方が評されているように、「まずまずの人材」では 無かったかと思います。現代の人物で言えば安倍前総理が イメージに近いのでは?

miwamey
質問者

お礼

なるほど。ところで安部前総理のイメージ(評価)はどんな感じなのでしょうか。海外生活が長く、いつ総理大臣職についていたのか、何を実際にされた方なのか全く知識がありません。名前は聞いたことがありますが、写真を見ても解らないのでは。。。

  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3287)
回答No.4

幕末の政治家としては、まずまずの人材だったかと思います。 幕末の藩主クラス以上の身分で、突出していたのは島津斉彬だけです。 果断さという意味では、徳川斉昭と井伊直弼を加えてもよいかと思いますが、あとのほとんどは家臣に担がれるだけの存在でした。 その中にあって、有能な家臣を抜擢して政策を立案させ、自らの判断でそれを実行できる能力と実績があった徳川慶喜は、まあまあマシな方だと思います。 ただ、坊ちゃん育ちで胆力がなく、他の方の回答で批判されているように、鳥羽伏見の戦いで真っ先に逃げ出すような側面も確かにありました。 しかし、本人が水戸学の本場である水戸の出身であり、朝敵となって歴史に汚名を残すことへの思想的な恐怖感は、現代人の我々が考えるよりもはるかに強かったでしょう。 頭は悪くなかったようなので、先が見え過ぎてしまい、行動にブレーキがかかってしまったのではないでしょうか。 もし戊辰戦争で徳川慶喜が最後まであきらめずに戦えば、戦火による犠牲者は史実よりもはるかに多くなったことは、まず間違いありません。 その意味では、明治維新の隠れた功績者だという評価も、明治時代からあったようです。

miwamey
質問者

お礼

論理だけでなく感情も入っての判断というコメント確かにと思います。どんなに理論家の人でも感情論はどうしても入ってきますね。 トップに立つ人の能力というのはその人が何が出来るかというより、どれだけ下の人の能力を見分けられ、適材適所で使えるかにかかっているという論を聞いてなるほどと思ったことがありました。「15代将軍慶喜」だったと思いますが、「家康公の時には何某と何某(ちゃんと名前が入っていましたが忘れました)というすばらしい家臣がいたからあれだけのことが出来た、今私の家臣で何某と何某に匹敵するものがいるのか」と問いかけ家臣たちが答えに詰まってしまったというシーンもありました。家康と彼の家臣の関係(これも小説からの知識が主ですが)は主従というより同胞といったほうが良いように感じました。 歴史上偉大なことをしたといわれる人でもやはり一人でやり遂げたわけはないですね。これは日本史ばかりでなく西洋史でもいえますね。

  • jamiru
  • ベストアンサー率5% (170/3044)
回答No.3

榎本武揚のように変人。 勝海舟もド変人。 ・・・変態ばかりじゃないか。 これくらい違った肝の座り方じゃないと幕末の混沌に飲まれたからかな。 …変態だからイメージは悪いわな。

miwamey
質問者

お礼

変態ですか。変態と天才は紙一重だといいますし、あれだけの動乱を生き抜くには自己がなければ無理ですね。自己主張が強いというのも良い言葉で言えば個性的ということですからね。

  • wildcat
  • ベストアンサー率31% (349/1121)
回答No.2

そうですね。鳥羽伏見の戦いで指揮を放棄して部下全員に責任を丸投げして江戸に逃げ帰ったという信じられないことをしでかした将軍ですね。 しかも戦後は明治政府で貴族になってちゃっかり贅沢三昧した世渡り上手な人です。案外と良い人と思われているみたいです。 まあ、戦の大きらいな徹底的な平和主義者といえば聞こえはいいですかね。

miwamey
質問者

お礼

隠居後は贅沢三昧だったのですか。自分だけ平穏な日々を送って(実際には平穏でなかったのかもしれませんが)「責任」とか取らなくて良いのかねと思ったこともありました。最後まで忠義を立てて戦った人たちはどうなるのって感じですね。まあ、平和主義者という立場からだと、勝手に忠義立て手戦ったのだろうというコメントも出てくるかと思いますが。

  • kokuramon
  • ベストアンサー率18% (101/551)
回答No.1

新撰組を見殺しにして、とっとと江戸に逃げ帰った人ではないですか。

miwamey
質問者

補足

そうらしいですね。それもあり私のイメージも悪いのです。

関連するQ&A

  • 徳川家茂は何故天璋院を母と呼んだのですか。

    NHK大河ドラマ「篤姫」を見ていて、疑問があります。 徳川家茂には実成院(大奥で暮らし、84歳まで生きた)という生母がいるのに、天璋院を母上様と呼ぶのは何故なのでしょうか。家定から家茂に実権が移った時点で生母実成院と和宮が大奥の権力中枢になってもよいはずなのですが。いかなる政治的力が働いたのでしょうか。解説いただけるとありがたいです。

  • 将軍or天皇の違い!?

    先日まで放送されていたドラマ【大奥】の影響で将軍に興味がわき 色々調べてみました。ま、難しすぎて全然頭に入りませんが(汗) そして新たな疑問が・・ 徳川の将軍時代は慶喜で終わり。という事は今の天皇はその子孫?と 思って「天皇」で調べてみたら、なんと天皇(初代:神武天皇)は ずいぶん昔の700年代からいる様子。今も天皇制が続いてるし・・ という事は、将軍と天皇って時代が重なっていたの? なんだか頭がこんがらがってしまいました。 とても恥ずかしい質問かもしれませんが、どなたかお詳しい方が おりましたら教えて頂けると有難いです。

  • 大河ドラマ、篤姫と本寿院、和宮の立場について

    こんばんは。 今放送されている大河ドラマ「篤姫」で、 その時の将軍のお母上である本寿院よりも御台所である篤姫が上座に座っている場面がありましたが、 江戸時代は嫁より姑の立場がとても強い時代だったはずなのにどうして本寿院が上座ではないのでしょう? 本寿院が側室あがりだからですか? また後に天皇の娘である和宮が大奥にお嫁入りして次の将軍の御台所になった時に篤姫より下座の席を与えられて・・・・みたいなエピソードがあると思うのですが、 そうすると 現在の将軍の御台所>現在の将軍のご生母(側室上がり)で 先の将軍の御台所>現在の将軍の御台所という席次になるのでしょうか? 詳しい方がいらしたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 大河ドラマ「篤姫」について

    NHKの大河ドラマ「篤姫」を楽しくみておりますが、14代将軍徳川家茂と天承院篤姫の関係が良く分かりません。なぜ、家茂が篤姫をお母さんと呼ぶのでしょうか。何方か教えてください。

  • 荒木村重の生き方と徳川慶喜

    司馬遼太郎の小説に基づく質問です。 なお、司馬遼太郎の小説自体を評価しないのであれば、以下の質問とは関係なく、その理由などを挙げていただいてもかまいません。司馬遼太郎の小説に描かれていることが、事実かどうかは、私には分からないし、司馬史観も見直されていると聞いておりますので。 なお、4つの質問のどれか1つだけのご回答でも、日本史のほんの一端を学びたい私にはありがたいです。 1 下記の文章は、司馬遼太郎の「播磨灘物語」の一節です。          記 「殺される」 という恐迫感が、村重の心を、ついには針のようにするどくした。村重にはもはや戦闘も戦略も考えるゆとりがなく、まして毛利氏の援軍云々などの大戦略は遠い夢になった。村重のいまの心はたしかに針のかたちをしてしまっている。何事も入るゆとりはなく、ただ殺されまいとする神経だけが、尖をするどくしている。村重は、常人でなくなってしまっていた。  九月二日夜、掻き消えるように伊丹の城から落ちてしまったのである。  重臣にも洩らさず、士卒も捨てた。また妻子や、多くの妾たちにも何もいわず、それらを置き去りにした。脱出のために、五、六人の従者だけを連れて出たが、まったく身一つといっていい。  かれは、毛利圏へ逃げるつもりであったであろう。                          (以上) この一文で、私(質問者)は、荒木村重のその後が気になり、検索してみたのですが、なんと、WIKに「茶人として復活」とありました。大坂で茶人として復帰し、千利休らと親交をもった。しかも、利休十哲の一人だとか。驚きです。 質問1) 司馬の文章からは、荒木村重は、「卑怯・卑劣漢」のように描かれていますが、村重の人物像に近いと理解してもよいでしょうか??? 質問2) 私(質問者)は、質問1で、荒木村重を「卑怯・卑劣漢」と表現しましたが、戦国時代では、妻子や部下を見捨てるくらいは卑怯・卑劣漢とは言わないのではないか???という疑問も生じました。どうでしょうか??? 質問3)かりに、村重が、小説に描かれるような人物(=卑怯・卑劣漢のような)だったとして、戦国時代というのは、村重のような人物でも復活させるような時代(武将に寛容、あるいは男に寛容、あるいは男として評価される何らかの能力に寛容)だったと理解してもよいのでしょうか??? 2 上記の司馬遼太郎の文章を読んでいて、どこかで似たような文章を読んだような気がして、しばらく考えたのですが、……そうだ、徳川慶喜公が似ていると思いだし、同じ司馬遼太郎の小説「最後の将軍」のページを「おしまい」の方からめくってみました。そして「あった」と思いました。下記はその一節です。       記 慶喜はついに上段から立ちあがり、  「承知した。出陣となれば即刻がよい。さればこれより打って立とう。みな、用意せよ」と叫んだ。満堂どよめき、歓声をあげ、慶喜が奥へひっこむと同時に出戦支度のためどっと室外へとびだし、持ち場持ち場にかけだした。慶喜は奥に入ると、すぐ容保、定敬、それに板倉勝静、さらには大目付や外国総奉行など八、九人を連れだした。みな平服であった。城内を駈けたが、混雑と夜陰のため、たれもそれが自分たちの主将であるとは気づかない。時刻は夜十時ごろである。城の後門からひそかに忍び出た。このとき城門の衛兵が、「たれか」と銃をかまえて誰何した。慶喜はすかさず、「御小姓の交代である」といった。才能というほかない。とっさにこの智恵が出るがために慶喜はひとから権詐奸謀のひとであるといわれるのであろう。ともあれ、慶喜は自軍のすべてをあざむいた。 (以上) 質問4)荒木村重と徳川慶喜は、生きた時代こそ違え、同類の人間として理解してもよいでしょうか???また、違うとすれば何が違うのでしょうか???

  • 品川遊郭での出会い

    少々古い話ですが、某放送局の大河ドラマで一橋慶喜と西郷隆盛が品川遊郭で顔を合わせる場面がありました。 百歩譲って「吉原遊郭」なら「絶対ありえない」とは思わないのですが、「品川遊郭」は江戸(市)中と(市)外を隔てる門外にあるはずで、薩摩藩士の西郷はともかく将軍継承前とはいえ一橋家当主の慶喜が、夜間の往来自由では無い門外に出たとなると火事等の多い江戸では当主の資格喪失ものの重罪と思われます。 大河ドラマは小学生も見る時間帯に放映され「時代考証」などという大層な役柄もあるのに「原作がフィクションだから」で済ませて良いのでしょうか? ちゃんと資料を集めて原作を書いていた司馬遼太郎さんが存命の時代とは変わってしまったから「仕方がない」のでしょうか? 小中学生の歴史観など気にしても「仕方がない」のでしょうか?

  • 大奥で御台所が大老と対面する場面

    NHKの大河ドラマ「篤姫」で、御台所の篤姫が大老 井伊直弼と広間で会見する場面や茶室で二人だけで話し合う場面がありました。 大奥と言えば、上様以外の男子禁制の場所だと思いますが、大老と会見する広間や茶室は大奥の中ですか。それとも、御台所が侍のいる表に出かけるのですか。どちらも、従来の大奥の常識から見れば、不自然な感じがするのですが、会見場所や茶室が大奥の中なら表から大奥へ、会見場所や茶室が表なら大奥から表まで、どうやって行くのですか。上様が表から大奥へ渡るのは御錠口かと思うのですが、同じところを通るのですか。

  • 暴れん坊将軍について

    私は、自分の家族に多少の影響を与えるほど徳川吉宗が好きで、小説や大河は勿論、ドラマ「暴れん坊将軍」もよく視ていました。 そんな中、「暴れん坊将軍」について他愛も無い疑問がありますので、宜しければご回答願います。 (1)当時の征夷大将軍といえば、日本の最高権力者だと思いますが、そんな人物が「徳田新之助」として街中に出ていって事件に首を突っ込んだり、単身(お庭番がいたようですが)武装した悪人の本拠地に乗り込んだりと、それこそ「命が幾つあっても足りない」状況を、孫兵衛さんは何故、容認したのでしょうか。ましてあのドラマでは、未だ世継ぎは居なかったと記憶していますが。「じいは、寿命が縮まる思い(もうかなり短いと思いますが)が致しましたぞ」なんて呑気なことをいってる場合ではないと思いますが (2)次に、最後に「成敗!」されちゃう官僚の方々について。何故「予の顔を見忘れたか」と言われるまで、将軍だと気づかないのでしょうか。気づいた途端、平身低頭するほど、将軍の顔を知っているはずなのに。というよりも、それほど要職にあるとも思えないあの人たちが、将軍の顔を暗がりの中で見分けるというのも不思議です。 (3)最後に雑兵の人たちについて。徳川吉宗から「潔く腹を切れ!」といわれた前述の悪人が「こやつは、上様の名前を騙る曲者だ!」というのは分かるのですが、「えぇい!上様だとて構わん!斬りすてぃ!」と命じられて、将軍に刃を向ける下っ端武士たちの神経は理解出来ません。例えて言うならば、仕事で大失敗をして、社長から「お前は首だ!」と言われた課長が、部下に「あの社長をぶん殴れ!」と命令しているようなものだと思います。将軍の味方について、自分の上司を斬捨てちゃう方が得策だと思うのですが。 以上、下らない質問で恐縮ですがお答え頂けたら幸せに存じます。

  • 皇女和宮下降の真相

    初めて質問をします。 私は今、火曜日の20時から放送されているドラマ『大奥』に夢中です。 最近は和宮が出てきて特に面白いです。 ここで、気になることがあります。 それは、数年前にこの時代のことを取り上げた大河ドラマ『徳川慶喜』がありましたが、そのときにも和宮下降の部分がありました。 そのときは確か、和宮は有栖川宮○○(←名前忘れました)と婚約がしていたのに、徳川家によって、仲を引き裂かれて、悲しんでいたような気がします。 また、江戸に下る際には母親がついてきていたと思います。 しかし、今の『大奥』では、和宮は公達を嫌っているし、母親もついてきていません。 いったい、どちらが史実として、正しいのでしょう? 誰か、教えてください。

  • 大奥の登場人物

    大奥はまってます!!! 大奥に登場する人物は全員実在したのですか?(特に側室達) もちろんドラマ。フィクションなのは理解しています。ですが、「後々この人が~」なんて分かっていれば、もう少し違う見方ができるかな・・・・って。 時代背景に詳しくないのでお教え下さい。 <実在組> お与世・・2代将軍御代所 春日野局・3代将軍乳母 お考・・・3代将軍御代所 お万・・・側室→{後の細川ガラシ????違う?} お玉・・・側室(後の桂昌院) <???組> お楽・・・側室→4代将軍実母??? お夏・・・側室?????? おりさ・・側室??????