• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「日本女性は変態」と侮辱し続けた毎日新聞を訴えることはできますか?

  • 質問No.4132301
  • 閲覧数1614
  • ありがとう数151
  • 回答数9

お礼率 100% (9/9)

毎日新聞の英語版WEBで数年に渡り、あまりにもひどすぎる記事が配信されていたと知りました。
たとえば以下のような内容です。
「日本人の母親は子供の性欲処理の手伝いをする」
「日本女性は尻軽で変態」
「日本人の女性は簡単にセックスさせてくれる」
「日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」etc‥
(参照:「毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる」 http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/

少しネット上で騒ぎになって、このコラム自体は閉鎖されたようですが、
それだけで済ませてしまうのはおかしいのではないでしょうか。
実際にこのようなイメージを日本人女性は世界から持たれてしまったようですし
(それが狙いだった?)、犯罪にもつながっていると思います。

これは日本人全体、特に日本人女性に対する「信用毀損罪」に
当たるのではないかと思うのですが、
一般市民がそのような罪で訴えることは可能ですか?

どなたか法律に詳しい方、教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.9
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 100% (1/1)

お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

もしや訴訟を起こされたご本人様からの回答でしょうか?!
法律を勉強された方なのですね。適格な方が、よくぞ立ってくれたものだと感動しています。
参考URLに掲載されていたコメントも、私たちの思いをそのままストレートに伝えて下さっています。ここに転記させてください。

-----
このたび、私は毎日新聞社が英字版の紙面を用い、日本の大新聞の肩書きを以って意図的に日本人を貶める記事を海外に配信したことについて深く憤りを感じ、日本人としての素朴な怒りから毎日新聞社を被告として訴訟を提起いたしました。

 企業のコンプライアンスが高く求められる昨今、多くの企業が偽装問題などで経営が破綻している時代に、そういった企業の責任を厳しく追及してきたマスコミ自身が、日本人の尊厳に関わる事実無根の捏造記事や、裏付けも取らずにゴシップ記事を垂れ流すなど、毎日新聞社の態度は決して許されるものではありません。

 このような訴訟は、日本の司法では勝ち目が薄いことは承知しています。しかしながら私は、不法行為法や環境法を専門的に学んでいたことから、世論の強い働きがあればこのような悪質な企業相手ならばわずかながら勝算を見出し、本件提訴に至りました。
-----

8月7日、神戸地方裁判所、第1回口頭弁論、頑張ってください!
投稿日時:2008/07/09 23:42

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 66% (2/3)

内容を読んでいないので、なんともいえませんが、英字新聞に書かれたコラムということなので、理解できるところがあります。理解できる内容としては、
「日本女性は尻軽で変態」
「日本人の女性は簡単にセックスさせてくれる」
「日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」
以上3点です。
私は海外在住女性です。海外にいるワーキングホリデーや学生の女の子達が尻軽で簡単なのは事実です。これは日本でも同じです。
相手が外国人だと、ほいほいついていくのが日本人女性。外人がかっこいいと思ったり、外人を連れている自分はいけていると思うのも日本人独特です。
他のアジア人ではお金目当てを除いて非常に稀です。
WHできて2ヶ月なのに、5人彼氏がいるとか、WH半年で中絶とか、よくある話です。そういわれても仕方がないほど、ついていき、中にはレイプされた人もいます。ですが、自分で家までついていったのだから、はっきり言って、これも日本人の甘さです。というか、日本で日本人男性に話しかけられて、そのまま家に行く人はそうそういませんよね?これが海外や外国人の場合、ついていってしまうのが現状です。
次の料理前に調達は、おそらくいけすのことだと思います。海外では殺すため、調理のためにレストランで生き物をかうのがいけないというところがあります。大丈夫でも、白人なんかは嫌がったりします。
ましていけづくりは、動物愛護にひっかかるのでだめというところもあります。そんなところに住む人からすれば、日本人のやっている行為は非常に残酷と考える人もいるんです。
日本という島国で外国人と交流することが少ない私達にはわかりかねるところが多いと思いますが、外国から見た場合、日本は割と特殊な国であるということを思いしらせることも多々ありますよ。

ただ、子供の性欲うんぬんというのは、さすがにおかしいと思いますが・・・。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

例としてあげた記事自体が過激すぎるので、少しトーンを落としていました。結果として、それほどたいした問題ではない、と捉えられてしまったかもしれません。ぜひ、こちらをご覧ください。
→「毎日新聞問題の情報集積wiki」 http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/1.html

ちなみに料理の記事はいけすのことではありません。こちらに英文全文があります。悪意を持って書かれていることがよくわかると思います。
→「コック、野獣、悪徳とその偏愛者」 "The Cook, the Beast, the Vice and its Lover" http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/pages/29.html

回答者様のおっしゃるような自らそのような行動をとる日本人女性も中にはいるでしょう。しかしそうではない大多数の女性までそのような目で見られる事態となり、すでに事件となっているのです。
→風評被害・犯罪被害報告 http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/26.html#id_1bb95c37

たとえば、アメリカのニューヨークタイムズが、「日本語」で「アメリカでは看護婦になると一般的にバイブレーターを挿入して仕事をし、日常的にアナル研修に興じている」なんて配信するのは、おかしいですよね?でも、何度も何度も同じ事を繰り返されると、自国のことだし、本当のことなのかも‥と信じる日本人も中には出てくるでしょう。それを毎日新聞はずっと(今わかっているのは過去9年間)行ってきていたのです。

回答者様も「さすがにおかしい」とおっしゃている日本の母親と子供の件は、確かに日本では聞いたこともありません。しかし私も今回はじめて知りましたが、海外、主にアジア圏では日本人の通説としてひろまってしまっている話だそうです。この一件だけでも、毎日新聞はこの記事は捏造だったと世界に向けて発表し、日本人全員に対して謝罪する義務があると考えます。
投稿日時:2008/07/07 01:04
  • 回答No.7

ベストアンサー率 35% (85/241)

>インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。
http://mainichi.jp/info/etc/20080627.html

驚いたことに、日本人、日本女性の名誉を毀損し続けてきた毎日新聞は、自らの行為を謝罪することもなく*、逆にこのようなエロ記事配信に怒る読者、日本人に法的措置を取るそうです。

* 読者に不快感を与えたとか、信頼を損なったことを謝罪しただけです(リンク先コメントによる)。

>風俗記事を英文サイトに引用する際、不適切な描写のまま英文に翻訳した結果、多くの読者に不快感を与え、インターネット上で批判を受けるなど信頼を損なったと判断した。

>読者の皆様の信頼を損ない、誠に申し訳ありませんでした。

このような記事によって日本人女性が受けた名誉毀損は回復されるのでしょうか。毎日新聞はまず事態の重大性を認識し、性の商業化の犠牲者、被害者に対して真摯にかつ速やかに被害回復を図るべきではないでしょうか。日頃は言論の自由を声高に叫ぶ新聞社が、そのような回復措置をとることもなく、逆切れ的に法的訴訟を振りかざすのはいかがなものでしょうか。私も集団訴訟もありえる問題だと感じます。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

ありがとうございます。
私もその記事を目にしたときは驚きました。まさに逆ギレ‥

ジャーナリズムを振りかざし、不二家を実質倒産に追い込んだシビアな姿勢が自分にはこうも甘いとは‥呆れます。(ちなみに不二家の件は、賞味期限(消費期限ではなく)たった一日過ぎただけの牛乳を使用した結果がそれだったそうです)

裁判に訴えられる根拠、犯罪として立件できる何かがあれば‥
投稿日時:2008/06/29 22:33
  • 回答No.6

ベストアンサー率 34% (509/1465)

【毎日新聞記者ら処分】英文サイト批判受け
毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

見ました。昇格してますね、担当者‥
処分も軽すぎませんか?

朝比奈豊(デジタルメディア担当/常務)⇒ 6月25日社長就任
処分→役員報酬返上10%、1カ月

長谷川篤(デジタルメディア局長)   ⇒ 6月25日取締役就任
処分→役員報酬返上20%、1カ月
投稿日時:2008/07/01 00:59
  • 回答No.5

ベストアンサー率 16% (4/25)

毎スポじゃいつものことだよ。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

そうかもしれません。
しかし海外に向けて発信はしていないのではないでしょうか。
投稿日時:2008/07/01 00:12
  • 回答No.4

ベストアンサー率 30% (89/292)

まず、根本から間違えていませんか?
そのページにこう書かれていますよね。

『実話ナックルズ』、『週刊実話』、『週刊大衆』等、日本のタブロイド誌から、
刺激的なエロ記事ばかりを「クリエイティヴに」翻訳して紹介するという趣向のコーナー。

要するに、日←→英 変換するとき、取りようによっては全く違う意味になってしまうのを遊ぼう
という趣旨なのではないですか?
一時は流行ったエキサイト再翻訳見たいものじゃないですが。

例えば日本語から英語に翻訳して、その英語を日本語に翻訳すると本来は同じ意味になるはずです。
しかし、エキサイト翻訳でこれをやると全く違う意味になってしまうというのがよくネタになりました。
実際に上記2行を英語にするとこうです。

For instance, if it translates from Japanese into English, and the English is translated into
Japanese, it is sure to become the same meaning originally.
However, if this was done by the excitement translation to a quite different meaning became a
material well.

しかし、これを日本語にするとこうです。

「例えば、日本語から英語に翻訳して、イギリス人が和訳されるなら、それは元々、確実に同じ意味になり
ます。しかしながら、興奮でこれをしたなら、全く異なった意味への翻訳は材料によくなりました。」

どこからイギリス人が出てきたんだ?(笑
全く違う意味になってしまいます。
毎日新聞がそのような趣旨で記事を配信しているのではなく、翻訳ソフトで機械的に翻訳するとこんな意味
になってしまうというのをあさ笑っているだけでゃ無いんでしょうか?


ちなみに、違法性は無いですね。
実際数年前に東京都の石原知事が「もっとも悪しきものはババァ」と発言したところ、首都圏のババァ百数
十名に提訴されましたが、判決では「自治体の長として上品ではないが、一個人の社会的評価低下が生じた
わけではない」として訴え棄却になっています。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

ありがとうございます。
「翻訳ソフトをあざ笑う」という観点なら、他の内容でもよいような気がします。

日本に住んでいる私たちからみれば唾棄すべきゴシップ記事でも、
大手新聞である毎日新聞が他の記事と全く同じ扱いで「日本の風俗を紹介する」のであれば、
日本に来たことが無い人は信用してしまう可能性は高いのではないでしょうか。
投稿日時:2008/06/29 22:24
  • 回答No.3

ベストアンサー率 35% (162/455)

 法律以前に、コンビニ売りのお上品とは決していいかねる『実話雑誌』や『芸能雑誌』を工夫もなく転載しただけのコラム…むしろ猥談か…を真に受ける奴がいるとは到底思えません(無理にでもそう思いたがって妙にいきり立ちたがってる向きが少なくないようですが)。
 もし、それらの文章の主語が別の国の人々であったとき、あなたは素直にそれを信じますか? もし、信じるというのでしたらそれはそれでとても残念(さもなければ幼い)と感じられますし、信じないのでしたら他国の人々もまた、あなた同様ばかばかしい、と読み捨てるだけのことでとくだん腹を立てるほどのことではないと思われます。
 実際のところ、つい二十年ほど前までは一流どころの週刊誌でも他国の人々を題にとった似たり寄ったりの下品な記事が掲載されていたんですがね。ま、きっと質問者さんは年若い方でしょうし、わたしのような書物バカの類でもなさそうなのでそうしたことはご存じないのでしょう。
 むしろ、そんな記事ごときに反応して目くじら立てて訴えを起こしたり、新聞社に対して抗議活動でもしようものなら、そちらのほうがよほど世界中で物笑いの種にされるでしょうし、あんなものに対し本気で怒り狂うってことは…、と逆に邪推を招くこととなり、国に対するあなたの純粋な思いが逆に愛する国と国民に大恥をかかせることにはなりませんか? で、その結果としてあなたがリンク先に挙げたようなところで、余計なことをして国に恥をかかせた逆賊に鉄槌を! なんて具合に槍玉に挙げられて実名や住所、学校にクラスまで晒された日には──。

 とはいえ、日本の新聞の英語版なんて日本人くらいしか読まないんです(だからこそ、しょーもない埋め草が誰にも気づかれぬまま何年も放置されてきたんです)。それに、どこの国の人であっても英語がそこそこ読めるんなら、普通は内容が格段に充実している英米のクオリティ・ペーパーのほうを選ぶんです、時間は有限ですしね。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

ありがとうございます。
「信じるかどうか」ですが、たとえば、映画「バベル」で菊池凛子さんが演じた役は
「ファーストフード店でノーパン+開脚で男を誘い、売春をする日本の女子高生」という設定だったとのこと。
脚本が書かれた時期は2004年頃。
監督は「リアリズムを極限まで追求した」そうです。。。

2002年6月19日の毎日新聞英語版では、
「『ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる』
ハンバーガーを食べる傾向は日本の女子高生たちを日本で一番の色情狂に変えました。
専門家は、今日の女子高生の無分別な振る舞いは、ハンバーガーのせいだと答えました。」

Reported by Mainichi Daily News, June 19, 2002:
Fast food sends schoolgirls into sexual feeding frenzy
http://www.jref.com/forum/showthread.php?t=401

このような記事そのままのキャラクターが映像の中で存在することにより、
ますます世界中に「変態日本人」のイメージが強化されてしまうのではないでしょうか。

キリスト教では、性的な貞操はその人間の品位や命の価値に直結するそうです。
こういう記事のせいで、海外で生活する日本人女性は本当に危険な目にあっています。。。
投稿日時:2008/06/29 21:00
  • 回答No.2

ベストアンサー率 15% (28/176)

法律云々は別として、訴える事は可能だと思います。

が、内容こそ信用毀損罪になれど、日本人女性と対象が大き過ぎて特定出来ない為、成立するかどうか・・・・

仮に勝訴したとしても、謝罪文が掲載されるくらいかもしれません。

結果はどうであれ、訴える事、それが認められる事に意味があるなな訴えを起こしても良いと思いますが、逆に、その為に、自らの財産や時間を使ってまで訴える意味があるかどうかと考えると微妙と言うか、私ならやりません。

同じ日本人としてお怒りはご尤もだと思いますが、よくお考えください。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

ありがとうございます。
確かに対象が大きすぎますよね‥。

他の大手メディアが知らんぷりをしている以上、法的な根拠でなんとかできないかと考えた次第です。
また、訴えることで仕方なくでも報道し始めれば、それで世間に周知できますし。
やはり、テレビの力は大きい。

はい、自分の財産や時間を注ぎ込むほど‥は正直できません‥。
ただ、大勢の人の力が集まれば、何かできるのではないか、と思うのです。
投稿日時:2008/06/29 00:33
  • 回答No.1

ベストアンサー率 75% (490/652)

私自身,その記事を目にしていないので,軽々にいえませんが,事実とすれば,天下の毎日新聞としてはずいぶん,乱暴・軽率な記事ですね。
お怒りはごもっともです。

ところで,一般市民がその記事について毎日新聞を告訴できるかという問題ですが,告訴できるとすれば,名誉毀損罪(刑法230条)又は侮辱罪(刑法231条)になるでしょう。
名誉毀損罪は事実を摘示して,侮辱罪は事実を摘示しないで,それぞれ客観的名誉(主観的な名誉感情は含まれません。)を毀損した場合に成立します。
これらの罪について,古い判例ですが,下記の判例があります。
「名誉毀損罪又は侮辱罪の被害者は,特定した人又は人格を有する団体であることを要し,単に東京市民又は九州人というように漠然とした表示では,本罪は成立しない。」
「東京市民」という用語に時代を感じさせますが,この判例はいまだに変更されていません。
つまり,日本人女性の名誉を毀損されたというだけでは,犯罪にならないと言うことです。
名誉も大切ですが,表現の自由も大切です。刑法は,表現の自由の制約には,一歩引いて構えているのだと思います。

また,民法の不法行為(709条)による損害賠償請求についても同様です。そもそも,「日本人女性全員に○○円を支払え」という請求をすることが非現実的なことは明白でしょう。

また,「日本人の母親は子供の性欲処理の手伝いをする」,「日本女性は尻軽で変態」,「日本人の女性は簡単にセックスさせてくれる」等の主張が虚偽であることの「確認の訴え」を提訴しても,「訴えの利益がない」として訴訟却下されるでしょう。

以上のとおり,ご指摘の主張は,訴訟による請求にはなじみません。
とすれば,不当な言論には,正当な言論で対抗するというのが,現実的かつベストなやり方と言えるのはないでしょうか。
お礼コメント
ru0626

お礼率 100% (9/9)

ありがとうございます。
「日本国民全体」が大きすぎて、法律で認めた個人の権利にはあたらない、ということですね。

「訴えの利益がない」‥これも個人というよりは、日本全体のとりあえずマイナスイメージを払拭したい、という多くの人々の思いは、裁判というシステムにはそぐわないのでしょうか。

相手が同じマスコミの仲間だからか、発覚したところでテレビ、新聞ともほとんど無視しているこの現状‥捏造、偽造は他の業界だったとしたら破綻まで追い込まれてしまう重大な事件だと思うのですけどね‥。

正当な言論が紙面やテレビ画面から私たちの目に届くのはいつになるのでしょうか。
投稿日時:2008/06/29 00:12
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ