• ベストアンサー
  • 困ってます

創業者利益について教えて下さい

. 非上場企業の既存株主(例えば社長)が、株式上場後にキャピタルゲインによって莫大なお金を 得る事ができるそうですが、以下の点をお聞かせ下さい。 ・上場後、「さぁ!」と持ち株を売却しようとします。が、経営権を持続させるには何%以上の株式を持っていないと いけないですよね? そうなると経営者として簡単に株を売却できなのではないですか? ・キャピタルゲインはあくまで株を売却して得る利益ですよね。  つまり株を持っている「だけ」では絵に描いた餅ではないのでしょうか? そう考えると「無闇に株を売れない」経営陣は、株価が上がって「資産」は上がっても 実際は使えないお金をもっている様なもので、確かに資産家ではあってもお金持ちではないのではありませんか? (勿論、売却すれば事実上のお金持ちになるでしょうが‥) ・また、「創業者利益」とありますが、厳密には「上場した際の社長(大株主)の利益」であって 創業者でなくとも、二世 三世で上場しても「創業者利益」と呼ぶのでしょうか? ・これは創業者利益とは関係ありませんが‥。 新株発行をすると分母が増える為、経営者の手持ちの株のパーセンテージは低くなっていきますよね? そうすると冒頭にお尋ねした「経営権の為の数%」を維持する為に、社長自らが市場で自社株を購入するのですか? ヘンな事をお聞きしているかもしれませんが、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数11965
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ass559
  • ベストアンサー率52% (95/181)

株式会社とは、そもそも「資本と経営を分離」するためのシステムです。 大手上場企業の社長は、自社の株を1株も持っていなくても可。 大手なら1~2%でも大株主として四季報に載る。株主の数が多いからです。 A社がB社の15%以上持っていれば、Bは連結決算対象の子会社になります。 株主総会の普通決議を単独で通すのは50%、特別決議は3分の2超ですが、オーナー一族がそんなに持っていたら、上場できません。 上場基準は市場により違いますが(日本では東証一部が一番厳しい)、オーナーがやたら持っていちゃいけないんです。 基準をクリアするため、未公開譲渡とか、上場後も立ち合い外分売などをやって、株主をばらけさせます。 >二世 三世で上場しても「創業者利益」と呼ぶのでしょうか? 税制上の「創業者利益の特例」は、相続した人でも経営にタッチしない人でも、公開3年前から株を持っている人なら該当。 でもこの制度は廃止です。 新しい会社に出資したベンチャーキャピタルなどの金融機関が、株式公開で利益を得るのも、創業者利益と呼ぶと思います。 通常、上場すると最初の出資金の何十倍になるのですから、一部を売っただけでもすごいと思います。 含み益による「資産家」になるだけじゃなく、実際に莫大なキャッシュがころがりこんできます。 MIXIの社長も会社自体も、使い道に困ったそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >大手上場企業の社長は、自社の株を1株も持っていなくても可。 なるほど。つまり簡単に言えば上場してしまうと例え創業者であっても「雇われ社長」になってしまう という事でよいでしょうか? (だからアデランスの様に成績が悪いっと「辞めなさい」と言われる場合もあるんですね) 説明に 「大手上場企業の社長は」 とありますが、中堅企業だと違うのですか? >株主総会の普通決議を単独で通すのは50%、 >特別決議は3分の2超ですが、オーナー一族がそんなに持っていたら、上場できません。 そうか、そうですよね。 そんなに持っていたら市場から資金を集めるという最大目的がなくなっちゃいますもんね(汗)

関連するQ&A

  • 創業者利益はいつ獲得できるのか?

    例えばA社が株式を公開したとします。A社の社長は公開前には自社株を50%保有していたとします。新規で公開する場合は例えば100万株とかを新たに発行して市場からの資金調達をするのだと思いますが・・・ 要するに(1)創業者(社長)はどこで創業者利益を得るのですか?(2)創業者が実権を握っておく為にはどれだけの株数を保有する必要があるのでしょうか。 是非教えてください。

  • ベンチャー創業者が上場で得る利益とその仕組は?

    IT関係を中心に、ベンチャー企業は、基本的に上場を目標にしている ところが多いと思います。 Facebookのザッカーバーグも、上場して莫大な利益を得たとよく 聞きますが、具体的にどのような仕組みで利益がもたらされたので しょうか? 上場する際に新規株式を大量発行して、それを自らが保有するのであれば、 その分の額面の金額は払うわけですから、上場後株価が上がったとして、 その株式を売却したとしても、それほど莫大なキャピタルゲインが あるとは思えないのです。 よく聞く創業者利益とは、キャピタルゲインのことではなく、保有して いる株価の評価額のことを指しているだけなのでしょうか。 株式等の知識は本当に基本的なものしか持ちあわせておりませんので、 出来るだけ平易に解説いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 創業者利益って?

    株式会社は上場を目標としてますが、上場の際にかなりの利益が既存の株主に入るとききました。この流れが良くわかりません。既存の株主が株を売っても会社にはお金は入りませんし・・・。この株式公開を既存株主の立場から見たメリットを教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ass559
  • ベストアンサー率52% (95/181)

#1です。 >上場してしまうと例え創業者であっても「雇われ社長」になってしまう 紛らわしいことをかいてしまいました。上場でも未上場でも、商法上の違いがありません(税法上は扱いが違います)。 零細企業にも雇われ社長はいるし、全役員が1株も持っていなくても構いません。 (現実には、社員持株会があるし、銀行や親会社から派遣された役員は別として、役員が持ち株ゼロってことはあまりないと思います。) ただ、オーナー一族であれ親会社であれ、特定グループの持ち株比率があまりに高く流動性がない企業は、証券取引所が上場を認めないのです。 結果として、50%超を握る大株主が社長の会社なんて、上場企業ではあり得ないわけです。 「経営権」は比喩的な言い方で、商法で保護される権利ではありません。「現実に経営を動かせる力」を慣習的にそう呼ぶだけです。 不二家は同族経営が悪いと叩かれましたが、一族3人の持ち株合計で6%だったそうです。(現在は山崎パンが筆頭株主のはず) http://blog.goo.ne.jp/quota1997/e/6849b403585f0e5d9bd490837ec8d897 仮に、親会社や、株式持ち合いをしている大株主グループの持ち分が2割あっても、残り8割が団結したら、全役員を入れ替えできますよね。 でもその8割が数千人から数十万人の株主にばらけていて、売っては買う流動株が多ければ、彼らは総会の決議事項に反対票を投じたりしない(そもそも議決権を行使しない)ので、経営陣はおおむね安泰なのです。 稀に「物言う株主」がリーダーシップをとり、少数株主を団結させることがあります。 外資のいちごアセット(長期保有方針のファンド。例のブルドックに買収をしかけたスティール・パートナーズとは対照的なタイプ)は、一般の株主から委任状を集めて、合併を撤回させました。 http://atashi.com/webarchives/2007/03/15/19/48/48/www.business-i.jp/news/sou-page/news/200702230037a.nwc.html ブルドック騒動のときは、委任状争奪戦になりました。 今後はこうしたケース、増えそうです。 #3さんへの質問に横から答えてしまうことになりますが、年間純益500億の中堅優良企業で、配当性向30%、その20%を持っていたら、配当金は年30億円です。 安定株主は銀行口座を届けますから、口座に30億振りこまれるのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧なお返事ありがとうございます。 いちごアセットの記事は非常に分かり易かったです。 このいちごアセットにスティールが買収をしかけているのですね。 (あのアデランスの経営陣退陣をもとめてる) 厳しい世界ですねぇ‥。 マネーゲームとはよく言ったものです。

  • 回答No.3
  • KKBKTS
  • ベストアンサー率26% (97/373)

まあ、難しく考えないで。 配当だけでも充分暮らせますから。 私の勤めていた会社の場合、創業者(会長)の持株数と1株配当を計算すれば、だいたい年間30億円くらいの配当です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 その会長さんのお話し、「年間」とありますが毎年30億もキャッシュで入ってくる訳ではないですよね? もう少し詳しくご説明頂ければ幸いです。

  • 回答No.2

>・キャピタルゲインはあくまで株を売却して得る利益ですよね。 >つまり株を持っている「だけ」では絵に描いた餅ではないのでしょうか? >そう考えると「無闇に株を売れない」経営陣は、株価が上がって「資産」は上がっても>実際は使えないお金をもっている様なもので、確かに資産家ではあってもお金持ちで >はないのではありませんか? これは少し違います。 まず経営陣は経営するために株を持つ必要はありません。経営権を独占したい経営者は上場しません。 また、お金持ちの定義が少し違うと思います。[金持ち]とは一般的には現金をいくら持っているかで考えるのではなく資産で評価します。Rich, Millionaire, Billionaire・・・ 例えば「世界の金持ちランキング」などは決してその人の現金資産を比較してはいません。所有している資産の総額で比較します。ですので、保有現金がそれ程多くなくても、多くの不動産を所有している人も金持ち(RichやBillionaire)です。 【所有する現金が多い人】は、日本語では「手持ちの現金がたくさんある金持ち」、英語だと「Cash Rich」という表現の方が適切です。会社でも金持ち企業と別に保有するキャッシュが多い企業をcash-richな企業といいます。 ですので、株や不動産などをたくさん持っている人は「資産家ではあってもお金持ちではない」のではなく「金持ちだけど、手持ち現金が少ない人」ということになります。 ※もちろん、「"お金持ち"とは所有する現金の多い人と定義する」と事前に断った上でお金持ちという言葉を使用すれば、現金のみの比較となることは当然です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >これは少し違います。 >まず経営陣は経営するために株を持つ必要はありません。 >経営権を独占したい経営者は上場しません。 ありがとうございます。 #1さんにもお尋ねしましたが、上場企業の社長は、株主(オーナー)に雇われている社長業という認識で大丈夫でしょうか? >「資産家ではあってもお金持ちではない」のではなく >「金持ちだけど、手持ち現金が少ない人」ということになります。 お金持ちの定義によって違ってくるという事ですね。 となると「資産家」の資産というのは非常に流動的な数字になりますね。

関連するQ&A

  • 【ローソンの創業者】ローソンの経営者は玉塚元一さん

    【ローソンの創業者】ローソンの経営者は玉塚元一さんですが、彼は雇われ社長ですよね? ローソンの創業者って現在はどこで何をしているんでしょうか? 役員たちに会社を乗っ取られたんですか?

  • ▽今の若い創業者社長の心理について教えて下さい。

    ▽創業者社長の心理についてです。 今の若い真に立派な創業者社長は、自分が雇った被雇用者全員が、40歳ぐらいまでに会社から 独立して自分と同じく創業者社長になれるように 応援してあげたいと思っているのでしょうか?また被雇用者全員に、 会社や国家に頼らずとも、つまり、月給が無くとも生計を立てられる 印税所得者になれるよう努力しなさい、その両方が無理ならば、最長 65歳まで雇用してあげるから、と諭す創業者社長もいるでしょうか? そんな創業者社長だったら尊敬されるのではないかと経営学部時代から思っていたのですが。 ご意見、下さい。ご回答宜しくお願い致します。

  • livedoorの創業者

    現在のlivedoorの経営者は堀江貴文社長ですが、 当時堀江社長が創業経営していたオン・ザ・エッジに買収される前のlivedoorを創業経営していた方の名前が知りたいです。 以前日経新聞に掲載されていたかと思うのですが忘れてしまいました。 ご存知の方教えてください。

  • 上場後も創業者等の持株比率があまり下がらないのはな

    上場後も創業者等の持株比率があまり下がらないのはなぜなのでしょうか? 例えば楽天ですと四季報によると持株比率上位3位が (株)クリムゾングループ(三木谷浩史の資産管理会社) 17.1% 三木谷浩史(本人) 16.5% 三木谷晴子(妻) 11.0% で44.6%を占めます。まあ実質すべて創業者である三木谷氏に属する株だと推認できます。上場は市場から資金を集めるのが最大の目的であり。そのために増資をすれば当初の持株比率は下がっていくのが自然だと思います。しかしながら三木谷氏は現状でも5割弱の株式を保有しており、名実ともに完全に楽天株式会社を支配しています。 これは無償で新株引受権を付与したり保有比率が下がらない仕組みか何かを導入しているのでしょうか?増資を引き受ける人はそのような不利益を承知で増資に応じているのでしょうか?

  • 腕時計のTUDORはROLEXロレックスの創業者の

    腕時計のTUDORはROLEXロレックスの創業者のハンス・ウイルスドルフのウォッチブランドだそうです。 なぜロレックスを創業したのに別にメーカーを作ったのですか? 今のロレックスは創業者はブランドを売却して別人が経営してるってこと? 2つのブランドを同時展開してるってこと?

  • 多額の退職金をとった創業者は、もう代表取締役には戻れないのですか?

    多額の退職金をとった創業者は、もう代表取締役には戻れないのですか? 創業者のAさんは、以前多額の退職金をもらい完全に引退しました。 今は、別の人が代表取締役社長です。ときどき、まだ自室が残っているので、顔を出している程度です。 しかし、今度そのAさんがどうも会社に経営者としてカムバックをしたいようです。 その場合、また代表取締役社長として戻れるのでしょうか? その場合は、無報酬ならOKとか限定つきなのでしょうか? 退職金を受け取っているので、その辺どうでしょうか?        

  • 俺のイタリアンのオーナーがブックオフの創業者だと聞

    俺のイタリアンのオーナーがブックオフの創業者だと聞いたのですが、オーナーはもうブックオフの代表取締役ではないのでしょうか?息子に代表取締役社長のポストを譲ったのでしょうか?それともどこぞの会社に売却したのでしょうか?

  • 非上場会社の創業者一族です。

    非上場会社の創業者一族です。 とは言っても、創業者は既に他界し、私たち一族は経営に参画しておりません。 また、最大株主とはいっても25%しか所持しておりません。 第二位は社員持株会で20%、第三位は15%でやはり経営には参画しておりません。現経営陣の株支配は合計で6%です。 さて、近年の業績低迷振りに、創業者一族として気が気でなく、株主総会のたびに提案・要求を行っておりますが全て払い除けられてしまう状態です。 知人の従業員に聞くと現在の経営陣は放漫であり、経営者らしい働きが皆無らしいのです。 無借金経営に加えて、含み資産が潤沢にあるため、自分たちがリタイアするまでは安泰だと考えているのかもしれません。 ここで本題に移りますが、私たち一族が現経営陣に対抗する何か有効な手段は無いでしょうか。 これまでの経緯を考えますと、友好的な方法では難しいと感じております。 なお、株式には譲渡制限があり、譲渡の際には取締役会での決議が必要となります。 何か良い方法をご教示していただけると幸甚です。

  • 経営者の企業献金を見ていたんですがベネッセの創業者

    経営者の企業献金を見ていたんですがベネッセの創業者の福武總一郎は早稲田大学卒なのに東京大学に16億円寄付してるのはなぜですか? 東大卒じゃないのに?? 普通なら母校の早稲田大に16億円寄付するのでは? どういう理屈ですか?

  • ベンチャー企業の資金調達後の創業者間の株式譲渡可否

    ベンチャー企業として、ベンチャーキャピタルから出資を受けた後に、創業者間で安価に株式を譲渡する場合、何か問題は生じるでしょうか? 例えば下記のような問題が起きるのではと思っていますが、それぞれについて、いかがでしょうか?またこれ以外にも問題となりそうなことがあればご教示頂けますと幸いです。 1.創業者AとBとが60%と40%の株式を持っている資本金1000万円の株式会社(1株10万円)があり、ベンチャーキャピタルから第三者割当増資で1株100万円で5000万円の出資を受けた場合に、その出資を受けた後の段階で、役員AからBに対して株式を1株10万円で全株譲渡した場合、AからBへの贈与とみなされてBが多額の贈与税を支払うことになる? 2.AからBへ贈与した時点では贈与とはみなされなくても、もしその会社が上場する段になったらその時に贈与税を支払う必要が生じたりする? 3.ベンチャーキャピタルとの契約をした時点でAとBとの間の譲渡は禁止される場合が多いのでそもそも譲渡ができない? 何卒よろしくお願いします。