• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

定積分で表された関数の導関数の求め方について

定積分で表された関数の導関数の求め方について、   f(x)=∫[0→x](t^ 2 + 1)^10 dt の導関数を求める場合 下記の方法、回答で合っているかご教授頂けますか。    まず、f(x)=∫[0→x](t^ 2 + 1)^10 dt         =[1 / 11 (t^2 + 1)]^11(0→x)        =1 / 11 (x^2 + 1)^11 ゆえに、導関数は    f´(x)=(x^2 + 1)^10 合っていますでしょうか? よろしくお願いします。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1340
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • proto
  • ベストアンサー率47% (366/775)

回答としては合っていますが、 もっと一般的に関数g(x)の原始関数をG(x)として   f(x) = ∫[a→x]{g(t)}dt      = [G(x)](a→x) = G(x)-G(a) よって   f'(x) = dG/dx = g(x) です。 ですから質問の問題だと(t^2+1)^10にt=xを代入して、ただちに   f'(x) = (t^2+1)^10 としていいと思います。 これは非積分関数が√(1+sin(t))のように直ぐには原始関数が求まらないような形のときにも有効です。 さらに拡張すると   f(x) = ∫[a→h(x)]{g(t)}dt を微分すると   f(x) = G(h(x))-G(a)   f'(x) = g(h(x))*h'(x) という公式が得られます。 質問の問題に類似の問題で   f(x) = ∫[0→x^2]{(t^2+1)^10}dt を微分せよ。 といった問題が出たとき、すぐに   f'(x) = ((x^2)^2+1)^10 * 2x = 2x(x^4+1)^10 と答えが出せるので覚えておくと便利です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速にもご回答を頂き、ありがとうございます。 t=xを ただちに代入して差し支えないこと、 原始関数がすぐには求められないような場合に有効である点など、大変参考になりました。 更に、後半の「拡張した場合」のご教授で この種の問題について、より理解を深めることができました。 計算練習を重ねて、マスターしたいと思います。 段階的で大変理解しやすいご教授に、心より感謝致します。 本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 導関数の問題

    以下のような問題を解いてみましたが、自信がありません。 この解き方でいいのでしょうか? もし、おかしい点があればご指導おねがいします。 【問題】 関数 f(x)=∫{0→x}(t^2+1)^10 dt の導関数を求めよ。 【自分の解答】 一般的に、関数g(x)の原始関数をG(x)とした場合、 f(x)=∫{a→x}{g(t)} dt =[G(x)]{a→x}=G(x)-G(a) f(x)=(dG/dx)=g(x) とあらわすことができる。 ゆえに、関数 f(x)=∫{0→x}(t^2+1)^10 dt に t=xを代入し、導関数は f(x)=(t^2+1)^10 となる。

  • 導関数の問題です。

    問題】 f(x)={(√3)^(1/3)}^(x^2) (x>0)の導関数を求めよ。 全然分からないので どなたかよろしくお願いします。 ('▽'*)ニパッ♪

  • 第5次導関数の問題です

    この解き方であっているか、わかる方よろしくお願いします。 関数f(x)=x^5+2mp第5次導関数f^(5)(x)を求めよ。 (f^(5)(x)の(5)の部分だけが指数です。) 答え 1次導関数:5x^4 2次導関数:20x^3 3次導関数:60x^2 4次導関数:120x 5次導関数:120 よって、f^(5)(x)=120

  • 導関数の求め方

    導関数の求め方については、高校で教えてもらい、その意義としては、ある点の接線の傾きだとういうことですよね。 でも、それはf(x)の場合ですよね。 もし、xではなくて、x^2になったとしたら、単純に2xが掛け算された導関数ということになるという理解でいいのでしょうか。 例えば、f(x)/g(x)の導関数は、微分の商の定理から、f'g-fg'/g^2になりますよね、ということは、f(x^2)/g(x^2)の導関数は、-2x(f'g-fg')/g(x^2)^2になるのではないかと思っています。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 導関数の可積分性

    fをC^2級の函数とします。つまり二階導関数まで存在してそれは連続。 さらにfとf"はともに可積分(ルベーグ可積分)とします。 このときf'も可積分になることは示されるものなのでしょうか? 容易に出来る気もするのですが、混乱してできません。 もし万が一反例があるのなら、それを教えて頂きたいです。 あとこれだけの主張でも証明できるような気はするのですが、 fおよび、f"がともに有界(したがってf'も有界になりますが) という付加条件をつける必要があるのならそうしていただけるとありがたいです。 とにかくf'の可積分性がどうしてもいいたいです。

  • 導関数の問題

    y=√{(1-√x)/(1+√x)}の1次導関数と2次導関数を求めよ。 という問題ですが、1次導関数を解いたところ y=√{(1-√x)/(1+√x)}=(1-√x)^1/2*(1+√x)^-1/2として、 y'=-1/4√(x-x^2) -√(1-√x)/{4√(x+x√x)}*1/(1+√x) になりましたが答えはあっているのでしょうか?

  • 導関数の問題です

    解析学を習い始めたばかりの初心者です。 以下の問題の答え(できれば途中の計算も)を教えていただけないでしょうか? 次の導関数を求めよ。 (1) f(x)=(2x+1)^3 (2) g(x)=1/(x^2+x+1) わかる方教えてください。m(_ _)m

  • 全微分で2階導関数を求めるについて

    Z=f(X,Y),X=φ(t)Y=Ψ(t)がC2級のときtの関数Z=f(φ(t),Ψ(t))の2階導関数を求める問題の解き方が分かりません。 1階導関数は、全微分の公式を用いてすぐ求めることができるのですが、2階導関数の場合、d/dtを両辺に掛けたとき1階導関数を求めたときに式に現れる∂z/∂xに対してどのように式を変形していけばいいのかわかりません。回答よろしくお願いします。

  • 第3次導関数は,何を表していますか? 

    a,b,c,d を 0 でない実数として,y=f(x) を3次以上の多項式、例えば y=f(x)=ax^3+bx^2+cx+d のとき,上式を微分した導関数 y'=f'(x) は,曲線の接線の傾きを表し、更に微分した第2次導関数 y"=f"(x) は,曲線の一部を円と見なした曲率円のほぼ曲率を表していますが、第3次導関数は,曲線の何を表していますか? 

  • 導関数の計算

    f(x)=x-1(マイナス一乗の意)の導関数を定義に従って求める問題なんですが、どうしてよいかわかりません(計算の仕方)。 どなたか教えて下さい。