• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

妹の終身保険について

たびたび恐れ入ります。 父(67歳)が妹(25歳)にかけていたニッセイの保険数件を まとめて1つの終身保険に転換契約しました。 その内容ですが ・終身保険2000万 (35歳払い込み満了・保険料22,435円) ・短期入院特約a日額5000円 (保険期間、払い込み期間共に80歳・保険料315円) ・新災害入院特約a日額5000円 (保険期間、払い込み期間共に80歳・保険料315円) ・新入院医療特約a日額5000円 (保険期間、払い込み期間共に80歳・保険料1,905円) 月額保険料24,980円 です。 私の見解は ・専業主婦の妹に2000万もの死亡保障は必要ないと思うので減額 ・医療保障は解約して別のものに加入 です。 そもそも、結婚した妹の保険の面倒を父が見る必要はないと思うのですが 解約するとかなりの損になりそうなので、上記のようにして月々の保険料負担を減らし その分を父の老後に備えてほしいと思ってます。 契約日は5月からになってるのですが、減額・特約の解約は1年後でないとできないのでしょうか? ご指導よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数182
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#177513
noname#177513

専業主婦の保険で2000万円が多いか妥当かという問題は人其々ですから。 寧ろ終身保険は300万円もあれば充分という主張(葬式代?)の方が実は何の根拠もへったくれもありません。保険料が負担になって日々の暮らしが苦しいという本末転倒な事態に陥らないならば、2000万円ぐらいはあったほうが幸せです。25歳じゃ将来どんな人生が待ってるのか誰にも解りませんから、終身保険が一番いい選択と言えば良いのです。目的もはっきりしてないのに運用効果だけをもって養老保険や年金保険を選ぶのは意味不明でしょう。20年後の45歳で満期がきてどうするの?60歳まで解約できないような年金保険を選んだりしたら、老後の備えだけは充分とか意味不明です。 これは親子の問題ですから親子で話し合って納得することですが、 親が良いなら良いんじゃないですか?現金や通帳渡して直ぐに使われてしまうより「本当に困った時の為だからね」といえば、遺産相続にするか生前贈与にするか、選択肢としての保険はありです。 突然2000万円なら、何故?根拠は?という疑問もありますが、転換特則で1500万があるということは現時点で原資になるのが800~900万円の間で既に存在しているということです。 要するに25歳になるまでにそれだけ貯まるような保険が元からあったと言うことですから、3つあわせて1500万円の終身死亡保険ぐらいはあったんじゃないですかね? それだけ払ってきた事のほうが驚きですが、まあ払える人は払えますから。 保険の問題としては、3つの保険をまとめる理由が何処にあるのかということです。 何で3つに分かれていたのかという原因も重要です。 困った時に解約するというなら3つに分けたまんまの方が良いのかも知れませんし。 まとめることのメリットがなんなのか、、、重要です。 7年前、5年前に契約したものよりは現在のほうが予定利率がよくなっている場合もありますので、転換して有利にするという方法は現時点では有り得ますけどね。 どうなんでしょうね? この保険の一番の疑問点は25歳という若さなのに今更80満了の医療保険です。あまりにも中途半端で、終身医療保険を売り込むのは数年後か?と勘ぐってみたくもあり、、、、商品上それが上限なんでしょうけどね。 質問者さんの見解と、より良い保険選びとは別物のようですね。 良く話し合ってみたほうが良いと思いますよ。 ちょっとバタバタし過ぎのような気もしますし。 これでもしも、お父さんとお姉さんと妹さんの保険担当者が同じだとすると、恐るべし担当者ですかね。 断片的な情報ばかり集めて、大損しないように。 転換数ヵ月後の減額なんて大損しますから。 むしろ現時点で、転換について説明をきちんと受けないで損するような方法を取られていたなら、転換の取り消しを訴えるという方法もあります。 まだ証券が届いたか届かないぐらいですよね。 NO.1さんは減額できたと言ってますが、これは掛け捨ての定期部分の減額で中で何が起こっているか解らないけど月々の掛け金は下がったから良しとしようというに過ぎないでしょうね。 くれぐれも2000万円は多過ぎるとか、妹ばっかり優遇してとかの観点で見ると保険の正体がわからなくなってしまいますので注意。 元々あった3つの保険の内容を吟味して現時点で解約返戻金がどのぐらい貯まっていたのか、このまま続けていたらどのようになっていったのか? この辺の分析から始めるんですよ、保険というものは。 そうですね。妄想を膨らませて保険の担当者に悪意がない前提で考えれば、元々あった保険の保険料支払い期間がまだ20年ぐらいあって、これを継続していくのが難しいと考えたお父さんが、せめてあと10年ぐらいでほとんど支払いを終わらせられるような設計を希望した、、、、、 とすれば35歳払い込み満了の終身保険も、まあ理解はできるというところでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 とにかく見直さなければ!と焦っていたのですが koriru98さんのご意見をお伺いして少し冷静になれました。 保険って本当に難しいですね。 前のセールスさん(数年前に定年退職されました)と長年の付き合いがあり この方の勧めるがままに、父は私たち姉妹に何件もの保険をかけてました。 父は私たちのためを思ってかけてくれたのでしょうが、 一時は月々の合計保険料が父のも含め20万を超えていたそうです。 保険内容も種類が多くてよくわからんと言ってます・・・ 聞いたときは驚きました。 現在のセールスさんが父を担当することになったとき、「契約が多すぎて無駄があるので見直すためにまとめましょう」と持ちかけてきてまたまた言われるがままに判子を押したそうです。 新しい保険の内容もよく把握できてないようです・・・ 下取りした保険がどういうものだったのか、今後どのようにすればいいのか 一緒によく考えようと思います。 現在私は離れて暮らしており、私の分はまだ手付かずなのですが 「近いうちにお姉さんのほうも・・・」と話があったそうなので、 そのときはよく話し合ってからにしたいと思います。 ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

クーリングオフが出来ればした方が良いですね 出来ない場合は解約しては? 年齢から考え一生お父様が保険料を負担するのは難しいでしょう また、妹さんも若いので保険なんかに加入する必要はないと思いますよ国の年金だって将来どうなるかわかないのに民間の保険は、尚更どうなるか分かりませんよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 契約をしたのは2月なのでクーリングオフはもうできません。 解約はかなりの損になりそうなのでこれも・・・ 父は転換の意味をまったく理解していなかったので 説明不足を指摘したのですが、むこうはやはり「意向書にサインがある」 とお約束の伝家の宝刀です。 いままでセールスの言うがままに十数件も契約し、把握、管理しきれず さらに今回もよくわからないまま判子を押してしまった父にも非がないとはいえません。 父は払っていけると言い張ってるので、心配してるこっちが疲れてきました。 愚痴になってしまって申し訳ありません。

  • 回答No.4
noname#63725
noname#63725

大した話しではないですが、 1000万円の減額の話しですが、定期部分だけの減額をしたかったのですが、当時会社の規定で終身部分も【比例減額】の方法しか出来無いと言われて終身も減額しました。 その後規定が変わって定期だけの減額も出来るようになったようです。 本当に難しくて参ります。 各種保険の取り扱いをやっている代理店の専門家の方にアドバイスを受けた方が良いと思います。 (知識ありますし)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 本当に難しいですね。 諸々の書類を見てるとクラクラしてきます。 父ともよく話、専門家のご意見も伺ってみようと思います。

  • 回答No.2
noname#63725
noname#63725

1番です。 終身2000万円ですか? 驚きですし、もったえないですね。 相当な下取り価格だったと思います。 もっと別の貯蓄性の高い品もあったと思います。 勧められた保険は営業員の成績が高い品だからだと思います。 例えば年金保険や養老保険などの方が良かったかもしれません。その方が営業員の成績が多少低いから勧めなかったのかもしれません。 親戚の人の質問者さんのような保険に加入させられた経験があります。 早く減額した方が良いと思います。 最近思う事があります。 大手の保険会社の担当もも良いですが、各社の保険を扱っている代理店で専門的な知識を持った方に資産運用の相談する事も良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#63725
noname#63725

>終身保険2000万 (35歳払い込み満了・保険料22,435円) ↑ 金額の保険金額の書き間違えだと思いますが? 多分、定期付き終身保険金額が2000万円の保険だと思います。 その内終身部分が何百万か書いてないので不明ですが。 推測ですが定期付き終身保険の35歳までの定期部分が2000万円で、終身部分が200万円などだと思います。 一般的には終身部分は数百万円程度です。 終身部分は、絶対に貰える金額であり考え方は貯蓄です。 定期部分は掛け捨てです。 終身が2000万円だと保険料は2万円代では収まりません。相当な金額になります。 >専業主婦の妹に2000万もの死亡保障は必要ないと思うので減額 ・医療保障は解約して別のものに加入 です。 2000万は定期部分だとして回答します。 定期部分は最低金額まで解約する方法(自分が妥当だと思う金額)や終身部分だけを葬式代程度の数百万だけ残す方法があります。 保険会社によって最低金額ラインがあります。 私も定期付き終身保険を加入後(転換後)、早々に減額しました。 その保険の特約が気に入ったのですが、保険金額の最低ラインと言うのがあって2,3千万円でなければ加入できなかったです。 減額後の保障は1000万にしました。 特約は解約していません。 加入後の減額は出来ます。 出来無いのではなく、保険担当者のペナルティーになってしまうだけです。 早期減額ですと保険担当者の【顧客の保険の継続率】に該当するだけです。 減額を申し出ると、出来無いとか難癖をつけます。 解約すると申し出ると、「保険料負担を軽くするために減額を勧めます」 ちなみに私は、薬を飲んでいたり悪いところがあるので、保険にはもう加入できません。県民共済・国民共済も加入出来無いと言われました。 後悔の無い減額をする事も大事だと思います。 入院保障の部分も減額は出来ます。 5000円→3000円など。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 死亡保険は確かに終身2000万のみで定期保険はありません。 3件分の保険契約を1つの新しい保険に転換しているので 転換特則が1500万とかなり高額でした。 まったくの新規契約ですと年間の保険料は120万だそうです。 セールスの方も「貯蓄性の高いもにしてきたほうがいい」とのことで こういう契約になったみたいです。 しかし、いくら貯蓄性が高いからといっても父の年齢を考えると 月々2万を超える保険料は厳しいと思います。 減額はすぐにでもできるんですね。 父とよく相談してみます。

関連するQ&A

  • 残したい終身保険があるのですが…

    結婚4ヶ月。33歳。子どもなしの妻です。 以前母が加入してくれていた保険を解約し、あらたに自分たちに合った保険に加入しようと考えています。 母が加入してくれていた保険というのは、 平成5年12月加入、日本生命の終身保険(重点保障プラン)というものです。 母は保険のおばちゃんにいわれるままに入ってしまったもので、独身の私に… 定期保険特約2880万(20年更新型)/終身保険120万(63歳払込満了)/新傷害特約 500万(20年更新型)/通院特約・日額3000円(20年更新型)/新災害入院特約・日額5000円(20年更新型)/新入院医療特約・日額5000円(20年更新型) かけていました…。 内容は明らかにお馬鹿な加入ですが、終身保険の部分だけみると、 『月額878円・63歳払込満了で120万』って、いわゆるお宝保険じゃないかと思い、保険の担当さんに、「終身だけ残して他を解約したい」とメールで連絡しました。 が、「終身のみを残すお取り扱いはできません」との答え。みなさんの質問・回答を拝見していると、「終身保険だけを残して他を解約…」というお話をいくつか見かけたので、私もぜひ!と思っていたのです。 私のプランだと終身保険だけ残すことは無理なんですか? 保険屋さんに言いくるめられたりしていませんか、わたし。 みなさん、教えてください。

  • この終身保険、解約したほうがいい?

    平成7年に加入した○日生命の終身保険です。 ○日生命が危ないとかいう噂を聞きまして・・・。 解約したほうがいいかどうか教えてください。 60歳払い込み満了終身保険 終身  1000万 障害特約 500万 入院特約5000円 女性入院特約5000円 保険料 月額10895円 です。 今解約したら約60万の解約返戻金がある、と契約の時に打ち出されていますが、契約したときは1ドル80円時代で、まだバブル崩壊もそんなにも影響を受けていない時期でした。 果たして今解約したらそれだけの返戻金がもらえるのか?それが疑問なんです。 母子家庭で子どもが二人いますが、もし今私が死んでも生活はしていけると思います(両親と同居しており、それなりに安定した生活を送っています。子供の将来の教育資金も確保されています)。 癌が心配なので、先日がん保険に加入しました。 がんと診断されたら100万円、入院日額2万円のものを二口です。死亡保障はありません。 景気のいい時なら終身保険もよかったのですが、この時代に終身に入るメリットはあるのでしょうか。 また、今の時代だと、この保険料で1000万の終身に加入することはできないとは分かっているのですが、価値のある保険なのか、加入した時とおなじ条件で今もいるのかを知りたいと思っています。 保険やさんに聞けばよいことは分かっていますが、その前に皆さんのご意見をお伺いしたいと思います。 宜しくお願いします。

  • 更新してしまった生命保険の内容と終身保険特約について

     45歳既婚。子供なし。11月1日に定期保険特約付終身保険の2度目の 更新時期を向かえ、変更することなく更新いたしました。内容は、   定期保険特約付終身保険「パスポート21」(S62)    主契約 570万(保険料171円)       定期保険特約 1000万(同5150円)       終身保険特約  430万(同10982円)    特約 傷害特約(災害保険金額) 100万(70円)       災害入院特約(入院給付金日額) 5000円(350円)       疾病特約(入院給付金日額)  5000円(1515円) 前回更新時、定期保険特約を大幅に減額し、終身の分を増やしたのですが、 お恥ずかしいことに単純に主契約を増額できるものだと思ったのですが、後に届いた契約内容を見て「終身保険特約」とあり、特約扱いになっていました。特約保険料は満了日以降も払う必要があるのではと本社に確認し、 主契約同様55歳払い込み満了時に保険料の支払いは完了するという回答を頂いたのですが、契約内容には主契約は「満了時払い込み終了」と記載されてますが終身特約の分については一切記載されていませんので今回更新時、再度担当の方にも確認をとったのですが何だか不安です。この場合、終身保険特約は主契約と同じと考えていいのでしょうか。今さらですが、終身保険特約の保険料も一万円強ですので終身部分は主契約のみでも充分だったのではと思っています。約款に保険料支払い後(26日引き落とし済み)7日以内なら解約可能とありますので見直せるものなら検討したいです。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 終身保険の入院特約と保険金について

    知人の生命保険の見直しについて、質問させていただきます。 終身保険について少々勉強し、最後まで保険料を払い込めば(保険料累計<保険金)になると思いこんでいました。 しかし保険証券と解約返戻金推移表を入手したところ、払込期間が満了しても(保険料累計>保険金)であると分かりました。 本人はそこそこ収入と預金があり、終身保険が必要か疑問を感じます。しかし今解約しても全額戻ってこないのがネックで、直ちに解約すべきか決めかねています。 質問は 1.(保険料累計>保険金)の原因は入院特約でしょうか。 2.入院特約は保険料の割には給付額が中途半端で、入院特約を外したいと思いますが、そのような契約変更は可能なものでしょうか。 3.入院特約を外すことができた場合、新たな契約内容は保険料累計<保険金になりますか? 4.他に何か見落としがあればご指摘願えると幸いです。 保険の内容 5年ごと利差配当付終身保険 保険金:400万円 災害入院特約:5日目から日額7,000円 疾病入院特約:5日目から日額7,000円 女性疾病入院特約:5日目から日額7,000円 毎回払込保険料総額:11,900円 うち特約保険料:6,384円 保険料払込期間:36年間 (2001年、24歳で契約なので60歳まで払い続ける) 解約返戻金推移表の抜粋 35歳 保険料累計1,558,998円 返戻金1,083,860円(現在) 53歳 保険料累計4,058,586円 返戻金3,425,080円(保険料が400万を超えた) 60歳 保険料累計5,030,648円 返戻金4,563,340円(払込終了) 81歳 保険料累計5,030,648円 返戻金5,100,230円(返戻金ピーク)

  • 54歳、男性、掛け金の安い終身保険を教えて下さい。

    宜しくお願いします。 54歳、男性です。 現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。 主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。 定期保険特約、500万円で、2021年更新 三大疾病特約、300万円で、2021年更新 あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新 がん入院特約、日額10,000円 終身 という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。 終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。 そして、新たに、終身保険に入りたいのですが、54歳ということもあり、なかなか掛け金の安い終身保険が見つかりません。 そこで、死亡保険は、500万円で、NKSJひまわり生命の「低解約返戻金型終身保険」というのが、1ヶ月の掛け金、13,370円であったのですが、どうなのでしょうか? 多分、解約することないと思うので、普通の終身保険でいいのですが、普通の終身保険で掛け金の安い保険会社の終身保険はどこでしょうか? なお、医療保険とがん保険は、別に入りますので、終身保険のみについて、宜しくお願いします。

  • 長割り終身保険について

    37歳の専業主婦です。 保険についていろいろ迷っていますので、アドバイスをお願いします。 現在、300万の変額終身保険(葬儀代等のため)と終身医療保険(入院日額5000円)に入っています。 保険料は両方で月1万円弱で、60歳までの支払いです。 今回、入ろうかと迷っているのは東京海上あんしん生命の長割り終身保険500万です。(特約はつけません)保険料は1万ちょっとです。 終身保険がトータル800万になるので、多すぎるかなあとも思いますが、 へそくり用(?)に積み立てようと思っていた1万円を当てて、もしものとき や老後の生活資金に役立てば・・と思い加入を検討しています。 地道に貯金をするのが苦手なので、保険料が強制的に引き落とされるのが自分には合っているという気はするのですが、長期のことなのでリスクを考えると預金に まわすのとどちらかいいのか迷っています。 みなさんのご意見をお聞かせ下さい。

  • 終身保険だけで加入できますか?

    36歳女性既婚です。 現在以下の内容で「日○生命」の終身保険に加入しています。 終身保険    500万円 3大疾病    500万円 障害特約    500万円 災害入院特約5日目~ 5000円 入院医療特約5日目~ 5000円 女性入院特約5日目~ 5000円 通院特約       3000円 リビング・ニーズ特約 月々11258円 子供はいません。今後も夫婦2人だけの生活になると思います。 終身保険を200万円に減額し、その他の特約は共済で加入したいのですが 終身保険だけで加入というのは可能でしょうか? また可能な場合、1度解約して加入し直しになってしまうのですか?

  • 低解約終身保険について

    低解約終身保険について 8月の終わりに300万円の終身60歳払い済みに入ったのですが、10年払い済みのほうが良かった かなと思っています。 と、いうのは、学資にも当てられるからです。 もし、学資に使ってしまったら終身がなくなってしまうので貯金することになりますが、そのほうが、 60まで塩つけにしなくてすむかなって・・・ でも、もう解約しても一回目の保険料はかえってこないとのことでしたが、 この保険は払い込み期間の変更はできないといわれました。 たとえば、払い込みを銀行で自分でとめてしまって失効にしても一回目の保険料は払わないと いけないですか?また、葬式代と割り切れば60払い込みでも問題ないですか?

  • 入院特約付き終身保険の方が良いですか?(長文です)

    現在終身医療保険への加入を検討している30代独身女性です。 代理店の方からいただいた設計書を読み返していて、保険が終身保険になっていることに気づき、これで良いのかどうか迷っています。 プラン内容は 5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険 死亡・高度障害保障(リビングニーズ含む) 100万円 災害入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き 疾病入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き 月額保険料は6500円位で、60歳払込終了です。 保障は特約も全て終身です。 私が最初に出した希望は 1.60歳払込終了の終身医療保険に入りたい 2.解約返戻金は無くて良いので、月々の保険料を安くしたい 3.災害・疾病共に1泊2日入院から日額5000円、120日型、限度日数1000日以上で、手術給付金付きが良い 以上です。 1はこの保険会社には終身医療保険(60歳払込終了)もあるのに終身保険になっていることが疑問です。 2は終身保険になっているので当然かもしれませんが、解約返戻金も死亡保障もあることが疑問です。 3は一応希望通りですので特に問題はありません。 ちなみに私には既往症があり、他に保険には入っていません。 今回の保険も部位不担保という条件付きでの加入予定です。(まだ加入決定ではありませんが・・・。) 代理店の方は私に既往症があるので、単体の医療保険より終身保険の方が入りやすいから、終身を勧めておられるのでしょうか?(このサイトで以前終身保険の方が入りやすいという内容を読んだことがあります。) 解約返戻金なしには出来なかったけれどその代わり死亡保障は最低金額にしたとは言われましたが、その時はそういうものかと思いましたが、終身保険であればつくのは当然といえば当然かと・・・。 代理店の方がこれを勧める意図も含め、この保険が私に最適かどうかアドバイスをお願いいたします。

  • 5000万保障の終身保険の今後は?

    現在50歳の夫婦です。 夫の両親が高齢であることや商売上のこともあって、夫に何かあったら大変と思い、両親の知り合いの保険会社の方の提案で若い頃から掛金の高い終身保険をかけてきました。幸い、安定した収入面からなんとか払い続けてこられましたが、何度かこれでいいのかと思いつつ、ここにきてまた疑問に思えてきました。両親はすでに亡くなっております。 現在は二人の大学生の娘がおり、まだ当分教育費はかかります。私はパート勤務をしております。 娘たちが社会人になれば、保障はそんなに多くなくてもいいと思いますので、このまま掛けていってよいものか、または掛金にあたるお金を今後もっと有効な金融商品(生きているうちに有意義に使うため)に充てていけばよいのか、アドバイスをお願いいたします。払い済みや医療特約についても教えてください。 【終身保険】 本人型  〔昭和62年契約(31歳時) 60歳払込満了〕 終身保険金額    5,000万円   災害特約保険金額  1,000万円 傷害特約保険金額  1,000万円 災害入院日額    10,000円 入院医療特約    10,000円 ===================== 保険料       51,945円 ※特約80歳まで払込 80歳保険期間満了  主契約払込終了後、特約保険料20年分 年払保険料59,260円    ↑これはとても不安な条件です。 保険料はまだ10年間掛けなければなりません。 これまでの掛金総額はかなりの金額になります。少し負担を少なくしたい気持ちです。 アドバイスおよびこの保険商品の価値についての判断を宜しくお願いいたします。