• ベストアンサー
  • 困ってます

入院特約付き終身保険の方が良いですか?(長文です)

現在終身医療保険への加入を検討している30代独身女性です。 代理店の方からいただいた設計書を読み返していて、保険が終身保険になっていることに気づき、これで良いのかどうか迷っています。 プラン内容は 5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険 死亡・高度障害保障(リビングニーズ含む) 100万円 災害入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き 疾病入院特約(120日型、限度日数1095日、日額5000円)付き 月額保険料は6500円位で、60歳払込終了です。 保障は特約も全て終身です。 私が最初に出した希望は 1.60歳払込終了の終身医療保険に入りたい 2.解約返戻金は無くて良いので、月々の保険料を安くしたい 3.災害・疾病共に1泊2日入院から日額5000円、120日型、限度日数1000日以上で、手術給付金付きが良い 以上です。 1はこの保険会社には終身医療保険(60歳払込終了)もあるのに終身保険になっていることが疑問です。 2は終身保険になっているので当然かもしれませんが、解約返戻金も死亡保障もあることが疑問です。 3は一応希望通りですので特に問題はありません。 ちなみに私には既往症があり、他に保険には入っていません。 今回の保険も部位不担保という条件付きでの加入予定です。(まだ加入決定ではありませんが・・・。) 代理店の方は私に既往症があるので、単体の医療保険より終身保険の方が入りやすいから、終身を勧めておられるのでしょうか?(このサイトで以前終身保険の方が入りやすいという内容を読んだことがあります。) 解約返戻金なしには出来なかったけれどその代わり死亡保障は最低金額にしたとは言われましたが、その時はそういうものかと思いましたが、終身保険であればつくのは当然といえば当然かと・・・。 代理店の方がこれを勧める意図も含め、この保険が私に最適かどうかアドバイスをお願いいたします。

noname#60629
noname#60629

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Pigeon
  • ベストアンサー率44% (630/1429)

その代理店の人が何を考えたのか本当のところはどうか分かりませんが、終身保険+終身医療特約には意味があります。 他の回答に終身保険を分けた方が良いとありますが、確かに一般論なんですが、500万とか1000万とかいずれ解約返戻金を使うことがありそうな契約の場合は分けておくのが良いです。 100万という最低限の終身保険を付けておく事の意味は、失効予防と言う事になってきます。無解約返戻金型の医療保険は、二ヶ月連続で保険料の払込が無いと失効してしまいます。ついうっかり、と言う事もあれば、入金に行けない事情もあるかもしれません。失効後は健康状態に問題無ければ復活できますが、絶対に可能と言うものではありません。 終身保険+医療特約の場合、自動貸付や契約者貸付が受けられます。払込が無い場合も解約返戻金から自動的に立替払いをするので契約が途切れるリスクが減るのです。(例えば入院してて入金に行けなくて失効した、ではしゃれにならんでしょう。) 失効予防策は他にもあるものの、終身保険があると予防になります。 こう言う方向で考えた場合には解約返戻金があればよいのではなく、自動貸付が出来るかどうかです。 一部の単体の医療保険には契約者貸付・自動貸付が受けられる保険があるのでそちらでも良いのですが、最近普及している解約返戻金なしの単体医療保険には危うさを感じます。 あとは細かい話ですが、殆どの医療保険には保険料率変更規定なるものがあり、終身型でも将来値上げが約款上可能となっています。終身保険+医療特約はこの保険料率変更規定がありませんので、値上がりはありません。 基本的には説明不足なんだと思います。両方提示してそれぞれのメリット、デメリットを説明すればいいわけですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。 失効予防までは考えつきませんでした。 担当の方がそのことを考慮された可能性もあるかなとは思います。 私に既往症があり、これまでかなり加入に苦労してきたこともお話していましたので 万が一のことを考えてくださったのかもしれません。 次に担当の方に会うのが憂鬱になっていましたが、少し気持ちが晴れました。(^ ^) 今度私の方からも詳しく説明を求めたいと思います。 ありがとうございました。m(_ _)m

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#177513
noname#177513

貯金したほうがマシです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • Pigeon
  • ベストアンサー率44% (630/1429)

#4です。 >私に既往症があり、これまでかなり加入に苦労してきたこともお話していましたので なるほど、です。 もう一つ追加ですが、医療保険と言うと告知書扱いと言って自己申告での査定をします。既往症がある場合にはリスク判断が付かずに延期や謝絶になる事もあります。 一方、医師扱いだと医師の参考意見や健康状態を見る幅が広がるため、告知扱いの○×判定ではなく△の判定も可能となってきます。 一般のイメージとは別に、告知扱いよりも医師扱いの方が条件が良くなったり、加入できるようになったりする事があります。 敢えて告知扱いしかない単体の終身医療保険ではなく、医師扱いも可能な保険を選んでいるのかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ご回答いただき、ありがとうございます。 とても参考になり、霧が晴れていくようです。 Pigeonさんのお言葉通り、まさしく私は今△の状態です。 最初おおまかな症例を本社?で加入可能か照会していただいたところ、「加入の可能性あり、部位不担保の可能性あり、簡単な診査要(尿検査とか血液検査など)」と回答があり、2度目に私の詳細な健康状態等で照会していただいたところ、他は同じですが診査は不要となりました。 Pigeonさんのおっしゃるとおり、担当の方は最初からあえて終身保険で何とか加入出来るよう、掛け合っていてくださったのかもしれませんね。 私なりにあれからこの保険について調べてみたところ、間違っているかもしれませんが実質医療保障のために支払う金額は3000円くらいとなり、単体の医療保険(エヴァーは別ですが)に入るよりお得なのかもと思っています。 解約返戻金も払込終了後は死亡保険金と同じくらいとなるようですので、残りの保険料を自分の葬儀代のための積立と考えればいいような気がしてきました。 保険は奥が深いなぁと、一つの保険を調べただけなのに、つくづく実感しました。 もし私の解釈が間違っていましたら、またお教えくださいますと幸いです。 あらためて何度もありがとうございました。

  • 回答No.3

ご丁寧なお礼を有難うございます。 補足に対する回答です。 >代理店の方にお話したところ、「それよりは高くなりますよ」と言われました。 正確な年齢が解りませんので確定的なことは言えませんが、終身医療保険にも保障日数、払込期間、付加する特約により金額が変わってきます。最低限の保障~色んな場合を想定して充実した保障の範囲で、対比表を作成し、それを元に相談しながら作成するのが基本と考えております。よって、初めから「高くなる」との文言には???です。 >こういう提案の仕方というのはやはり保険販売をお仕事にされている方々には普通のことなのでしょうか? 全然普通じゃないですよ(笑)。必要な保障に対して必要なだけのお金を支払うのが普通であって、その金額に対しては安いも高いもないと考えます。たとえ2,000円でもりっぱな掛け金です。 良く勉強されているようなので、終身保険の必要性は述べる必要は無いでしょう、決定権はお客様に有ります。上から見下すような提案をする代理店は断って、新たにお客様と同じ目線で物事を見、FP(代理店)の知恵を生かした商品を提案するようなFP(代理店)を探した方が良いでしょう。例えば、医療保険に付属する特約(初期入院・通院・退院・生活習慣病一時金等)について事例を挙げて可否を問うような提案をするFP(代理店)です。 参考にして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ご回答いただき、ありがとうございます。 >>こういう提案の仕方というのはやはり保険販売をお仕事にされている方々には普通のことなのでしょうか? >全然普通じゃないですよ(笑)。 そうですよね、今回の前に、違う代理店で痛い目にあったことがあり、私自身かなり疑心暗鬼になっているようです。(^ ^;) 今度担当の方にもっとつっこんで話を聞いてみます。 ありがとうございました。m(_ _)m

  • 回答No.2

はじめまして、独立系のFPです。 質問の回答としては 入院特約付終身保険より終身医療保険と終身保険はそれぞれ個別の契約で持たれることをお勧めします。理由は医療を特約として付加した契約は将来に見直しを考えた場合リンクしている契約が邪魔をすると言うことです。例えば今回の契約で終身保険の積立金を取り崩そうと終身保険を解約すると特約の医療まで一緒に解約されてしまいます。また、医療特約を見直そうとしても、単独で発売されている医療保険と同じ特約に変更できるかどうかも疑問です。 おそらく、予算を5,000円~7,000円くらいと仰ったのではないでしょうか?医療保険単独で計算するとamano1971様の予算を大幅に下回ってしまうので、担当者は医療特約付終身保険を設計したような気がしますが・・・。尚、加入審査は特約であれ主契約であれ同じ審査を行うのが通常と理解しております。既往症等がある場合は事前査定などで対応してもらってください。 以上、参考にして下さいね。ご質問などがあればお気軽にどうぞ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。 ご回答いただき、ありがとうございました。

質問者からの補足

>入院特約付終身保険より終身医療保険と終身保険はそれぞれ個別の契約で持たれることをお勧めします。 そうですよね。 私の中にも終身は死亡時の一時金あるいは貯蓄目的というイメージがありますし、終身の医療保障のみを希望している私には解約した際の貯蓄性は必要ない気がしますし、解約して医療保障がなくなるのはもっと困ります。 >おそらく、予算を5,000円~7,000円くらいと仰ったのではないでしょうか? この部分はなんとなく思い当たる節があります。 以前私は定期の医療保険(月4500円)に加入していたことを代理店の方にお話したところ、「それよりは高くなりますよ」と言われました。 その時は、今回は定期ではなく終身という形ですし、加入年齢も上がってるので、高くなるのは必然かと思い、「わかりました」と答えました。 予算についてはそれくらいしか話していませんが、安くという希望を一応出していたので、以前の定期医療保険より安くなるのであれば、そうして欲しかったのですが、4500円以上出せるのであればついでに終身保障もつけちゃえばお得!と代理店の方は考えられたのでしょうかね~?(^ ^;) 私はもし4500円より安く加入できるのであれば、日額5000円を10000円に増やす気持ちもあったのですが・・・。 こういう提案の仕方(予算が余るようなら目的の保障になにかプラスして予算に合わせる)というのはやはり保険販売をお仕事にされている方々には普通のことなのでしょうか?

  • 回答No.1
  • umekiri
  • ベストアンサー率19% (148/764)

>1はこの保険会社には終身医療保険(60歳払込終了)もあるのに終身保険になっていることが疑問です。 すみません、質問の意味がわかりません。 終身死亡保障100万が主契約で、医療保険はその付加契約だと思えるのですが。 何歳で死んでもとりあえず100万は出る。 医療保障も終身(死ぬまで続く)だが、保険料の支払いは60歳まで、と言う意味だと思うのですが、 何を聞こうとしているのかが分かりません。 >2は終身保険になっているので当然かもしれませんが、解約返戻金も死亡保障もあることが疑問です。 通常死亡保障は死んだときに出るお金、 解約返戻金は途中でやめたときに戻るお金、です。 それがあることのなにが疑問ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明不足で申し訳ありません。 1→私は単体の終身医療保険を希望したのにもかかわらず、あえて医療保障を特約という形にして、死亡保障のある終身保険を提案されているのが理解し難いのです。 終身医療保険と終身保険とでは商品の目的が全く違うと私は思うのですが・・・。 2→この希望を言った時の会話として、私は独身ですので私が死亡した時、家族に残すための死亡保障は必要ないですし、葬式代等の最低限のお金(200万位?)は貯蓄で賄えますので、解約返戻金はなくていいので、月々の保険料を安くして欲しいとお願いしました。 このプラン(月6500円)の内訳は終身(死亡保障)が約2500円、災害入院特約が約500円、疾病入院特約が約3500円となっていますので、保険料のおよそ3分の1が終身のためのお金です。 医療保障のみを希望した保険素人の私にしてみれば、必要ないと言ったはずの死亡保障をメインにした保険を提案されるのか、わからないのです。

関連するQ&A

  • 終身保険の入院特約と保険金について

    知人の生命保険の見直しについて、質問させていただきます。 終身保険について少々勉強し、最後まで保険料を払い込めば(保険料累計<保険金)になると思いこんでいました。 しかし保険証券と解約返戻金推移表を入手したところ、払込期間が満了しても(保険料累計>保険金)であると分かりました。 本人はそこそこ収入と預金があり、終身保険が必要か疑問を感じます。しかし今解約しても全額戻ってこないのがネックで、直ちに解約すべきか決めかねています。 質問は 1.(保険料累計>保険金)の原因は入院特約でしょうか。 2.入院特約は保険料の割には給付額が中途半端で、入院特約を外したいと思いますが、そのような契約変更は可能なものでしょうか。 3.入院特約を外すことができた場合、新たな契約内容は保険料累計<保険金になりますか? 4.他に何か見落としがあればご指摘願えると幸いです。 保険の内容 5年ごと利差配当付終身保険 保険金:400万円 災害入院特約:5日目から日額7,000円 疾病入院特約:5日目から日額7,000円 女性疾病入院特約:5日目から日額7,000円 毎回払込保険料総額:11,900円 うち特約保険料:6,384円 保険料払込期間:36年間 (2001年、24歳で契約なので60歳まで払い続ける) 解約返戻金推移表の抜粋 35歳 保険料累計1,558,998円 返戻金1,083,860円(現在) 53歳 保険料累計4,058,586円 返戻金3,425,080円(保険料が400万を超えた) 60歳 保険料累計5,030,648円 返戻金4,563,340円(払込終了) 81歳 保険料累計5,030,648円 返戻金5,100,230円(返戻金ピーク)

  • あいおい生命の低解約型積立利率変動型終身保険

    あいおい生命保険の低解約型積立利率変動型終身保険で 医療保険特約付で見積もってもらいました。 保険料払込期間:60歳迄 月額保険料:16,242円 入院給付金日額:5,000円 1入院限度日数:120日 通算日数:730日 手術給付金:病気入院日額の4・20・10倍 死亡保険金(主契約):300万円 総払込保険料:331.4万円 61歳時解約返戻金:356.6万円 81歳時解約返戻金:383.4万円 最高額 99歳時解約返戻金:356.1万円 総支払額に比べて解約返戻金の方がが多く 損しない保険として魅力を感じますが、 医療特約は一生続けたいと思うので 死ぬまで持ち続けるつもりです。 死亡保険金は300万円のままなのでしょうか。 それとも解約返戻金と同額が死亡保険金になるの でしょうか? ソニー生命はこの金額が高いほうと同額に なりますよね。 同額であれば家族に残る事にはなりますが 損しない保険になりますよね。 あとわかれば、他の保険会社で同じ様な(実質無料の) ものはありますか。

  • 26才女性、医療終身保険おすすめはありますか?

    こんにちは。 26歳独身女性です。 今までは、県民共済の医療2型に加入していましたが、将来のことを思い終身医療保険に加入したいと考えております。(終身医療保険に加入したら、県民共済は解約する予定です) 条件としては、 入院日額 8000円~1万円(一泊二日から、120日は保障してほしいです) できれば死亡保障 100万円 ガン保険の特約などをつけたいです。 60~65歳までに払込を終えるもの。 解約返戻金はいりません。 保険料は5000円位 よくばりな内容でしょうか? 三井住友海上のVIV終身を友人に勧められて気に入っているのですが、終身払込な点が気になっています。 ガン保険は、アメリカンファミリーの21がんが安いのかな? 世の中にはたくさんの保険があふれているので、色々なものを紹介してもらえると大変助かります。 数週間後に27歳になってしまうので2週間以内くらいに契約を交わしたいと思っています。 宜しくお願いいたします。

  • アフラックのEVER(60才払済、長期入院・通院特約)について

    新規で医療保険を検討しており、アフラックのEVERについて教えてください。終身保障で60才払込、1入院120日以上希望ですが、EVERは60才払込がなかったので候補から外していました。(ソニーの総合医療保険[120日型]にしようかと思っていました。) ところが今般、EVERに60才払込プランができたとのことで、ご相談させてください。 1.保険料について  保険料は以下の通りです(33才男・60才払込)。EVERは安いとの評判ですが、180日型の商品が他に見当たらず比較ができません。ソニーとも条件は違いますが、総合的にEVERの長期入院・通院特約は割安な商品でしょうか。 (1)EVER(日額1万円)+長期入院通院特約(5千円)  〔1~60日:入院1万円、61日~180日:入院5千円・通院3千円〕  ⇒保険料6,395円 (2)EVER(日額1万円)+長期入院通院特約(1万円)  〔1~60日:入院1万円、61日~180日:入院1万円・通院6千円〕  ⇒保険料7,680円 (参考)ソニー生命「総合医療保険(日額1万円、低解約返戻金)」  〔5~120日:入院1万円、死亡保険金100万円〕  ⇒保険料7,560円 2.長期入院・通院特約の必要性  120日型ではやや短い(でも360日型は保険料が高い)と思っていたのですが、180日は本当に必要でしょうか。また入院短期化傾向の中で通院特約もメリットありと思うのですが、総合的にいかがでしょうか。 3.日額設定について  HPを見ると5,000円と10,000円のみですが、例えば7,000円とかの設定は可能でしょうか。 4.解約返戻金について  EVER60才払込では、同社HPによると「60才以降は日額30倍の解約返戻金があるが、死亡後の解約は不可」とありますが、死亡時は支払われないということですか?例えばソニー生命は死亡時も同額の解約返戻金が支払われるようですが(大きな違いですよね。)。 5.その他EVERのデメリット・注意点等あれば教えてください。

  • 生命保険の見直し。年払いの支払い前に検討したい

    31歳未婚 女 会社員です。 結婚は考えていません。 24歳の時に付き合いで現在の終身保険に加入しました。 保険料を安くして、その分貯蓄に回したいと思い、 見直し・他会社の保険への乗り換えを考えています。 年払いの支払いがもうすぐなので、できればその前に決めたいと思っています。 アドバイスよろしくお願いします。 ----------------------------- プルデンシャル生命 年払い/113,998円 終身保険65歳/3,500,000円 無解約返戻金型入院総合保障特約終身65歳払込済/日額 5,000円 災害死亡給付特約80歳65歳払込済/5,000,000円 無解約返戻金型がん入院特約終身65歳払込済/日額 20,000円 無解約返戻金型女性疾病特約80歳65歳払込済/日額 5,000円

  • 1000万の終身保険の価値とは

    現在保険の見直し中なのですが、夫の終身保険について教えてください。 97年に当時25歳で死亡保障1000万の終身保険に入りました。 主保険 有期払込終身保険 払込期間60歳 月11700円 特約  災害死亡特約           月490円   特約  障害特約〔本人型〕        月690円 計12880円 普通死亡時に1000万、災害死亡時に3000万の給付金が下ります。 保険料の負担を減らそうと思いFPさんに相談したところ、 現在解約すると解約返戻金は\1118700 払い済みにすると\3393000の終身保険が残る。 死亡保障500万に減額した場合月保険料5850円です。 とのことでした。資料によると 60歳までの保険料累計は¥5409600 60歳時の解約返戻金は¥6004000です。 予定利率はちょっと判りかねますが。 正直、1000万の終身は必要ないのでは?〔葬式代位の終身で〕と思い 減額か払い済みにし、安い掛け捨ての定期を子供が大学卒業するまでかけようか悩んでいます。 しかし死亡してから子供に残せるひとつの財産かな・・・と思うと踏みきれません。でも今の保険料も負担ですし・・・ 私的には、終身は葬式代のみ。保険は掛け捨てと割り切って子供に保障が必要な期間、定期で掛ける。終身保険で積み立てせずに、こじんで積み立てしていく。 とこのような考えも頭をよぎりますが 皆さんはこの保険どう思われますか?

  • 長割り終身か、変額終身保険か

    現在、52歳です。 死亡保障及び終身医療保障について迷っております。 <死亡保障> 長割り終身か変額終身保険どちらを選ぶか、もしくは別の保険を選ぶか迷っています。基本的には65歳まで解約する予定はありません。 65歳までの遺族補償としての500万 65歳からは老後貯蓄としての解約返戻金を考慮しての保険選びとなっています。 ・東京海上日動あんしん生命(長割り終身) http://www.tmn-anshin.co.jp/goods/kojin/nagawari/index.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率101%→70歳で107% 利点 5年毎の運用益配当がある点 ・あいおい損保の積立利率変動終身保険(無配当) http://www.ioi-life.co.jp/kojin/kojin_01.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円※ ※毎月払いが長割りと大体同額として計算(1,000万とFPに頼んだ300万の資料しかないため概算で) 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率102%→70歳で106% 利点 予定利率が上がった場合、死亡保障及び解約返戻額(率)が上がる点 保険会社の格付けで選んだ場合、東京海上日動あんしん生命のほうが安心感はあります。 http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm 死亡保障を見た場合はほぼ同じ契約に見えますが、違いはあるのでしょうか? 上記にそれぞれ利点として上げた予定利率が上がった場合を除いて、考慮すべき違いなどはあるでしょうか? 他にこの終身保険を選んだ目的で考えた場合に選ぶ候補の保険としてはどのようなものがあるでしょうか? 又、その特徴を教えてください。 <医療保障> 損保ジャパンの健康のお守りアレックスを検討しています。 http://direct.himawari-life.com/dm2/alex/alex_02.html 70歳払込 月払い11,700円 総払い保険料257万 保障 入院(ガン) 20,000/日 入院(ガン以外) 10,000/日 手術給付金 10~40万 手術見舞金 50,000円 先進医療保障 通算1,000万 この保険で注意すべき点はあるでしょうか? 他に検討するとしたらどのような保険があるでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 54歳、男性、掛け金の安い終身保険を教えて下さい。

    宜しくお願いします。 54歳、男性です。 現在、日本生命の終身保険(重点保障プラン)に入っています。 主契約の終身の保険金が、100万円で2026年で主契約の払込期間が満了です。 定期保険特約、500万円で、2021年更新 三大疾病特約、300万円で、2021年更新 あと、入院特約、日額10,000円 2021年更新 がん入院特約、日額10,000円 終身 という内訳で、1ヶ月の保険料が、22,162円です。 終身の終身の保険金が、100万円と少なく、更新時、1ヶ月の保険料が高くなることを思うと払済みにしよう思っています。 そして、新たに、終身保険に入りたいのですが、54歳ということもあり、なかなか掛け金の安い終身保険が見つかりません。 そこで、死亡保険は、500万円で、NKSJひまわり生命の「低解約返戻金型終身保険」というのが、1ヶ月の掛け金、13,370円であったのですが、どうなのでしょうか? 多分、解約することないと思うので、普通の終身保険でいいのですが、普通の終身保険で掛け金の安い保険会社の終身保険はどこでしょうか? なお、医療保険とがん保険は、別に入りますので、終身保険のみについて、宜しくお願いします。

  • 保険の見直しアドバイスお願いします。

    只今、10年更新の保険に加入中です。 10年ごとに保険料が上がるものから 保険料が変わらないものに見直しを考えております。 我が家は、主人(会社員)31歳・妻(会社員)31歳 子供1歳です。 夫婦共働きで、住宅ローンは夫婦どちらが死亡しても なくなります。 主人の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  3,516円 逓減定期保険特約2,000万円 25年保障・払込2,160円 がん特約 日額1万円 終身保障・60歳払込 1,910円 傷害特約  500万円 80歳保障・60歳払込  375円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込   6,920円 成人医療特約120日型 日額5千円(5日目から)           80歳保障・60歳払込   1,240円              合計:月々 16,121円 ※変額は300万は葬式代と考えておりますので  途中解約はありません ※主人はガンの家系なのではずせません 妻の保険 変額保険終身型   300万円 60歳払込  2,940円 総合医療保険120日型 日額1万円(5日目から)           終身保障・60歳払込  6,760円 女性医療特約120日型 日額5千円(5日目から)            80歳保障・60歳払込  1,440円 家族収入保険(母の保障)月額5万円                70歳保障・払込2,165円              合計:月々 13、305円 ※同じく変額は葬式代です ※母と同居しており私が死亡した後のことを考え加入  したいと思ってます。 現在、支払っている保険料が24000円になるので 見直しを迷っております。 保険料が一生この金額ならとは思うのですが なかなか踏み切れません。 他に、これはこっちの保険がいいよなど アドバイスがありましたらお願いいたします。

  • 定期特約付終身保険の転換について

    生命保険の契約転換について質問させて頂きます。 保険外交員より下記のような内容で契約転換の提案を受けています。 当方、35歳会社員(年収税込360万円)、家族構成は妻30歳(主婦)、子供2人(1歳、来年出産予定)です。持ち家購入等の予定はありません。 【現在の契約】21歳(平成7年)契約 定期付終身保険  主契約(終身保険) 120万円(払込期間61歳) 特約(定期保険) 2,880万円(20年更新、61歳払込満了 以下同じ) 特約(災害割増) 1,500万円 特約(傷害) 500万円 特約(通院) 5日以上継続入院後の通院 日額3,000円 特約(災害入院) 入院5日目から日額5,000円 特約(入院医療) 入院5日目から日額5,000円 ○保険料 現 在(21~40歳) 11,500円/月      更新後(41~61歳) 21,062円/月 【転換提案】35歳契約 主契約(終身保険) 100万円(終身にわたり払込) 特約(定期保険) 1,900万円(15年毎更新 以下同じ) 特約(三大疾病保障定期保険) 500万円 特約(介護保障定期保険) 500万円 特約(災害割増) 1,500万円 特約(傷害) 500万円 特約(総合医療) 入院1日目から日額10,000円 特約(がん入院) 入院1日目から日額10,000円 ○保険料 (35~49歳) 15,200円/月      (50~65歳) 40,643円/月 子供が大学を卒業すると仮定して22年後、57歳まで3,000万円の死亡保障があれば十分かと考えています。提案されている医療特約には惹かれますが、更新後の保険料については支払いできるのか不安も残ります。外交員は転換のメリットを強調するばかりで、このまま転換しない方がよいのか?転換して新しい保険に入った方がいいのか?または他にお勧めの方法などございましたらアドバイスをお願いいたします。