• 締切済み
  • すぐに回答を!

書面によらない死因贈与は相続人が撤回できる?

先頃、私の祖父が亡くなりました。相続人は、子が3人います。私は祖父の孫ですが相続人ではありません。 生前、祖父から、「私(祖父)が死んだら、これをお前(私)にやる」と言われ、銀行の通帳と印鑑を預かりました。 ただし、口頭で言われただけなので証拠はありません。遺言もありません。書面によらない死因贈与です。 最近、相続人の一人から法定相続分を要求されました。 今後争いに発展しそうなので、いろいろ調べていたところ、「書面によらない死因贈与は相続人が撤回できる」と、弁護士の書いた分厚い相続の専門書に書いてあるのを見つけました。 死因贈与って、死んだ時点で贈与の効力が生まれて、受遺者に権利が移転するんですよね? 「書面によらない贈与」なら相続人に撤回する権利も相続すると思いますけど、それと同じ考え方が死因贈与にも通用するのでしょうか? これだと、死因贈与の意味がないと思うんですけど。 ※書面によらない死因贈与は立証が困難云々は回答不要です

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数4324
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.7

>預金通帳と印鑑についての法解釈をいただきましたが、譲渡禁止特約があろうと、当事者間での債権譲渡は有効で、銀行に対してその譲渡を主張できないだけだと思いますがいかがでしょうか?  おっしゃるとおりです。 >現実的に、手元にある通帳と印鑑を使って、預金全額を引き出してしまえば履行は完了です(後に相続人が銀行に対し意義を申し立てても、銀行は準占有者に対する弁済を主張するでしょう)。  本人になりすまして預金を引き出した場合の問題点は別にしても、厳密に言えば債権譲渡による方法ではないですよね。預金を引き出す権限を与えて、引き出した金を贈与するという趣旨の贈与契約という法律構成でしょうか。(余談ですが、債権の準占有者を持ち出してはいけません。あくまで、贈与契約が有効「撤回もできない。」というスタンスを取るのですから。)  撤回権の趣旨は、軽率的な贈与の防止、贈与者の意思を客観的に明確化することにより将来の紛争を防止することにあります。それゆえ、贈与者の意思が客観的に明確に現れていればよいので、「書面」の意義も緩やかに解され(贈与証書である必要はない。)、また「履行の終わった」という部分も、例えば登記のある不動産でしたら、引渡又は登記(贈与者の履行すべき義務としては、引渡「及び」登記手続をすること。)がなされていれば良いとされています。そういう観点からすると、預金通帳と印鑑を渡すことが「履行が終わった」と評価できる余地はあるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 死因贈与契約書について

    死因贈与契約書について質問です。 (1) メリット・デメリットは? (2) 死因贈与契約書の契約日後の日付で贈与者が亡くなった後に遺言書が出てきたらどうなりますか?遺言書の内容が優先されますか? (3) 死因贈与契約書の契約日後の日付で同じ贈与物で、受贈者が違う死因贈与契約書が万が一出てきた場合、後の日付の死因贈与契約書の方が優先されますか? (4) 死因贈与契約書に記載の贈与物が、贈与者が生前違う人に贈与していました。贈与者が亡くなった後に、どうなりますか?生前贈与を受けた方から取り戻すことは出来ますか? (5) 死因贈与契約書で財産をすべて相続人以外に贈与させるとします。相続人は遺留分が侵害されていたら遺留分を請求させることは出来ますか? (6) 死因贈与契約書は贈与者・受贈者がどちらが作成しても良いと聞いています。第3者作成したものでも大丈夫と聞いた事が御座います。 (署名・捺印は本人がする)遺言と違い決まった形式は無く、結構簡単だと聞きますが、勝手に作成されたり悪用される心配はないのでしょうか?実印と印鑑証明書が悪用されなければ大丈夫なのでしょうか?

  • 「死因贈与」と「相続」の違い

    親から子へ、死因贈与の仮登記ができるそうですが 親が亡くなれば、子供が相続人になるわけですから いちいちそのような仮登記をしなくてもいいはずですよね 親子間で相続ではなく死因贈与をする理由は何でしょうか。

  • 死因贈与契約と遺言 どっちが優先?

    死因贈与契約と、その後にかかれた遺言とでどちらが優先されるか教えてください。 例えば高齢のAさんが甥のBさんに「自分が死んだら財産をすべてBさんに贈与する」という死因贈与契約(書面あり)をしていたとします。 その後、Aさんはそんなことすっかり忘れて子供のCさんに「自分が死んだらCにすべてを相続する」という遺言書を書きました。 その後、Aさんが亡くなった場合、Bさん宛ての死因贈与契約とCさん宛て遺言書とどちらが優先されるのでしょうか。 ・遺言書の不備や、遺留分云々、他の法定相続人の話は除外してください。 ・通常は「後に書かれた遺言が優先するも、死因贈与契約はあくまで契約であって、遺言ではない」という認識で問題ないですよね。

  • 回答No.6

>これらの事情を考慮せず、一般論で回答されても困ります。相談内容に対応した回答をお願いします。 「死因贈与って、死んだ時点で贈与の効力が生まれて、受遺者に権利が移転するんですよね?「書面によらない贈与」なら相続人に撤回する権利も相続すると思いますけど、それと同じ考え方が死因贈与にも通用するのでしょうか?」  というのは、「書面によらざる死因贈与における撤回権の相続の可否」という一般的な質問のように思えたのですか。 >の事例の場合、すでに通帳印鑑が私の手元にあり、民法550条但書の「履行の終わった」に該当すると思っています。  死因贈与は贈与者の死亡により効力が生じるのですから、効力が生じる前に債務の履行のしようがないという反論が考えられます。それから、贈与の対象は預金通帳や印鑑その物なのでしょうか。そうではなく、預金債権ですよね。しかし、譲渡性預金ならともかく、一般的には預金債権は、金融機関の約款により譲渡が禁止されいることが多いです。そうすると受贈者が権利をそのまま実現することは困難ですから、当事者の合理的意思解釈として、贈与者(その相続人)が預金を解約して、現金を受贈者に渡す趣旨と解した場合、現金を渡した時点で履行が完了するのであって、通帳や印鑑を渡しても履行を完了したことにならないという反論が考えられます。  判例や文献を調査したわけでもなく、単に頭に浮かんだ上での回答ですので、具体的な解決策としての回答をお望みでしたら、弁護士に相談されることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>というのは、「書面によらざる死因贈与における撤回権の相続の可否」という一般的な質問のように思えたのですか。 確かに相談タイトルも上記の通りですから誤解を与えたと思いますが、相談の前段で事情は説明していますから、一般的な回答をされても参考にならないのです。 預金通帳と印鑑についての法解釈をいただきましたが、譲渡禁止特約があろうと、当事者間での債権譲渡は有効で、銀行に対してその譲渡を主張できないだけだと思いますがいかがでしょうか?現実的に、手元にある通帳と印鑑を使って、預金全額を引き出してしまえば履行は完了です(後に相続人が銀行に対し意義を申し立てても、銀行は準占有者に対する弁済を主張するでしょう)。 何にせよ、書面によらない死因贈与は相続人が「常に撤回できるわけではない」ことが知りたかったのです。「常に撤回できる」なら裁判上でも裁判外でも争う余地がありませんからね。

  • 回答No.5

>「書面によらない贈与」なら相続人に撤回する権利も相続すると思いますけど、それと同じ考え方が死因贈与にも通用するのでしょうか?   死因贈与契約も贈与契約の一種です。条件や期限を法律行為の附款といいますが、死因贈与契約というのは、人の死亡という不確定期限がついているだけのことであって、民法第549条の贈与契約と本質的な違いはありません。(死因売買契約というのは民法にかいてありませんが、死んだら甲不動産を100万円で売却するという契約は有効ですし、それも、売買契約です。) >この要旨の文言から、死因贈与は民法550条によるのではなく、1022条、つまり遺言の方式に従って撤回すべきだと判示しています。  遺言の方式に従う必要はないというのが判例です。死因贈与契約と遺贈は、契約と単独行為という違いはありますが、人の死亡により効力が生じる点は似ているので、遺贈の規定が準用されるのですが、判例の方式以外について準用されるという意味は次の通りです。  仮に御相談者のお祖父様が、御相談者と書面による死因贈与契約を締結したとします。この場合、お祖父様は民法第550条に基づく贈与の撤回はできませんが、遺言はいつでも撤回できる旨の規定(民法第1022条)が準用されて、お祖父様は死因贈与契約の撤回をすることができます。ただし、方式に関しては準用されないので、撤回の方法は遺言の形式(民法第967条以下)による必要はありません。(判例の事案は、内容証明郵便による撤回をした事例です。)  このように遺贈の規定が準用されますが、このことは民法第550条の適用を排除するものではありません。死因贈与契約が書面によらない場合、民法第550条を根拠に撤回をしてもかまわないわけです。 >私が思うには、相続人は撤回権を相続するのではなく、財産移転義務(民法549条)を相続するんじゃないですか?  相続が開始すると、相続人は、一身専属的なものは除いて被相続人の権利義務の一切を承継します。(民法第896条本文)したがって、贈与者が死亡すると、贈与者の地位は相続人に承継されますから、移転義務を承継しますが、権利も承継するので、撤回権も相続人に承継すると考えるのが素直です。もし、これを否定するのでしたら、贈与契約と死因贈与契約に本質的な違いはありませんから、死因贈与契約だから、撤回権が承継しないのではなく、そもそも贈与契約の撤回権は一身専属的な権利なので、相続人に承継しないという理論構成を取る必要がありますが、一身専属的な権利といえるかは疑問です。 >これだと、死因贈与の意味がないと思うんですけど。  書面による死因贈与でしたら、相続人は撤回できませんし、かりに書面によらざる死因贈与だとしても、負担付死因贈与契約で、受贈者が負担部分を既に履行している場合、贈与者(その相続人も含む)は、撤回できないと解されていますから、全く無意味でありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 なるほど。たしかに判例の解釈が誤っていました。ですが、buttonholeさんの回答は一般論すぎませんか? この事例の場合、すでに通帳印鑑が私の手元にあり、民法550条但書の「履行の終わった」に該当すると思っています。したがい、この時点ですでに相続人は撤回権を失い、残るは財産移転義務のみを相続すると考えました。 これらの事情を考慮せず、一般論で回答されても困ります。相談内容に対応した回答をお願いします。

  • 回答No.4
  • TOGO123
  • ベストアンサー率23% (135/583)

#3です 相続人であっても、遺言書がなければ口頭の遺言はみとめられません 自筆であっても一定の書式にのっとらなければ遺言書は無効です。 相続人でも自筆でも厳格なルールがあります。 つまり言いたいのは、相続人が認めなければ口頭の死因贈与など いつでも取り消せるんじゃないかということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

「死因贈与は遺贈に関する規定を準用する」と明文化されていて、 「死因贈与の取消は、遺言の方式を準用すべき」との判例があるのに、 なぜ「書面によらない贈与はいつでも撤回できる」と断言できるのですか? との問に対して >遺言書がなければ口頭の遺言はみとめられません では、問に対応してなくないですか? そもそも「口頭の遺言」って何ですか?死因贈与のことを指しています? 死因贈与は諾成契約ですよ?当事者の合意があれば成立するのが原則じゃないですか。 ただ、遺贈と性質が似ているから、遺贈の規定が準用されると規定され、その撤回も遺言の方式に従う、と最高裁も判断してますよ。 >つまり言いたいのは、相続人が認めなければ口頭の死因贈与など >いつでも取り消せるんじゃないかということです。 これは単なる感想ですか?よろしければ根拠を教えていただけますか?

  • 回答No.3
  • TOGO123
  • ベストアンサー率23% (135/583)

口頭による死因贈与(554条)となります。 書面によらない贈与はいつでも撤回できます(550条) 相続人の1人が撤回すれば、質問者様への贈与はなかったことになります。 法定相続分を渡さないと争っても難しいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

検索していたら、こんな判例がありました。 「死因贈与の取消については、民法一〇二二条がその方式に関する部分を除いて準用されると解すべきである。」(昭和47年05月25日最高裁判所第一小法廷) この要旨の文言から、死因贈与は民法550条によるのではなく、1022条、つまり遺言の方式に従って撤回すべきだと判示しています。 このような最高裁の判例が存在するのに、なぜ皆さんは、「書面によらない贈与はいつでも撤回できる」と断言できるのでしょうか?

  • 回答No.2

> 「書面によらない贈与」なら相続人に撤回する権利も相続すると思いますけど、それと同じ考え方が死因贈与にも通用するのでしょうか? 通用します。(と考えられている) > これだと、死因贈与の意味がないと思うんですけど。 意味が無い事は有りませんよ。「書面によらない死因贈与」だったからです。 書面による死因贈与であれば、相続人は撤回できませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 No.2さんをはじめ、回答者の皆さまは、民法550条を根拠に相続人に撤回権が相続されるとお考えのようですね。 私が腑に落ちないのは、仮に「書面によらない」としても、死因贈与を立証できた場合等の事情を考慮せず、当然に相続人が撤回できると断言できる根拠が知りたいのです。 当然に相続人が撤回できるなら、どれだけ贈与者の最終意思などを主張立証しても裁判で負けてしまいます。 私が思うには、相続人は撤回権を相続するのではなく、財産移転義務(民法549条)を相続するんじゃないですか? そして、相続人が受贈者に対抗するには、死因贈与の撤回でなく、死因贈与の無効を主張立証する必要があると思うのですがいかがでしょう?

  • 回答No.1

民法第550条 書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる。 との法律があるからですね。 この場合の当事者は送った祖父と質問者ですが、祖父が死亡して代わりに相続人が当事者となったわけですね。 それで一方の当事者である相続人が贈与の撤回として、自分の相続分を求めてきたと言うことになるわけです。 法的な要因はこれで通ると思いますが良いでしょうか。 ただ、民法第550条 はこの後、「ただし、履行の終わった部分については、この限りでない。 」と続きます。 > 銀行の通帳と印鑑を預かりました。 が、行為として渡したのですから、ここで履行が終わったとも考えることが出来ます。 死んだ後に渡すと言うことであれば、履行が終わっていないので撤回は十分可能でしよう。 既に渡したことを履行したと言えるかどうかが問題で、その答えは色々な事情を加味することが必要でしょうから、裁判というのが一番かな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 民法550条については知っています。 書面によらない「贈与」なら、550条但書の場合を除き、各当事者が撤回でき、その撤回権が相続されることには納得できます。 しかし、民法554条で、「死因贈与は、性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用する」とも規定されております。 どの規定が準用される規定なのかは解釈によるとされているみたいですが、今回の場合、遺贈の規定が準用される余地はないのでしょうか? もしこれが遺贈と同視できるとしたら、相続人が撤回できるとは思えません。

関連するQ&A

  • 死因贈与契約書って危険?

    死因贈与契約書って遺言書と違い決まった書式は無く簡単に作成出来ると聞きましたが偽造されたりする心配はないのでしょうか? 贈与者のハンコは実印じゃなくても大丈夫だと聞きましたが、それだと簡単に偽造されると思うのですが。。さらに、執行人をつけておけば、贈与者が亡くなったら相続人の許可なく、受贈者が財産をもらう事が出来るみたいですが、かなり危険ではないですか? 受贈者が執行人になることは可能みたいですが。。 例えば受贈者が不動産を贈与者が亡くなったらもらうという 死因贈与契約書を勝手に作成したとします。 贈与者のハンコは実印ではありません。執行人は受贈者とします。 贈与者が亡くなったら不動産の移転が受贈者1人で出来てしまうのですか?相続人が知らない間に不動産の移転が出来てしまうのですか? それだったらかなり死因贈与契約書って危険じゃないですか? 贈与者のハンコが実印じゃなければ移転できないなら安心ですが。。 どうなのでしょうか?

  • 死因贈与契約されていた土地の相続について

    相続人でない親類縁者と生前に死因贈与契約を交わした土地が契約のあることを知らない相続人に相続されて所有権の登記がされています。 贈与者は11年前に死亡し、死因贈与契約を結んだ人は贈与者の死亡後すぐに所有権の登記をしませんでした。 契約時に死因贈与の仮登記もしていません。 しかしこの土地に自己所有の建物があり26年前から無償で使用しています。 使用に関する契約もありません。 この場合死因贈与契約を理由に所有権の変更は出来るのでしょうか?

  • 死因贈与について

    死因贈与は遺贈の規定が準用されるとのことですが、遺贈と同じように遺言書の内容を変更することで、死因贈与契約の取り消しはできるのでしょうか。

  • 死因贈与に関して

    死因贈与に関してお詳しいかたがいらっしゃいましたら教えてください。 私はまったくの素人のため根本的に勘違いをしている可能性もありますので、おかしな記述あればあわせてご指摘いただければと存じます。 妻との離婚に伴い、協議書を公正文書にしようとしています。 その中で、私が死亡した後には私名義のマンション(ローン支払い中)を現在の2人の子供に相続する旨の記載をしたいのですが、妻が作成した協議書を交渉人に提示したところ、 公証人から受贈者の名前を記載するだけでは公正文書にできないと言われ、死因贈与をしてもらいなさい、といわれたとのことです。 そこで質問がございます。(そもそもなぜそのようなことを。。といったところはおいといてください) [質問] (1)子供の名前を記載して相続すると記載しても、それでは公正文書にできないものなのでしょうか? (2)公証人と妻としては、確実に今の子供に渡したい(仮に私が将来再婚してもその妻や子供に渡らない)という意思の表れのようですが、死因贈与が適切なのでしょうか? 遺言を公正証書にするという案もありますが、一度遺言を作成してもあとの遺言が優先されるということから、強制力の強い死因贈与を求めているようです。 (3)死因贈与をするとした場合、仮登記が出来るということですが、仮登記する場合としない場合の違いはどのような点でしょうか?登記変更の時期だけの違いだけでしょうか? (4)仮登記をしなければならない場合、万が一売却せざるを得ない状況になった場合、売却は可能でしょうか? (5)死因贈与の執行者を妻にすることの問題点は何でしょうか?  なお子供は2人とも小学生で妻が扶養しています。 私の意思としては、現在の2人の子供に残す(確実に相続する)ことはまったく問題ありません。ただ心配なのは、この不景気の中、何時仕事がなくなったり減給となったりして、 ローンが払えなくなるかわからないため、万が一そのような自体になったときには、マンションを売却せざるを得ないことも考えられます。 そのようなときに売却ができないとか売却できるにしても非常に手続きが大変であるとか、そういったリスクを知っておきたく相談させていただきました。 そんなこと弁護士に相談しなさい、といったご指摘もあるかと思いますが、あまりにも知識がないため、事前にいろいろと調べておきたく、ご教示いただけると幸いです。 長文となってしまいましたがよろしくお願いいたします。

  • 死因贈与ってどうして契約なんですか??

    凄く素朴な疑問ですがよろしくおねがいします。友人が、死んだときに土地をあげる約束を死因贈与っていって、それも契約なんだと話していました。しかし遺言は単独行為ですよね。どうして、ひとりでできるのに死因贈与は遺言と違って契約になるのでしょうか?

  • 死因贈与とは契約とは

     最近死因贈与という制度があることを知りましたが、解らない点がある為質問します。 1、死因贈与は契約ですから、親が子に贈与する場合は該当しないのでしょうか。 2、相続人全員の承諾を得れば、可能でしょうか。 3、遺産分割協議の対象からはずすことは、できないのでしょうか。 4、遺産分割協議でまとまらなければ、ダメでしょうか。 5、親の覚書きに、「無償で譲渡とす」と書かれていますが、無効でしょうか。 以上お教え下さいませ。

  • 負担付死因贈与

    負担付死因贈与とは、解説書には「同居をしてくれたら」とか「残りのローンを返してくれたら」というような負担を履行することによって受遺者は贈与をしてもらえると書いてあります。そこで質問ですが、例えば任意後見人契約や委任管理人契約を結ぶといったことは負担付死因贈与の『負担』部分に相当するのでしょうか?

  • 死因贈与契約(公正証書)を撤回したい

    以下の内容で死因贈与契約の公正証書が作成されています。  ・Aの死亡と同時にAの土地の所有権がBに移転すると定め、無償でBに贈与すると約した。  ・AはBが始期付所有権移転の仮登記ををする旨の合意をした。  ・契約の履行執行者としてC(司法書士)を指定した。  ・負担条項は記載されていない。 上記公正証書作成以降に遺言書が作成され信託銀行に預託されています。 遺言にBに関する記述はなく、相続者としてD、Eを指名しています。 AとBは血縁関係がなく、Bは法定相続人に該当しません。   (注) Aの夫は2年前に死亡 Bは死亡した夫の連れ子 養子縁組はない。        A(84歳)は死因贈与契約を撤回し、売却し、有料老人ホーム入居の資金としたい。 死因贈与契約の公正証書を無効とするには? 始期付所有権移転の仮登記を抹消するには? どうするのが最善でしょうか?

  • 死因贈与契約の解除

    民法1022条に規定された遺言者の遺言取消権は、放棄できないと1026条に規定されていますが、986条に規定された受遺者の遺贈放棄権についても、1026条のような規定はあるのでしょうか? 遺贈放棄権を放棄する旨を明記して死因贈与契約を結ぶことは有効でしょうか?

  • 相続放棄を前提にした死因贈与契約

    借金があるわけではありません。農地のみを相続放棄したいので、相談です。 母が所有している財産が、農地と銀行貯金と養老保険(母が契約者で満期受取人)です。 「母の不動産以外の全財産を死因贈与する」という契約を私署証書で作ってあります。 1.私署証書の死因贈与契約(不動産以外の全財産を死因贈与する)で、銀行預金や生保の名義は変更できるのでしょうか? (相続人の承諾書必要ですか?) 2.母が亡くなった時に相続放棄(3ヶ月以内)の前に、短い期間で死因贈与を先にするのでしょうか? 逆に相続放棄が先だったら 相続放棄目録に贈与物件を除いて書いていいのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃたら、教えてください。