• 締切済み
  • 暇なときにでも

金銀と3原色

3原色の件で回答しながらも、自問自答していた事、それが金色と銀色でして、矛盾しているとは思うのですが、この2色について自分なりにいろんな理論を当てはめてみたのですが、どうやっても自力で納得することができません。どうやってもRGBで説明出来ないのです。この光のベクトルはどのへんなのでしょう。又、どう言う原理で人間はこの2色を認識しているのでしょうか。どなたか、解る方おられましたら最近続けざまで申し訳無いのですが、御教授願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数674
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#25358
noname#25358

 あ、インクはですね。  インク自体の光の反射率が決まってしまっていて、金とはそれが違うため、金の延べ棒の光沢を表現できないんですよ。金で出来たインクがあればいいんですけどね(笑)  まあ、擬似的に再現することはできますけど、それは飽くまで擬似的に真似てるだけですし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

3つの回答をあわせて納得いたしました。ありがとう御座いました。又何かの節にはよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 「光速度不変」は本当に可能か?

    特殊相対性理論の2大前提の一つである「光速度普遍の原理」は、「いかなる慣性系から見ても光速は常に一定である」と主張するものですが、次のような思考実験から、これは不可能であるように思われます。 動いている電車の中に、光源と、その光源を挟んで電車の進行方向とその反対方向に等距離の地点に、光を検知するセンサーがあります。電車の中にいる人には、光源から両方向に出た光は同時に2つのセンサーに感知され、一方、電車の外で線路に対して静止している人から見れば、光源の後ろ側にあるセンサーの方が先に光を感知します。さて、この2つのセンサーが同時に光を感知したときだけ電車が停止するような装置が搭載されているとします。この場合、中の人にとっては電車は停止し、外で見ている人にとっては停止することなく走り続けることになります。これは現実にはあり得ません。 光速度を不変とする限り、上記の矛盾は回避不可能であり、「光速度不変の原理」は誤りであることが、この思考実験だけで完全に証明されていることにならないでしょうか。この原理の矛盾を暴露する方法は他にもありますが、このように「光速度不変」が矛盾をはらんでいることについて、皆さんはどのように思われますか? 特に、相対性理論の専門家の方々にお尋ねしたいです。 宜しくお願いいたします。

  • 光速度不変の原理

    特殊相対性理論の説明で、走る列車の床に置かれた光源から出た光がその真上におかれた鏡との間を往復する現象を観測する場合がよくあります。このときの説明では、地上の人から見ると光は最初斜め上方に進み、鏡で反射したあと斜め下方に進みますとあります。あたかも、列車の中で真上にボールを投げ上げた様子を地上から見るとボールの軌跡が放物線を描くのと同じように、光の速度に列車の速度が加わったような説明です。これは、光の速度は光源の速度に依存しないという特殊相対性理論の原理に矛盾していないのでしょうか。

  • わかるテレビで放送された相対性理論について

    質問キーワードが思い付かないので 行きなり質問します 同等な質問が過去にあるかもしれませんが ご容赦ください まず放送上で示された内容ですが まず「光はいかなる観測系においても帰属する運動系に関わらず一定条件下では常に等速で観測される」 ※)この際光にも慣性モーメントがかかるがごとく語られてました この事を前提に観測者に対し制止した観測対象(静止系と以降言う)と 高速運動で移動する観測対象(GPS衛星)を(移動系と以降言う)挙げ 各々の系の元での光の移動をベクトル量的に表し 光を垂直に発射するとして 静止系と移動系に属する各々の光が共に同時に それぞれの系に属する等距離同方向の2点間を通過するには 制止系が高速c×Δtでいいのに対し 移動系ではベクトルcと移動系のベクトルvの複合値×Δtが必要になり 先に挙げた前提のもとに矛盾するので 移動系のΔtに収縮が起こる としていたように思います そこで質問ですが そもそも光に慣性モーメントが掛かるのか 一般相対性理論が「全ての物質は高速に達し得ない」としたのは 確か 「加速にかかるエネルギーにも質量か発生するので 光速に近づくにつれ質量か無限に近づくため」 としていたと思うのですが だとすると上記移動系においても 移動系において質量増加が認められると思うので空間収縮が起こり 2点間の見かけ距離が延びる問題は解消されかねないのでは 今回の説明では衛星を移動系として観測したが 運動は本来相対的なものであり 衛星を静止系・地上を移動系とした場合 全く正反対の説明となり 地上側のΔtか収縮することとなるが これは上記の説明の衛星側のΔtか収縮するとしたものと矛盾しないのか 上記の説明ではΔtの収縮が必要としているが 移動系での2点間の見かけ距離は縮むのではなく延びる方向なので Δtは逆に膨張するとすべきなのでは というものです

  • 回答No.2
  • cricket
  • ベストアンサー率22% (107/466)

金色は、確か、「黄色の金属光沢」。銀色は「灰色の金属光沢」と言う表現があったと思います。多少は違うかも知れませんが、金銀については「光沢」の話になります。 光沢は表面の光の反射具合の話であって、色とは違う話だったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

どうもありがとうございます。ところでその光沢というものは、どのように知覚されるのでしょうか。色の識別以外のいわゆる明るさを認識する部位によって同じたとえば黄色が金色に見えたりするのでしょうか。それとも、なにかそう感じるパターンで黄色が金色に見えたりするのでしょうか。申し訳無いのですが、そこのところをもう少しだけお願い出来ればあれがたいのですが。 それと、関係ないかも知れませんが、いつものcricketさんの様な少し楽しい回答も、あつかましいですかね。すみません。

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 金と銀は、光の反射率で説明できます。  通常、色というのは特定の光だけを……たとえば緑色の物質は緑色の光だけを反射しますが、金色の物質は、黄色が比較的多いというだけで、基本的にすべての色を反射または乱反射します。だから黄色が光って見えるのです。また銀色もそれと同じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそくのご返答ありがとうございます。ということは、原理的にはCRTでもカラープリンターでも再現出来るはずですが、実際は色の3原色CMYでは再現できないようで、印刷屋さんなんかでは3原色インキの他にそれぞれ別の金・銀のインキを使ってるようですが、もし色分解できるとしたらそんなインキは不要だと思うのですが。これは単純に色分解は出来ないが、それは技術的な問題にすぎず、やはり人間の目での認識は他の有彩色と同じ原理だということなのでしょうか。出来ればそのへんをもう少しだけ教えていただきたいのですが。

関連するQ&A

  • 3原色について

    三原色はなぜ4原色や5原色ではなくて3つの原色に分けられているのでしょうか? また、絵の具の三原色は赤黄青なのに光の三原色では赤緑青、と三原色に違いがあるのはなぜですか? 難しくなってもよいので回答お願いします。

  • 3原色について

    たとえば光の3原色はR(赤)、G(緑)、B(青)で、この3色の組み合わせでフルカラー表示できるといいます。 ではなぜ3色であり、なぜR、G、Bでなければならないのでしょうか。 物理学の何やら難しい数式を解いて導かれたものなのでしょうか。 色に関してはわからないことがまだたくさんあります。今後も順次ご質問させていただきますので、皆様よろしくお願いします。

  • ふたたび3原色について

    そもそもRGB、CMYのそれぞれの原色って波長が一定(単色)なんでしょうか。もしある幅のある波長域だとしたら、その幅は? そしてなぜその幅なんでしょうか。

  • サニャック効果の論理の矛盾

    サニャック効果と論理の矛盾 サニャック効果はたとえば光ファイバジャイロに応用されています. それは輪に巻いた光ファイバーのなかをとおる光から加速度を測る装置です. 輪の形状からリングジャイロともよばれています. 実用できていますが、論理に矛盾があります.論理の矛盾の有無をご回答ください. 複雑な演算を重ねた理論なので全てが正しいかのように目がくらみますが、実はその中に矛盾があります. 光ジャイロに関するそれぞれの問題点を確認する事にしましょう. I-(1)光ファイバジャイロのリングに直進の加速度の感度が無い疑惑 光ジャイロはリング構造の輪の回転について測定するので、その論理では直進の加速度の感度を説明できぬ疑惑があるのです. 参照 http://www.phosc.jp/cms/article/000047.html 図をみると輪の回転による加速度の測定原理だとわかります. 加速度には回転と直進があり、それぞれは別の現象だし、数理上にも回転と並進は別の数理だから、片方から他方へ変換することはできません. 直進の加速度と回転加速度の関係を互いに変換できるのでしょうか. たとえばマイケルソンモーレーの実験では直線光路を用いて、地球の運動速度と光速度を比較し、東西南北方向の差を観察しましたが、誤差程度の差しか測定できませんでした. マイケルソンモーレーの実験にもし有意差が測れたとしても、数理に別な並進から回転の加速度を観察値から算定できるはずがありません. そしてLIGOやカグラもマイケルソンモーレーの実験装置と同じ原理の観察装置です. たとえばLIGOが地球の回転について生じる加速度を検知したという報告があるでしょうか? 報告がないとすれば、直進の加速度検知から回転の加速度の測定はできないと実証しています. (2)光速度不変の原理と光ファイバー内の光の光速度変化の矛盾 実は光路の誘電率と透磁率の物性によって光速度は異なります. でも運動は光速度に影響しません. たとえば運動は光速度に影響がないのでドップラー効果がおきるのでした. 実際に光路長が運動によって伸び縮みした時ドップラー効果で振動数が変わるのでした. ところが光ジャイロの輪に巻かれた光ファイバーを通る光には光ファイバーのわずかなのろまな運動から光路の長さが伸びたり縮み、長さが変化しているというのです. ところが巻いた光ファイバーは一定の長さを測定した時点にも維持しています. すなわち回転運動の方向性から、時計回りか反時計回りかで光路の長さに伸び縮みがあるわけがないのです. 時計回りと反時計回りで光ファイバーの輪の回転が光路の長さに伸び縮みが起きているでしょうか. 一見だまされてしまいそうですが、長さの伸び縮みは光ファイバーには起きていません. だまされてはいけません. 光ファイバーの長さは一定です. サニャック効果には光速度が変化したと言いたいことを隠して、光速度不変の原理に当たり障りのないことばに言い換え繕っているのです. 回転運動の方向性から、時計回りか反時計回りかでほんとうは伝搬速度または光路の長さは変化しません. ドップラー効果は実際に光路の距離が変わりますが、光ファイバーの輪の長さは一定なので、光路の長さは全く変わりません. ドップラー効果とは様子が違うのです. したがってサニャック効果の論理には言質に一貫性がありません. もし光路の運動に光速度がもし影響されるとしたら、たとえば地球上の光ファイバーは敷設方向により地球の公転から影響を受けて光速度がそれぞれ異ならねばならないのです. それは常識に反するはずです. これは大きな矛盾です.

  • ドップラー効果

    かつて光は宇宙に充満しているエーテルという媒質によって伝わっていると考えられていた。 ここで、光は静止したエーテルに対して一定の速さcで伝わるとします。話を一般的にするために、木星に置かれた正確な時計を地球で観測して地球の正確な時間と同時に読み取っていると考える。 これら2つの時計の読みはこれにかかる時間だけずれることになる。 ここで木星の周囲を回る衛星イオを地球から見ると、木星に隠されて見えなくなる現象である「食」が周期的に起きている。 ここで、問題ではイオから発せられる始めの光の出発時刻を(t'_1),地球への到着時刻は(t_1)とし、次に発せられる光の出発時刻を(t'_1+T'),到着時刻は(t_1+T)であるとします。時刻t_1とt_1+Tの間に地球が動いて木星との距離がd_1からd_1+Dに変化したとする。光の速さはcであるからd_1=c(t_1-t'_1)などが成り立つ。 地球の時計の経過時間Tと木星の時計の経過時間T'の比をc,D,Tで表わすとT/T'=cT/(cT-D)となる。 ここでイオの実際の食の周期をP'とすると、地球が木星から遠ざかる速さがVであるとき食の周期は地上ではT→P,T'→P'とみなして、D=VPであるからP=cP'/(c-V)と観測されることになる。 このことは光の振動の周期にも適用できるから、同じ状況のもとで木星にある原子から出た振動数f'の光を地球でとらえると振動数は1/T→f , 1/T'→f'であるからf=(c-V)f'/cとなる。 振動数が変わるこのような現象をドップラー効果という。 地球に対する光の速さも変わる。一方、観測される光の波長はV=0の場合の(?)倍になる。 この(?)に入る数字について考えたいと思います。 解説では木星の波長をλ',地球での波長はλとする。木星はエーテルと共に静止しているとしているので、木星での光の速さはcで、地球に対する光の速さはc-Vである。また、V=0の場合は木星での波長と同じである。 よって、λ=(c-V)/f=(c-V)・c/(c-V)f'=c/f'=λ' ∴1倍 この解説に疑問があります。 まず、問題文に地球に対する光の速さも変わる。とありますが、これはなぜですか? 現代の物理学では光の速度は不変であると考えられており、これを原理としてアインシュタインは相対性理論を考えたのですよね。 解答にもλ=(c-V)/fというように式を作っておりますが、地球が光よりも遅い速さでどのように動いていたとしても、それは光にとっては全く無関係なことではないのでしょうか。 つまり、λ=c/fとするのが正しい考え方ではないのですか? なぜ地球がVという速さで木星から遠ざかっているからといって、地球に対する光の速度が変わるということが理解できません。 自分の考え方が違うのだとは思いますが、もしも仮にこれが正しいのだとしたら、アインシュタインが考えた相対性理論が矛盾しているということになりませんか。

  • 色の3原色なのに?

    プリンターは、紙に印刷なのに赤黄青のインクを使わず、シアン、マゼンタ、イエローを使うのか?

  • 光の3原色について

    物理学、心理学、生物学にまたがる質問だと思うので科学のカテで 質問する事にしました。  赤、緑、青の理想の純色を紙に印刷できたとします。 それを人が見た時、その三色の明るさに差はありますか?  1、物理的には三色に明度の差はあるものなのでしょうか?  2、明度に差があるのは生物学的(視細胞の感度等)の問題でしょうか?  3、心理学的な問題(それぞれの色にたいし、細胞レベルの反応は 同じだが、)脳というか、なぜか他の色より、明るく感じるたり、暗く 感じたりする色があるようだ。 よろしくお願いします。  

  • 3原色の波長について

    ひとの色感覚はそれぞれ、B:450nm,G:530nm,R:565nmの感度ピークを持つ錐体細胞の3刺激を合成して認識しているといわれています。 ここで疑問があります。 錐体の感度ピークの波長は光の3原色とは異なります。たとえば、Rの565nmはスペクトル上の色としては赤ではなく、黄緑です。 光の3原色の波長はそれぞれいくつで、どの様に決定するのでしょうか。

  • 再々3原色について

     舌っ足らずな質問で失礼しました。意図したことが伝わらなかったようです。  3原色の各色というのは、例えばRedは650nmで、Greenは600nmで、Blueは450nmというように(数値はまったくでたらめです)、単一波長なのかということです(ナトリウムランプとか、レーザー光のような)。たったそれだけの質問だったんですけど。すみません、詳細な解説をいただきまして。  なぜこのような疑問を持ったかというと、色の混合を純粋に異波長同士の混合としてとらえた場合、どうなのかなと思ったものですから。  例えば、単一波長の赤(650nmとします)と単一波長の青(450nmとします)を混ぜると、なぜさらに波長の短い紫(400nmとします)になるのかな・・・と。  考え方が根本的に間違ってるのかも。

  • 光の3原色はどのように決められたのでしょうか?

    光の3原色の元になる「赤緑青」の波長は、それぞれ正確に決められているのでしょうか?もし、決めれているとしたら、その波長は具体的にいくつですか? また、どのような理由で、その波長に決められたのでしょうか?視覚細胞の感度とかに関係あるのでしょうか?

専門家に質問してみよう