• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

雇用契約書、労働時間の記載について

雇用契約書の中の『始業・終業の時刻など』の事項の記載についてどのように書いたら良いのか質問です。 仕事はマネージャー職です。曜日によって始業・終業の時刻が違います。 曜日によって9:30~20:00という長い日も有れば、14:30~20:00という短い日もあります。 終業が一番遅い日は21:45まで。 現在のところは各曜日の労働時間は固定ですが、今後、営業時間の変更に伴う勤務時間変更や、営業時間拡大によるシフト制(交代制)の導入などは確実にあります。または逆に固定になる可能性もないとは言えません。 基本的には週40時間程度という感じですが、厳密に言えば、忙しい時期、暇な時期によって前後する場合も出て来るでしょう。 始業・就業時間を書かずに『週40時間程度の交代制』で大丈夫でしょうか? 『40時間の交代制』と「程度」は抜かして言い切るべきでしょうか? または、変形労働時間制、フレックスタイム制、裁量労働制… どれかにあてはまるのでしょうか???

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2205
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • tikubon
  • ベストアンサー率33% (46/138)

あまり詳しくない部分ですので、わかる範囲でのみで失礼します。 フレックスタイム制ではありません。 所定労働時間はありますが、出社・退社時刻は労働者の決定に委ねなければならないところが趣旨に合わないでしょう。 裁量労働制は詳しくありませんが、微妙なところだと思われます。 専門業務型裁量労働制(労働基準法第38条の3)は『業務の性質上その遂行の方法を大幅に当該業務に従事する労働者の裁量にゆだねる必要があるため、当該業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し使用者が具体的な指示をすることが困難なもの』で、なおかつ『対象業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し、当該対象業務に従事する労働者に対し使用者が具体的な指示をしないこと』となっております。 『マネージャー職』でこちらが有効になるかどうか判断が付きかねる所ですので確認してみると宜しいと思います。 こちらでしたら『労働組合』もしくは『労働者の過半数を代表するもの』(選出方法については規定があります)による『労使協定』で可能です。 企画業務型裁量労働制(労働基準法第38条の4)についてはさらに条件が厳しくなります。 『対象業務を適切に遂行するための知識、経験等を有する労働者』などがあります。 一番近いであろう物が変形労働時間制であると思われますが、忙しい時期・暇な時期が確定できないのであればこちらでも無理でしょう。 『変形期間における労働日及び当該労働日ごとの労働時間を具体的に定めることが必要』であり『使用者が業務の都合によって任意に労働時間を変更するような制度であってはならない』とあります。 土日祝日が忙しい遊園地・寒い時期に忙しいたこ焼屋・夏に忙しいアイス屋・月末に忙しい経理等、そのような場合には非常に有効なところなのですが。 つまるところ私の見解では三点とも当てはまらないと思います。 労働契約の適当な企業が多い中、しっかりと作ろうとしている御社の姿勢につきましては極端な言い方かもしれませんが感動すらしました。 このようなことでしたら労働局でもしっかりと相談を受け付けてくれます。 ちなみに記載出来た場合、40時間『程度』の程度は入れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさんの回答を見て、更に調べたところ、フレックスタイム制で大丈夫かもしれません。 現場を任せられるので、出社・退社時刻はある程度は私の判断で決定出来る状況では有ります。質問欄に書きました始業・終業の時刻も職場の現状から私が判断した時間です。 残りの2つはアドバイスの通り、適さない様です。 きちんと確認し、進めてみようと思います。 他の方のお礼の欄に書きました通り、今回は特殊な状況に有ります。 以前の会社があまりしっかりとしていなかったので身にしみております。今回は自分の事ですが、今後は他の従業員の分に関しても職務上関わって来る点であると思われますので、会社の為にもそこで働く者の為にも、更に勉強して行こうと思っております。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 高校レベルの勉強なのですが

    ある問題についてです。 A 単位となる一定期間をとって、その期間内の所定労働時間の合計を超えなければ特定の週などの労働時間が法定労働時間を超えてもよいとする制度 B 一ヶ月以内の一定期間の総労働時間を決めておき、その範囲で労働者が各日の始業、終業時刻を選択する制度 C 業務の性質上、業務遂行の方法(業務遂行の手段や時間配分の決定)を大幅に労働者の判断に任せる制度 この3つは、次の3つのうちそれぞれどれの説明か フレックスタイム制 裁量労働制 変形労働時間制 というような問題です。 私は、A 変形労働制 B フレックスタイム制 C 裁量労働制 だと考えました。自信はなかったのですが。 しかし解答では、A 裁量労働制 B 変形労働時間制 C フレックスタイム制 の選択肢を正解としていました。でも、それではヘンに思えます。 どうでしょう? ミスプリでしょうか? それとも私の間違えでしょうか。

  • 拘束時間と労働時間の違いについて

    就業規則に 始業 午前9時 終業 午後6時 休憩時間 正午から午後1時まで(1時間)と記載されている場合は、 労働時間は毎日8時間で週40時間になりますか? それとも、毎日9時間、週45時間の違法状態になるのでしょうか?

  • 契約更新後の労働時間改訂と業務外時間について

    社員全員が契約社員として働いている会社です。 昨年度までは就業時刻が9:00~18:00、週休二日制で祝日のある曜日は土曜が出勤日、基本的に週40時間労働、残業は15分刻み(切り捨て式)でタイムカード制でした。実際はほとんどの社員が毎日2~3時間の残業を行っているのが実態です。 ところが今年度の契約更新を行った直後に上司が急に就業規則を変更してきました。 就業時刻→9:30~18:30 ただし月曜のみ全員顔合わせの朝礼のため9:00出勤、月1回はグループ企業との合同朝礼のため8:20に出勤。ただし、早出の場合の終業時間に変更はなし。 また、週に1日ずつ9:00出勤の当番を決め、必ず9:00には電話に出られる体勢をとり たい。この場合も終業時刻は18:30、手当等はなし。 今までも8:20の朝礼出席はありました(募集要項には掲載されていず、仮契約時には わからないままで正式契約後に急に言われました)。 それで、これはどう考えても週40時間労働ではないような気がするのですが…実際、 早く出た方はその時間を遊んでいる訳ではなくて仕事を開始しています。 そのためか、今年度よりタイムカードは廃止し、各個人での申請方式(詳細は決まって いないそうです)にすると言うことなので、残業時間も実労働より減る見込みです。 契約更新後にコロコロと就業時刻を変更されるのは(今後も毎回見直したいと言って どんどん実労働時間が延びています)、契約破棄の理由になるのでしょうか? 会社から要請された分の「早出当番制」はやはり仕事をしていても労働時間にはならないのでしょうか? また、上司に掛け合うためにはどんな方法があるでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • hisa34
  • ベストアンサー率58% (710/1205)

先ず、労働条件通知書の参考例(あくまで参考です)をご覧ください。http://www.fukuoka.plb.go.jp/29joken/joken01_08.html >基本的には週40時間程度という感じですが、厳密に言えば、忙しい時期、暇な時期によって前後する場合も出て来るでしょう。 1か月単位で週平均40時間を超える時期(月)があるのならば、1年単位の変形労働時間制を検討してみてください(年間の業務カレンダーを作成してみてください)。 >始業・就業時間を書かずに『週40時間程度の交代制』で大丈夫でしょうか?『40時間の交代制』と「程度」は抜かして言い切るべきでしょうか? または、変形労働時間制、フレックスタイム制、裁量労働制…どれかにあてはまるのでしょうか??? 「(1年単位の)変形労働時間制」とし「年間の業務カレンダー」によるとしたらどうでしょう。 ご参考:http://roumus.com/roudou/1nentani.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

忙しい時期、暇な時期が事前に分からないので、年間の業務カレンダーが作成で来ません。変形労働時間制は採用出来ない様です。 参考HP見せて頂きました。大変参考になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.2

変形労働時間制です。 1)月内所定労働時間であること 2)月内の週平均が法定労働時間以下であること。 程度は不可、法の定める通り、・・週平均40時間以下・・として下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさんから頂いた回答を見たり、更に調べたりしてみましたが、 『変形労働時間制』は予め忙しい時期が特定出来る場合に適している様ですが、私の場合、事前に特定来ませんので、あてはならない様ですね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#64531

>現在のところは各曜日の労働時間は固定 なら1か月単位の変形労働時間制(労働基準法三十二条の二)にあたります。1か月以内の一定期間、この場合は1週間40時間以内であればある曜日に1日8時間以上働かせることができます。 >営業時間の変更に伴う勤務時間変更や、営業時間拡大によるシフト制(交代制)の導入などは確実にあります。 就業規則(10人未満の事業場ならそれにかわるもの)に具体的に明記してください。就業規則を変更したらその事業場の労働者の代表から意見聴取して労働基準監督署に届け出る必要があります。 >または逆に固定になる可能性もないとは言えません。 一番上の1か月単位の変形労働時間制。日時を変更したから、就業規則書き換える手続きは直前の通り。 >基本的には週40時間程度という感じですが、厳密に言えば、忙しい時期、暇な時期によって前後する場合も出て来るでしょう。 フレックスタイム制:出社時刻、退社時刻をある程度本人の自由にまかせる(同三十二条の三) あるいは1年単位の変形労働時間制(同三十二条の四) ただしこれは1日最大10時間までとか、連続3週までとか制限されています。制限にひっかかるようでしたら上の1か月単位。 小売り等なら1週間単位変形労働時間制(同三十二条の五)も導入できますが、使い勝手の悪さで利用されてない。 これらを導入するには、協定締結して労働基準監督署に届けでなければならないのでしっかりモノの本を読んでください。人を使用する立場なら勉強してください。 現況パターンが手続き済みの就業規則にのってるなら、 雇用契約書には、現況の各曜日の勤務パターン(出退時刻、休憩時間帯)を明示。変更の予定ありと併記しておけばいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

動き始めたばかりの会社で私が初の社員です。社長の他はアルバイトが数名。私もこれまでは臨時のバイトでした。就業規則もまだありません。 社員になるにあたり、自分の雇用内容を書面にする事(雇用契約書の作成)が初の仕事という特殊な状況に有ります。もちろん雇用内容は社長が決定するのですが、作成にあたり自分でも調べてみて、間違いのない様にと思い質問させて頂きました。 何れにしても契約書の書面の作成は私の仕事になると思います。徐々に始めていますが、今後更に勉強して行きます。 詳しい回答とアドバイス、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 法定労働時間

    労働基準法での法定労働時間は週40時間です。 変形労働時間制では例外もあるようですが。 会社は土曜日は3週間に一度出勤日があります。 その場合、週の所定労働時間は8時間×6=48時間になります。 週の法定労働時間は48時間でそれ以上の8時間の労働時間は残業手当の対象になるのでしょうか? 変形労働時間制は監督署に届ける必要があると思いますが、所轄の監督署で教えてもらえますか?  

  • 実労働時間が所定労働時間より短い

    会社の就業規則に載っている所定労働時間が1日8時間で週40時間となっているのですが、実際の労働時間は8時間もありません。 9時業務開始で12時から13時まで休憩で17時には仕事が終わり、部長にもう今日はあがっていいよと言われる事がほぼ毎日で、早いときには16時過ぎには帰れる時があります。なので実労働時間が6~7時間になるのですが、会社が所定労働時間を8時間に設定しているのは何か意図があるのでしょうか? ちなみにうちは変形労働時間制ではないので労働時間が8時間超えても平均で週40時間以内に収まっているから残業代を出さなくてもいいとかそういう事でもなさそうです。 所定労働時間とは実際の労働時間より多めに設定するものなのでしょうか? 気になりましたので質問させて頂きました。 ご回答お待ちしています。

  • 変形労働時間について

    お世話になります。 変形労働時間について無知なところがありますので教えていただければ幸いです。 1か月単位の変形労働時間制、会社の休日は第1、3土曜・日・祝だった場合、 1日10時間を超えず、1週間の平均が40時間以内に収まればよいのでしょうか。 1日平均8時間とすると第2、4の土曜に出勤した週の労働時間が48時間になるので、 週40時間を超えないようにするために、週6日出勤ある週のことも考えて、1日平均6時間ちょっとになるようにしなければならないのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 労働時間について

    教えてください。 私は、週40時間、月168時間を基本とした診療所に勤めています。 基本的に週40時間を越えた場合には、残業代が出ます。しかし、1月や5月のように祝日がある場合、診療所は祝日がお休みなので、労働時間自体が少なくなってしまいます。その場合、週40時間、月168時間を越えていない場合でも、基本給等は問題なく支払われています。 ここで質問です。1月や5月のように祝日がある場合、残業をしても、週40時間、月168時間を越えない限りは、残業代が発生しません。労働契約の中には、「・・・休日は日曜及び国民の祝日・・・」と定められています。祝日は営業日ではありません。このような事象は当然なのでしょうか?

  • 変形労働時間制とフレックスタイム制の詳しい意味がよくわからず困っています

    1ヶ月単位の変形労働時間制とフレックスタイム制の詳しい意味がよくわからず困っています。 ある週の平均の労働時間が40時間を超えてもよい。とする制度で、フレックスタイム制は労働者が出勤時間や退勤時間を管理するなどはなんとなくわかります。 それぞれの制度についてなのですが、例えば ある月の初めの1週を一定の期間または清算期間として労使間で定めた場合、 月初の1週の労働時間の平均が週40時間であったならば その後8日~月末までは、週平均が何十時間であろうとも関係ないということになるのですか。 何か違うような気がしますので、宜しくよろしくおねがいします。

  • 労働契約(変形労働時間勤務)に関して

    契約社員の雇用契約書に関しての質問です。 変形労働時間制で1週間40時間を超えない勤務と契約書に記載されていて、 実際の勤務時間も契約書に書かれています。 会社側が一方的に1週間40時間を超えない範囲で 労働時間を契約書に記載されているものよりも長くするのは合法なのでしょうか? ちなみに、1年の契約を結んでいますが、契約期間内に変更をする、と言うことです。 労働契約法を読む限り、契約期間内に契約内容を変更する場合は 労使の合意が必ず必要と書かれていましたが、 変形労働時間と謳われている場合は、一方的に会社側が勤務時間(シフトの勤務時間)を 長くしたり短くしたりと合意なく変更してもよいのかどうか教えて下さい。

  • 労働時間および安全衛生について問題

    以下は、労働時間および安全衛生に関する記述である。内容が正しいと考えられる記述を選ぶ。 1就業規則によって働くことが定められる時間を、所定労働時間を呼ぶ。所定外労働時間に就労するには、労働契約を締結する必要がある。 2フレックスタイム制とは、労働者が始業時刻を決定できる制度である。ただし、コアタイムを称する時間帯には、必ず出勤することが義務つけられる。 3管理監督者が労働者による労働内容を正確把握できない場合、みなし労働時間制が採用されることがある。一例に、裁量労働制があげられる。 4労働者が8時間以上連続して就労する場合、間に1時間以上休憩時間を与えることが義務つけられる。休憩時間は断続してもよく、合計して1時間となれば良い。 5機械設備が故障しても労働者に害を及ばさないように、フェイルセーフやフールプルーフを呼ばれる機構が設けられる。一例として、洗濯機の蓋が挙げられる。 お願いします!!

  • 労働時間外にて

    先日、ある派遣会社と合意で契約しました。 書面での手続きはまだです。 週5日勤務の1日8時間労働で、月に1、2度土曜出勤があるとのこと。 そこで派遣会社の営業さんに、 土曜出勤は休日出勤として扱われる事をうかがったのですが シフト制で違うと言われました。 確か労働時間は、週40時間以上は残業としてとりあつかわれるはずだと思うのですが この場合は該当しないのでしょうか? 労働関係に詳しい方、経験のある方のご意見 アドバイスをお待ちしています。

  • 一週間の労働時間と時間外手当について

    私の勤務している会社は第2、第4土曜日は出勤することになっています。 勤務時間は9時から18時で一時間休憩時間があります(一日8時間労働)。出勤する土曜日も同様です。 法律の労働時間の決まりでは、一日8時間、一週間40時間を超えないことになっていると思います。 出勤する土曜日がある週は、月~金の8時間×5日=40時間と土曜日の8時間で48時間になってしまいます。 土曜日の8時間は時間外勤務で割増し対象になると思うのですが、どうなんでしょうか。 この点教えて下さいませんでしょうか。 また一週間とは、日曜から土曜日で考えればいいのでしょうか。月曜から日曜日までとかでしょうか。併せて教えていただけませんでしょうか。 変形労働時間制とかは採用していない会社です。 よろしくお願いします。

  • 社会保険労務士のみなさまへ!労働基準法の内、専門型裁量労働制について教えて下さい!

    私は某会社に4年勤務している者です。 当社は専門型裁量労働制を導入しているのですが、 その制度について質問があります。 そもそも裁量労働制とは、定時を定めないものだと認識しておりますが、違うのでしょうか。 当社には、始業時刻・終業時刻が設けてあります。 遅刻をすれば減給になります。 会社側は定時を設けても法的に問題ないと言っていましたが、本当なのでしょうか。 また裁量労働制とは、法定休日を全く無視できるものなのでしょうか。 当社契約の社労士が言うには、仕事を遂行するためには、 法定休日も出勤する必要があるとのこと。 こんなことも言っていました。 裁量労働のもと、体調に支障をきたさなければ24時間365日働くことが 法的に認められると言うのです。 本当でしょうか。 ちなみに残業時間は100~120時間を超えた時もありました。 長くなりましたが、ぜひ法律に詳しい方教えてください。