• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

とっておきの裏話

歴史上で、教科書に載ってないような裏話を教えてください! 私が衝撃を受けたのは、天智天皇は実の妹(孝徳天皇の妻となった)とできていて子供までいた(後の京家)という話でした! 最近歴史が覚えられないので、まず興味を持つところから始めたいと考えています。 どんなことでもいいのでよろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1821
  • ありがとう数27

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • route1
  • ベストアンサー率23% (5/21)

どんなことでもいいということで… 坂本龍馬の、一番目にするだろう、台にヒジをついているような立ち姿の写真で履いているブーツですが、あれは高杉晋作からもらったものなのだそうですよ。 ブーツなんてハイカラですよね(^^) こんなページがありましたので、載せておきます↓ お暇でしたら見てみてください http://www.ok-coffee.com/boots.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

坂本竜馬がブーツを履いていたなんて! 写真の龍馬すてきです(笑) 早速のご回答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 元明天皇の父はどなたですか?

    (1)天智天皇 中大兄皇子のこと (2)天武天皇 (1)天智天皇の弟(大海人皇子のこと) 敗:大友皇子 (1)天智天皇の子供 壬申の乱で(2)叔父に敗れる。 (3)持統天皇(女) (1)天智天皇の娘+(2)天武天皇の妻 (4)元明天皇 (3)持統天皇の子供 (5)文武天皇 (4)元明天皇の子供 (6)元正天皇(女) (4)元明天皇の子供 合っていますか? 辞書で調べたら天智天皇の第4皇女と出ていましたが、 (1)天智天皇は自分の娘である(3)持統天皇との間の子供ということになってしまいます。 どこが変なのでしょうか?教えてください。

  • 持統天皇とは?

    下記の分は何か間違っていますか? 天智天皇と天武天皇が兄弟だとすると、娘と弟が結婚したことになってしまいますよね? よろしくお願致します。 ●壬申の乱 天智天皇が死去し、息子の大友皇子と弟の大海人皇子が皇位をめぐって争った内乱。大海人皇子が勝利し、天武天皇となった。 ●持統天皇 天智天皇の娘で、天武天皇の妻。天武天皇の死後、即位した。 日本で最初の本格的な都・藤原京をつくった。

  • 天智天皇と天武天皇は本当に兄弟だったのでしょうか?

    天智天皇と天武天皇は本当に兄弟だったのでしょうか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#125540

裏話というほどの話がほとんどですが、教科書に出ていないという観点から。 16世紀イングランド王のヘンリー8世は生涯にお妃を6人持ったのですが、愛人もいました。 というのは裏話ではないです。 2番目のお妃になったのはアン・ブリンという女性ですが、 この人との結婚前、その姉妹のメアリーという女性とも付き合っていました。 一説には彼女達の母親も愛人だった時期があったのではないか、と言われているようです。 ちなみにアン・ブリンはエリザベス一世の母です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3 全然裏話ではなくて有名な話ですが、チェーザレ・ボルジアはなぜかローマ教皇の息子。 カトリックの聖職者は結婚しないはずなのにねー? でもこんなのでは歴史が嫌になりそうな気もします(^^; 日本だと何でしょうね。 柿本人麻呂とか??私は読んでいないのですが本が出てます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82#.E4.BA.BA.E9.BA.BB.E5.91.82.E3.81.AB.E3.81.BE.E3.81.A4.E3.82.8F.E3.82.8B.E7.95.B0.E8.AA.AC.E3.83.BB.E4.BF.97.E8.AA.AC 裏話でなくて豆知識。 第二次大戦中、シンガポールは昭南島(しょうなんとう)で、グアムは大宮島(おおみやじま)でした。 こんなのは有名かもしれないけど、以前に「へー」と思ったのは、エジプトのクレオパトラ(は何人かいるんだが一番有名なクレオパトラ。7世ですか。)は、本の挿絵なんかだとなぜか白人。 エジプトなのになぜに白人?  と思ったらあの王朝、プトレマイオス朝時代は王族がギリシャ系で、エジプト人じゃなかったんですね。 どうりでエリザベス・テイラーが演じていたわけだ(それは違うか)。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%A97%E4%B8%96  ↑ そう、古代エジプト人の髪型はカツラなのですよね・・・ カツラで思い出しましたが、18世紀あたりのヨーロッパ貴族の男性もカツラでしょう。 絵画で巻き毛を見るたびに「すごいカツラだなぁ」とつい注目してしまいます。 年号とか何年とかいうのを覚えるのはあまり得意ではありませんが、余分なことだけ覚えてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

カツラですと、いろんな髪型を楽しめていいですねw ありがとうございました!!

  • 回答No.7
  • dereku
  • ベストアンサー率22% (66/294)

質問にそえるかどうか分かりませんが‥。 安土城天守の図面に描かれている舎利塔は比叡山焼討ちや一向宗で多くの民を殺したのを祀る為(某大教授・某国営放送談)ではなく、信長自身を末代(永代)崇める為のものである。徳川家に例えれば東照宮みたいなもの。これを城内に置いた。各大名小名は嫌がうえにも崇めざるを得なくなる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか~!機会があれば見てみようと思います☆ ありがとうございました!

  • 回答No.6
noname#51281

紀元前の話。アレクサンドロス大王は、ギリシアで兵を起こして、インドまで攻め入った人なんですが、若くして病死してしまいます。 そこで、ディアドコイ(後継者たちの戦争)が起こり、エジプトは、プトレマイオスという人のものになります。(クレオパトラで有名な王朝)。 このプトレマイオス朝の二代目は、プトレマイオス二世という人で、お父さんに負けないくらい優秀な王さまでした。でも、お姉さんと結婚したため、フィラデルフォス(ピラデルポス)、『愛姉王』と呼ばれています。新しく手に入れた領土にお姉さんのなまえをつけたりしています。 余談:ぼくが歴史好きになったのは、この『ディアドコイ』ということばの響きが好きだったからです。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%B92%E4%B8%96

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『ディアドコイ』・・・私もなんとなく響きが好きです♪ どうもありがとうございました!!

  • 回答No.5
  • nene-k
  • ベストアンサー率42% (118/279)

いっぱいあって、とてもじゃないが書ききれませんので、とりあえず、質問者さんが衝撃を受けたお話の時代に近いお話を2・3個。 ★天智天皇の弟・天武天皇は、天智天皇より年上で、皇極天皇が舒明天皇の妻になる前の前夫・高向臣との間に生まれた子供・・・確証はありませんが可能性は高いと言われています。 ★山背大兄王一族を攻めたのは蘇我入鹿ではない。 ★天武天皇と額田王の娘で、天智天皇の息子・大友皇子の妻になっていた十市皇女は、壬申の乱の時、琵琶湖名産の鮎の腹の中に密書を詰めて、父に夫=近江側の動きを知らせた。 あと、教科書にはっきりと書かれているワリには、そうでは無かった事が確認されている出来事としては・・・ ★信長の比叡山焼き討ちは無かった・・・比叡山の地質を分析した結果、その時代に大きな火災が無かった事が証明されています。 ★ペリーの黒船には誰も驚いていない・・・その7年前に、同じ浦賀に同じ状況でピットルが来航しているので、今更驚かないです。 ピットルに対しては、幕府が開港を呑まなかったので、歴史教科書ではスルーされている事が多いようです。 などなど・・・もっともっと、たくさんあるので、調べていくとワクワクしますよ~

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ピットルって初めて聞きました!意外にスルーされてるんですね(笑) ありがとうございました!!

  • 回答No.4

●金儲けばかりしていた悪女というイメージの強い日野富子ですが、政治的には無能で酒と芸術にしか興味のなかった将軍足利義政に代わり、幕府の財政を実質的に支えていた功績があります。また、足利将軍家にはアル中が多いのですが義政も例外ではなく、せっかく生まれた男児も、やはりアル中で早死にしています。日野富子は関所に税金をかけたので商人の間では評判が悪かったのですが、京都にある幕府として公家への対応にも能力を発揮しており公家の間での評判は上々、後土御門天皇とは完全に親友と言ってもよい状態であり、男女関係だったとする説もあります。 ●フランス革命期に活躍した曲者の貴族にタレイランという人物がいます。フランス語としては異例の綴りなので、本当の発音は分かりません。タレラン、タレーランなどの表記も散見し、ナポレオンはタレユランと発音していたとされています。貴族のくせにフランス革命を強引に前進させる策としてアッシニアというものを発明、革命の進展で貴族から財産を没収するということを担保にしたアッシニアという債権(実質は紙幣)を考案、これにより、貴族からの財産没収を続けないとアッシニアの価値が暴落してしまうという自転車操業により、嫌がおうでも、革命を進めるしかないという構造を作ってしまった策士です。ナポレオン没落後のウィーン会議では、フランスは敗戦国でありながら戦勝国に自分たちの要求を飲ませるという豪腕外交官ぶりを発揮、その他メートル法の普及に貢献したことで知られるほか、画家のウジェーヌ・ドラクロアは彼の隠し子ではないかという噂があります。アッシニア流通に当たっても自分の財産はちゃっかり確保しており、美食家としても知られます。 ●足利尊氏ほど戦前と戦後で評価の変わった人物しかいませんが、教科書の書き方では、その深い意味については、なかなか気がつかないと思います。戦前の教科書では、「後醍醐天皇に最後まで仕えた英雄が楠正成で、天皇にたてついた反逆者が足利尊氏」と教えていました。この先入観を持っている人は、右派マスコミや地域史研究家には未だに多いのですが、実はまともな学者の間では、「建武の親政が失敗に終わる中で、源氏の名門に生まれた者として、否が応でも武士のリーダーとして周囲の期待に応えるしかなく、武家が公家を圧倒していくという時代において新しい時代を開いた重要人物ではなかったのではないか」という説も現在では強いのです。どちらかといえば慎重派で決断力に欠いた武将らしからぬ性格のようですが、やる時はやる、というタイプの人物だったようです。 ●ドイツにフォイエルバッハという苗字の人たちがいて、多才な家系なのか、法学者フォイエルバッハ、哲学者フォイエルバッハがいます。法学者フォイエルバッハは、従来のローマ法にかわってバイエルンの新しい刑法を作ったほか、日本でも刑法の原理の大原則となっている「罪刑法定主義」を確定させた人物として知られます。また、カスパー・ハウザーという外の世界を知らぬまま育った人物を庇護し、彼についての報告書のような本を書いています。他方、彼の息子である哲学者フォイエルバッハは、物象化論という理論を作り出し、ヘーゲル哲学をひっくり返したような主張を展開、後のマルクス主義者たちに影響を与えたことで知られます。 ●ローマ帝国には、時々、愚帝が現われますが、悪名高いネロをはるかに超えた強烈なキャラが、エラガバルスです。この人は、シリアの司祭であり、ローマ人から見たら女装としか見えない服装をして、ローマに乗り込んでいます。皇帝であると同時にシリアの宗教指導者であり、ローマの巫女(当然、一生処女)と結婚すれば最強の宗教指導者が生まれるなどという前代未聞のことをしたほか、異性愛も同性愛もこなしています。同性愛は当時はわりとよくある話だったのですが、彼の場合、皇帝のくせに受け側を好むという少々困った傾向があります(通常、当時の同性愛では皇帝のような権力者は攻め側でなければ性的逸脱と見なされます)。広い領土の中から巨根の男を探させたことでも知られており、異性愛の時は女性の反応を観察し、同性愛の時のために、その経験を生かして痴態を演ずるということまでしていたようです。 ●田沼意次は商人と結託した汚職政治家のイメージがありますが、馬鹿にならない政治家です。江戸時代の体制の基本である士農工商という身分制度や米を基本とする金融政策が通用したのは徳川吉宗の時代までであり、商業の発展という新たな状況ではかつての方法論は通用しないということを明確に認識した上で、商業の振興策をうつとともに商人からも税をとるという近代的な経済理論に到達していた人物であることが見逃せません。しかし、彼の思想は当時の武士の理解を超えたものであり、汚職政治家というレッテルを貼られて失脚してしまうわけです。 ●仏教はもともとは、仏像を作らない宗教でした。仏教に写実的仏像の文化が生まれたのは、ずばり、アレクサンダー大王がギリシャ文化を中央アジアやインドにまで伝えたことが原因です。仏教とギリシャ風写実的彫刻の文化が融合してはじめて、仏像が生まれたのです。 ●継体天皇。天皇の遠い親戚とされていますが、どう考えても単なるなりあがりもので、天皇の座を奪ってしまった人物です。万世一系というウソの実例として、もっとも有名です。 ●蒙古襲来の時の「てつはう」は、大砲ではなく、火薬の爆発音で馬に恐怖心を与え、まともに走れなくしてしまうという兵器です。 ●日本人として極めて重大な観点ですが、日本が第2次大戦の敗戦を受け入れたのは原爆を2つ落とされたからではありません。原爆投下後も本土決戦をやるつもりでいたのですが、ソ連が日ソ中立条約を破って満州国になだれ込んできたのが、敗戦受諾の直接のきっかけです。アメリカ人には、この事実を知らない人が多いので、要注意。 ●キリスト教がローマ帝国で成功した要因のひとつに、ユダヤ教が持っている割礼(ようは子供のうちの包茎手術)の習慣は不要であると宣言し、ギリシャ・ローマ文化になじんだ人たちに安心感を与えたことがあります。 ●トルコはオスマン王朝末期、ドイツ側にたって第1次世界大戦に参戦し破れています。清やインドと同様、西欧列強の植民地になることは確実と思われていた時、突如としてケマル・パシャという軍人が頭角を現し、攻め入るギリシャ軍をイズミールから追放、チャナッカレに攻め込んだイギリス軍とは徹底して戦い、東方ではロシア・アルメニア連合軍を撃破、現在のトルコ領をほぼ守り抜きます。同時に政治家としても辣腕ぶりを発揮、イスラム国家でありながら世襲君主を廃して共和制を導入、政教分離を国是とする体制を作り上げ、「トルコ人であることは幸いである」をキャッチフレーズに各地に乱立した地域系トルコ政権のリーダーとなり、トラブゾンにギリシャ系国家が誕生する等の混乱も、ギリシャとの住民交換によりトラブゾンをトルコ領として確定させて収拾し、新生トルコ共和国の初代の大統領になった人物です。さらには国民の識字率を上げる手段として、従来のアラビア文字を廃止して、ラテン文字(通常のアルファベットのこと)をベースにした文字を2晩連続の徹夜だけで考案・導入したことでも知られます。彼の近代化政策は基本は日本のマネであり、明治天皇の肖像を大切にしていたことでも知られます。また、女性の参政権を認めたのは、日本よりトルコが先です。彼の業績はあまりにも偉大すぎて彼を批判するのはタブーに近いものがあり、自衛のためとはいえ、オスマン帝国末期に発生したアルメニア人大虐殺の延長上、彼もまたアルメニア・ロシア連合軍と戦っていたことをどう評価するのか、冷静な議論が出来る状態になっていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たくさんの情報ありがとうございます!! harepandaさんは知識豊富な方なんだな~というのが窺えました☆

  • 回答No.3

では比較的近い時代で・・・ 藤原仲麻呂(恵美押勝)は昔称徳天皇と出来ていた?!とか その称徳天皇は道鏡に惚れていてかなりハマっていた、とか ちなみに道鏡はかなりのイケメンだった、とか 道鏡つながりのネタで・・・ 宇佐八幡神託事件で結構有名なネタですが、神託の信憑性を確かめに行った和気清麻呂の報告により道鏡は即位を妨げられ、腹いせに清麻呂の名前を「わけべのきたなまろ」と改名させて左遷させた、とか←これは裏ネタじゃなかったかも 何か高校の歴史の先生が「超大作のドラマの登場人物だと思って、自分もこのシーンに登場してたら・・・と想像しながら学べば面白くなるよ」って毎回テスト後に言ってたので、そんなところから興味を持ってみるのもいーかもしれないですね 自分は実際小説のような感覚で歴史の教科書を楽しんでいたので自然と頭に入っていたみたいで暗記であまり苦労しなかったですね なので是非歴史を楽しんで下さい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

道鏡興味深いです(笑) 人間関係って複雑ですね。 自分もその時代へ行ったつもりで歴史楽しもうと思います! ありがとうございました☆

  • 回答No.2
  • 0102S
  • ベストアンサー率22% (9/40)

徳川家の暗殺集団の服部半蔵は、戦が終わってから松尾芭蕉と名乗り、俳人となったといわれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか~! もし真実だとしたら、多才な方ですね~。うらやましいです(笑) どうもありがとうございました!

関連するQ&A

  • 中大兄皇子の周りの血縁関係がややこしいです

    中学1年の歴史です 中大兄皇子と鎌足が入鹿をやっつけて 中大兄皇子はそのあと天智天皇になりました。 天智天皇がなくなると皇位をめぐり 天智天皇の弟大海人皇子と 天智天皇の子 大友皇子が戦いました おじと甥っ子の戦いですよね?!この乱を壬申の乱 でいいんですよね?! 壬申の乱で勝った大海人皇子は 673年 天武天皇になりました。 天武天皇の死後 天皇の奥さん皇后が 即位して持統天皇となりました。 と 社会の先生が話してくれてましたが 持統天皇って 大友皇子と 言明のきょうだいですよね?! 自分のきょうだいの大友皇子が壬申の乱で負けたのはおじさんの大海人皇子のせいなのに なんでそんな人と結婚したんですか? それもお父さんの兄弟でおじさんなんでしょ? 姪の私とおじさん…… 考えたくないですー(泣) 血縁関係はわたしの解釈であってますか?

  • 中学歴史の飛鳥時代

    中3で受験勉強のため 要点まとめ程度のテキストをしています 飛鳥時代の天智天皇のところで 確かにそう習って違和感なく過ごしていましたが今日はあれ?とおもいました 大化改新の中心人物であった天智天皇が亡くなったあと,天皇の弟の大海人皇子と天智天皇の子の大友皇子との間で皇位継承問題がおこります。これが「○○の乱」(672年)です。 壬申の乱を答える問題なのですが この時代の時って  誰がつぎの天皇になる? あなた?いやいや僕でしょ!なんで ちがうよー!みたいに 天皇陛下が死んでから決めていたのですか? 問題を読むと 亡くなった後 継承問題がおこって内乱おこる と書いてあり 気になって教科書をみても(東京書籍)そう書いてありました 昨日 皇室の事をテレビでやっていて 今の平成天皇のあとは 愛子様のお父さん 常陸宮様 秋篠宮様 悠仁親王と 順番がきまっている みたいな放送をやってました それなら その時の天皇陛下が生きてる間に揉め事があってもおかしくないのになぁーと感じました 壬申の乱に勝利した大海人皇子が天武天皇となりました と書いてあるのですが これって 天智天皇が亡くなったあと 壬申の乱になったのだから この1ヶ月弱の間は天皇陛下はいなかったってことですか?

  • 天智天皇

    天智天皇は何歳で即位し、在位は何歳までだったのでしょうか。教えてください。

  • 沓塚

    天智天皇ゆかりの沓塚の在り場所を教えてください。

  • 天皇稜について

    天皇陵について興味をもっています。 天智天皇稜はどこにあるのでしょう?また、称徳天皇稜は先方後円墳となってますが、これは正しいのでしょうか?奈良時代後半に前方後円墳が作られたとはにわかに信じがたいのですが・・・

  • 武士の派生について

    大化の改新では確か中臣鎌足と天智天皇で 余り武士とか居ない様にも思えますが、 一体、武士って何処から生まれているんでしょうか?

  • 作家の井沢元彦氏の歴史学説は…。

     推理作家の井沢元彦氏が、ここ十数年の間、現在の歴史学の研究法が誤っている(文献偏重主義,怨霊信仰の無視,宗教的側面の軽視)として、さまざまな研究結果を発表しています。例えば  ・天智天皇は天武天皇に暗殺された。  ・天武天皇は天智天皇の弟ではなく、正当な後継者でもない。  ・「仮名手本忠臣蔵」は将軍綱吉殺しを暗喩した芝居である。  ・赤穂浪士の吉良邸討ち入りは、浅野匠守の「乱心」を認められなかったための抗議である。  等々です。これに対して、歴史学会からの反論をあまり聞かないのですが、どのようになっているのでしょうか。  是非、専門家(でなくてもアマチュア歴史研究家でも)の方々から反論を伺いたいのですが。

  • 定慧・孝徳天皇後胤説と藤原不比等・天智天皇後胤説

    こんばんは。よろしくお願いします。 今日、あれやこれやとググっていて 定慧・孝徳天皇後胤説と藤原不比等・天智天皇後胤説を知りました。 ご存知のとおり、定慧と藤原不比等は正史によれば中臣鎌足の子であるとされています。 しかし、中臣鎌足は孝徳天皇の后(名前がわかりましたら教えて下さい)を妻としてもらい、 その時その女性は孝徳天皇の子を身ごもっていた。 これが定慧である。 また鎌足は天智天皇の后であった鏡王女を妻としてもらい、 その時鏡王女はすでに天智を身ごもっていた。 これが不比等であるという説があるそうです。 この説の真偽についてどう思われますか。 またその理由を教えて下さい。 ※このカテゴリーでときおり 「そんな昔のことはわからない」というような趣旨の回答を目にしますが、 そういった類の回答はご遠慮ください。 (それを言っちゃあおしまいです。)

  • 天智天皇陵だけ隔離された場所にある理由???

    現在、京都の山科区御陵に住んでおりまして、毎朝、天智天皇陵まで散歩しています。 御陵(みささぎ)という地名の由来はは、この場所に天智天皇陵があるので古来より呼ばれているらしいです。 ところが、最近、友達から「天智天皇は暗殺されはったらしいで~。」という内容のことを聞きました。 そういえば、他の天皇陵が京都市内や奈良にあるのに(山科も一応市内ですが・・) なんで天智天皇陵だけポツンと離れた山科にあるのか?という疑問はあります。 当時、都があった大津からも離れており、山を越えて行かねばなりません。 天智天皇暗殺疑惑は事実でしょうか? また、天智天皇陵はなぜ隔離された山科にあるのでしょうか?

  • 日本史の疑問(複数)

    こんにちは 日本史を勉強していたら疑問が出てきたのでいくつか質問させていただきます。 (1)受領って? 『日本史B用語集』(山川出版社)には 「任地に赴く、国司の最上級者」とあるのですが、 「最上級」とはなにが基準なのでしょうか? 天皇その他から 「お前は一番偉い国司だ。受領の称号を与えよう。」 となるのでしょうか? (2)天智天皇の政策 少し時代は戻りますが、『実力をつける日本史100題』(Z会出版)に 「天武天皇は、天智天皇が復活させた部曲を廃止し」たとあるのですが 天智天皇(中大兄皇子)は改新の詔で 「其の一に曰く、昔在の天皇等の立てたまへる子代の民、処々の屯倉、及び、別には臣・連・伴造・国造・村首の所有る部曲の民、処々の田荘を罷めよ。」 といっているように、旧来の土地支配制度に否定的に思われるのですが… どちらか一方でもかまいませんので、お答えいただけると幸いです。