• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

割引料の計算式の事です!

初めまして。簿記の割引料の計算式の事でお聞きしたいです。 割引料=手形金額×利率×365分の割引日数、が計算の仕方らしいんですが、このやり方で何回も計算しましたが答えが合いません。たぶん自分の計算の仕方が間違ってます。中学校で勉強しなかったので分数や計算の仕方があまり分かりません。 参考書に書いてあった問題を計算式にしました! 当社は、b商店から受け取った手形2000円を売却し、割引料を差し引いた残額を当座預金とした。割引率7.3 割引日数30日 2000×7.3×365分の30=割引料 <答>  (借方)当座預金1、988 (貸方)受取手形2,000         手形売却損  12 らしいです! 誰かわかる方教えてください!よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数7713
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

割引率7.3というのは、7.3%ですね。 ですから、掛算するときには、×0.073(1%が0.01なので7.3%は0.073)とするか、×7.3÷100とするか(どちらでも同じ)でしょう。 割引料 = 2000×0.073×30/365 = 12円 当座預金 = 手形-割引料 = 2000-12 = 1988円

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ナゼそうなるのか?ということが良くわかりました!!参考になりました。ありがとうございます!!

関連するQ&A

  • 訂正仕分

    簿記3級目指してる者なんですが2問ほどわからない問題があります。 できれば教えてください。訂正仕分の問題です。 問1:手持ちの約束手形¥700,000を割引率年5%、割引日数73日の条件により銀行で割引、当座預金とした際、割引料を誤って¥70,000と仕分けしていた。 (自分の答え) 約束手形¥700,000、割引率年5%、割引日数73日より 手形売却損は700,000×0.05×73/365=¥7,000 (1)誤った仕訳:当座預金 630,000|受取手形 700,000       手形売却損  70,000 (2)↑を相殺するため        受取手形 700,000|当座預金    630,000        |手形売却益(?)  70,000 (3)正しい仕訳:当座預金 693,000|受取手形    700,000        手形売却損 7,000 (2)+(3)より: 当座預金 63,000|手形売却益 63,000 であってるんでしょうか? 問2:電気代¥40,000を現金で支払った際、うち¥200,000は家事上の経費であるにもかかわらず金額を水道光熱費として仕訳した。     家事上の経費ってどの勘定で仕訳するんですか?内容の意味もちょっと理解できないのですが...。 もしよかったら回答お願いします。

  • 簿記2級 割引手形と当座預金出納帳

    日商簿記2級商業簿記を勉強中です。帳簿組織の練習問題(例)で、 借方(当座預金)¥9500  貸方(割引手形)¥10000   (手形売却損)¥500   とあったとします。 *特殊仕訳帳として「当座預金出納帳」「受取手形記入帳」他を使用。 この場合「当座預金出納帳」の記載はどうなるのでしょう。 普通仕訳帳にも記載して、二重転記回避も考慮することになりますか? また、「現金出納帳」を「現出帳」と略しても大丈夫でしょうか? 以上、宜しくお願いします。

  • 簿記について

    今6月12日の日商簿記検定2級に向けて勉強をしています。 今頃の質問と驚かれそうですが、荷為替の取り組みで例えば商品¥800000を売り取引銀行で額面¥600000の荷為替を取り組み割引料¥6000を差し引かれ、手取り金を当座預金に預け入れたという場合に私は借方に当座預金594000・手形売却損6000・売掛金200000と貸方に売上800000とやったのですが回答では手形売却損ではなく支払割引料となってました。 支払割引料と手形売却損はどちらでもいいのですか? 手形売却損はどのようなときに使うのですか? 以前勉強していて、もう忘れているので初めから復習し直して12日に受験予定なのですがまだ間に合うでしょうか? アドバイスお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • fjnobu
  • ベストアンサー率20% (486/2320)

2000*0.073*30÷365=12となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。よく勉強します!!

  • 回答No.1
noname#74443

 自分は門外漢だけど、式と答えから、割引率は%で表示されてるのでは?  7.3%=0.073だから、 2000×0.073×30/365=12(割引料=手形売却損) 2000-12=1988 (借方)当座預金

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ホント助かりました!

関連するQ&A

  • 委託販売で荷為替を取り組んだとき

    同じ質問をされている方がいらっしゃったのですが、回答を見てもいまいち納得できませんでした。 Q1. ---------------------------------------------------------------- (積送品) 120     (仕入)  100               (現金)   20 (手形売却損) 2      (前受金) 80 (当座預金) 78 ---------------------------------------------------------------- (手形売却損) 2      (前受金) 80 (当座預金) 78 この部分が理解できません。Q1.の場合の荷為替の取り組みの手順は、 (1)委託先の了解を得て、自己受為替手形を振り出す。 (2)これを銀行で割り引く。 (3)残額が当座預金へ入金される。 自己受為替手形を振り出しているので、まず第一に、借方に受取手形がくるはずです。そして、貸方は売上げたわけではないので、空白?でも貸借が一致しないのでおかしい?空白の部分が前受金なのかなと思ったのですが、もうなんだかわからなくなってきました。 (受取手形) 80     (空白) 金額なし そして、自己受為替手形を銀行で割り引くので、貸方に受取手形がくるはずです。 (手形売却損) 2     (受取手形) 80 (当座預金) 78 前受金とは、「もし積送品が売れなければ、銀行が支払ってくれたお金を、銀行に返さなければならない義務」でしょうか?

  • 手形の売却 手形の裏書 手形の割引

    (借)当座預金 (貸)受取手形 (借)手形売却損 この仕訳だけでありえる取引は 手形の売却か 手形の割引だけですか? ・手形の裏書時は売却損は発生しないのですか? ・手形を割引くのは売却すること同意味ですか?(だから売却損が発生する?) よろしくお願いします。

  • 手形の割引・裏書譲渡に対する保証債務について

    すみません。度々お世話になります。 手形の割引で銀行に持ち込んだとき、仕訳は 当座預金  48,500   受取手形   50,000 手形売却損 1,500 保証債務費用 1,000   保証債務   1,000 としますが、そもそも保証債務費用というのは、50,000円必要になるのではないのですか?なぜ、1000円でいいのか、わけわからないのですが。。 教えてくれる親切な方、教えてくれたらうれしいです。よろしくお願いします。

  • 荷為替について

    商品を発送した方は、貸方は売上に、 荷為替を引き受けた方は、貸方は支払手形になっています。 なぜ受取手形ではなく売上になるのか、なぜ仕入でなく支払手形になるのか分かりません。 教えてください。 たとえば、 A商店はB商店に商品¥70万を発送し代金のうち¥56万については船荷証券を担保として荷為替を取り組み、割引料を¥4千を差し引かれ、手取り金は当座預金とした。 当座預金556,000 手形売却損  4,000 売掛金  140,000  売上700,000 B商店は上記の荷為替の引き受けをして船荷証券を受け取り、これと引き換えに商品を引き取った 仕入700,000/支払手形560,000             買掛金140,000 となっています。 教えてください。

  • 簿記 仕訳手形の割引高

    手形の割引高(純額のみの記録)¥183,000 (額面¥200,000の手形を割り引いた手取額) の仕訳は <当座預金 183,000 受取手形 200,000 当座預金 17,000                 > となっているのですが、 割引高の意味、仕訳の意味を教えてください。 

  • 2級 商業 手形の割引

    支払期日より前に手形を現金化することを手形の割引といい 当座    /受取手形 手形売却損 となりますが 支払期日を過ぎてから手形を決裁したときは 当座/受取手形    手形売却益 となりますか? 長い期間手形を保有していたほうが得なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 手形の割引

    手形の割引料の計算で割引日数というのがありますが、割引日数は6日とあればあと6日我慢してれば満額当座預金に入金されるということですか?

  • 第2問の帳簿組織 二重仕訳の見つけ方

    連続投稿失礼します。 特殊仕訳帳と普通仕訳帳から二重仕訳を探すのに一苦労しています。 ところで思ったのですが 金額が違っていても 勘定科目が貸借一緒なら二重仕訳と判断してもいいのでしょうか? 例えて言うなら ・現金出納帳(借方)売上欄合計 24,000 ・売上帳 現金欄合計      24,000 は2重仕訳とすぐ判断できますが、 ・当座預金出納帳(借方)受取手形欄合計 49,000 ・普通仕訳帳 (借)当座預金 19,000 (貸)受取手形  20,000 手形売却損   1,000 も記載されている金額は違えど 「当座預金」「受取手形」の勘定科目がかぶっているから 2重仕訳と判断してもいいのでしょうか? 何か見分けるコツはありますか? ちなみにこの例題は日商2級の過去問117回の問題です。 ご教授よろしくお願いします。

  • 日商簿記2級  第104回 問2の問題について

    今独学で簿記2・3級を勉強しているものです。過去問題集を買ってやりはじめたばかりで、つまづいています。教えてください。 個別転記後、合計転記直前の資料があります。 個別転記後のとうざ預金出納帳で貸方・受取利息 の金額が虫食いになっています。 解答をみると 合計転記直前の資料にある 貸方・受取利息 1000をひっぱってきています。 (1)なぜ合計転記直前の資料から 金額をひっぱってくるのかわかりません。 (2)また合計試算表の解答を見ると 借方・当座預金に1000+しているのに 受取利息の貸方に+1000とせず、 資料にあるそのままとなっています。それもわかりません。 また受取手形の合計試算表の欄も、借方・当座預金に+10000しているのに 貸方・受取手形に+10000しておらず、そのままなののも分かりません。 初心者ですので よろしくお願いします。

  • 仕訳の記入方法

    基本的なこと過ぎて恐縮なのですが、アドバイスお願いいたします。 仕訳が数行に渡るときは、その順番に決まりはないと覚えていました。3級の勉強をしているときには何の疑問も持たなかったのですが、今2級を勉強していて何度か疑問に思うことがあります。 例題で示します。 委託販売のために商品500,000を発送するとともに、銀行で500,000のの為替を組み、割引料4,000円を差し引かれ手取金を当座預金とした。なお、商品発送時に諸掛8,000を現金で支払っている。 積送品 508,000   / 仕入 500,000              / 現金  8,000 当座預金  496,000 / 前受金 500,000 手形売却損  4,000  以上が正解となっています。ご覧のように、現金の借方は空白となっています。思うに、上二行と下二行を別々な取引として仕訳をきったのだろうと思うのですが、例えば文章の進み方通りに仕訳をきった場合は以下のようになります。 積送品 508,000   / 仕入 500,000 当座預金  496,000 / 前受金 500,000 手形売却損  4,000 / 現金  8,000 これでは不正解となりますでしょうか? よろしくお願いいたします。