• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

職務発明の限界について教えて下さい。

職務発明については、いろいろ情報がありますが、発明の対価に関するものが多いようです。 今、知りたいのは、会社にアイデアを提案し、それを拒否(アイデアだけでは対応できない。何時になるか解らないようなものを、テーマアップできない、等の理由で)され、それを自分で実証を行った場合、これも職務発明になるのでしょうか。 また、会社の業務範囲に属さない発明において、会社のリソースを使用(特に、それだけのためではなく、他の業務の合間を使ったような場合ですが)した場合は、職務発明となるのでしょうか。 以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数180
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

発明には、自由発明、業務発明、職務発明の三点に分けられます。 職務発明の定義はNo.2さんが言われるとおりです。No.2さんの(1)~(3)を参考として言えば、 (1)~(3)を満たす発明→職務発明 (1)(2)を満たす発明→業務発明 (1)のみを満たす発明→自由発明 となります。 たぶん、あなたの言い分では職務発明に当たらないということでしょう。 確かにNo.2さんの(1)~(3)の条件はあなたの言い分にはすべてにおいて該当しづらいので職務発明とは言いがたいでしょう。また、会社のリソースの件ですが、これについて特許法上では何も記されていないので、これが原因で職務発明かどうかを問うことはできません。ただ、リソースの使用にはコストがかかるので、出願が公開された後に、会社からリソースの使用料が請求されても不思議はありません。 とりあえず、上記の職務発明は良いとして、あなたがその発明を元に特許を出願したとしましょう。そうすると、出願が会社に知られたとき、あなたはどう説明するのかが大切になってきます。会社があなたの行為を悪意として捉えたとき、対抗策を打ってくるはずです。特許無効審判という手があります。つまり、あなたの特許は特許に値しないということで、あなたの特許を潰しにかかります。 では、その根拠は何かといえば、ひとつとして、あなたが事前に会社に案を提案していたということです。これは特許で重要な新規性喪失の原因となります。特許出願前にこのようなアイデアを会社側が知っていたことになるので、無効審判を起こしやすいでしょう。 では、あなたが「いやいや、その発明からは改良された発明だから…」という回答になると、当業者判断で特許出願が再度見直されます。つまり、当初の案から画期的に変更の入った発明をしないと勝ち目はありません。 結局、落ち着くところはどこかは分かりませんが、会社の和解姿勢があれば、いわゆる職務発明に落ち着くことも考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • sahara4
  • ベストアンサー率53% (14/26)

職務発明の定義は、特許法35条1項にありますね。 (1)従業者であること。 (2)その性質上当該使用者等の業務範囲に属すこと。 (3)その発明をするに至った行為がその使用者等における従業者等の現在又は過去の職務に属すること。 従って、上司や会社の命令・方針とは関係は無く、会社から拒否されたアイディアを完成させたとしても、(1)~(3)の要件が満足されれば、職務発明となります。 青色発光ダイオードの特許もそうだったと思います。 逆に、(1)~(3)の要件を満たさなければ、たとえ会社のリソースを使用したとしても、職務発明にはなりません。 ただ、会社のリソースを会社の業務以外に使用する事は、勤務規則などで禁止されてると思いますので、その他の罪になるかもしれませんね。 勝手に会社の電気を使ったのだから、窃盗罪になるとか。。。。。 参考URLつけましたが、本文が長いので、"職務発明"で検索してください。

参考URL:
http://akira-izumi.cocolog-nifty.com/patent/2007/07/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kougan
  • ベストアンサー率61% (39/63)

まず、職務発明とは、使用者等の業務範囲に属し、かつ、従業者等の職務に属する発明です。 つまり、会社の業務に含まれると共に、従業者の仕事に含まれる発明です。 そのため、会社の業務範囲に属さない発明は、職務発明ではありません。 蛇足ですが、会社のリソースを使用してそのような発明をすることは、就業規則で禁止されているのではないでしょうか。 また、会社に開発テーマとして提案を拒否された場合ですが、 このような場合であっても、上記条件に当てはまれば職務発明です。 つまり、業務として指示されたか否かは、職務発明の要件に含まれていません。 なお、会社に対して職務発明を譲渡するように就業規則等で決まっている場合、 特許出願をするかどうかは会社に決定権がありますので、従業者が勝手に出願してはいけないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 職務発明についてです。

    私の勤めている会社は開発研究部門などない製造業の中小企業です。私は営業の社員です。会社の業種の範囲で良いアイデアを思いついたので特許を取得したいと思っています。地元にある公的な知的財産支援の機関に問い合わせたところ「まず、職務発明になる可能性があるから会社に特許を取る意思がないか確認して下さい。」と言われました。この間、忘年会の席で会社のNo.2に、ほのめかしたところ、「個人で申請するのは犯罪だ!」と、アイデアの内容も聞かれることなく言われました。私の質問は以下の二つです。 (1)私は営業職なので業務発明だと思っていますが、職務発明に当たる恐れがあるのでしょうか?社  長に一応内容も含めて話す必要があるのしょうか? (2) 社長に内容も含めて話すとして、もし価値のあるアイデアだった場合、会社が「相当な対価」をく  れれば良いですけど、会社にアイデアを横取りされる恐れはないのでしょうか?他の従業員では   なく、私が思いついたアイデアであることをどうやって証明すればよいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 職務発明と業務発明

    よく、会社で新規の事業アイデアを社内募集するケースがあると思います。 当然新規事業アイデアなので、 発案者の現在の業務とは無関係になるケースが多いと思います。 もし、この新規事業アイデアに、ビジネスモデル特許、著作権、商標(ネーミング)など知的財産の権利が発生した場合、職務発明にはならず、業務発明となり、その発案者のものとなるのでしょうか? できれば、職務発明にしたいのですが、この場合、 アイデア募集要項に「すべてのアイデアは職務発明となり会社に権利が譲渡されます」と注意書きを記載するだけで大丈夫でしょうか? <参考> 特許法三五条では「当該使用者などの業務範囲に属し、かつ、その発明をするに至った行為がその使用者などにおける従業者などの現在又は過去の職務に属する発明」と定めている。

  • 職務発明なんでしょうか?

    職務発明なんでしょうか? ちょっとわからないので、教えて下さい。 ある事業を目的に、メンバーと会社を立ち上げました。 販売する商品も共同で発明したことにして、 特許の発明者も併記して出しました。 製造・技術面はそのメンバーが担当しました。 しかし、そのメンバーが、特許は取れないと 勝手に判断し、また会社を立ち上げたものの そのメンバーとはうまくいかず、そそくさと 2~3ヶ月で辞めてしまいました。 そのメンバーは、当然、一緒に会社を立ち上げたので 取締役でした。それでも、職務発明になるのでしょうか? 権利人は、会社になりますが、 権利譲渡などそのへんは曖昧でした。 その上、会社から離散して、1年半以上が経ち、 そのメンバーは別の会社と組んでやってたようですが、 そのメンバーの思惑がはずれ、特許が取れました。 すると、発明したのは、わたしだから、 職務発明である、したがって売上のそれ相応は 支払ってほしいときたのです。びっくりです。 これは通るのでしょうか? 勝手に会社を辞めて、責任も放棄したことに なるのに、しばらく経って、特許も取れ、 その商品が売れ出した頃にやってきて、 職務発明だから、売上のいくらかを請求したいと なぜ言えるのでしょうか??

  • 職務発明にて

    企業に勤める技術者に質問したいのですが、職務発明の対価によって 一攫千金!その後は豪遊生活を楽しめるというパターンは世の中には 結構存在するものなのですか。 たとえば中村さんの青色発光ダイオードのように。 やはり企業で開発・設計に従事している方には誰にでもありえることですよね・・・

  • 職務発明の対価について

    職務発明規程が最近多く制定されていると思います。その中で特許等に対する対価の算出方法がよくわかりません。研究機関ではなく企業にしぼってのことですが、なにか参考になるものがあれば教えていただけないでしょうか?宜しくお願いします。(自分なりに調べておりますと、報奨金と補償金など対価を分割している例もみられるのですが・・・)

  • 職務発明における発明者の権利

    こんにちは。 職務発明の扱いについて教えてください。 従業員が職務発明を行い、企業側に開示した上で、企業が出願をしたくないと決定した場合、発明者が非出願の扱いに同意できないケースがあると思います。この場合、発明者として特許出願が可能なのでしょうか。 いわゆる日本の大手家電メーカーで、予約承継の契約は存在していると思います。通常の出願案件に対して、承継の際に相当の対価が支払われる制度がありますが、非出願の決定の場合は、相当の対価が支払われるプロセスはありません。譲渡証も存在していません。 費用や出願手続きについてではなく、法的な扱いについて教えていただければ幸いです。

  • これは職務発明でしょうか

    例えば、音響機器メーカーの設計開発部門に勤めるAさんが、発光ダイオードの存在を業務上知り、今まで、丸型の発光ダイオードしかなかったのにたいして、角型の発光ダイオードを考案したとします。特に角型発光ダイオードが設計上必要であったわけではなく、ふと思いついただけです。これって職務発明になるのでしょうか? 勤める会社に権利を譲渡しても、音響機器メーカーは発光ダイオードの製造はできず、発明が実施できないことになります。

  • 規定のない会社での職務発明

     職務発明をしても、会社に勤務規則などで職務発明について規定がないときは、特許を受ける権利若しくは特許権、専用実施権を設定できないんでしょうか?宜しくお願いします

  • 職務発明について(特許)

    教科書に 「職務発明について従業者が特許をうけたとき使用者は無償の通常実施権をもつ」 「就業規則にあらかじめ特許を受ける権利の承継、特許権の承継 専用実施権の設定を定められる これにより使用者が権利をうけたとき従業者は相当の対価をうける権利をもつ」とありますが 下記質問です。 1.使用者が 発明に対するコスト負担をしたくないのなら権利の継承をうけず無償の 通常実施権を実施しつづければよいように思えますが そういう考え方でいいでしょうか。 2.日本の大手の電機メーカーなどは 職務発明についてはどのような扱いが実際には 多いのでしょうか。無償の通常実施権でしょうかそれとも 就業規則に定める ケースが多いのでしょうか。

  • 職務発明の発明者が特許出願できるか?

    特許法35条2項の規定を受けて、たいていの会社は、社員がした職務発明の特許を受ける権利を会社に承継させる規定を勤務規則で定めていますね(予約承継)。 その場合でも、会社が特許出願する前に、発明者が独自に特許出願することは合法でしょうか? 会社の知材の係りにも質問したんですが、うちの会社は小さくて、本当に係りという程度の担当者なので、『わからん!!』と言われてしまいました。 そこで、ここで質問することにしました。 私は、合法であると考えているのですが、調べたところ、違法とする見解もあるようです。 合法と考える理由は次の通りです。 『産業上利用できる発明をした者は、・・特許を受けることができる。』(特許法29条1項柱書き)ので、原始的に特許を受ける権利は発明者にあり、『特許を受ける権利は移転することができる』(特許法33条1項)が、『特許出願前における特許を受ける権利の承継は、その承継人が特許出願しなければ、第三者に対抗することができない』(特許法34条1項)から、会社が出願する前に発明者が特許出願しても文句は言えない。 『発明者・・でない者であって特許を受ける権利・・を承継しない者がした特許出願・・は特許出願・・でないものとみなす』(特許法39条6項)の反対解釈で、発明者であればたとえ特許を受ける権利を承継させていても、特許出願とみなされるので、合法な特許出願であるという結論です。 ただし、勤務規則で予約承継していれば、その特許出願をぶん取ることはできます。(特許法35条2項) また、得失を考えると、会社がもたもたして特許出願の時期が遅れると、他者に先に出願されて39条1項(先願)により拒絶され、職務発明の発明者には、権利である『・・相当の対価を受ける権利・・』(35条3項)を失う恐れがあるという、重大な損失があります。 自由発明であればなおさらです。 一方、会社にとっては、発明者が勝手に出願したとしても、出願後に特許を受ける権利を承継すればすみます。 仮に特許請求の範囲や、明細書を拡充したければ、承継した後、国内優先権主張(特許法41条)すれば足ります。 従って、会社側には損失はありません。 よって、勤務規則に予約承継の規定があっても、発明者は自ら特許出願できると考えています。 一方、違法であるという見解は、単に予約承継の契約をしたのだからという程度の理由で、得失の評価もされていないようです。 (特許法35条も改正されてますから、現在の解釈は異なっているかもしれませんが。。) P.S. さらに調べたところ、うちの会社には規定はないんですが、自由発明であっても、会社に届け出て職務発明に当たるかどうか判定してもらう規定なんかもするらしいですね。