• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

外資系の保険会社

 現在私は28才なのですが、終身保険に入ろうか考えています。日本生命など日本の保険会社にも終身保険というのはあるようですが、あまり終身保険を勧めず、反対に外資系のプル〇〇・・・は終身保険を熱心に勧めてきます。私も営業の仕事をしていますし、営業の口のうまさに乗せられる気は全くありませんが(笑)話を聞けば聞くほど早く入らないといけないなあと思います。でも、「会社の信用」や他社との比較という点でよく知らないので、ややブランド志向のある私は決めるのには不安があります。どうか良きアドバイスをよろしくお願いします!

noname#4620

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数160
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • pozi
  • ベストアンサー率57% (26/45)

終身保険に加入する際に一番重要なのは予定利率でも保険料でもありません その会社の健全性です 28才との事ですので55才払い済みと仮定しても保険料を払い終えるのは27年後です 27年後に絶対に倒産していないと思う会社を選ぶ!!これが一番大事ですよ まあこれは保険業界にいる私でもどれが残るとはっきりとは言い切れませんがtakka6様のおっしゃるブランドで選ぶというのはある意味正しい判断だと言えますね 日本社は終身を薦めず外資系は終身を薦めるという話ですがこれはもちろん手数料の違いも有りますが日本社が先発外資系が後発で保険業務を始めたというのも大きな理由です 現在日本の世帯保険加入率は90%を超えています その中で後発の外資系が参入するためには今までの日本社の商品を否定して90%の契約に切り込んでいく必要性があったからです まあ実際問題過去の日本社が販売設計していた保険商品は詐欺に近いものが多々有りそれが現在の保険業界のイメージの悪さと外資系保険会社の躍進の理由でもあるのですが ちなみにこれは話が少しそれてしまいますが28歳の男性から10年更新の定期保険と終身保険の二つの契約をまったく同じ月払い保険料で取ったとすると私の会社では成績に4倍ほどの差が出ます 私は外資系の保険会社に勤めていますがやはりセット商品と終身保険単品の契約ではまったく成績は違ってしまいます その上でしっかりとした保障内容を提案するのはその会社の教育と社風 そして一番大事なのは一人一人の外交員のモラルにあると思いますよ takka6様が良いLPの方に出会うことを願っております

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 外資系の保険会社!

    10月下旬に保険料更新なのでどこがいいのかなやんでます。 で、アメリカンホームダイレク○と言うところに資料請求したら今よりかなりやすくなりました。が、外資系は安心感がなく高くても日本の保険会社の方がいいのか悩みます。ちなみに去年入ったときは20歳だったので年間12万くらい払ってました。が更新の資料が来て21歳の請求が7万くらいに減りました。(今は日本の保険会社です。)このままの所が安心なのか、もっと安くなる外資系に変えるか、アドバイスください。

  • 外資系の保険会社は安全?

    今日、知り合いの方に<外資系の保険会社は、ダメになると何の保障も 無くなってしまうからやらないほうがいい> といわれました。でも、うちはすでに9年くらい前から外資系の生命保険と養老保険に入ってしまっています。見直したほうが良いのでしょうか?

  • 外資系の保険会社はダメだ!?!?!

    今度、車を購入するのですが、どこの保険会社にするか迷っています。外資系の保険会社はダメだと友人から良く言われるのですが、実際に利用されている方いらっしゃいましたら情報ください!!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • SUNBELT
  • ベストアンサー率52% (46/88)

国内生保が、単独の終身保険を勧めないのは、収入手数料が定期保険(定期保険付終身保険)に比べて悪いとも考えられます。加入者が同じ保険料を支払えるのであれば、終身保険よりも定期部分の多い定期保険付終身保険の方が保険金を高く設定できますからね。 反対に外資系は、保険料基準の手数料体系ですので、当然終身保険のほうが保険料は高くなりますよね。 外交員すべての方が、それだけの理由で勧めるとは限りませんけど。 確かに日本における規模は、ニッセイや第一といった古参の会社のほうが歴史もあるしデカいでしょう。 保険外交員をどんどん入社させる。→最初は売る当てがないから、親戚縁者を加入させる。→それにもキリがあるから、いずれ売れなくなっていく。→辞める。→外交員が辞めてもその親戚縁者の保険は残ったままですので、外交員の給料一年分ぐらいなんて安い投資...。→デカくなる。 外資系はこのスタイルに対抗していると謳っていますが、表上だけ。営業所長というリクルーターが実際いる、やってることは根本的に同じです。ただ国内よりはひどくないけど。 保険業界なんて同じです。同じなら健全性・将来性などからみると、よっぽどプルデンシャルやソニーの方が、健全なようですけど。ブランド志向がおありなら、よっぽど外資の方がマッチしてますね。 アイエヌジー生命(INGグループ世界20位) アクサ生命(AXAグループ世界30位) クレディスイス生命(クレディスイスグループ世界31位) 日本生命(世界33位) アリコジャパン(AIGグループ世界34位) 第一生命(世界76位) ※GEエジソン生命は米GEグループですが、米GEとは程遠い。 ブランドのみで決めるわけではない思いますが、プルやソニーの方がコンサルしてれるからいいと思いますよ。

参考URL:
http://www.fortune.com/lists/G500/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#10263

知り合いの代理店さんから教えてもらいましたが、大手生保の場合は、死亡保険金が高ければ、営業の手数料が多くなるので、必要以上におおきな死亡保障を付けるとききました。 お客のことを考えているわけではありません。 外資系や損保系は死亡保障の金額とは関係ないようです。 会社を選ぶ前に何の為に加入するかが良くわかりません。 もし独身なら終身保険だけで良いと思います。 相談、設計なら過去の回答をみれば、ホームページがいくつも出ています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#2406

保険に携わっている者です。だから○○会社がいいとか、○○会社は危ないとかはいえません。 だったら書くな、ということですが、#1さんのカキコミが気になったもので・・・ 保険料が途中でアップするというのは???です。 おそらく「終身保険」だと思い加入している保険が「定期特約付終身保険」というものではないでしょうか。 たとえば、3000万円の終身保険でなく、500万円の終身保険に2500万円の定期特約(定期保険)がついているんではないでしょうか? この場合、2500万円は定期保険なので、(#1さんの場合は10年満期)10年ごとに更新となります。更新というのはその時点では審査以外は新規と同じ扱いなので、10歳年齢の上がった保険料となります。 こういったパターンの契約が、以前は多く存在しました。 今の時点だけでなく、10年後20年後を見据えて考えてもらいたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • hanshin
  • ベストアンサー率25% (49/196)

日本の生保のうち、生き残るのはバブル後に損保から参入した 後発生保と外資系だと思っています。 バブル崩壊で火傷を負った大手生保がやったことは 既契約者の保険の書き換えです。逆ざやに苦しんでいるため バブル前の利率の良かった契約を、生前給付制度や入院保証などの 特約で釣って、どんどん利率の低い契約へ変更するのが、 セールスレディのお仕事でした。 何万人というセールスレディーの生活は既契約者の保険料で 支えてられています。 私は大手生保の終身に入っていますが、保険料は10年間隔で 1.5倍づつUPしますので、契約内容を削りながら継続するか 高い保険料を負担するしかありません。 大手生保も今さら、このような終身保険は売れないし、 外資や後発生保のような傾斜型保険にも手を出せない状態です。 私の頃はどの保険も同じタイプでしたが、今なら本当に 契約者にとって親切な保険が沢山でています。 今なら、損保から参入した後発生保(親会社は大手損保です)の 発売している保険なども要チェックですよ。 私も今の大手生保の終身をやめて、後発生保を検討中です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 外資系の保険会社について(日本の会社との違い)

    以前生命保険の見直しについて質問させて頂きました。 その後ネットで見た「保険○場」の方に今の保険について相談する事になりました。 相談の結果「現在の保険会社にこだわらないのなら、複数の保険会社から良い保障を選べば」と提案されました。 その際例で挙げたのはアフラック、オリックス等全て外資系でした(プランニングは後日です) 外資系は破綻後の保障等が心配と聞きますが、その事を尋ねると 「日本の会社より安心」「(破綻が心配だから)複数に保険を分けるのだ」と説明を受けました(後々考えると矛盾している様な気がするのですが) 今まで1社の保険会社の話しか聞いた事が無く、この様な職業の方の1人の意見だけで外資にして良いのかと不安に思います。 そこで教えて頂きたいのが、質問タイトルの事です。 また、外資系に変更する際に注意しておいた方が良い事、メリット、デメリット(外資、日本共)等何か有りましたらアドバイス頂けたらと思います。 よろしくお願い致します。

  • 外資系保険会社

    自動車保険が間もなく満期になります。外資系は代理店を通さない分、保険料がずいぶん安いですね。ただ、実際何か起きた時の対応はどうなのでしょうか?保険金の支払いなどのサービスが日系と比べどうなのか心配です。 実際、昨日、外資系会社に問い合わせの電話をしたら、アルバイトの女性のような人が出ました。説明が良く理解できなかったので再度説明を求めましたが、小馬鹿にされただけでした。 アメリカンホームファミリー・アクサダイレクト・チューリッヒなど、外資系保険会社の評判、経験談などお聞かせ下さい

  • 外資系保険会社が破綻したとき

    ある時期を境に外資系(米国系)保険のコマーシャルが爆発的に増えました。 私は現在国産の保険に入っています。 日本の保険会社は万一破綻しても保障を受けられるということを聞いていますが、外資も魅力的な保険が多数あってどうしようかと思っているのですが、 アメリカの保険会社と契約して この先たとえば20年後にその会社が破綻したとき、 日本の保険会社と同じように保障されるのでしょうか?

  • この時期に外資系保険会社

    外資系保険会社からスカウトメールが来たので説明会だけでも出席しようと思っているのですが、この金融危機の中この業種に就職するのは危険ではないかと思います。 皆さんはどう思われますか? ちなみにジブラルタ生命保険です。

  • 外資系保険のトラブルについて

    現在、日本生命の生命保険に加入しております。 諸事情により、保険料を引き下げたく、外資系を検討していることを、日生の担当者に告げると、 外資系は保険料は安いが、支払いの審査が非常に厳しく保険料支払い拒否の確率が非常に高い。 それを巡る裁判も日常化している。と聞きました。 これは、本当でしょうか?

  • 外資系の保険は大丈夫ですか?

    前に、日本の大手生命保険会社の医療保険に 入ってましたが、事情があって失効になり 前に入院暦もあり通院もしてるので 再加入できないと言われました 別の保険を探しているんですが 先日、外資系の保険会社から勧誘の電話がありました 飼料が届いて、保険料も前の保険よりは安いのですが 以前、外資系の自動車損保に入って事故を起こした 知り合いがいて、なかなか保険料を出してもらえなくて 大変だったと聞きました。 せっかく掛け金をつんでも いざという時、保険料が出なかったら お金を捨てるようなものなので 外資系の保険会社の実態について 詳しい方がいらっしゃったら アドバイスお願いします。

  • 外資系の会社のこと、教えてください

    婚活中の女性です。 たまに、やりとりするお相手で、外資系にお勤めの方がいるのですが、 私は、少人数の零細の所にしか勤めたことがなく、 一般企業のこともそうなのですが、 外資系については、さらによく分かりません。 私の、少ない知識では、 ・日本企業のように終身雇用前提ではなく、能力主義でビジネスライク。  よって、いつ会社を辞めることになるか分からない。  (今は日本企業企業も、終身雇用は完全に保証されていませんが。) ・なぜか分からないのですが、  日本企業に勤めている人より、給料が多い。 ・以上のことからか、アーリーリタイアを考える人が多い。  (太く、短く?) といったかんじです。 私は、自分の仕事がとても不安定ということもあり、 相手には、安定した職業の人を望んでいます。 といいますか、精神的に安心できる生活がしたいです。 そういった意味では、外資の人は結婚相手として、どうなのでしょうか。 外資系の実状、メリット・デメリットについて、 ご存知の方、お願いします。

  • 外資系保険のリスク

    友人がアリコで保険の勧誘をやっています。 今回、夫婦で生命保険の見直しをしていてアリコの終身医療保険に魅力を感じました。 今までの死んでから入る保険金より生きる為に戦える保険にする予定です。 アリコはそういう意味でとても良い保険なのですが、外資系というところで引っかかっています。 アリコのような外資系保険会社の場合、親会社が”日本撤退!”っと決めたらそれまでの保険は全てパーになり何の保障も受けられないのでしょうか? 日本の法律などではカバーできないらしいとも聞きました。 友人に聞いても当たり前ですが”大丈夫”としか言いません。 先日のゲートウエイの事があり不安になっています。 どなたかアドバイスを頂けませんでしょうか?

  • 外資系損害保険会社

    外資系損害保険会社は、安いということですが、どうでしょうか。 どのようにして、説明をきいて、契約するのでしょうか。 無事故割引は、継続されるのでしょうか。

  • 外資系の生命保険について

    取引している銀行から、 外資系の保険を紹介されました。 ・PGF生命米国ドル建終身保険 ・三井住友海上プライマリー生命 などです。 外資系なので、変動がありますが、 今、使っていない預金がたまっていて、 なんかしらの投資をしようかと思っている時に、 外資系保険の説明を受けました。 要介護になった場合の介護保険金になったり、 相続対策、生前贈与など、 自分の人生の老いた時を考えたのですが、 よくよく考えてみると、 保険が外資系など複雑になった場合、 高齢になった時に、スムーズに請求ができるのか? 銀行は担当者の入れ替わりが激しいので、 その時の担当者と、高齢になってうまくコミュニケーションがとれるのか。 結果的に、要介護になっても、請求しないまま 放置になりそうな気もしてきました。 保険は最低限、掛け捨てで入っていますが、 今まで子供の保険も、掛け捨ての保険はかなり利用できましたが 自分が入院した時は、入院日数が足りないや、 その症状は保険外だとかで、 健康な状態でも、保険を請求するやり方が手間でした。 外資系の保険は、変動や請求などどのようなものなのでしょうか?