• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

住宅ローン完済に伴う建物の抵当権解除について

このたび住宅ローンの返済が完了したため建物に対して設定されている抵当権抹消の手続を自分でする予定です。 土地はローンを組まずに購入したのですが、完済後に返却してもらった「金銭消費貸借抵当権設定契約証書」の不動産の表示欄には、土地も建物も標記されています。 この場合、土地にも抵当権が設定されていて今回抹消手続をする際は、建物だけでなく土地にも手続が必要であると解釈すればいいのでしょうか。なお土地登記簿謄本にはローン会社の抵当権は明記されていません。 法務局に申請前の事前相談した際には、土地と建物は一体化したものだから建物に抵当権を設定した場合は必然的に土地にも抵当設定され「金銭消費貸借抵当権設定契約証書」に記載されているのだから土地、建物両方の抵当権解除手続が必要といわれました。 本当にそうなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数580
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ryu1995
  • ベストアンサー率52% (193/369)

>土地にも抵当権が設定されていて今回抹消手続をする際は、建物だけでなく土地にも手続が必要であると解釈すればいいのでしょうか。 その解釈で間違いないです。 通常、住宅ローンを組む際は資金使途に関わらず「土地」「建物」の両方に抵当権を設定します。 (建物だけを担保に取っていても、意味がないからです) 今回のケースは、ローン会社の説明不足による誤解ですね。 >土地登記簿謄本にはローン会社の抵当権は明記されていません。 そんなはずはないですよ。 その謄本は古いもの(ローン組む前)ではありませんか? 最新の土地登記簿謄本には明記されているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました! やはり両方の抹消が必要なんですね。 おっしゃるとおりローン会社はかなり不親切でかなり不信感を募らせています。 >>土地登記簿謄本にはローン会社の抵当権は明記されていません。 >そんなはずはないですよ。 その謄本は古いもの(ローン組む前)ではありませんか? 確かに土地購入の際に取得したもので、そういう意味では古いものかもしれません。

関連するQ&A

  • 金銭消費貸借抵当権契約書について

    金銭消費貸借抵当権契約は、貸主及び借主双方の同意をもって締結されるものですが、この契約書自体は、各人1部ずつ保管するものなのでしょうか? 貸主(抵当権設定者)は、借主にお金を貸し、土地や建物に抵当権を設定しましたという証書ということになり、貸主側の契約書の方が抵当権抹消時等に有効となるはずですよね!? そうなると、借主の契約書は「お金を借り、必ず返す」という証書であって、今後契約書の効力を発揮する場面はあるのでしょうか? というのも、金銭消費貸借抵当権契約書を紛失してしまい、今後何か問題があるのか不安になったからです。

  • 抵当権の引き当てとなっている土地自体が欲しいとき

    当方、金銭消費貸借契約の貸主となる予定です。 金銭消費貸借契約の借主の所有地に、第1順位抵当権も設定する予定です(土地の調査済)。 もし、借主が貸した金銭を返さないとき、抵当権の実行手続を進めず、抵当権を設定した土地自体を手に入れ、差額を精算することによって解決したいのです。 このためには、下記のほかに何か契約書を作成する必要がありますか? 現在、 (1)金銭消費貸借証書並びに抵当権設定契約証書(ノーマルなもの) (2)土地売買予約契約書(抵当権実行せず、売買契約で相殺するつもり) を作成してみました。それぞれ、仮登記をするつもりです。 これは実務のやり方と比べていかがでしょうか。 他に考えられるのは、代物弁済予約証書(?)を作成し、仮登記担保をすることですが、これをすべきでしょうか。 あれこれ仮登記をしても、費用がかかりますし、一番実効的かつ実務でも利用されている方法を知りたいです。 実務家の方から見て、おかしいところを指摘していただき、 何か御指南いただきたいのですが、よろしくお願いします。

  • 抵当権仮登記から本登記への 裁判について

    債権者として 相手方の土地建物に 抵当権仮登記をしています。 相手方が 本登記にするのを拒んだとき、裁判になりますが、 仮登記から本登記にする 裁判の勝率はいかほどですか? ちなみに 金銭消費貸借に基づいた 抵当権設定?の 公正証書をまいております。 返済期限も 過ぎております。 宜しくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

>土地と建物は一体化したものだから建物に抵当権を設定した場合は必然的に土地にも抵当設定され  多少の不正確さを無視すれば、敷地権付区分建物(一般的な分譲マンションなど)の場合の説明でしたら、妥当です。  しかし、そうではない場合、建物に抵当権を設定したからといって、当然に土地にも抵当権が設定されたことにはなりません。もっとも、 >「金銭消費貸借抵当権設定契約証書」の不動産の表示欄には、土地も建物も標記されています。  ということでしたら、それは土地と建物にそれぞれ抵当権が設定されたと推測できます。いずれにせよ、登記の申請書を作成する場合は、あらかじめ最新の謄本(コンピュータ化されている場合は、登記事項証明書)を取得して、登記内容を確認するのが鉄則です。  建物の登記証明書を取得する際、共同担保目録も付けてもらうようにして請求してください。  建物の登記事項証明書を取得したら、今回抹消すべき抵当権設定登記のところに共同担保目録の記号と番号「例 共同担保目録(あ)123号)が記載されているか確認してください。  記載されている場合、共同担保目録付で証明書を請求していますから、証明書の後ろの頁に共同担保目録もくっつているはずです。該当する(記号と番号が一致する)共同担保目録を見てください。そこに載っている物件の全てに同じ抵当権の設定登記がされていますから、それらの登記事項証明書も取得して下さい。  なお、登記の内容が確認できればいいので、インターネット登記情報サービスを利用しても良いでしょう。

参考URL:
http://www1.touki.or.jp/gateway.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 抵当権抹消と代物弁済

    民法、不動産登記法を勉強していますが、抵当権者と所有権者が同一になった場合の抵当権を混同抹消できるケースとできないケースについてお伺いしたいことがあります。 ある土地の所有権をAが有しており、乙区1番で抵当権者をB(債務者A)とする抵当権登記がなされています。被担保債権はAB間の金銭消費貸借契約その1(以下 「その1契約」)だとします。その後、この土地はAからBへ代物弁済されましたが、それは金銭消費貸借契約その2(以下 「その2契約」)に基づくものだったとします。 上記のケースだと、この土地が代物弁済された原因は「その2契約」の金銭消費貸借契約ですから、1番の抵当権設定とは関わりがないはずです。よって、甲区の所有権はBに移転するものの、1番抵当権は、2番以下に別の抵当権や地上権があろうとなかろうと、混同されずに生き残ると思うのですが、その解釈であっておりますか?また、同様の設定で、代物弁済前に、乙区2番に地上権が設定されていたらどうなりますか? 独学で勉強しているのでテキストやwebで調べてもよくわかりません。どなたかご教授いただけますか。

  • 自動車の抵当権抹消の必要書類は

    金銭貸借契約の担保として設定した自動車への抵当権を抹消する場合必要となる書類を教えてください。 設定者は法人で、担当者が陸運局へ出向いて抹消手続をします。

  • 抵当権抹消登記の際の原因および登記原因証明情報

    購入予定の土地につけられている抵当権設定仮登記を抹消しようとしています。登記申請書の「原因」と、登記原因証明情報として何証書を作成すればよいか教えてください。 その抵当権設定仮登記(乙区2番)は実体の無い債務にともなって設定されたものなのです。つまり、その抵当権を設定した土地の所有者がその土地にこれ以上抵当権を設定されないようにと予防の意味で、何の金銭貸借もないのに知人に頼んで抵当権だけを設定してもらったそうです。(抵当権者は個人、債権額4000万)4000万分もの抵当権が設定されていれば、3番、4番とさらに抵当権を設定しようとする者もいないだろうと思ったようです。(土地の価格が低めなので、設定しても3番、4番まで配当がまわらない) こういう場合、登記申請書の「原因」には何と書けばいいのでしょうか。抵当権者は個人で、抵当権の抹消にも同意しているので、登記原因証明情報(解除証書等)はこちらで自由に作成することができます。 原因を「解除」として解除証書を作成してしまう、あるいは「主債務消滅」?「弁済」?(これらの原因にした場合、解除証書等以外にも何か添付書類が必要になるのでしょうか) それとも実体のない金銭消費貸借に伴って設定されたという事実をそのまま書いたほうがいいのでしょうか?その場合「原因」には何と書いてどんな登記原因証明情報になるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • いつでも実行できる抵当権の設定方法について

    金銭消費貸借契約を締結したうえで、その担保として債務者の土地家屋に抵当権を設定しようと考えています。この場合、5年後はいつでも抵当権を実行できるようにしたいと考えています。通常、抵当権の期限前は抵当権の行使は出来ないと考えていますが、5年後はいつでも抵当権を行使できるようにする抵当権の設定方法がありますか?例えば期限なし抵当権を設定するとか。 できるとすれば、これに対応する金銭消費貸借契約の方は、どのように表現すればよいでしょうか?ご教示ください。

  • 抵当権設定の登記

    平成11年8月5日、金銭消費貸借として債権額100万円の抵当権設定の登記は、もう時効でしょうか。

  • 抵当権仮登記申請不可

    抵当権設定契約済 契約で弁済期に債務が履行されない場合に抵当権設定登記する旨の取り決め この場合、抵当権設定の仮登記申請はできないとなっていますが、条件付抵当権設定仮登記で条件を金銭消費貸借の債務不履行として仮登記できそうな気がしますが、ダメなんでしょうか? ダメな理由をお教えいただければ幸いです。

  • 抵当権の原因について

    現在、購入を考えているふたつの物件があります。 その2つの物件の登記簿謄本のコピーを取得したところ、それらの物件の登記簿謄本の乙区の原因に記載されているものが(二つの物件のどちらにも抵当権が設定されています)、 ひとつは、「金銭消費貸借」と記載され、 もうひとつは、「保証委託契約に基づく(よる)求償債権」 と書かれております。 私は法律の知識が全くなく、このふたつの物件において、 登記簿の乙区を見た場合、 (質問1)どちらのほうが、購入をする際に、 抵当権が抹消し易いのでしょうか? また後々問題が生じないのでしょうか? (質問2)「保証委託契約に基づく(よる)求償債権」と乙区の原因に記載されている物件でも、抵当権の抹消の問題はないのですか? (質問3)また仮に私が「保証委託契約に基づく(よる)求償債権」と乙区の原因に記載されている物件を購入し、売買時に抵当権を抹消した後、売主が損害金や利子を保証会社に返済するのに困難な状況であったとしても、私が購入した後で、保証会社から私が購入した物件に取り立てがくるようなことはありえるのでしょうか? 法律の知識が全くないので、お手数ですが、なるべくわかるのように説明していただけると幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 不動産登記

    証書貸付で金銭消費貸借抵当権設定契約書で、融資をおこなったところ、担保の一部が他人名義であることが発覚したため、その部分を除く他の一部に抵当権を設定して融資を実行していた。後日、本人名義になったので、抵当権を設定することになったが、その場合、原因証書を何か?金銭消費貸借抵当権設定契約書だとしたら、これだけで設定できるか、それとも追加担保差入書等のほかの書類も原因証書として必要か。

  • 住宅ローンを借りる際の抵当権について

    住宅の建て替えを検討しています。住宅ローンを組む場合、金融機関から土地・新築建物について抵当権が設定されると思うのですが、建物の大きさ、ローンの額によらず、建物が建つ下にある土地すべてに抵当権が設定され、債務が返済できないとき、土地・建物が差し押さえられてしまうということでしょうか。例えば、土地の価値が5000万円で、5000万円借りる場合と、100万円しか借りない場合では、両者とも債務が返済できない時、同様に土地・建物を取り上げられてしまうのでしょうか。100万円だけしか借入しない場合で土地が5000万円で競売?された場合、差額の4900万円はこちらに返済されないのでしょうか。だとしたら、借りる金額によらず、土地全体に抵当権が設定される根拠はどのように理解すればよろしいでしょうか。このことに、なにか法的根拠があれば、その条文等も合わせて教えていただけますと助かります。

  • 抵当権抹消方法

    抵当権抹消方法に関して質問があります。 普通抵当権というと、家を建てたときに銀行からお金を借りて、そのために抵当権が設定されているかと思いますが、個人間の金銭消費貸借契約に基づくものです。 ある土地があります。登記簿上の所有者はA。 A死亡後に法定相続人である子B(現在の私の妻)に相続され、相続登記をして名義変更をしました。 抵当権の債務者はC(Aの弟)、抵当権者はD(Aの夫)です。 Dは先妻(死別)との間に子3人がいます。先妻と死別したあとにAと再婚しました。 Aは未婚の母だった為、子BはDと養子縁組を結びました。 Dが死亡したとき、A、B、子3人と遺産分割協議書を作成し、財産を分割しています。 Aが死亡したのはかなり前ですが、当該土地を売却しようと思い、このほどBに相続登記をしましたが、抵当権の抹消の仕方がわかりません。 Cは健在ですが、親戚から借金をしまくり返すこともしていないので、音信不通で誰も居所を知りません。 当方この方面の知識がなく、わかりづらい文面ですが、どなたか宜しくお願いします。 回答に際して、何か他に必要な情報ありましたらお教え下さい。