• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

切削工具の磨耗

いまいちこの質問がこのカテゴリーに適当かわかりませんが、このカテゴリーが一番適当だと思ったのでここに質問させてもらいます。 いま私は切削加工を勉強しているんですが、切削中に切削工具に熱起電力がゼーベック効果によって発生して工具が磨耗する(減る)と参考書にあったのですが、なぜ電気が発生したら金属が減るんでしょうか? 分かる方がいらっしゃったらお願いします。m(__)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1463
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Massy57
  • ベストアンサー率39% (242/615)

昔の切削工具屋です 切削中に熱起電力が発生する それを測定し、切削工具表面の温度を測定するということはよく知られた事象です。 その熱起電力が工具摩耗の原因という話は、切削工具の分野で聞いたことがありません。 もちろん熱起電力が工具摩耗に一切関係ないとはいえないかもしれませんが、少なくとも主たる原因という話は聞いたことがありません。通常工具摩耗は、機械的な摩耗(ようは被削材に工具がすきとれてていく、もしくは切削時の応力に工具が耐えかね、チッピングしている)と、被削材と工具最良が反応し、化学的に摩耗するの二点が主たる摩耗原因と思います。 参考書を読み間違えておられるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考書をまた読み直してみたのですが、やはり熱起電力による磨耗と書かれていました。 参考書が間違っているのでしょうか? もう一度自分で他の参考書等を使い、勉強してみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 鋳鉄を切削加工するときの切削工具の磨耗原因

    鋳鉄(黒心可鍛鋳鉄)の切削加工を行うとき、切削工具の磨耗原因として鋳鉄の組織に関係するものに絞ると、組織内のパーライトが原因であるということの他に何か原因はありますか? 時間のあるときでかまいませんのでどなたか教えていただけるとうれしく思います。

  • 切削工具販売可能サイト

    金属加工用切削工具(エンドミル)をWEB上で販売できるサイトを探しています。 登録が比較的簡単で、登録・運営料金が安価であれば 更に助かります 一般的なものからマニアックなものまでご存知の方、 是非教えて下さい。

  • 切削工具に関しての問題点

    どうも漠然とした質問で申し訳ありません。 機械、プログラムはものすごく進歩していると思うのですが、切削工具はそれに沿って進歩しているのでしょうか? 現状での工具が加工についていけないものなどありましたら今後の参考にしたいので、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。 現在検討中のものに関しての意見をいただきたいと思います。 ソリッドEMの6枚刃のラジアスに関してですが、現状各メーカーから出ているものにどのような機能があれば、喜んでいただけるかを何か意見があればよろしくお願いします。

  • 切削工具について質問です。 「C3」という材質の切

    切削工具について質問です。 「C3」という材質の切削工具メーカーをご存じないでしょうか。 知っている方がいらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願いします。

  • 切削工具の化学的摩耗について

    切削工具の摩耗原因の化学的摩耗について質問です。 この化学的摩耗を防ぐためにはどのような方法がありますか?

  • 切削工具の寸法精度

    私の会社では金属類を切削加工しています。 (私は設計部門の所属のため、大雑把な事以外の細かい内容は、生産技術部門にまる投げ状態です) 切削するにあたり、一般市販の工具も使用していますが、独自の専用工具を工具メーカに依頼して作ってもらっています。 その際、切削される製品の図面には、出来上がりの寸法公差や幾何公差が記入されていますが、専用工具自体の図面には寸法公差の記載はあるのですが、幾何公差の記載がありません。 よって、出来上がった製品の寸法を計測して、製品の合否を判定するしかありません。 最終的には製品の合否は製品自体を計測しないといけないのはもちろんですが、工具の精度が不明では、幾ら切削条件や工作機械の精度が良くても良い品物を作ることは難しいと思います。 質問としては、 1.切削工具の幾何公差などの精度を記入するというのはタブーなのでしょうか?(前述のように私の会社の工具図面には幾何公差が記載されていないのでわかりません) 2.工具の図面を書くにあたり、公差などを書く場合にどういったことに考慮すればよいでしょうか。

  • 金型向け切削工具 N社とU社とH社

    初めまして。切削工具について勉強しているものです。 金型加工で使われる小径エンドミルで、 日○工具さんとユニ○○ツールの、三○○立の3社が浮かぶのですが、 各社の大きな違いとは何でしょうか? 例えば ロングネックラジアスの首角 N社:12°→よりキワまでいける M社:12°→同上 U社:16° ユニークな製品 N社:PCDの磨きレスボールエンドミル そういうイメージがありますが、 まだ経験に乏しく、具体的なイメージを持ちたいと思っております。 特にユニオンツールをあまり使ったことがなく、気になっています。 最終的に好みかもしれませんが、 長年使っていらっしゃる先輩方、使用感や 各社の特徴を教えて頂けないでしょうか。 お忙しい所恐れ入ります、 何卒、よろしくお願い致します。

  • 金属切削加工における工具のわたみ、逃げについて教えて下さい。

    金属切削加工における工具のわたみ、逃げについて教えて下さい。 一般的に送り速度を上げた場合、切削抵抗が上がり逃げ量が多くなるかと思います。 それは理解できるのですが、面切削速度(工具回転数)を上げた場合も逃げ量が多くなると 聞いた事があります。 なぜ逃げ量が多くなるのか、理由を教えてください。

  • 切削・研削加工におけるμ単位除去原理

    切削加工において金属系SKD11・SS・S45C・SCMをよく加工するのですが、 超硬工具(CBN工具・ダイヤ等では試した事なし)でμ単位での微小 単位で切込を行った場合、なめて思い通りに寸法に仕上がらない・切削 出来ない現象が起きます。(座面・側面) 上記のような、現象はなぜ起きるのでしょうか? 自分としては下記のようなことが要因なのではと思うのですが、 御教授頂ければ幸いです。 ●超硬工具はすくい角が正だから? ●CBN・ダイヤ切削工具はすくい角が負だからμ単位で切削出来る? ●研削加工も同様、すくい角が負であるからμ単位で研削出来る? ●研削加工は砥石周速度が切削加工より10倍程度速く加工する為、  刃物(砥石)が固く作用するから? ●切削加工の背分力<研削加工の背分力 何か関係している? ●切削・研削加工にも厳密には弾性領域と塑性領域があるのは知っています。

  • 切削加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?何でもいいので教えてください。 お願いします。