• 締切済み
  • 困ってます

切削工具の寸法精度

私の会社では金属類を切削加工しています。 (私は設計部門の所属のため、大雑把な事以外の細かい内容は、生産技術部門にまる投げ状態です) 切削するにあたり、一般市販の工具も使用していますが、独自の専用工具を工具メーカに依頼して作ってもらっています。 その際、切削される製品の図面には、出来上がりの寸法公差や幾何公差が記入されていますが、専用工具自体の図面には寸法公差の記載はあるのですが、幾何公差の記載がありません。 よって、出来上がった製品の寸法を計測して、製品の合否を判定するしかありません。 最終的には製品の合否は製品自体を計測しないといけないのはもちろんですが、工具の精度が不明では、幾ら切削条件や工作機械の精度が良くても良い品物を作ることは難しいと思います。 質問としては、 1.切削工具の幾何公差などの精度を記入するというのはタブーなのでしょうか?(前述のように私の会社の工具図面には幾何公差が記載されていないのでわかりません) 2.工具の図面を書くにあたり、公差などを書く場合にどういったことに考慮すればよいでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数227
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.11
noname#230359
noname#230359

既出の回答とダブリますが、バニシングリーマは言わなくても検査書をつけてきますし、±2μmは楽に入れてくれてます。 やはりトライアン&エラーで少しずつ径や形状を変えて、半年くらいかけて安定させたものもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
noname#230359
noname#230359

1.切削工具の幾何公差などの精度を記入するというのはタブーなのでしょうか?(前述のように私の会社の工具図面には幾何公差が記載されていないのでわかりません) →いえ、タブーではありません。理由は2つあります。一つはワザと書かない。これはノウハウの流出防止です。  二つめは、書く技量が無い。大手メーカーでは前者が殆どですが、中小だと後者ですネ。精度が保証出来ないから書けない。 2.工具の図面を書くにあたり、公差などを書く場合にどう言った事に考慮すればよいでしょうか。 →別に考慮する事などありません。使用する機械・設備の精度から加工製品で必要な精度を確保する為に  必要だと思われる・考えられる精度を記入すれば良いんですヨ。ただ、切削加工は加工物の材料特性、チャッキング方法等により  工具形状が正確にトレースされない場合が多々ありますので、トライ&エラーで最適値を見出す必要が出てくる場合が有ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
noname#230359
noname#230359

こんばんは >よって、出来上がった製品の寸法を計測して、製品の合否を判定するしかありません。  要望すれば検査データも付けると思いますが・・・。 >2.工具の図面を書くにあたり、公差などを書く場合にどういったことに考慮すればよいでしょうか。  被削材の種別・被削材の剛性・刃物の剛性・主軸の振れ具合・切削液の種類等を考慮して、刃物形状、各公差を指定すればいいと思います。  公差ですが、うちでは普通にφ16位で2μmです。角度も厳しく、前切れ刃の段差も2μm以内としています(バニシングリーマ等で検査データも添付)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

逆にそのような外的要因があるからこそ、工具の精度を上げて不安定になる要因を一つでも減したいのじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

工具の寸法精度を限りなく、ゼロにしたとしても、実際に加工しているのは、構成刃先が加工をしています。構成刃先のコントロールが充分な油剤を使用しているかどうかによって、(その会社の技術程度に合わせて、)工具メーカーは作成している(ノウハウとして)のが、現実ではないでしょうか。 構成刃先は0.01~2程変化していますが、これの図面への書き込みが、必要になってくると思われますね。 ちょうど、3ミリ径の穴を、3ミリ径のドリル(公差ゼロ)で加工しても、絶対に3ミリより大きな穴が出来てしまうことを考えてもらえば、よろしいかと思われます。 すいませんね。テーマに水をさすような発言で、、、。

参考URL:
http://www.lcv.ne.jp/~fuyos/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

当方でも、総型エンドミルを工具メーカーにて 製作してもらっています。 形状は、コーナーアール R0.3~R0.5 ±0.05 スクエア・テーパ形状 +9度から-5度 ±30分 C面取り 0.3~0.5「角度・開始位置を公差にて±0.05指定」 母材は粉末ハイスで、2・4枚刃 シャンク径 φ12 特注なので、両刃使用にしてもらっています。 「単刃2本より、安くなります!」 ___ __/ |__ \______  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

部品加工屋です。 刃物には当然公差を入れます。 段付きドリルの場合などは、指示を入れないと0.5近くのバラツキがある場合があります。 総型エンドミルでは、工具研削の事を考えながらヌスミもしっかり指示した方が良いでしょう。 ボールエンドミルのR精度を別にして、段付きの精度を出せない研磨屋は使いません。 総型エンドミルの場合、ねじれのないスロッチングエンドミルからの追加工ならば比較的精度良く研磨しやすいはずです。 ネジレのあるエンドミルをベースにすると、あまり凸凹のある形状は難しくなります。 個人商店のような研磨屋では設備的にも限界があるので、当方は簡単な形状は近所の研磨屋さんにお願いしますが、精度的に難しい物はメーカーさんにお願いします。 場合によっては測定データの提出をお願いする場合もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

段付き肩部分Rですか、これでもRに+-公差でいいんでは、もしでていないなら、工具屋を変えてみては、ずぼらなところだと手でつけてることも専用の小径R用工具研磨機もあるので持ってるところを探しましょう。あるいは、半月工具をプロファイルで仕上げるとかワイヤーカットもありかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

回転工具の計測は非常に難しいものがあり(ボールエンドミル専用の計測器を一回見たことがあるだけです。)一般にはテストカットによることがほとんどですので幾何公差の指定はあまり意味がないです。また、あえて幾何!公差にこだわる理由はなぜでしょうか?例えばボールエンドではR半径の公差しか指定しません。異型総形でしょうか多段でも幾何公差にここだわる理由は?同心度や円筒度がでてないのは論外でしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 もちろん同心度や円筒度の精度がでていないのは論外です。 例えば、段付穴を加工したいのですが、段差部の角部に面取りをしようと思っています。 今考えている製品の場合、この面取りの精度が非常に重要なのですが、小径部を基準として面取りの振れや面取り部(テーパ部)の平面?形状が非常に重要になる状況です。 この場合、工具側テーパ部の形状がおかしいと極端に言えば面取りにならずにRになってしまうこともあり得るのかと思います。 そこで、工具側の面取り部分にも幾何公差が必要なのかなと考えました。 こんな場合でも幾何公差までは必要ないのでしょうか。 追加補足していただけると幸いです。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

正直、切削工具の公差はウチではあまり気にしていません。つまり、工具メーカーにお任せしております。(どうしても寸法がほしい時には新品の工具を必ず使うようにする。)実際に工具のカタログ公差0.01とか書いてありますが、実際の機械加工で0.01はかなり難しいものがあります。 工具メーカー独自の一般公差で仕上げるとおもいますが、ウチでお願いするメーカーの場合は公差0.02~0.03ぐらいでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 工具メーカにお任せしているとありますが、 何も指示をしなかった場合に、メーカはどの程度の精度で仕上げてくるのでしょうか。

関連するQ&A

  • 金型向け切削工具 N社とU社とH社

    初めまして。切削工具について勉強しているものです。 金型加工で使われる小径エンドミルで、 日○工具さんとユニ○○ツールの、三○○立の3社が浮かぶのですが、 各社の大きな違いとは何でしょうか? 例えば ロングネックラジアスの首角 N社:12°→よりキワまでいける M社:12°→同上 U社:16° ユニークな製品 N社:PCDの磨きレスボールエンドミル そういうイメージがありますが、 まだ経験に乏しく、具体的なイメージを持ちたいと思っております。 特にユニオンツールをあまり使ったことがなく、気になっています。 最終的に好みかもしれませんが、 長年使っていらっしゃる先輩方、使用感や 各社の特徴を教えて頂けないでしょうか。 お忙しい所恐れ入ります、 何卒、よろしくお願い致します。

  • 切削工具寿命管理フォーム

    皆様お仕事御疲れ様です。 初心者につき、皆様のご指導、経験等をお伺いさせて頂きたいと思います。 工具寿命の定義として色々有ると思います。 今回、工具の寿命を明確にする為、データをまとめて見ようと思います。 まとめるに当たり、測定する(データを収集する個所)として、切削後の寸法変化、切削長、面精度、音、いろいろ有ると思います。 今回私が行おうとしている、個所として、寸法変化、切削長から測定し、集計、評価を行いたいと思うのですが、測定数値などをまとめる、フォーム (見やすく、まとめやすい)何方かご存知有りませんでしょうか? 実際、私が、刃物を取り付け、加工を行う事で有れば、自分のまとめたいようにまとめますが、その仕事を他人に教え、教えた後に私がいなくなるのではやはり、しっかりデータとして残しておきたいのです。 出張で異国の人間に教えていると言う事も有りますが、(何本加工したら交換してくれ、とか・・・)そのように、(簡単に!)データとして作りたいのです。 何方か、参考になるようなフォーム等ご存知の方がおりましたら、頂くもしくは、教えていた頂ければと思います。 長文になりましたが、宜しく御願い致します。

  • 製品寸法と同じRの工具を使うと

    製品寸法がR6だとします。 そのアールを加工するときに R6の工具を使うのと R6よりも小さいRの工具を使うのとで、 どのような違いがあるのでしょうか? 切削抵抗などが違うのでしょうか? 普通どのように考えて設定されるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 快削鋼の切削について

    はじめまして 初めて質問をします。 快削鋼の切削を、nc自動旋盤(野村製機)でおこなつていますが今ひとつ精度と面粗度がうまくいきません。現在使用工具は、超硬ロウ付けバイトを、使用しています。 切削条件、切削工具等快削鋼の切削について教えていただけませんか。

  • 治工具精度の設定

    機械加工(MC・旋盤・研磨機)にて大量生産する製品の治工具を設計しています。 製品精度に対する治工具精度の設定方法が分かりません。皆さんはどのようにして決定されているのか教えてください。 一般的には製品精度公差に対し治工具精度を何分の1に設定する、とか云われていますが根拠が分かりません。 ご教授、お願いいたします。

  • 普通公差(幾何公差)について

    今、部品図を描いてるのですが、 図面中にJIS B 0405-mの記載してこの許容差を基準として必要な場所に個々に公差を入れてますが幾何公差の基準は?と、ふと、思いました。今まで図面中に普通公差として幾何公差JISB0419を記載していなかったのでこれも記載すべきでは・・・と思ったのです。(今まで、記載が無いからといって幾何公差について問題になったことも有りませんが・・・) そこで、幾何公差のJISB0419も図枠中に記載したいと思っています。記入方法はJIS B 0419-mKと記載したいと思います。 まず、記載に間違いは無いでしょうか? この記載は一般的に通用するものでしょうか? これをご覧の皆さんは図面中にJIS B 0419の記載はしておりますか? 図面に、長さ公差も幾何公差も記入してあるのだから、JIS B 0405 の記載があってJIS B 0419 の記載無いのはどうなんだろう? 普通公差(幾何公差)皆さんの図面はどうしてますか?

  • プラスチック製品の製図における篏合寸法

    プラスチック製品と金属プレス製品の篏合部おいてプラスチック製品図面の寸法数字の前に「※」を付けて、「この寸法は相手と篏合調整のこと」と注記していましたが、量産してから篏合できないことが発生(理由:金属寸法が大きくなってしまった。金属部品は公差範囲内であった。)し、プラスチック製品の篏合部寸法が記載されていないことが、不具合発生時に判別できないとの指摘があったのですが、そもそも篏合調整の表記ではなく、公差精度を上げた寸法値を記載するべきなのでしょうか。(精度を上げると歩留まりが悪くなると思っているのですが・・・)

  • 計測器に要求される精度

    計測器の必要精度について教えてください。 例えば図面許容交差±0.01mmのものを計測するためには、使用する計測器はどれくらいの精度が必要となるのでしょうか? 図面公差の1/51/10等の取り決めはあるのでしょうか? また校正を行う際、校正対象機器の精度に対して 非校正機器の精度は、「何分の一 以下でなければいけない」というような取り決めはあるのでしょうか? どうか宜しくお願い致します。

  • JIS規格の寸法公差について

    はじめまして。 プレス加工製品の検査担当をしております(未熟者です)。 いつもの顧客図面では図面上に公差の入っていないものは一般公差として図面内に呼び寸法に対する公差が記載されているので確認できるのですが、 この度別の客先の製品を受注して検査することになったのですが、 図面上にそういった欄がなく、ただ 「公差表示方式 JIS B 0024、普通公差 JIS B 0419-mH」 と記載されているだけで公差のランクや幅がわかりません。 過去の質問を検索したり、上記JIS規格を検索しましたが勉強不足かもしれませんが理解できません。 知りたいのは曲げ寸法の公差なのですがJIS B 0419を読んでも曲げに関する寸法の記載がなくわかりません。 結局のところこの様な図面の場合「○○±0.1」とか直接公差が入っていない寸法公差をどの表で判断したらよいのかを知りたいのですが・・・。 初歩的な質問で申し訳ありませんがどなたか教えてください。 ご回答して頂いた方々、ありがとうございました。 大変参考になり、また、勉強になりました。 JIS規格というのはどうも苦手意識があり、読んでも理解し難い文章と思っていましたが、皆様のアドバイスを読んでから規格を読み直すと見えてくるものがありました。 まだまだ勉強不足です。 しっかり熟読して力をつけたいと思います。

  • 寸法公差の考え方について

    旋盤などで加工する図面に50±0.02と記入してある場合、最大許容寸法は50.02mmで最小許容寸法は49.98mmでこの間に寸法が入っておれば「OK」は分かるのですが、 デジタルマイクロメータなどで計測すると0.001(千分の1ミリ)まで数値が出ますが、この場合千分の1ミリの数値はどう考えるのでしょうか。 ? 49.975~50.024の間に入っておればOK(千分の1ミリは四捨五入する) ? 49.980~50.020に入っていなければダメ(千分の1ミリでも足らなかった                     り超えていればダメ) 50±0.020と記入されている場合は、千分の1ミリまで寸法を出すのは分かるのですが、これとの違いに疑問を持ったので教えてください。 50.00mmと50.000mmとでは意味が違うと本で読んだことがあったので、ふと寸法公差の時はどう考えるのかなあ、と思い質問しました。 よろしくお願いいたします。