• 締切済み
  • 困ってます

I wondered when I'd be seeing you. のニュアンス

手元の参考書で見かけた例文とその日本語訳です。 I wondered when I'd be seeing you./いつ会えるのかなと思った。 この例文では、どういうニュアンスを含めたくて”I would be seeing you”としているのでしょうか? 掲載されていた訳の意を自分で伝えようと思うとき、頭に浮かぶ when 以降の文は、 (1)”I can see you.”または、(2)”I see you.”です。 (1)と(2)は、まず英文法として正しいですか? 正しい場合、(1)と(2)と参考書の例文とでは、どういったニュアンスの違い・意味の違いがありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数249
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

No.1です。補足の件についてです。 >前半の文と後半の文の時制は必ずしも一致することはない、 という認識があります。 おっしゃる通りです。 例えば、以下に当てはまる場合などが挙げられます。 (1)一般事実・不変の真理を述べる場合。  He didn't know that The earth goes around the sun. (2)ことわざを述べる場合。  He would often say that practice makes perfect. (3)現在も変わらない状態・習慣・習性を述べる場合。  He told me that the train starts at seven. (4)歴史上の事実を述べる場合。  He didn't know that World War II broke out in 1939.    (5)事実上の現在・未来を述べる場合。  Yesterday he told us that he is going to Japan next month. (6)仮定法を用いて述べる場合。  He says that he would like to be a singer if he were born again. >B:I've always wondered how this thing works.  /どうやったら動くのかなといつも思っていた。 提示された文Bの場合、(1)か(3)と見られるのでは。 "thing"が何か、にも依りますが。 「未来進行形」については、 かなり抽象的に書いてしまい、混乱を招いたようですみません。 説明すると長そうなので、URLを紹介しますね。 結構詳しく書いてあるので、参考にしてみてください。 http://www5c.biglobe.ne.jp/~jesazuma/future%20progressive.htm

参考URL:
http://www5c.biglobe.ne.jp/~jesazuma/future%20progressive.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な補足をいただき恐縮です。おかげさまで、自制についてかなりスッキリしてきました。また、紹介していただいたURLは、未来進行形の他、文法全般に関して分かりやすい説明で詳しく書かれており、今後も活用させていただくことが多々ありそうです。どうもありがとうございました。

  • 回答No.2

>どういうニュアンスを含めたくて”I would be seeing you”と・・・ ... when I would see you.の場合は、過去における単純な未来 です。提示されている例文をこの表現でいうと、「だろうと思った」 または「~しようと思った」という意味になります。 しかし、 >I wondered when I'd be seeing you. で、過去の時点でのさらに未来進行形ということは、「なっている だろう」という未来における出来事が進行していることを表わして います。あるいは、「意思よりも不確かな未来」という意味です。 なので、参考書の訳は正確に訳されています。 いつ会えるのかな、という不確かな未来を示しているわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

(例文) I wondered when I would be seeing you. (例文)では、「wondered」と「would」は、時制が一致しています。 質問者さんの、(1)だと時制が一致しませんが、時制を揃え、 (1') I wondered when I "could" see you. …にすることはできると思います。 これだと、ニュアンスとしては、 「いつ会うことが出来るだろうと思った」みたいに、 (例文)に比べ、その行為が可能かどうかに 関心を置いた文になりそうです。 (2)だと、 (2') I wondered when I "would" see you. …にできそうです。 (2')の「I would see you.」と、 (例文)の「I would be seeing you.」のニュアンスの違いですが、 例文では「would(will) be ~ing」という「未来進行形」の 形をとっており、(2)に比べて発話者の意思が弱い表現です。 日本語でニュアンスの差を端的に表すと、 (2')「いつ会えるだろうと思った。」に対し、 (例文)「いつ会うことになるのかなぁと思った。」 みたいになると考えられます。 参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

失礼しました。そうです私は、”(2') I wondered when I "would" see you.”にはどうしてならないんだろう、という質問もしたかったことを思い出しました。 「未来進行形」の形をとる=発話者の意思が弱い というこの公式については、「そうなんだぁ」という感想と共に、日本語訳を見ても「なんでなんだろう?」という謎が残りますが、もっと英語に触れていくことで、だんだん分かってくるのかも知れませんね。どうもありがとうございました。

質問者からの補足

自制の一致の件ですが、英文において、前半の文と後半の文の自制は必ずしも一致することはない、という認識があります。間違った認識でしょうか。(あるいは「自制の一致」という言葉の意味をちゃんと理解していないのかも知れません。) 例えば、同じ手元にある参考書に載っていた他の例文には、こんなものもありました。 A:I always wondered what it would be like to./・・・はどうなのかなといつも思っていた。 Aのように自制が一致している文もあれば、 B:I've always wondered how this thing works./どうやったら動くのかなといつも思っていた。 というケースもある、というように。 (1)や(2)が、「自制が一致していないからおかしい」という以外に、「○○だからおかしい」という他の理由もあるような気がしてます。どうなんでしょうか?

関連するQ&A

  • wonder の進行形に関して

    和英辞典に次の例文と訳が載っていました。wonderを進行形にした場合のニュアンスがはっきりせず、次の2つ質問があります。どうぞよろしくお願いします。 1)wonder と be wondering場合では、どういう風に違うのでしょうか? 2)下の英文の日本語訳のは、 be wondering→wonderにしても同じですよね? ● If you don't write, everybody will be wondering what has happened to you. 「手紙を書かないと、みんなは、君に何か起こったのではないだろうかと思うだろう」

  • Be In To Do構文?

     皆様よろしくお願い申し上げます。 Toeicの参考書に、 Dr. Michaels will be in to see you shortly.(マイケルズ先生がすぐにあなたを診察します。) という文章があるのですが、この「be in to see」辺りが英文法的・英文構造的・ニュアンス的にわからないので、もしよろしければ教えて頂きたいのです。 もしかして「be in to do構文」なるものでもあるのかと、辞書で調べても、ネットで調べても、特に出てきません。 英文法的・英文構造的にどうなっているのか、「be in to do」は正確にはどういう訳になるのか、どなたか教えて頂けないでしょうか。

  • Wouldの用法は全部で何個あるのでしょうか?

    こんにちは。 いくら勉強してもWouldの使い方がいまいちわかりません、、、、。 Would you like~?I would like~.の形は丁寧な言い方というのはわかるのですが、その他の I would say no. He wouldn't be with me when I need. I wouldn't rush into this if I were you. If you want to see hem,he would be delighted. It would rain when I have a date. などの文で、どうしてwillじゃなくてwowuldを使うのか? どうしてここにwouldが来るのか? わかりません>< そして、wouldには全部で何個の意味があるのでしょうか?? 例文つきで教えて頂けたら嬉しいです:) そして、Couldの用法についてもついでに教えて頂けたら助かります! 読んでくれてありがとうございました!

  • whenever

    ロイヤル英文法にこのような例文と訳があります。 whenever の用法 1「いつ~しようとも」=no matter when 譲歩 Whenever you come, I am glad to see you. いつおいでになっても喜んでお目にかかります。 2「~するときはいつでも」=at any time when 時 Come whenever it is convenient for you. あなたの都合のいいときにいつでも来なさい。 しかし、1の例文を2の訳で訳しても合います。 あなたがおいでになるときはいつでも喜んでお目にかかります。 1と2の本質的な違いは何ですか?また、本当に1は譲歩としか解釈できないのですか?

  • じゃあね、の言い方

    see you around. はどのようなニュアンスとなるのでしょうか? また、長く合えなくなりそうな友人に(ともすればもう合えないかもしれない…) see you when I see. だか see you when see you. と言われたのですけど、どちらだったのか忘れてしまいました… どちらが正しい英語でしょうか? 文法的にはwhen S Vとなるので前者が正しそうですけど… よろしくお願いします。

  • It would {might} be better to do の例文を教えてください。

    こんにちは。よろしくお願いいたします。 It would {might} be better to do の例文を教えてください。 辞書にものってないようで。 文法の参考書も見たのですがなくて。 正しい使い方と例文を教えてください。

  • 日本語訳の疑問です。お願いします。

    参考書の例文に I can play when I finish my homework. 宿題がすんだときは遊べます。 というのがあるのですが。finish が現在形なのに何故 日本語訳は「すんだ」と過去形になっているのですか。 「宿題がすむときは遊べます」とはならないのですか(日本語的に少し変ですが)。

  • wouldとwillのニュアンスの違いは何ですか?

    こんにちは。 wouldの扱いに困っています。 "I think you'd be good at this job. Why don't you apply for it?"という例文があり、"you'd"の部分は"you would"と考えています。訳すると、「私はあなたはこの仕事に合ってると思う。なぜ申し込まないの?」ということだと思います。 質問ですが、"you'd be"を"you will be"にすることは可能でしょうか?可能な場合、どのようにニュアンスが変わるのでしょうか?また可能でない場合は、理由はなんでしょうか? 私のテキストでは、wouldの様々な定義について書かれてあり、その中でもこの例文では"would:we use would when we imagine a situation or action"の定義が当てはまるだろうと考えています。将来の状況を想像するわけなので、wouldではなくwillでもいいんではないかと思うのです。 wouldとwillの違いに知識のある方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

  • 英文法:When we were young ~One horse would be standing against a wall:このwouldと状態動詞

    こんにちは、いつもお世話になります。 現在、Iain Crichton SmithのCOLLECTED POEMS(詩集)を読んでいるのですが、下記の引用文は文法的に正しいの文なのでしょうか? それとも詩だから多少逸脱しているのでしょうか? ~~~タイトルが、When We Were Youngという詩から引用します~~~~ When we were young it would be raining and we throwing stone at the telegraph pole unceasingly.   One horse would be standing against a wall drenched by the rain, his skin slippery with the grey rain. ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 詩はもう9行続きますが、読解ではなくて、文法解釈なので、これぐらいで引用は良いと思います。 さて、質問ですが、Obunsha社の徹底例解ロイヤル英文法452ページに記されている過去の習慣の助動詞used toと、wouldの違いにおいて、 ~~~~~~~~~~ロイヤル英文法452ページより引用~~~~~ used to は過去の習慣的動作にも状態にも用いるが, wouldは状態動詞とは用いることはできず, 動作のみをあらわす。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ と、あります。しかし、it would be raining や、One horse would be standingは、状態動詞だと思われるbeと共に使っていますよね? この作者はわざと文法無視してでもこう表現したかったのか、それとも僕の解釈が間違っているのですか? どう考えてもbeは状態動詞ですよね? http://en.wikipedia.org/wiki/State_verb それに、冒頭文は「僕達が若かった頃~」なので、絶対に過去ですよね? 教えてください、よろしくお願い致します。

  • Used to - / would -

    1) We used to often havve coffee together after the math class 2) We would often have coffee together after the math class 数学の授業のあとで一緒によくコーヒーを飲んだ、という意味です さて、そのニュアンスについては、違うと、参考書に書いてあります 「世界一わかりやすい英文法の授業」という予備校先生の本です この参考書は、must - / have to - の違いについて、説明したあとで、この表現をもってきており、 ニュアンスの違いを1)が受身的・客観的、2)が能動的・主観的というような意味合いでのべています 私は、must / have to の用法の違いは正確にわかっているつもりです will - / be going to - の用法の違いもわかっているつもりです しかし、2)のwould の使い方は知りませんでした。 学生時代に習った記憶がありません Used to は よく~した の意味ですが、それを能動的・主観的にした場合に、wouldで通じますか、 そういう用法があると辞書にかいてあるそうです(その参考書いわく)。 そうなのでしょうか。 この参考書においては、wouldとでてくると、まず仮定法だと思いましょう、と書いてあります そのような記述のあとで、must / have to などについて記述して、さらに used to / would のことがかいてあり、 仮定法のwouldではないということでしょうか、よくわかりません