• ベストアンサー
  • 困ってます

幕末期に

藩士ら8人は、迂闊(うかつ)にも巧妙な“甘い言葉”に心を動かし、同志を裏切ってしまった。船に閉じ込められ、自分の命が危ういとなったら、すぐにこうである。 この『8人の藩士』ってだれでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数74
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

調べてみたのですが、メルマガから引用したのでしょうか? 購読していないのでよくわかりませんが、私が幕末期で藩士ら8人で思いつくのは2つです。 三条制札事件と寺田屋事件です。 ちなみに寺田屋事件は寺田屋騒動とも言い、坂本龍馬の方ではなく薩摩藩粛正事件の方を指します。 この2つの事件の詳細は長くなるので省略させて頂きます。 三条制札事件だった場合の藩士8名は土佐藩士(宮川助五郎,藤崎吉五郎,安藤鎌次,その他同士)。 寺田屋事件だった場合の藩士8人は、鎮撫使の8名+志願者1名の薩摩藩士(奈良原繁,大山綱良,道島五郎兵衛,鈴木勇右衛門,鈴木昌之助,山口金之進,江夏仲左衛門,森岡善助+上床源助)。 多分違うと思うのですが可能性は0ではないと思い、書き込みさせて頂きました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • とある一文で。

    藩士ら8人は、迂闊(うかつ)にも巧妙な“甘い言葉”に心を動かし、同志を裏切ってしまった。船に閉じ込められ、自分の命が危ういとなったら、すぐにこうである。 この『8人の藩士』ってだれでしょうか?

  • 幕末期の時文というのはどういうものなのですか?

     幕末期の吉田松陰等は時文として 広東語を学んでいたそうですが それは実際にはどういうものだったのですか? 良い本など紹介してくれるとありがたいです。

  • 幕末期の出島

    歴史に疎い者ですが最近諸事情により歴史を勉強しなおしており、疑問がありましたので質問をさせてください。 鎖国を開始した時期も外国と貿易を唯一許されていた出島ですが、幕末の時代はどのような役割を担っていたのでしょうか。 また、出島から外国の人が住めなくなった時期がありましたらその時期も教えて頂きたく…何分無知な者で変な質問でしたら申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

いったいどういう文献から引用したものでしょうか。 そういう情報がないと答えようがないと思いますが。 もう少し質問の仕方を考えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遠山の金さんの子孫は幕末期どうしていたのか

    「遠山の金さん」遠山景元について気になって 自力で調べているんですが、なかなかうまくいきません。 「遠山家は、金さんの後、幕末・明治維新の時にはどんな活躍をしていたのか、どんな立場にいたのか」  が一番気なっていることなんですが、 ご存知の方、どうか教えていただけないでしょうか。  宜しくお願いします。m(_ _)m

  • 幕末期の裏工作

     下記は、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」の一節です。  大久保にはそれをやる能力がなかったわけでなく、かれが幕末において担当した革命政略というのは、ほとんどがそれであったといっていい。西郷が立業をやり、大久保が寝業を担当した。物事の変革をきらう保守家の島津久光をなだめたりすかしたりして藩の方向を倒幕へもってゆき、さらに幕末のぎりぎりの段階で上洛し、岩倉具視と組んで親王や公卿に裏工作をほどこしたときは、ずいぶん藩の金をばらまいた形跡がある。岩倉が、明治後、ふと雑談の席で洩らして、  「当時、自分と大久保がやったことは、双方、死んでも口外できぬことが多い」 といったことがあるのは、その裏工作の苛烈さをにおわすものといっていい。  質問は、幕末期に大久保利通と岩倉具視によって行われた「裏工作」にはどんなものがあったのでしょうか???ということです。  私の承知しているところでは、「孝明天皇の毒殺説」というのも、それに該当するのではないかと思いますが、「双方、死んでも口外できぬことが多い」と言っているのですから、想像するか、学説によるしかないと思いますが、もっとあると思います。それを教えて欲しいのです。

  • 幕末期武士の人数

    江戸幕府の末ごろは合計で何人ぐらい武士がいたのでしょうか? 武士のほとんどが藩士でしょうが 当時の人口の、5%とか7%とか10%とか色々言われてますけど、どれが正しいのか分からないです

  • 幕末期のインフレの原因は何でしょうか?

    幕末には諸物価が高騰しています。 これの原因は何でしょうか? 諸外国との開港が原因ですか、それとも世情不安でしょうか。 よろしくお願いします。

  • 幕末期の長州藩主について

    幕末期において長州藩は大活躍をします。 しかしなぜか藩主は有名ではありません。 時代劇ドラマでもほとんど出てきません。 この時期活躍した諸侯の藩主は多いのに、長州の藩主のみ無名なのはなぜでしょうか? 黒船が来航してから明治政権樹立まで約15年、長州の藩主は何をしていたのでしょうか? 子供だったとしても大人になっているはずですが。 ぼんくらだったとしても数々の歴史的決断を下しているはずで、もっとクローズアップされてよいはずです。 明治になってからも活躍しなかったのでしょうか?

  • 幕末期に用いられた小銃について質問です

    スナイドル銃など莨嚢式の後装式ライフルの欠点はよく言われていますが、アルビニー銃などのトラップドア式の欠点はあまり聞きません。 もしかして、トラップドア式のほうが完成度が高くて、あるいは弾薬の関係で莨嚢式と同様の欠点は生じていなかったのでしょうか? ふと疑問に思いました。知識のある方、お答えいただけると嬉しいです。 ※~だと思う、~じゃないんですかといった類の憶測での回答は曖昧で参考にはなりにくいので回答をご遠慮ください。

  • 中国・朝鮮と日本(幕末期)の違い

    年表をながめていて、ふと「何故、日本で明治維新が成立したのだろうか?何故、独立を保てたのか?他のアジア諸国との違い、特に中国・朝鮮との違いは何だったのだろうか?」という疑問が湧いてきました。よろしくお願いいたします。 年表を見ますと、1840年にアヘン戦争が起こっています。結果として、イギリスの我が儘勝手のやりたい放題という印象です。ペリーの浦賀来航が、1853年ですから、13年も経過しています。「この間、何故、イギリスをはじめ西欧諸国は、日本を植民地化の対象として目を向けなかったのか?」という疑問も生じてきます。朝鮮や日本には植民地化するほどの産物や資源の観点から、市場価値なり、魅力がなかったから?あるいは、日本は、極東の島国という地理的条件に恵まれ、運が良かっただけ?

  • 日本と中国(清)の違い(幕末期)

    アヘン戦争(イギリスから仕掛けられた極めて理不尽な戦争だと思います。)によって、香港は、イギリスに永久割譲されています。1997年にイギリスから中華人民共和国への返還されていますが、占領の期間はあまりにも長く、その影響は今日も続いています。調べてみると、香港とは経過は異なるとしても、マカオも1999年までポルトガルの植民地であったとのことでした。 日本もペリーの来航以来、国を二分する議論もあり、また、不平等条約の締結もありましたし、西欧諸国とも、局地的とはいいながら、薩英戦争や下関戦争を戦っています。多額の賠償金の支払いもあったと思いますが、国土の永久割譲という結果はなかったと理解しています。 この結果の違いは何でしょうか?単に、日本には、市場として、それ程の魅力がなかったということでしょうか? なお、「国土の永久割譲という結果はなかった」という認識は間違っているということであれば、ご指摘いただければありがたいです。

  • 幕末期 日本はアメリカの攻撃を防げないものでしょうか

    先日下記のような質問を出しました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4015822.html 上記の質問は今回の質問の前提として確認しておきたかったという理由です。 今回の質問は多少「素朴な疑問」っぽくて恥ずかしいのですが・・・ そもそもアメリカが日本に開国を迫り、日本が拒否をしたからといって、本当に日本はアメリカからの攻撃に対抗出来なかったのでしょうか。 たしかに当時の日本の海軍力は稚拙で、アメリカの軍艦に比べると明らかに劣るのかのしれません。 しかし仮に日本の鑑艇を一網打尽にしたからといって、それ以上に何かが出来たのでしょうか。 最新鋭の砲を搭載していたからと言って、所詮数隻の軍艦です。 砲弾の数なんて限られたものでしかないでしょう。 陸上に橋頭堡や防壁を築き弾丸が尽きるのを待てば、あとは数隻の乗員なんてせいぜいほんの数百名程度。 銃や砲も無いアフリカや南米の未開部族ならまだしも、日本は欧米に劣る旧式とは言え既に銃や砲も持っていて、しかも小国とはいえその気になれば数十万単位の兵士を徴集するくらいの能力は優にあったはずです。 かたや当時のアメリカに、太平洋を越えてそんな大部隊を輸送する能力があったとも思えません。 とりあえず艦隊からの攻撃を耐え偲んで、その間に他の欧州国と交渉に入りアメリカを牽制し、軍艦を調達し始める等の対策をうつ。 このような方策は不可能だったのでしょうか。 そのような方策をしていても結局、アメリカ以外の他の列強に油揚げをさらわれるだけ、机上の空論だって考えもありますが、現実に明治維新以降も日本は列強の侵略はなされていないし・・・・ 実はアヘン戦争についても同様な疑問を持っているのですが。。。

  • 幕末期、対米開国への事情

    幕末期について質問があるのですが、その前提として確認したいことがあるので、以下の基本的な諸点を確認させてください。 1.幕末にアメリカは日本に開国を迫った。 2.攘夷を唱える者も居たとはいえ、幕府は結局アメリカに対し要求を呑み、部分的ながら開国に踏み切った。 3.この判断には、アメリカと開戦になっても勝ち目が無いからという判断が一番大きい。 判断の根拠としては ・大国と思われていた清国のアヘン戦争敗北 ・アメリカ艦隊の技術力を目の当たりにした ・ジョン万の帰国をはじめ、日本に欧米事情がさらに詳しく知られた 以上の点において大筋間違いは無いか確認させてください。 なお本論として質問したい点は、質問を整理して投稿したいので改めて投稿させていただきます