• ベストアンサー
  • 困ってます

この世界の基本的な法則

この世界の基本的な法則や理論とは何でしょう? いくつも法則がありどれも必要不可欠なのは分かりますが、 代表的なものを教えてください。 ちなみに、これは社会的な法則ではなく物理的や化学的などの法則という意味で、複数回答も可です。

  • tapa
  • お礼率41% (492/1187)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数48
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tohoho2
  • ベストアンサー率23% (16/68)

前に、 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3209255.html のがあった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほぼ自分の意図した答えがありました。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 物理学の基本法則

    物理学の基本法則は、古典力学、一般相対論、量子力学すべて微分方程式で表されています。ということは初期条件が与えられると、この宇宙の全未来と全過去が決まってしまうということです。たとえばモーツアルトの音楽はモーツアルトの誕生以前の初期条件の中にすでに存在していたこのになる。したがって我々の創造性も倫理も意味をなさなくなってしまう。 物理を勉強している皆さん、あるいは生業にしている皆さん、そんなことが信じられますか。ご意見をお聞かせ下さい。 因に、量子力学の不確定性原理は単に微分方程式に従う実態が数ではなくて、演算子あるいは波動関数だと言うことを主張しているだけですので、演算子に対する物理学の基本法則のこの初期条件による決定論的性格は変わりません。 また、フォン・ノイマンの観測の理論は物理学の基本法則の枠外の理論ですので、これを認めてしまったら、そもそも物理学におけるの基本法則の概念も無意味になってしまいます。

  • 比較表現の中で基本となる法則

    英文を読んでいるとas....as, not so much .... as, all the more because などなど 比較の表現には似たようで微妙に違う意味の表現がいっぱいあり苦手です。 特にASが入ったり、否定語とASが入っていると難しく感じます。 一つ一つ覚えていくのではなく、なにか、意味を掴む上で基本となる法則はありますか。 または、”いっぱいあるようだが、代表的な5つぐらいの表現で90%カバーできるからこれを 覚えておくので良いのではないか” のアドバイスを頂ければと思うのですが。 なお、フォレストの文法書をみますと、簡単なものから複雑なものを含め30例以上あります。 よろしくお願いします。

  • 世界で活躍するアジア人と聞いて誰を思い浮かべますか?

    世界で活躍するアジア人と聞いて誰を思い浮かべますか? 複数回答でも構いません。 みなさんの意見を聞かせてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

真っ先に思いつくのは 諸行無常ですね。私的にはこれにつきますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

諸行無常は確かにその通りではあるんですが、 あくまでも物理学的な回答を望んでいたので、 今回はお礼だけにさせていただきます。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 『存在する』に物理法則は不要なのか?

    存在が存在するために原因が有るのか、無いのか、分かりませんが、存在とはただ存在しています。 また、物理学では、存在が存在するという存在の本質はつかめません。 何故なら、物理法則自体も何故存在しているのか分からないけれども、ただ存在しているだけでしかないからです。 結局、何故だかは分からないけれど、存在とはただ存在しているとしか言いようがありません。 つまり、何故存在が存在するのか? という存在の本質を考えると「何かの原因によって存在が存在するという結果に結ばれる」というような因果律も存在しないし、それが成り立ってもいない、因果律によって「存在が存在する」という存在自体の本質に対して考えることは全くの無意味です。 もはや、ただ存在するとは因果律を超越していると言わざるを得ない結論にたどりつきます。 それなら、宇宙は『魔法の世界』と言えるかもしれません、存在するとはまるで魔法そのもののようです。 『存在とはただたんに存在する』のなら、因果律が成り立っていないし、そして因果律を超越していると言えます、また、物理法則自体も『存在する』ということ自体を説明するものではありませんし、また、物理法則は存在の原因にも成り得ません、物理法則は存在を存在させるものでは無くて、ただ存在に秩序を与えるものでしかないのなら、物理法則によって存在が存在しているという訳では無いことになります、結局、どこまで遡っても存在はただ存在しているとしか言いようがないからです。 因果律が無意味なら『存在はただ存在するだけ』であり、『存在する』ということに対し物理法則(秩序)は不必要ということでしょうか?それとも存在に物理法則は必然でしょうか? 必要ない場合、物理法則が無い状態のただ存在するという『物理法則に縛れない存在』(無秩序)が可能ということになりますが、物理法則を持たないとは一体どのような状態の存在でしょうか?(法則が全く存在しない状態など想像できません) 例えば、その『物理法則に縛られない存在』とはまるで魔法のようで、秩序が無いということは、つまり、無限の可能性を秘めている存在なのでしょうか? 存在するということを原因と結果では説明できませんしそれは無意味であり、存在とはつまり原因と結果を超越していて、存在とはただ存在するだけでしかありません。。

  • エントロピー増大の法則と我々の将来

    熱力学の第二法則とも呼ばれるこの法則を、社会に適用すると明るい未来はないのでは?という風にしか考えられません。意見をお聞かせ下さい。 現在社会はエネルギ不足になっています。石油が枯渇しそうになり、原子力や燃料電池、あるいは風力等の自然エネルギの開発が加速しています。しかし、上記の法則がある限り第一法則を満たす範囲で、有用な質のエネルギは減る一方で、逆に質の悪い熱エネルギが増大するように思えます。最終的には全宇宙が熱的死になると予測されているそうですが、それを考えるとエネルギ源を開発、大量消費するより、如何に節約し効率よく使う社会システムを作る事が必要だと思われます。現在の資本主義では、大量生産大量消費で死期を加速している様に思えます。 宇宙の熱的死は遠い将来の話でしょうが、間違いない物理的真実です。その前に地球という系で、温暖化で熱的死がくる気もします。マクスウェルの悪魔がいない限り(笑)。世界経済をコントロールしているのは、この様な状況を知らない政治家ばかりです。これからの世界は、以上の状況も考慮した社会システムを理系の方も主導して構築するべきと思えます。 皆さんはどう思われますか?

  • ポアズイユの法則

    物理学は全くのド素人です。 わけあって管を流れる液体について調べていて、物理学?流体力学?の入口である「ポアズイユの法則」の意味が分からず質問しました。 ・流量は半径の4乗に比例する この意味が分からん。 管の半径が2倍になったら流量が16倍になるって意味ですか? 半径が2倍になれば断面積は4倍だから一定速度の流れなら流量は4倍だと思うのですが。。。。 基本的な日本語が分かってないだけかもしれません。 うまく解説していただけると助かります。 またはいいサイトを教えてください。

  • 本来の哲学とは

      哲学は物理的法則であれ、化学的法則であれ、生物的法則であれ、人間社会の法則であれ、・・・、全ての法則を支配する更に上位の法則、様々な概念を統率し説明するより上位の概念を探求する学問であるから、哲学は哲学以外の学問の上位に位置する学問である。 哲学をこのよーに考えるのは正しいか。 世の中で現実に行われている哲学はどーあれ、本来の哲学とはこのよーなものであると考えるのは正しいか。  

  • カラオケで歌う曲は?(特に高校生、大学生の方)

    高校生、大学生の方を中心にお聞きしたいことがあります。 私もその年代なので。 男性がカラオケで歌う曲について、、、、 定番曲は何だと思いますか?歌手でもいいです。(複数回答勿論可) あと、歌いやすい曲は何だと思いますか(複数回答勿論可) あと、あなたの得意な曲は何ですか? 初心者なもので、、、ご協力よろしくお願いします。

  • あなたが思う世界に誇れる日本企業は?

    日本人として世界に自慢したい日本企業ってどこですか? 新旧問いません。 複数回答もOKです。 良かったら理由も教えてください♪ やっぱり日本人として日本の良い所を再確認したいと思い質問させていただきました。

  • こんな感じの世界観の資料ってありますか?

    前に物理学のカテゴリーで「私達が存在している世界ってこんな感じの解釈でええですか?」で質問させて頂いたのですが少々中途半端な感じになってしまったので・・・。質問の仕方が悪かっただけですけどね。 小説とかマンガは書けないのですが、妄想で物語を作るのが好きな私としては、そう言う情報が有ると嬉ので。前置き長くなり申し訳ございません。 私の考える世界の形とは「幾つかの根源的な法則から構成された世界」です。 まあ何故そう思うかと言うとですね。人間の頭の中では、現実の世界では、起きない事や、出来もしない事がいくらでも出来たりする。 しかし、人間もまたこの世界(時空間)の中に存在している分けで。 現実と頭の中との矛盾無くす為に色々本を読んだり、考えた末、上記理由になった訳ですがなー。 そんでもって私の考える根源的法則は、a、対象性・対極性例えると(上下)(左右)(静動)(表裏)みたいな感じ。b、円・球の法則、これは説明が難しのですが力の流れ?みたいな、c、立体性、これは前回質問の時の答えで頂いた縦横高さ、d、時間。まあここから先は何が幾つ有るのかはまだ模索中(まあ、それを知りたいからの質問なんですが。)ですが。 それでですね、これらが掛け合わさり2次、3次的な法則になりこの世界を構成していると言われる、空間とか波動とか粒子とか物質世界を創り出しているのだと妄想しています。 ついでにこう言う話しになると相対性理論と量子理論の話がでて来るのでそれについても、少々付け加えさせて頂きます。 どちらの理論も現実的に使われていると言う事なのでどちらも正しいてことですよねーある意味。  前回の時も書きましたが相対性理論の本の中に(双子の効果)と言うのが有ったのですが、一人が光に近い速度で遠い距離を移動し、一人はその場所で待っていると体験した時間が違う。と言うのが有ったのですがそれは、あくまで私達がいる「現実の世界」で起こる現象・作用、頭の中で考える世界(物理とか全く知らん人とかは)では、体験した時間は同じだと思うのが普通(パーセントが高い)だと思うのですが、上記a,b,c,d,みたいな事から世界が出来ていると考えれば極論を言えばa,b,c,dの密度が現実世界と頭の中では違うのでそう言うギャップみたいなものがあるのかなとか? ちなみに時間に関しては、前回も書きましたが自分が勝手に想像している形は、基準となる時間・速さを起こす現象(作用されない時間)が存在し速さによって起きる現象(作用される時間)が時間の形だと思います。 量子論の方も前回書いたみたいな事になってしまいますが、電子とかの位置とかが特定されないみたいな現象もa,b,c,dから出来ているとすればa,b,cの密度・構成が違う訳ですからdの作用される時間が違い観測出来ない事になる訳です。 って勝てに都合言いように思ってるだけですけどね。 上手く説明出来てなくて申し訳ございません。

  • もしも今22歳だったら

    時代背景が現在で、もしもあなたが今22歳だったら何が一番したいですか? (したい順に複数回答も可)

  • 化学平衡と物理変化

      『→ ※  ←』 の出し方が分からないので『⇔』で代用します 質問1 参考書に「H2O(液)⇔H2O(気)」と表記している箇所があったのですが これは物理変化ですよね?物理変化も化学式みたいに→などを使って表していいのですか? 質問2 その参考書で「H2O(液)⇔H2O(気)」の変化に対して化学平衡の法則を適用していたのですが 私は化学平衡の法則が成り立つのは化学変化に対してだけだと教わりました。 どういうことでしょうか? ちなみに件の参考書は「石川正明 原点からの化学 化学の理論」です

  • 完美世界のような

    完美世界をずっとしていましたが、そろそろ引退しようと思っています。 同じような3Dで軽いものを探していますが、中々… できれば最近できた、あるいはサーバーが増設されたもの。 人も多いほうがいいです。 課金か違うかは、基本どちらでも可。 個人で価値観も違うと思いますし、参考にさせていただくだけですので、回答お願いいたします。