• ベストアンサー

「筋持久力をつける」「最大筋力を高める」のトレーニングについて

筋持久力をつけるトレーニングと最大筋力を高めるトレーニングというのがありますよね。 筋持久力的なトレーニングは、40%~70%で15~25回などの低負荷・高回数とレーニングですね。 また最大筋力を高めるには10回以下でいっぱいいっぱいになる重さでのトレーニングが一般的ですよね。 ここで質問なのですが、 筋持久力的トレーニングと最大筋力的トレーニングは平行して行ってもいいのでしょうか。 持久力と最大筋力とでは筋肉繊維の傷つき方が違うのでしょうか。 もし違うのであれば、サイクルを早めることができます。 もしくは双方、筋繊維を傷つける→超回復 に変わりはないので、どちらも“筋トレ”として捉えることに変わりはないのでしょうか。 また、自分はたいてい、長いサイクル(数ヶ月)で持久系を鍛えるとか、最大筋力を鍛えるなどしておりますが、 もし一日で持久と最大筋力を意識したトレーニングを両方やるとしたらそれは間違いでしょうか。 重複した質問かも知れませんので、どちらか一方に答えていただくだけでも大変助かります、、 どうぞよろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • toforex02
  • ベストアンサー率51% (203/397)
回答No.1

「ホリスティック法」というトレーニング方法があって、これならば最大筋力を高めながら同時に筋持久力も上げることが出来ます。やり方としては、筋肥大するような重い負荷でトレーニングした後、最後に50%1RMぐらいの軽い負荷で高回数やってオールアウトします。この方法は、通常よりも成長ホルモンの分泌も促進するので、メリットが大きいです。多少は回復に時間がかかるかもしれませんが、1日で持久力と最大筋力を向上させるトレーニングが可能です。 頑張ってください☆ <参考文献> 「筋肉まるわかりバイブル」石井直方監修、P41、ベースボール・マガジン社、2007年2月

2syo2
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 ホリスティック法ですか、初めて聞く言葉です。 >筋肥大するような重い負荷でトレーニングした後、最後に50%1RMぐらいの軽い負荷で高回数やってオールアウト あ、それは先輩から教わったことがあります。 やはりこれは効果があるのですね。 有効な方法を教えてくださってありがとうございました。 早速使っていきたいと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • eyn
  • ベストアンサー率22% (2/9)
回答No.2

一言で言うと、どちらも同じ筋トレです。 基本的には両方を同時に平行してやったたほうがいいです。(日は分けて、いろいろなパターンでおこなうほうがいいとは思いますが。) そのまえに、細胞レベルでの筋肉の仕組みについて少し、知っているほうがいいでしょう。 ちなみに、私は、遅筋、速筋は後天的条件で、その性質が、かわってくる、という考えの方を支持しています。 生まれつき才能がきまっているのではなく、本人の努力しだいでかわるとおもっています。 筋肉の成長のしくみですが、(12歳未満の場合は、少し例外もあります) 簡単に言うと、ミトコンドリアが細胞中に増加したら分裂をおこします。ミトコンドリアは、持久系の刺激を受けることにより増加します。 で、くわしくは、WEIDERなどの、トレーニング本などに載っているので、見てください。(医学書、生物学の書籍などもありますが、最新版をみてください。WEIDERなどのトレーニング本は、翻訳ものよりもできれば、オリジナルをおすすめします。) 筋肉は受けた刺激によって成長します。(強度大なトレーニングばかりおこなうと、筋肉中にグリコーゲン蓄えられて見た目大きくなりますが、筋繊維自体が増加したわけではないので。) より強くしたければ、より強い刺激を与える必要があります。そのレベルは人それぞれによって千差万別です。どれだけのことをどれだけして来たかによってまったく内容は変わってきますが、 結局のところ、強度大 ×頻度大を自分なりに目指すことです。そして、絶えず新しい刺激を与え続けることを繰り返し続けることになります。またそのためには、心肺機能も高めていく必要があり、栄養を十分に吸収できる内臓を持っている必要があります。 トレーニングをどうやっていくかで、間違いというものはないです。ただ、自分の目的とそれが直接的であるか、どうかというだけだと思います。 トレーニングは、ある意味科学です。 最新の知識を手に入れた者が勝ちなところがありますが なぜ、それをするのかというところと、どうすればいいのかという工夫ををわすれずにがんばってください。

2syo2
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 やはり筋トレの一部分を切り取るだけでも奥が深いものなのですね。 トレーニング方法などを論理的に考えることは好きですから、雑誌などもどんどん有効活用していきたいと思います。 ターザンなどは、スポーツクラブに置いてありましてちょくちょく読んでいます。 ありがとうございました、がんばります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 筋肥大しなくても筋力アップ

    高負荷でトレーニングすると筋肥大しますが、腕立て伏せなのど中負荷だと筋肥大は起きないと思います。でも、腕立て伏せを何回もやっていると出来る回数が増えます。これは筋力が上がったからですか?それとも、持久力が上がっただけですか? 筋肥大を起こさなくても筋力を上げることは可能だと思うのですが違うんでしょうか?

  • 筋力と筋肥大の関係性について教えてください。

    ウエイトトレーニングについて知りたいことがあるのですが、 よく最大筋力、筋肥大、筋持久力という形で、重量の%と回数でわけられています。 最大筋力は1~6回 筋肥大は8~12回 筋持久力は15回以上 というような感じです。 最近パワーフリターの練習メニューの一例を見たのですが、 基本的には6回を3~6セットほど繰り返しているようです。 この場合、最大筋力のトレとなりますが、 パワーリフターは筋肥大もすごいです。 ここで、疑問があるのですが、 最大筋力は筋肉の断面積に比例するといわれていますが、 筋力をだすには筋肉の絶対的な量が必要なわけで、 こう考えると、まずは筋肥大のトレーニングをしてから、 筋力を高める風にトレーニングした方が効率が良いと思うのですが、この考え方は間違えているでしょうか?

  • 筋持久力を鍛えるためのトレーニング

    こんにちは。 いつもお世話になっています。 筋持久力を鍛えるためのトレーニング知識について教えていただきたくて書き込みしました。 筋持久力アップには、だいたい15~20レップスを4,5セット、という事は知っていますが、トレーニングを行う速度はどうなのでしょうか? 筋肥大トレーニングだと、ゆっくり持ち上げてゆっくり下ろす、というのが基本ですが、それは筋持久力トレーニングにも共通しているのでしょうか? もう1つ・・ 上半身(背中、胸、肩、腕)は筋持久力アップの筋トレ、下半身は1時間程度のジョギングのみ、でやっても同じ赤筋を鍛えてる、という事で全身バランスよく鍛えることはできますか? お願いします

  • 最大筋力アップのトレーニングについて

    23歳男です。 今回質問したいのは最大筋力アップの筋トレのセット数、疲労や重量についてです。 1月から2月まで筋肥大のトレーニングをしてきました。筋持久力のトレは思うところあって省略しました。 具体的に言うと最初の2~3セットはアップを行い、 メインの3セットは8~11RMの重量にセットして限界回数まで行うといったものです。 また、メインセットの最後1セットにドロップセットを設け、 メインセット→メインの70%の重量で限界まで→更に80%の重量にして限界まで という方法で行っていました。 3月から最大筋力アップのトレーニングをやろうと思い、 早速今日トレーニングしてきました。 トレーニング内容は、上記のトレのメイン3セットの重量を3~6RMに変えて、ドロップセットを削ったものです。 やってみた感じですが、筋肥大の時のトレーニングより休憩時間が長いということもあるのでしょうが、 筋肥大トレのときよりも疲労感がなく、 「ホントにこんなんで筋力あがるのか・・・?」 と思ってしまいました。 ここで質問の本題です。 3~6RMの重量を使って最大筋力を向上させようと思うのですが、 今のままのセット数、または重量では不足しているのでしょうか? それとも最大筋力を向上したい場合疲労感を感じるまでする必要は無いのでしょうか? また、筋肥大トレーニングについてもアドバイスいただけると幸いです。

  • 筋トレで筋持久力をつけたい

    趣味でスポーツ生理学をかじっている学生です。 筋持久力アップを目的とした筋トレについて質問です。 1.速筋と遅筋について。 遅筋は有酸素系のトレーニングによって発達すると聞きましたが、低負荷・高回数の抗乳酸トレーニングに遅筋を鍛える効果はないのでしょうか? 2.そもそも遅筋の量は筋持久力と直接関係がないのでしょうか?遅筋は乳酸を分解する能力が高いと聞きましたが… 3.筋持久力とは乳酸を分解する能力だと私は認識していますが、この能力を高めるための効果的な筋トレの注意点とはなんでしょうか?やはり低負荷・高回数ということなのでしょうか? 表現等分かりづらくてすみません。。。 回答よろしくお願いします。

  • 筋力アップと筋肥大トレーニング

    ダンベルスクワット、ワンハンドローイング、ダンベルベンチプレス、ダンベルショルダープレス、ワンハンドダンベルカール、ワンハンドフレンチプレス、ダンベルクランチを仕事ない日は重量ギリギリまであげて5回くらいの負荷で5分のインターバルでやってある日は10回まで出来る負荷で1分のインターバルで筋トレしているんですけど筋力アップと筋肥大のトレーニングが別々にしたほうがいいですか? もしよければトレーニングメニュー案を出して頂けると嬉しいです 足、背、胸、肩、上腕二頭筋、上腕三頭筋、腹のこれらの筋トレを一種類ずつのメニューでやるようにしているのでお願いします

  • 自転車(筋持久力か筋肥大)

    趣味でロードーレーサーに乗っています。 最近、補助的に筋トレ(マシン)を始めたのですが、 トレーニング内容について悩んでいます。 それは筋持久力か筋肥大(筋力)どちらをするかです。 現在は限界12回3セットでやっているのですが、 ロードレーサーの場合、長時間筋力を維持したいので、 筋持久力のトレーニングに切り替えたほうがいいのかなと。 ただ自分の筋力では重いギアが全く踏めないので、 ある程度までは筋力アップ(筋肥大)させた方がいいでしょうか? 下記が現在の限界(12回3セット)です。 チェストプレス(20kg)ラットプルダウン(25kg) レッグプレス(60kg)レッグカール(35kg) レッグエクステンション(25kg)ローワーバック(25kg) 身長172cm体重62kgです。よろしくお願いします。

  • 筋持久力をつけるための筋トレについて

    筋持久力をつけるために低負荷・高回数の筋トレをする場合は毎日行った方が良いとありますが、 1日間を空けても効果がありますか? 現在35歳で若かった頃のように毎日低負荷な運動でも疲労がたまるのか、だんだんと同じ運動を行うことができません。 また、連日行うと筋力が疲れで弱っているような気がします。 「レッグレイズ」という運動を20回×3セット行っています。 お詳しい方、お教え下さい。よろしくお願いいたします。

  • 筋力アップと筋持久力アップを区別して筋トレすべきか。

    んにちは、私はSHIHOさんのようなモデル体型を目指す20代前半の女です。 1ヶ月ほど前から週2で本格的にジムに通い始め、今は体幹・背筋・内転筋・上腕二頭筋をマシンで鍛えております。 トレーナーさんにメニューを作成していただいたところ、私のモデル体型になるという目標の場合、 筋力アップ(筋肥大)よりも筋持久力アップを勧められ、現在はそれぞれ全ての部位を15回を2セット行っております。 しかしこちらの過去ログを拝見しますと、高重量低回数が筋トレの基本であるという意見が 多くあります。(私はこれを実行するつもりでジムに入会しました。)しかし、これが筋トレの 基本であるならば、そもそも筋力アップと筋持久力アップを区別すること自体おかしな話となります。 その一方で、トレーナーの方は低回数高重量の筋肥大と高回数低重量の筋持久力アップを区別しています。 文献も同様でした。筋持久力がないと運動をある程度の時間繰り返し行えないことを考えると、 区別して正解なのかとも思えてきます。 こちらの掲示板の過去ログと、トレーナーさんや文献の筋トレ方法に少し違いがあるように 思えます。実際はどうなのでしょうか。回答をお願いします。 2つの筋トレ方法を区別するべきな場合、私の目標を達成するためには筋持久力アップのトレーニング で良いのか、という点のアドバイスもあわせてお願い致します。

  • 筋トレの原理がまったくわからない…

    筋トレは、どれくらいの負荷でどのくらいの回数をこなすと 持久力が上がったり、最大筋力が上がったりなど 負荷と回数によって変わってくるのは色々調べてわかりました。 そこでなんですが、 一回のトレーニングで、負荷を変えながら筋トレしたとして、 最大筋力と持久力を同時につけることは出来るでしょうか? 例えば、普通のスクワットやった後におもり背負ってスクワットして、 それを交互に繰り返して、みたいな事なんですが… 知識があまりないので回答お願いします。