• ベストアンサー
  • 困ってます

キャブレターのオーバーフローについて

XL250Rのキャブレターを4-5回ほど分解し再度組み付け後ガソリンコックを開けるとガソリンがホース2箇所から流れてきます。一定量で止まりその後は流れてきません。勿論キックをしても流れてきませんがどこかが詰まっているのでしょうか?それとも油面がおかしいのでしょうか?空のキャブレターにガソリンが入るとキャブレターの中の空気が押し出されてそういう状態になるのでしょうか?XL250Rの場合メインジェットとパイロットジェットは終わりまで締め込んでいいのでしょうか? このカテゴリーでMJ1/2-全開 PJ全閉-1/2 PS 全閉-1/4 JN 1/4-3/4締め付ける という解答欄がありましたが本当でしょうか?キャブレターを分解するほど段々調子が悪くなります。お知恵を拝借します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1471
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

一度キャブレターの原理、構造を理解されたほうがいいですよ。 きっと目から鱗が落ちて質問された内容をすべてご自分で理解できて 調整まで出来るようになると思います。 原理や構造理解しないでの分解は危険ですよ。 エンジンを壊すこともあります。 では、各回答です。 ガソリンを送って一定量で止まるのはフロートチャンバ内のフロートとフローとバルブが機能しているからです。正常です。 油面はそのキャブの規定値がありますのでサービスマニュアルをご覧ください。調整方法も出ています。 次にキックしても流れないはスライドバルブが全閉時にはパイロット系で計量された空気と混ぜられた混合気がアイドルポートから吸気ポートへ供給されます。これは微量ですからチューブの流量がわかるほどガソリン消費しません。 メインジェット、パイロットジェットは中央の穴で計量しています。 中間開度?はあり得ませんのですべて締め込んでください。 >MJ1/2-全開 PJ全閉-1/2 PS 全閉-1/4 JN 1/4-3/4締め付ける MJは番号で中央の穴の大きさを管理しています。ですから120番とかのような表記になります。 PJも同様。 PSは全閉からの戻し量で管理します。上記表記でOK。 JNも番号とクリップの段数で管理します。締め付けて調整する場所はありません。太さとテーパー角、太いほうの上端についているEリングの取り付け段数で管理します。 例:MJ:160, PJ:27.5 ,PAJ:120, PS:1 1/2戻し, NJ:P-4 ,JN:E52#4, JNpos:3 ということで以前の解答は間違っています。 エンジンや気温、湿度、標高でセッティングは変わりますので 他人のセッティングを自分のマシンに施しても合いません。 原理、構造を理解してセッティングしてみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。上記説明文は私の読み違いでした。スロットルの開け具合で大変失礼しました。サービスマニュアルを手に入れてじっくり挑戦するつもりです。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • キャブレターのオーバーフローが止まらない

    通勤の足として中古で買ったライブDioZX(AF35)に乗っているのですが 最近キャブレターをデイトナのビックキャブキットに交換しました。(KEIHIN製のPE20+エアクリ) それ以降キャブレターのオーバーフローが止まらなくなってしまって困っています。 試したことは以下の通りです ・キャブレターの分解、掃除。(新品だったのでキレイでした) ・フロートレベルの調整 ・フューエルフィルターの追加 ・燃料タンクの掃除 一番怪しいと感じていたフロートの調整は少しフロートが浮いた程度で すぐにガソリンが止まるくらいにしましたが、一度アクセルを開けると以前と変わらず、 すぐガソリンが勢い良く溢れてきます。 最初に付いていたキャブにはオートチョーク用の配線があったのですが 新しいキャブにはそれは無く、手でレバーを上げるタイプのチョークが付いていた為 配線は宙ぶらりんです。 フロート室が空の状態からキック何回かでエンジンスタート、かぶった感じの音も無くて 普通に走りはじめますが、半開程度アクセルを開けた程度でもオーバーフローしてきます(走行距離100m位) お知恵をお貸し下さい

  • CVキャブのオーバーフロー

    CVキャブをつけているのですが、コックをONにした後に フロートのドレンホースからガソリンが一定量排出されます。 それも最初の始動時のみだけです。出先では問題ありません。 キャブはOH済みを取り付けてもらったばかりで、ドレンホースがついているタイプです。 エンジンを始動すると漏れる事はないようです。 コックOFFのままキックで掛けてONにしています。 一度でもエンジンが始動すれば、 走行中・出先ではコックをONにしてもドレンからガソリンは排出されません。 その日に始動する時のみ一定量が排出されたらピタリと止まります。 どのような事が原因と考えられますでしょうか?

  • オーバーフローしてしまいます。

    VJ22のガンマに乗っています。 キャブの オーバーホールも終わりやっとエンジンもかかるようになったのですが ガソリンコックをONにしたら 右のキャブ 下にあるドレンホースから 結構な勢いでガソリンが出てきてしまいます。。 一回ばらしたのですがとくに不具合はないみたいですが。。 部品をなくしたわけでもなく 正常にフロートなども指で動きます。(一見) ニードルバルブの Oリングも切れてないですし。しょうがないので一度戻してドライバーで コツコツとしたら一回はとまったのですが また今日 漏れてしまいました。。 この場合 フロートなど新品にすれば直りますでしょうか? 油面調整とかはちょっとわかりかねますので。。  分解した際に曲げてしまってるとかもないようです  よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#60563

質問文から状態がぴんと来ませんが、まずオーバーフローと言うのはフロートやバルブの調子が悪かったりゴミを噛んだりしたら、キャブの中に一杯にガソリンが入っても止まらないために、タンク内のガソリンがいくらでも流れ続けて、それがキャブ内から外に出たり、時にはマニホールドに流れ込んだりする現象です。 コックを止めない限り止まりません、又メイン等のジェット類は締め紺でしまいます(二分の一で止めるなどと言うのは聞いたことがないです) もちろん馬鹿みたいに湿る必要はないです、振動でゆるまない程度で良いのですが、エヤースクリューなどと勘違いしていませんか(こちらはバイク屋キャブにも寄りますが、軽く一杯に占め込んで1回転戻しとか有ります)でもこちらはキャブの外側に付いて居ますからオーバーホールしなくても調整できます。(その多くはアイドリングの調整や同調を取るときに使います) 単気筒だとアイドリングだけですが、この辺りもメーカーの設定がどうなっているのかサービスマニュアルには出ていると思います。 XLのキャブは見たことがないので詳しいことは解りませんが、メインなどのジェットをきっちりと締め込んでいないのでしたらエンジンの調子が悪くて当たり前です、メインなどのジェットはキャブの中のパーツですからばらさないと見えません、又ホース2カ所からと言うのもピンと来ないのですが、タンクから来ているホースでしたらキャブの中に有る一定量のガソリンが満たされれば、フロートとバルブの作用で止まります(止まらなければオーバーフロー) 又キックを数回した程度で流れが見えるほどガソリンが流れればtonでもなく燃費の和居るバイクに成りますよ(始動していれば解るでしょうが) こんな書き方で解りますか、一番良いのはサービスマニュアルを手に入れて見るのが一番です、そうすれば基本的なキャブの調整も出ていると思います、後は実際にエンジンの調子に合わせて調整をしますが・・・ もし私のバイクのように低速時と高速時を別々のキャブでしているような物だともっと複雑でしょう(私のは単気筒ツインキャブ、エキゾーストも)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。2本のホースはキャブレターの上から出てるやつとキャブレターのドレインです。取り敢えずオーバーフローでないことは良くわかりました。サービスマニュアルを手に入れるようにします。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

????? 前半はオーバーシュートという言葉があったとしても トンでもスペックのキャブ+バイクかも。 ケイヒン+ホンダの仕業とはおもえません。 いっそのこと普通にされたら?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

このバイクは20年以上前のバイクらしいのですが昨年の夏まで結構快調でした。昨年の冬以来倉庫に放りぱなしでした。バッテリーを変えたら電気系統は異常ないようです。もう一度ばらして穴を丁寧に掃除します。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 謎のオーバーフロー?について

    ベンリィ90S に乗っています。 購入当初からガソリンのオーバーフローが直りません。 オーバーフローと言っても、キャブレターのフロートチャンバーのオーバーフローホース先が滲む程度です。ガソリンが地面に垂れることはないです。 拭いても拭いても、しばらくすると、すぐ滲んできて困っています。 キャブの清掃、フロートバルブやフロートなどの部品交換、座面の研磨など、考えられる対処法を何回も試してみましたが、一向に直らず。 ついには、社外キャブレター(PC20)に交換しました。 しかし、取り付け後、すぐにフロートチャンバーのホース先が滲んできてしまいました。 もちろん、取り付け前に油面の調整も行いました。 キャブレター以外にも、燃料フィルターの取り付けや、燃料ホースの交換、燃料コックの交換などもしましたが、全く直りません。 バイク屋にも相談しましたが、お手上げといった感じになってしまい、手詰まりになりました。 いったい原因はなんなのでしょうか? ちなみに、コックが「ON」でも「OFF」でもキャブ内にガソリンが残っている場合はオーバーフローしているみたいです。 フロートチャンバーのホースを抜くと、なぜかオーバーフローしません。 エンジンに関しても、2~3回キックすれば始動しますし、調子も良いです(同車種を乗り比べたことがないので詳しくは分かりませんが)。 今まで何台かの中古バイクで、オーバーフローの症状を対処をしてきましたが、こんな現象は初めてです。

  • バイクのキャブレター

    ひさしぶりにバイク(TZR250)のエンジンをかけようと思ってキックしたらガソリンがボタボタと滝の様に流れ出てきました。どうやらキャブレタの付近からだと思うのですが、キャブは自分で分解しても大丈夫でしょうか?分解するとしていったいどうやったらよいのでしょうか?もしお店に頼んだらどれくらいお金がかかっちゃうものなのでしょうか?大変困ってます。誰か教えてください。お願い致します。

  • 耕運機のキャブレター掃除

    耕運機のキャブレター掃除について質問をしたいのでよろしくお願いします。 VAR545という耕運機ですが、エンジンをかけて低速にすると、エンジンが止まってしまいます。 色々と調べてみると、エアーフィルターを外して、その奥に入っているのがキャブレターであることがわかったのですが、キャブレターの■パイロットエアスクリュ■メインノズル■メインジェット■パイロットジェットという部品を外して、キャブクリーナーで掃除をすれば良いようなのですが、キャブレターを見ても、どの箇所がどの部品に当たるのか良くわかりません。何か画像付きで説明いただいているようなサイトでもあると良いのですが、検索をしても出てきません。このような場合はどのようにすれば良いでしょうか? また、オイル交換をした際にエンジンオイルを入れすぎてしまったようですが、そのような場合エアーフィルターからエンジンオイルが逆流してくることはありますでしょうか? エアーフィルターを外したところ、ガソリンだかオイルだかわかりませんが、垂れていました。 どなた様か、ご教示の程よろしくお願いします。

  • NSR125F(JC20)のキャブレター

    NSR125F(JC20)のキャブレターが壊れました。 下記のような状態で、困っています。よろしくお長居します。 どうやってもオーバーフローが止まりません。 ある日、車体の下を見るとガソリンが落ちていました。漏れている場所は、キャブレターの下の部分のパイプからです。 分解して掃除をしても無理でした。何度かやっているうちに紙製のパッキンが壊れてしまいました。(メインジェットの所)仕方がないので、8ミリの銅製の平ワッシャーの穴をリーマを使って10ミリに広げて、800番の紙やすりでバリを取ってから付けました。とりあえずガソリンは漏れていないので、これでいいかな?と思っています。心配は、厚さがもとと違うので、メインジェットの場所(高さ)が違うので大丈夫かな?というところです。 でも、オーバーフローは治りません。液面が高すぎるのかなあ?と思って、フロートについている金具(フロートが上がった時にについている弁みたいなものを支える金具)を少しゆがめてみました。やはりだめです。  ガソリンのホースをつないでフロートを手で上げたときはガソリンは止まっているのですが、組み立てるとオーバーフローしてしまいます。この加工により、正しい高さがどこであるかわからなくなってしまっています。 ちなみに、この車体、ガソリンが時々漏れている状態で、約一年ほぼ毎日走っていました。ガソリン漏れがひどくなったので、分解しました。 途中で一度組み立てました。組み立て後、セル一発でエンジンがかかり、2Kmほど走行(かなり高回転でエンジンを使いました。違和感はありませんでした。)して、エンジンをOFFにしました。(ガソリンコックは停止後OFF)その翌日の朝、セルモータを回転させるとエンジンが焼け付いたような感じで回りませんでした。押し掛けでもタイヤがロックしました。(2速)もう一度セルモータを回転させてみると回転しました。しかし、エンジンはかかりません。点火している様子がありません。圧縮はあるようです。異音もしていません。やはりガソリンの関係?昨日は、調子よく動いて、そのままなのに・・・。  なぜ焼き付いたような症状になったのかは疑問です。キャブレターにつながっているガソリン以外のホースを全部正しくつないだか不安なので、これが原因で焼けたりするかどうかも知りたいです。ひょっとして、キャブレターでオイルを混ぜている?でも、キャブレターにつながっているゴムホース全部外してしばらく置いていたけど、オイルは落ちていなかったのだけど。。。。 現在、オーバーフローはしているので、再度分解した状態です。やはりオーバーフローが止まりません。  オーバーフローの原因はどこが考えられますか?もし、フロートで抑えている弁の役をしているもの(名前がわからないが、超小型の鉛筆みたいなもの)であれば、他の車種は合うのかなあ?それ以外に考えられる原因はあるのかな?  キャブレターを交換するとすると、この古いバイクのキャブレター販売しているのだろうか?  他のメーカー?社外品?等で取り付け可能なキャブレターはあるのだろうか?等々たくさんの知りたいことがあります。 どうすればベストであるかと合わせて教えていただければありがたいので、よろしくお願いします。

  • エンジンがかからなくなった原因、スズキウルフ50c

    つい最近までキック一発でかかっていたのが、スロットルを戻すとエンストするようになりました。 押しがけも一度かかかったのですが、その後アウトです。プラグの焼けはOK,火花も出ています。 スロットルを開けているとエンストしなかったので、アイドルストップスクリューやパイロットエアスクリューをいじりましたが変化がないので、キャブレタークリーニングしました。メーンジェットもパイロットジェットも綺麗にしました。キャブレターにはガソリンが来ているのも確認しました。  何年か前は同じような症状の時に、これでかかったのですが、今回は組み立て後もかかりません。 あと、私に出来ることは何でしょうか?

  • TZR250 3MA オーバーフロー。。。

    オークションで中古車を買い、タンクが軽く錆びていたのですが、ガソリンを入れてエンジン始動させました。 すると向かって右側のキャブからオーバーフローしたので、タンクのサビ取りとキャブ洗浄をしました。 洗浄内容としましては各ジェットとガスケット新品。 フロート室やキャブ内部を丹念にキャブクリーナーで洗浄しました。 組み付け後タンクのサビ取りが終わってませんでしたので、ガソリンホースに直接ガソリンを入れてキックすると、やはり右側のキャブからオーバーフローしました。 症状としましては、キックしてガソリンが流れ込む度にピュッピュッと飛び出す感じです。 ドレンのネジはちゃんと締まってます。 ガソリンタンクのサビ取りが終わったので組み付け後、ガソリンを入れるとコックをリザーブでもオンでもない位置(OFFとは書いませんがおそらくOFFと同様の位置なんだと思います)に合わせてるのに、両方のキャブから勢い良くオーバーフローしました・・・。 これは負圧コックの不調なのでしょうか? 考えられる原因を教えて頂ければ助かります。 どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

  • 不良品?新品キャブの調整について。XS650SP

    先日、京浜PWKキャブレターを購入して、調整しているのですが、なかなかうまくいきません。 エアフィルター、インマニ、ガソリンコック、ジェット類は全て新品です。 新品状態で、片方のキャブがオーバーフローをしたため、油面調整を接合面から3~4mm下に設定しなおしました。 通常、XS650でのこのキャブの設定は、メイン120~125、パイロットジェット30~35、パイロットスクリューの戻しは1,5回転ぐらいだと、XS650の専門ショップの方に教わりました。 現在、パイロットジェットを30にしているのですが、プラグがガソリンで濡れ、真っ黒になり、アイドリングでの回転数が3000ぐらいまで上がってしまいます。 エアースクリューを回しても、何も変わりませんし、アクセルワイヤーもきっちりと取りまわしています。 パイロットクリューを最後まで閉め込むと、アイドリングの回転が落ちますが、まだプラグに黒いススがついて、排気ガスもかなりガソリン臭いです。 アイドリング中に、パイロットスクリューを緩めると、すぐに回転が上がり元にもどらず、アイドリング中にアフターファイヤーでパンパンと音が鳴ります。 1.パイロットスクリューは、閉め込むと薄くなるのでしょうか? 2.この症状は、混合気がかなり濃いということでしょうか? 3.パイロットジェットの番手を下げれば、解決するでしょうか? 4.エンジン内の圧縮が下がって、キャブの設定が通常と違うのでしょうか? 5.エンジン内のカーボンやススを取り除く、良い添加剤をどなたかご存知ですか? 以上、どなたか解られる方がいらっしゃいましたら、返答お願いします。

  • キャブレター分解後の症状

    長期間放置したスクーターのエンジンがかからないのでキャブレターを分解しました。 資料はインターネット上の情報で手探りで行いました。キャブクリーナーで掃除しましたがかかる様子がありませんでしたのでPJをみて PJが詰まっていましたので外して針金の細い物で貫通させてエンジンはかかりましたが1分くらいでガソリンが回らないような感じでエンストします。かかった時はエンジンのふき具合も大変良いのですがエンスト後セルを回しても同じ様にはエンジンがかかりません。確実では無いと思いますが時間を置けば良い様な気がします?。PJ以外は分解してはいません。他に分解して掃除する場所があれば教えて下さいませんか?ヒントでも良いので教えてください。スクーターはヤマハのシグナスsiです。

  • キャブセッティングについて

    初心者なので、あまり良くわからないのですが、宜しくお願いします。 キャブレターが取り込むガソリンの量を増やすにはメインジェットやパイロットジェットで調節しますよね? で、空気量を増やしたいときにはどうすれば良いのでしょうか?キャブレターごと取り替えるという方法の他にはなにか方法は無いのでしょうか?

  • バイクのキャブレター調整について

    FZR250のCVキャブ調整について教えてください。 以前ガソリンが腐っていたので分解清掃しました。前の状態に戻したつもりですが、エンジン始動性がとても悪い。 スロットル(バタフライバルブ)をわずか開けてセルモーターを回すとしばらくして掛かり始めます。パイロットジェットの戻しは3回転ですが、2.75程度にしてもまだリッチすぎるようです。エンジンが温まればすぐ始動はするのですが、どうしたものか?悩んでいます。もちろんチョークは使っていません。 始動してしまえば段付きも無くスムーズに回転はあがります。