• 締切済み
  • 困ってます

回転数とトルクの関係

通常モータは回転数を落とすとトルクはUPしますが、インバータを使用して回転数を落としてもトルクはUPしないそうですが、例えば6P0,75KWのモータを60Hz(1200回転)で回転させた場合と30Hz(600回転)で回転させた場合トルク的には60Hzの方は 6,28x1200xT=0,75x60000 7536T=45000 T=5,97 となりますが30Hz(600回転)の時のトルクはどのように考えたらいいのでしょうか?

noname#51436
noname#51436

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数8805
  • ありがとう数35

みんなの回答

  • 回答No.1

>通常モータは回転数を落とすとトルクはUPしますが、 --モータの回転速度を落とすのではなく、[モータの極数を指定して製作した場合、6極のモータは4極のモータに比べ定格回転速度が小さくなり、その分トルクが大きくなる。]との条件になります。 モータ出力____:P[W] モータ各速度__:ω[rad/s] モータ回転速度:N[r/min] モータトルク__:T[N・m] 1)750[W]、6極のモータのトルクの計算 --カゴ形モータの場合はスベリSがありますので、定格回転速度は多少遅くなりますが、この分を無視して同期速度の値で計算しますと、電源周波数が60[Hz]の場合 N[r/min]=120×f[Hz]÷P[極]=120×f[Hz]÷6[極]=1200[r/min] P[W]=ω[rad/s]×T[N・m]=(2×π×N[r/min]/60)×T[N・m] 750=6.28×1200/60×T T=750×60÷(6.28×1200)=5.97[N・m] となります。 2)同様に750[W]、4極のモータのトルクを計算しますと、 N[r/min]=120×f[Hz]÷4[極]=1800[r/min] 750=6.28×1800/60×T T=750×60÷(6.28×1800)=3.98[N・m] 即ち、回転速度が遅い(6極の)モータはトルクが(4極のモータに比較して)大きくなると言えます。 このため、大きなトルクを出せるように6極のモータの方がモータの寸法(大きさ、軸の太さなど)も大きくなっています。当然、内部の巻線も6極用の仕様となっています。 3)インバータ可変速運転した場合のトルクの考え方 一方、インバータで可変速運転する場合は、6極のモータの出せるトルクは上記の計算した値(5.97[N・m])が最大であり、モータに印加する周波数のみを可変しただけですので、トルクはこれ以上に出せないことになります。 逆にモータは運転しますとモータ内部に熱が発生しますので、この熱をモータ軸に自己冷却ファンを設けて発散させ、決められた巻線温度以下にしています。 この状態で回転速度を下げていきますと、自己冷却ファンの回転速度も一緒に下がり、冷却効果も低下しますので、トルクを一定のままですとモータが過熱焼損する恐れがあります。過熱を防止する意味で、運転電流を下げる必要があります。 標準モータの場合で運転電流を下げるには、モータに加わる負荷トルクを下げる必要が出てきます。どの程度トルクを下げるかは、使用するモータとインバータの組み合わせ試験および運転周波数の領域によりモータの温度上昇を調べ決定します。 4)30[Hz]時のトルクの低減率 750[W]程度のモータの場合は、基準となる周波数(基底周波数とかベース周波数と言います。)を60[Hz]に設定した場合で、運転周波数 30[Hz]で運転して負荷トルク略100[%]を加えても温度上昇的に問題ないとのデータもあります。 これらの低減率などの詳しいデータは、インバータメーカのカタログや技術資料を入手して確認することになります。 或いはインバータメーカでインバータ講座を開催していますで、受講されて確認されると良いと思います。 (注) 上記のトルク計算はモータの回転速度を同期速度として計算していますが、カゴ形モータの場合、スベリSの影響により同期速度より多少遅く回転していますので、カタログ等でモータの定格回転速度を確認し、この数値を使用して計算しますと、モータの出せるトルクが多少大きくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

誠にご丁重な回答良く理解できました、誠に有難う御座いました。

関連するQ&A

  • 負荷とトルクの関係

    現在3¢6P0,75KWのモータをインバータを使用し油圧ポンプを回して、油圧モータから負荷につないでいますが、負荷を入れた場合油圧モータの回転数、油圧ポンプの回転数、0,75KWモータの回転数が落ちます。この時の状態は A:(油圧ポンプのみの回転の場合)   モータの回転数494   油圧ポンプの回転数173   モータの容量0,11kw(インバータのデジタル表示)   モータと油圧ポンプとのプーリ比90¢:250¢   494-173-0,11KW B:負荷側(無負荷状態の時)   モータ回転数475   油圧ポンプ回転数165   油圧モータ回転数692   無負荷状態の時の負荷回転数1768   モータ容量0,23KW(インバータのデジタル表示)   油圧モータと負荷側のプーリ比100¢:250¢   475-165-692ー1768-0,23KW C:負荷を入れた状態   モータ回転数397   油圧ポンプの回転数117   油圧モータの回転数430   負荷を入れた時の負荷側の回転数1100   モータの容量0,54KW(インバータのデジタル表示で)   油圧モータと負荷側のプーリ比100¢:250¢   油圧3Mpa   379-117-430-1100-0,54KW-3Mpa AーBーCの状態のようになるので多分0,75KWのトルク不足で回転数が落ちるのではないかと考えてモータを0,75KWから6P3¢1,5KWに変えようかと考えているのですが、モータを1,5KWに変えた場合、Cの状態と同じ負荷と考えた場合1,5KWのモータの出力容量は大体0,75KW同じ0,54KWぐらいと思われますが、インバータを使用した場合6P0,75KWと6P1,5KWのトルク(負荷容量0,54KWと考えた場合)はどうなるのか?同じなのか(トルク的には1,5KWのトルクは0,75kwの2倍となると思われますが)Cの状態の時油圧モータの回転数を落とさないようにする為には、今負荷容量が0,54KWなので1,5KWの方がトルク力が強いので、1,5KWのモータの出力負荷容量が0,54KWよりUPの状態になって回転数を落とさないようにするのでしょうか? 

  • 回転数とトルク

    フライス盤のギア駆動をベルト駆動に変え、回転数を上げようと思っています。 モーター↓ DC110v・1.8A・150W・4000RPM・回転制御はPWM(パルス幅制御) オリジナルのギア駆動は2000回転まで落としトルクを上げているようです。 (1)モーター側とスピンドル側に同じ大きさのプーリを付け直接ベルトでつないだ場合、4000回転で回りますよね? その場合トルクはギア駆動の2000回転のトルクと比べると下がるのかな? 画像のようなプーリの組み合わせの場合、スピンドルは4000回転で回りトルクはどうなりますか? (1)の場合のトルクと同じですか? それとも(1)の場合よりもトルクは上がりますか?

  • インバータ使用時の回転数、トルク、電流値について

    インバータ使用時モータの回転数、トルク、電流値について下記内容で間違いないでしょうか。 インバータは特別な設定はしていません。(回転数を変えてるだけです。) ・10Hz位から60Hzまでは同じトルクで使用できる。 ・電流値は周波数に比例する。(10Hzより60Hzの方が電流値は高い) ・60Hz以上になると電流値が一定になり、回転数が高くなるにつれて、トルクは低下する。 これで、間違いはないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ギア比と回転数とトルクの関係は!?

    ラジコン分野についての質問です。 3000k/vのモーターに11Vの電圧をかけると、 理論上は、MAXで33000回転になると思うのですが、 そのモーターに10歯のピニオンギアをつけて、 例えば、100歯スパーギアを回した場合、 スパーギアの回転数は理論上いくつになるのでしょうか? 10÷100×33000=3300回転で正しいですか? またトルクは、ギア比が10:1ということで、 100÷10=10、つまり理論上10倍になると 考えて正しいですか? ギア比と回転数とトルクの関係に、 詳しい方がいましたら、ご教授下さい。

  • 回転数とトルクの関係は?

    50KWのモータ駆動にて定格回転数が1800rpmの場合、1000rpm時のトルクは、 55KW×974÷1000rpmで算出して間違いありませんか?

  • モーターのトルク/回転数と巻き線の関係

    最近業務でモーターの開発にかかわっています。 DCモーターのトルク/回転数をいじりたいのですが、モーターサプライヤーから以下のように言われました。 ・トルクを上げるには線径を太くする。 ・回転数を上げるには巻き数を増やす。(線長を長くする。) 結局、サプライヤーさんにお任せで、任意のモーター特性が作れたので業務は終了したのですが、理屈がわかりません。 サプライヤーさんに聞いても「そういうもんだ!」としか教えてくれませんでした。 理屈を教えてください。 簡単な数式や図があればわかり易いので、参考URLがあればそちらも教えていただければありがたいです。

  • アイドリング時の回転数

    カリーナTiに乗っているのですが、アイドリング時の回転数は1000回転程でした。 ところが、先日車検に出したさいに、バッテリー・ブレーキフルード・ATF(全て二年間使用)を交換したのですが、それ以降アイドリング時の回転数が600回転程になりました。 これは、バッテリーを交換したためなのでしょうか? また、アイドリング時の適正回転数はどの程度なのでしょうか?(600回転でも問題ないのでしょうか?) よろしくおねがいします。

  • スピンドルの回転数上げる

    フライス盤のギア駆動をベルト駆動に変え、回転数を上げようと思っています。 モーター↓ DC110v・1.8A・150W・4000RPM・回転制御はPWM(パルス幅制御) オリジナルのギア駆動は2000回転まで落としトルクを上げているようです。 (1)モーター側とスピンドル側に同じ大きさのプーリを付け直接ベルトでつないだ場合、4000回転で回りますよね? その場合トルクはギア駆動の2000回転のトルクと比べると下がるのかな? 画像のようなプーリの組み合わせの場合、スピンドルは4000回転で回りトルクはどうなりますか? (1)の場合のトルクと同じですか? それとも(1)の場合よりもトルクは上がりますか?

  • モータのトルク値と回転数が知りたい

    生活雑貨を中心とした商品開発を行っています。 商品の一部にモータを使用するものがありますが、市販では入手しずらいモータスペックが要求される場合が多々あります。 その場合、感覚的にこのくらいのトルクで、この程度の回転数だろう。。。といった予測を立て、モータサンプルを作ってテストするという工程で進めておりますが、一発で決着できるケースは少なく、費用と時間とを無駄にしています。 感覚に頼るのではなく、商品を適正に動かすために必要なトルク値と回転数が分かる装置が無いかとネット検索しましたが、モータに対する測定器は多くありますが、その逆になる装置は探し出せませんでした。 予算30万円程度で、希望を満たしてくれる装置または良案ありませんでしょうか?

  • アイドリング時の回転数はどれくらいがいいのでしょうか?

    以前私が乗っていた車(マニュアル、1500cc)は、信号待ちなどで止まった時は確か、500~600回転くらいだったと思うのですが、現在乗っている車(マニュアル、2000cc)は1000回転以上あると思います。ごくたまに、800回転くらいになるときもあるようですが、いずれにせよ以前の車に比べると随分と回転数が違います。 排気量やエンジンの型などによっても、望ましいアイドリング時の回転数は違ってくるのではと推測するのですが、アイドリング時の回転数というものを自動車工場などで勝手に調整しても良いものでしょうか?いけないような気もするのですが、1000回転以上というのは普通のことなのでしょうか? ご教授願えませんか?よろしくお願いします。