-PR-
解決済み

カルシウムバッテリーを充電するには?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.34529
  • 閲覧数4893
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 57% (4/7)

カルシウムバッテリー用の充電器が出てますが普通のバッテリー(鉛バッテリー)用の充電器で充電した場合、どのような不備があるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

該当の充電器についての資料がないのですが、テスターなどをお持ちでしたら、簡単に判定できます。充電端子にテスター(電圧レンジ)を当てて電圧を測定します。このときの平滑ようにコンデンサーを並列につなぎます。この状態での電圧が15Vを超えなければ大丈夫です。また、小型のポータブルタイプでは電圧制御がないトランスとダイオードだけのものが殆どなので、たいていもっと高い電圧を示すはずです。そのような場合こまめに電圧を測定し、過充電になるよりは少々不足気味のところで終了し、後は車につけて走行充電に任せ方が安全でしょう。
お礼コメント
D209i

お礼率 57% (4/7)

sailorさん。ありがとう御座いました。仰せのように致します。
投稿日時 - 2001-02-03 00:17:57
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

一般用の充電器で差し支えありません。現在市販されているMF(メンテナンスフリー)タイプのバッテリは殆どが低アンチモンのカルシウム電極(電極がカルシウムで出来ている訳ではなく、カルシウムと鉛の合金です)を採用しています。通常のバッテリーと同様に取り扱って大丈夫です。ただし、簡易充電器や旧式の電圧制御のないタイプの充電器を使用する際は、充電中に電圧が15Vを超えないように留意する必要があります。カルシウムバッ ...続きを読む
一般用の充電器で差し支えありません。現在市販されているMF(メンテナンスフリー)タイプのバッテリは殆どが低アンチモンのカルシウム電極(電極がカルシウムで出来ている訳ではなく、カルシウムと鉛の合金です)を採用しています。通常のバッテリーと同様に取り扱って大丈夫です。ただし、簡易充電器や旧式の電圧制御のないタイプの充電器を使用する際は、充電中に電圧が15Vを超えないように留意する必要があります。カルシウムバッテリーは自己放電が少ない、電解液の減少がすくないなど優れた点を持っているのですが、過電圧には従来のバッテリより弱い傾向にあるので注意が必要です。
補足コメント
D209i

お礼率 57% (4/7)

sailorさん、早速のレスありがとう御座います。もう少しお伺いたします。
具体的に言いますと。私は『セルスター工業のSS-20』という充電器を持っているのですが、これにはカルシウムバッテリー対応とは書いてないのです。でもセルスター工業のラインナップには、カルシウム対応のやつも有るのです。単にこの『ss-20』は15Vを越える恐れがある為なのでしょうか?
投稿日時 - 2001-02-01 05:36:08


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ