• 締切
  • 暇なときにでも

IDOとセルラーの統合について

  • 質問No.3376
  • 閲覧数100
  • ありがとう数7
  • 回答数4

お礼率 10% (18/175)

今年10月、IDOとセルラーが統合されますね。(ツーカーもそのうち統合されるかもしれないようです。)
(そのせいか、全国同じ菅野美穂と織田裕二のCMです。)
さて、統合ブランドとして、「au」というブランド名になるそうですが、これはフランス語から由来しているのでしょうか。
たしか、"cafe au lait"というのがフランス語なので。
どうでしょうか。教えてください。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (15/91)

答えをいちいち書き込むより、セルラーのページで説明されていますので、参考資料のWebに飛んでください。
東北セルラーのページです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 0% (0/0)

AU 元素記号の金のことです。
もちろん、他の方の回答の意味もありますが...
参考URL:Web
  • 回答No.2

ベストアンサー率 0% (0/0)

えっと、フランス語からきているかどうかはわかりませんが、auの「a」はAccess、Always、Amenityを、「u」はUnique、Universal、Userを表しており、「移動体通信を電話という狭い範疇を超えた、より生活に密着したものに」、「技術革新が進むからこそ“ヒトに近づく”優しい存在に」という意味を含んでいると発表されていたと思います。
僕の見解としては、意味に沿って、言葉を組み合わせ、それを既存の言葉に近くしたのではないかと思います。たとえば、DDIポケットのPRINなんかも、同じように作られたのではないかと思います。真相はどうなんでしょうか?
あれ、答えになってませんね。すいません。

 
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (1/3)

「au」というのは、直接フランス語からきたものではありません。フランス語も参考にはなってるんですが。Always with youやAnytime to you の最初と最後の字でもあります。日本語では「逢う」、つまり、この短い単語の中に、可能性をたくさん秘めているということです。実際には「au」ブランドが登場するのは7月からということです。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ