• 締切済み
  • すぐに回答を!

診断給付金、先進医療を考えたがん保険と医療保険について

30歳公務員です。妻は25歳会社員で子供ができたら退職する予定です。 妻の医療保険とがん保険を検討中です。 がん保険を検討していると、アフラックは診断給付金は1回だが先進医療に支払いがあるし、東京海上日動あんしん生命は診断給付金は複数回払ってくれるが先進医療には何もない、といった感じで各社一長一短でよくわからなくなってしまいました。 そこで、自分なりに考えてみたのは、 医療保険:アクサ生命 終身医療保険1095-II、日額5,000円に先進医療特約、通院特約をつけ、65歳払済。 がん保険:東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険(新発売)診断給付金100万円、入院1万円、通院1万円、終身払い。 これで、診断給付金が複数回受け取れ、先進医療は医療保険でカバーできるのではないか?と考えました。まだ見積もりは取っていません。 最初はアフラックの21世紀がん保険+EVERも考えましたが、診断給付金を考えるとこちらのほうがいいのかなと思っています。 医療保険はセルフガードもありますが、入院日数が60日と短いことからこちらの医療保険を選びました。この先進医療特約は有効なのでしょうか? この考えに対して、またそれぞれの保険に対してでも何かアドバイスを頂けませんでしょうか。 がんの治療がよくわかっていませんが、とにかく最低限必要な治療費は確保したいと思っています。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

オリックスのCUREはHPから申し込み予約できます。1入院60日ですが7大生活習慣病の場合、120日になり女性は一番、安い保険のようです。オリックスのガンブロックも保険料が安いです。保険は保険ですから、あまり考えると手厚くなりすぎるのではないでしょうか?保険料を安くして貯金しませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Pigeon
  • ベストアンサー率44% (630/1429)

#3です。 >終身医療保険1095と比較してのメリット、デメリット等 一番のメリット・デメリットは保険料そのものと思います。 1入院の限度日数の違いに目が行きますが、1入院を120日型と1入院60日を基本として7大生活習慣病を180日まで拡大という内容では物が違うので単純比較はできませんし、その時々の結果論ともなります。 保険の計算自体確率で計算されているので、選ぶ側も確率を意識するのも必要ではないかと思います。一般病床が平均入院20日を切ってますが、療養病床では平均180日位あります。しかし、2012年までに療養病床の6割削減が決まっているので療養病床も入院の短期化が起こる公算は大きいですが、既に昨年の診療報酬の改定の影響で療養難民が出始めているところを見ると入院の短期化という単純な問題でもないのかもしれません。 あとは手術給付金にも違いが見て取れます。1095の倍率も良いですし、セルガードの対象外手術の給付も捨てがたいところです。 各社の引受状況は公表されているものではありませんが、会社によって医務照会と言うものが出来ます。この辺りは希望の会社を扱う保険代理店に相談してみると良いと思います。(あんしんはこの制度ありません。) 一方、生理不順ということですがもう少し医師に確認してみる方が良いかと思います。生理不順は病名ではなく別な診断名が付いていないでしょうか。不順に至る原因はストレスや自律神経失調症が多いように思いますが、他の疾病の関係かもしれません。 どこかに問い合わせするにしても生理不順の引受はどうでしょう?と言うだけだと判断付かないと思いますので、申込んでみないと分かりません・・・と言うような内容の回答が出てきたり、申込んでみても「見合わせ」とか「引受延期」という回答が来ないとも限りません。保険会社側はリスク判断できないとその様な回答になる場合もあります。 できるだけ詳細な内容を調べておくのが肝要です。(いつからか、正式な診断名は、どんな薬かくらいは抑えた方が良いかと思います。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 これまで入院をしたことが二人ともないために日数などよくわかっていないのです。短期入院が増えているのであれば、60日の入院で良いのかもしれませんね、7大生活習慣病は長期入院の可能性が高いから180日にしているのですもんね。保険料も安いですし、セルフガードも検討してみます。 妻の生理不順は多嚢胞性卵巣症候群というものらしいです。女性にはよくあり、子供は出来にくいらしいが別に子供がいらなければ放っておいても構わないと医者からは言われているようです。いずれにしても告知の際にはきちんと説明したいと思います。 医務照会という言葉は初めて聞きました。事前にある程度わかるのはいいですね。 がん保険は色々と考えます。もしアクサ生命が謝絶であれば、東京海上のがん保険+アフラックの21世紀がん保険診断給付金最低の組み合わせも安く考えたりしています。東京海上の超保険はどうでしょうか?考えれば考えるほど混乱してきますね…ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • Pigeon
  • ベストアンサー率44% (630/1429)

こんにちは。 がんの治療がよく分かっていない、との事でこれは一般の方は情報に触れる機会も少ないと思いますので仕方がないところかと思います。 質問にあるようにがん保険には実際一長一短があります。何に重きを置くべきか、ですが診断給付金に重きを置く事をお勧めします。 がんの治療は日本人に多い胃がんや大腸がんの例では術後2週間程の入院を経て通院治療に切り替わる事が多いです。また、少なくとも5年は投薬・治療・経過観察等が続くと言うのも他にの疾病には無い特徴かと思います。そうすると通院給付に目が行くかと思いますが、通院給付金の対象日数はそれ程長いものではありません。 先進医療については重粒子線治療や粒子線治療辺りを目にされたのかもしれませんね。早期発見のがんであれば手術よりも体の負担が軽く、手術並みの効果が望めるのが良い点ですが、問題はその費用で、300万程掛かるのがネックです。(もっとも、お金があれば受けられるというものでもありませんが。)実態としては重粒子線治療や粒子線治療の受診者は増加の一途を辿ってはいますが、がん患者の割合から見ると微々たる数ではあります。初期がんで300万掛けてみよう、という決断はなかなかつきにくいものですが、保険でカバーされているなら一考の価値はあると思います。 保険の組み合わせについてですが、質問に出てくる保険会社はいずれも取り扱ってますが、もうちょっと別な組み合わせを勧める事が多いです。 セルフガード+他の損保系生保のがん保険、と言う形です。 セルフガードは60日型が基本ではありますが、7大生活習慣病で180日となります。医療行政の舵取りもあり一般病床にはまず3ヶ月以上の入院はできず、一般病床の平均入院日数は20日を切っており、これはがんについても含まれます。療養病床に移る場合もありますが、現状では180日くらいが平均ではありますが、2012年までに療養病床は6割減が決まっていますので療養病床もさらに短くなりそうです。 がんも入院の短期化傾向ですが、人気のある病院の場合は患者も集中するのでさらに短くなります。 保険料で選べばCURE、内容で選ぶとセルフガードと言う感じです。(タイプII辺りを。) がん保険については、特に女性であれば他の損保系生保に割安なものがあり、保険料水準はあんしんやアフラックの半額くらいです。(診断給付金複数回払、上皮内がん100%)あんしんやアフラックの診断給付金100万の保険料で診断給付金200万が付けられます。がん保険の比較で分かりやすいのは、結局いくら給付が受けられるか?です。色々と条件を当てはめて計算してみると良いのですが、診断給付金を予め多めに給付を受ける設計の方が受取も多くなる事が多いです。通院治療が増えているものの、通院給付金だけでは治療費・薬剤費が賄えるだけの給付は見込めませんので、診断給付金を取り崩すようなイメージで使うと良いと思います。 診断給付金複数回払いには若干誤解があるようですが、2年経過した後の再発・転移・他の原発がんしか対象にならないのではなく、例えば1年後に再発したとしても、診断確定から2年経過すれば給付されるものなのでもう1年経過すると給付されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 セルフガードを勧める方を良く掲示板で見かけますが、終身医療保険1095と比較してのメリット、デメリット等教えて頂ければうれしいです。解約はしないつもりですので、両方タイプIIで比較した場合いかがでしょうか? アクサ、あんしん生命を取り扱っているということでご質問したいのですが、治療中の際の加入に関して各社の引き受け状況はどのようになるか、事例等も交えて大体で教えて頂けませんでしょうか?医療保険、がん保険では引き受けの厳しさも違うと聞いていますが。 がん保険については上記の他に日本興亜生命、三井きらめき生命を検討もしましたが、どちらも入院して初めて診断給付金がおりるとのことですので、通院治療が増えていくようですので厳しいかな…と思いました。 興亜生命は試算したところ給付金200万円でもかなり安い金額でしたので心は動きますが。 東京海上のがん保険は2年以上経過後の再発、転移等でなければ出ないと見ていましたが…興亜生命は入院中でも2年経過すれば再度給付金が出ると書いてありましたが。 すいませんよろしくお願いします。

  • 回答No.2

こんにちは。 NO2です。 高度先進については「現在は」保障はあればよいし、なくてもよいと思えばよいでしょう。 医療保険やがん保険につく高度先進医療特約はとても保険料が安いものなのです。 出番の確立が低いと言うことになります。   また奥様が生理不順のため投薬中とのことですが こちらを告知した結果、部位不担保になりそうだと考えますが、保険会社によりどのような審査結果になるかはわかりませんので勝手なこともいえません。告知は大ざっぱに書くのではなく詳細に薬の種類も書いたほうがよいです。    がん保険ですが東京海上さんのがん保険ならそちらでよいでしょう。  給付診断金ですが2度目は1度目から2年おかないともらえませんが。がんになった方の中で2年以上経過後で再発したかたの%を確かめると良いかもしれません。確率の問題ですので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 自分でももっと調べて検討したいと思います。 告知の際にも担当者としっかり相談したいと思います。

  • 回答No.1

こんにちは。 奥様の医療保険とがん保険をご検討されていらっしゃるのですね。 保険商品は各社保障内容が違っていますのでご自身でご納得できる内容の保険が見つかったのならそれに入るのが良いのではないでしょうか。  先進医療ですが決まった医療機関で治療を受けることになりますし混合治療で自己負担が高額になるのは「がん」に多いのでがん保険についていれば安心なのですが、医療保険に特約でつければがん以外の病気の高度先進も対応できるのでよいですね。ただそちらの各特約は80歳満期で終身でないのが残念ですね。  高度先進特約の保険料は安いですよね。先進特約付きの保険に入っている方の中でまだこの治療をして先進特約の保険に入っている方で給付金を実際受け取る方も少ないようでまだまだ未知数のようです。 今高度先進の項目に入っている治療も保険のきく治療に認可されたりと毎年変動ありで注意が必要です。 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html  がん保険ですががんになったら医療保険からダブルで入院給付金、手術給付金がでますので診断給付金を200万にしたり通院給付金1万にすればより安心ではあります。  あと医療保険に中途半端な死亡保障はいりませんのでその分保険料安くしてくれると良いのにと思います。  最近考えることなのですが、終身医療保険を皆さん入りますが、例えば奥様が65歳(40年間)までに本当にこの保険に加入のままでいるとも限らないと言うことです。医療制度が変わったりすれば民間の保険会社もその時代にあわせた保険商品を販売するわけでして、がん保険の保障内容も進化しているように医療保険に関してもそのようになるかもしれないです。  高度先進はないのですが、 エバーで5000に女性特約付きで長期入院通院の特約をつける。 オリックスCURE-W(長期対応になります)が対面販売でありますのでそちらに三大疾病をつける など比較してみてください。  資料を取り寄せて比較されるのがよいですよ。  あとはご存知かとは思いますが保険には病気になったりしますと簡単に加入できなくなりますのでお気をつけください。 年に一回のがん検診、健康診断などは早期発見できますので是非お勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

親切かつ丁寧なアドバイスありがとうございます。 とりあえず見積を取ってみることにします。 実は妻が生理不順のため、投薬中なんです。 加入の審査ですが、アクサは加入審査が厳しいとも聞きますが、どうでしょうか?部位不担保がついて当然と考えていますが謝絶かも、、、 エバーもパンフレットを見ていて料金の安さに惹かれています。 キュアは大変魅力的なのですが、田舎のために代理店が無いのです。 アクサに加入できなかった場合にはエバーも検討したいです。 そうなると先進医療がつかないので21世紀がん保険にするべきかとも思います。 ただ、先進医療がどこまで重視すべきなものかピンときません。 やっぱりがん保険は東京海上がいいのかなとも思ってますがいかがでしょうか? よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • [至急]がん保険で迷っています

     主人(44歳)のがん保険を選んでいるのですが、以下の3つで迷っています。 <1>三井住友海上きらめき生命「新ガン保険」   1万円プラン+新ガン診断給付特約(100万)+ガン先進医療特約 <2>東京海上日動あんしん生命「がん保険」   Dタイプ 入院給付金(1万円)+診断給付金(100万)など <3>アフラック 「21世紀がん保険」    本人コース 入院給付金(1万円)+診断給付金(100万)    1と2は診断給付金が(条件を満たせば)何度でも支払われるのが魅力ですが、2には先進医療特約がなく不安です。また3はがん保険の最大手なので候補に入れています。  出来る限り保険料は安く抑えたい(月5000円前後)のですが、保障もこれくらいでよいのか悩んでいます。申し訳ありませんが、アドバイスをお願いいたします。

  • ガン診断給付金について

    45歳男性です。 ガン保険を検討しています。 1.富士生命保険会社 終身ガン保険          ガン診断給付金(ガン診断後入院開始したとき)100万          日額 5000円           保険料 4980円 (60歳払い込み、保険期間は終身) 2.三井住友海上きらめき生命 新ガン保険          ガン診断給付金(ガンと診断されたとき)50万            日額5000円            先進医療特約(1000万円まで保証)          保険料 5309円 (60歳払い込み、保険期間は終身) 保険料は同じくらいで、どちらにしようか迷っています。 富士生命のほうはガン診断給付金は100万もらえるのですが、入院をしなければ(日帰り入院でも可)もらえません。 上皮内ガンも対応しているのですが、上皮内ガンの治療は入院をともなう治療なのでしょうか?やはりガン診断給付金は、ガンと診断確定されたとき(入院はともなわない)にでるほうがいいのでしょうか? アドバイスいただければと思います。                

  • アフラック「ガン保険」の「高度先進医療給付金」とは?

    アフラックの「ガン保険」は「高度先進医療給付金」があることが特徴だと解釈しています。 都民共済の「医療特約」にも「先進医療」の給付はありますが、入院治療を伴う場合という条件が付いています。 アフラックのガン保険は通院の「高度先進医療」でも保険金は支払われるのでしょうか。 他のガン保険に、「高度先進医療」の保険金支払いがあるものはあるでしょうか。

  • [ガン保険]アフラック21世紀がん保険or東京海上日動あんしん生命 迷っています。

    昨日がん保険で質問したばかりで申し訳ないです。 29歳、既婚、会社員、子供ありでガン保険を検討しています。 アフラック21世紀がん保険と、東京海上日動あんしん生命で迷っています。 どちらがおすすめでしょうか。 ◎アフラック21世紀がん保険  ・保険料1917円(団体扱い)  ・高度先進医療給付金があること、特定治療(放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法)通院給付金が5000円が120日まででることが魅力です。  ・診断給付金100万円が1回限り、65歳からは半額の50万円になる、手術1回20万円(一律)というところが気になります。 ◎東京海上日動あんしん生命  ・保険料2504円  ・診断給付金100万円が何度でも(2年以上経つ必要あり、年齢による減額なし)、手術給付金が40・20・10万円、長期入院給付金が180日以上入院で5000円プラスされることが魅力です。  ・高度先進医療給付金がないところ、特定治療通院給付金がないところが気になります。 ガン保険でのシェアはアフラックが1位のようで、昔のスーパーガン保険の補充として充実パックができたように、アフラックの方がガン保険も進化していくのかなぁとも思います。東京海上日動という会社についてよく知らないのでこちらもガン保険に強いのかもしれませんが。 迷っています。ご意見をお願いします。

  • 医療保険 がん保険について質問です。

    夫婦で入る保険を現在考えていますが、詳しいことがわからず迷っています。 FPに相談したら夫(35歳 会社員)は、医療保険:アリコ新終身医療保険F4 120日型で日額1万円 先進医療特約+終身六大疾病一時金特約+終身小額手術給付特約+新終身手術給付特約をつけて月々5357円です。 がん保険:富士生命の無解約返戻金型療養保険:300万 保険期間終身 払込期間終身で月々5100円です。 私(38歳 フルタイムパ-ト、社保加入)は、医療保険:アリコ新終身医療保険F4 120日型で日額1万円 先進医療特約+終身六大疾病一時金特約+終身小額手術給付特約+新終身手術給付特約+終身女性疾病給付特約(120日型)をつけて月々5507円です。 がん保険:富士生命の無解約返戻金型療養保険:300万 保険期間終身 払込期間終身で月々4230円です。 医療保険120日型で日額1万は、私の希望でそうしました。60日型+5千円だと不安なので、 がん保険の富士生命は、2年経過したら300万給付とのことで良いのかなと思っております。しかし 抗がん剤治療した時など300万で賄えるものか、想像できません・・・ 主人の合計:10457円 私:9737円でト-タルで20194円です。 その他 都民共済を小額をお互い契約しています。 終身もお互い契約しております、主人はもう少し安くしたいと考えているようです。 医療保険は、日額1万必要でしょうか? アフラックで見積もりしてもらいましたが、2人の合計が、20377円で保障も少し落ちるように感じています。日額1万での見積もりです。 みなさんは、どのように思いますか?   また、アリコの特約で削って良いのがあれば教えて頂きたいです。日額;8千円に減額するか、がん保険の300万を250万にするかも検討しています。ちなみに、賃貸で他のロ-ンは、ありません。 わかりづらく申し訳ありませんがお願いします。

  • 医療保険の診断をお願いします

    医療保険の診断をお願いします。来週の水曜日に 下記の3つの保険加入の予定です。 37歳独身 毎月使えるお金は28万くらいです。 貯蓄なし。 (1)がん保険 あんしん生命 がん治療支援保険         診断金200万タイプ        終身払  月額6142円 (2)がん保険 アフラック フォルテ 140        特約MAX+女性特約つき 終身払  月額 6712円 (3)オリックス生命 CURE 60歳払込 月額 6240円 合計18713円  このほかに昔から入っているコープの共済3900円があります。 医療保険だけ 掛けすぎかかなと思いつつ、貯蓄がないのでガン保険は、診断一時金に厚い(1)、先進医療に対応している(2)の両方加入を考えています。 みなさんのご意見をお聞きしたくよろしくお願いします。

  • がん保険の選び方について

    はじめまして。 長文ですが、お付き合いいただければうれしいです。 現在、がん保険の加入を検討しています。 加入条件としては年齢36歳の男となります。 がん保険以外には、入院日額5000円の60日型医療保険にはいっています。 候補としてはアフラックかアリコのがん保険です。 基本保障は、診断給付金50万円、入院給付、通院給付1万円、手術給付、先進医療特約となり終身払いで3000円以下となっています。 1)アフラック フォルテお守りプラン ・メリット 特定治療通院が入院の有無によらず給付される ライフサポート年金が給付される 通院給付が一回あたり60日まで給付される ・デメリット 診断給付が一回のみ 通院給付が5日以上の入院から対象 先進医療が通算700万円 2)アリコ がん保険 ・メリット がん診断後の支払い免除特約がある 診断給付金が複数回払い 通院給付が1日以上の入院から給付対象? 先進医療が通算1000万円 ・デメリット 特定治療通院に関する給付が無いため通院給付には入院が必須 通院給付が一回あたり30日までである アフラックは特定医療通院、アリコは診断後の支払い免除が一番のポイントではないかと考えていますが、どちらも捨てがたく悩んでいます。 再発を心配すればアリコに良いかと思いますが、抗がん剤治療などのコストを考えるとアフラックが良いかと思ったりしています。 現在、自分が考えている各保険のメリットデメリットは以上のようになりますが、皆様のご意見やおすすめをお聞かせいただければと思います また、ほかに考慮したほうが良いことなどもありましたら、アドバイスをお願いします。

  • 先進医療特約について教えてください。

    東京海上あんしん生命の先進医療特約には がん保険の特約として存在する「がん先進医療特約」と 医療保険の特約として存在する「先進医療特約」がありますが、 この違いはなんなんでしょうか? 前者はがんの治療を目的とする先進医療のみに有効で、 後者はすべての治療目的に対する先進医療に有効ととらえてよいのでしょうか?

  • 保険 どこか削れる所ありますか?

    東京海上日動あんしん生命に加入したいと思っています。 ○長割り終身 500万   ★8,500円  災害割増  500万   ★280円  傷害特約  500万   ★395円 ○家計保障保険 給付金月額15万 60歳払込み保障期間60まで   ★4,875円 ○医療保険 保険期間終身 払込終身 入院給付金1万 入院中手術給付金10万 入院中以外手術給付金5万 放射線治療10万       ★3,350円 5疾病就業不能特約 10年更新 100万   ★760円 先進医療特約   ★158円 ○がん保険 保険期間終身 払込終身  ★2,323円 診断給付金 100万 入院給付金 1万 がん手術特約 20万   ★250円 がん通院特約 1万    ★335円  抗がん剤治療特約 10年更新 月額5万 ★365円  計 21,591円 医療保険の終身払いが気になるし、合計で12000~13000円くらいが希望です。 現在32歳で子供は2歳と0歳です。 よろしくお願いします。

  • 医療・がん保険について セットかバラか?

    保険見直しを検討していて、保険に詳しい友人や、保険屋さんに相談したりしています。 最初にお会いしたFPさんから以下のような提案を頂いたのですが、考えれば考えるほど選べなくなってきました。ぜひお詳しい方のご意見を伺いたく存じます。 アラフォーの男性:非喫煙、健康体だと思いますが胆嚢にポリープあるので、保険屋さんには「出してみないとわからない」と言われています。 がん保険には「がんになったら支払い免除」「入院しなくても通院給付」「診断給付(何度でも)」があればいいと思いますが、このあたりを含めてご助言ください。 保険屋Aさんからの提案 ★がん保険 ◎富士生命 合計3210円 診断給付金額100万円 → 保険料2150円(終身) 初回診断一時金特約・・・給付金額100万円 → 保険料1060円(終身) 8月の誕生日で40歳になるため、誕生日過ぎてからの契約が良いと言われている。 40歳から負担を抑えたプランが作れるとのこと。 ◎日本興亜生命 合計1547円 終身がん保険・・・入院日額5000円、手術給付(5,10,20万)→保険料630円(終身) 診断給付特約(診断され入院した場合)70万 →保険料917円(終身)              月額保険料の差はどうしてでしょうか? 興亜は通院が無くて、富士のほうは入院・通院ともに無しというのが気になります。 入院・通院における支払いが無くて、診断時で200万円というのはがん保険としては少ないでしょうか? これを設計していただいた時は、どちらかというと医療保険のほうを重視して、がん保険は 「あったほうがいいよね。」くらいに考えていました。 しかし、色々な方のご意見を拝見するうち、もしもに備えるならがん保険の方を重視すべき?という考えも出てきました。 ★医療保険 ◎損保ジャパンひまわり  健康のお守り(60日・B型)  払込期間65歳 保険料 3015円+先進医療特約87円+七大生活習慣病追加給付特約220円  →3322円 ◎オリックスキュア →こちらも設計してもらったはずなのですが、用紙が見当たりません・・・同じくらいの金額です。 上記を持ち帰って検討せよという宿題を与えられました。 別のFPさんは、医療とがんを同じ会社でまとめてきました。 ◎アリコ 新終身医療保険 60日型 入院5000円  2595円  60歳払込 終身  終身手術給付特約 945円  終身小額手術給付特約 200円  先進医療特約 10年 107円 →合計3847円  アリコ 終身ガン保険(08) C型  65歳払込 入院5000円 入院後の通院5000円(180日まで) →がん保険合計 4056円 同じ設計書内に医療とがんが併記されているのですが、これらは別々には契約できないのでしょうか? ◎損保ジャパンひまわり ガン重点プラン 60日 B型  払込期間60歳  保障額 入院7000円  7大生活習慣病追加給付(61日目から120日まで)7000円  先進医療特約 1000万  がん外来治療給付特約 7000円  がん診断給付特約 70万 →保険料合計 8499円 がん保険を特約でつけるパターンです。バラで掛けた時よりも高いですが、ガンの場合は入院が120日まで伸びるというのは魅力です。診断給付、入院、外来がバランス良く備えられるのかな?と思いますが、デメリットはありますか?損保ジャパンは単体でもがん保険がありますか? (1)基本的には、医療とがん保険は別の方がいいのでしょうか? (2)先進医療はどちらか(医療かがん)につけておけばいいのでしょうか?  (3)医療は60歳払込がいいと思うのですが、がん保険は? がんになったら支払い免除と言う保険の場合は終身払いにしておいたほうがいいでしょうか?(富士くらいしか知りませんが・・・) 質問がうまくまとまらなく長文になり恐縮ですが、ご教示いただければ幸いです。