解決済み

生徒自身が決めたからといっても・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.299965
  • 閲覧数73
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 28% (60/210)

 ある中学校で実際に起こった事件なのですが、中学校の先生が教え子の女子生徒2人に電動の性具をわたし、自分の目の前で自慰行為をさせたそうです。
他にもその先生は自分の家に生徒を呼んで、アダルトビデオを見せたり、飲酒させたり、ホテル街につれていったり、そういった性的好奇心をあおらせてから、また同様に自慰行為を強要させるようなことをしたそうです。
 生徒は先生が酒が入っている事から、いつもよりも怖くみえ、仕方なくやったそうで、この先生は訴えられました。有罪判決を受けましたが、先生は不服としました。言い分としては、生徒には直接手をふれず、スイッチを入れて手渡すなどしてあくまで子供達がやったのであって自分の淫行ではないとしています。
 なんか妙な言い分ですが、個人的に怒りを覚えます。この先生の思考パターンは先生という職業の超特異性な部分と見えなくもありませんが、どう思いますか?
通報する
  • 回答数9
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5

これ、司法試験受験生ならかなりが知っている事案(児童に対する淫行、最高裁判所第三小法廷平成10年11月2日決定、最高裁判所刑事判例集第52巻8号505頁、判例時報1663号149頁)ですよ。
参照条文は児童福祉法34条1項6号ですね。
私は教師の側は、有罪判決をおそれて無罪を主張したとしか思えませんが。

刑法の概念も知らないのかね、と個人的には言いたい。
人をそそのかして強姦をさせた者には、強姦罪が適用されるんですよ(刑法第61条、177条)。

それ以前に、児童の権利と教師の義務をわきまえていない教師の異常さが問題でしょう。
「児童の権利条約」に、児童の権利がどう書いてあるか、現場の教師も知らないのでしょうね。
私の見た「子どもの権利条約」関連の文献では、波多野里望『逐条解説 児童の権利条約』(有斐閣)が、バランスがとれていると感じました。

ちなみに、生徒には権利の制約が課されるのはご承知ですよね。
勤労の自由や営業の自由など、行使できない権利があります。
パターナリズム(恩情主義)の観点からです。

ほかにも教育問題の質問をされておられるようですから、教育法に興味があれば、兼子仁編『教育判例百選 第3版』(有斐閣)や、教育法に関する本を買って、逐一参照されるとよろしいでしょう。

できれば昨年の弾劾裁判所判決(村木判事少女買春事件)もご参照下さい。
何も教師が特異というわけではありません。
これを「先生という職業の超特異性な部分」と言うのは、(教育)社会学の分野では「構築主義」、マス・コミュニケーションの分野では「議題設定機能」と言います。
要は、「問題でもないことを殊更に問題として取り扱うことに意味があるのか」ということです。

なお、伝聞証拠については、「疑わしきは被告人の利益に」を適用すべきです。
それゆえ、ここで軽々しく「この教師はこういったことをしたから悪い」と、さも見たかのように語ることは避けるべきでしょう。

参考文献:前田雅英『最新重要判例250 刑法 第3版』(弘文堂)

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 35% (83/234)

生徒を性的対象として見てしまうところが怖いですよね。
もともとそういう性癖があるのか、
教師になってからそういう性癖になったのかはわかりませんが
「性具を生徒の目に触れさせる」「いかがわしい場所に連れて行く」
などの行為そのものだけでも立派な性犯罪だと思います。
まして教え子に自慰行為をさせるなんて、、考えただけでもゾッとしますね。
間違いなく職権を悪用した変質者ですよ。
反省してしかるべきなのに逆に不服を訴えるなんて、
一体どういう神経してるのでしょうか?

確かに教師という職業はストレスがたまると思いますが
それはどの職業に就いても同じ事だと思います。
今時「教師は聖職者」とまではいいませんが、
最低限、教育の場には自分の性癖を持ち込んでもらいたくはないですよね。
最近、教育者としてふさわしくない教師が増えていますが
これ以上不適格者を増やさないよう、教員資格の制度そのものを
変える必要があるのかもしれませんね。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 26% (220/842)

No.1の方に同感です。有罪判決は当然と思います。
不服の理由があなたの言うとおりだとすれば、職業の超特異性などというレベルではなく、単にコイツがアホなだけだと思います。
こういう教員はさっさと公務員の信用失墜行為で懲戒免職にしてほしいです。
ただ、他の先生に失礼すぎるとは思いません。
ここまでひどくないにしても、教員にはわけわかんない屁理屈をえらそうにいう人が多いですから・・・。
  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 11% (50/420)

誰がどう考えても犯罪だと思いますが。
先生という思考回路のせいと言ったら、ほかの先生に失礼すぎるでしょ。
その人が異常なだけでしょうね。
  • 回答No.4

>なんか妙な言い分ですが、個人的に怒りを覚えます。この先生の思考パターンは先生という職業の超特異性な部分と見えなくもありませんが、どう思いますか?

私は、あなたに個人的に怒りを覚えます。
こんな変態な教員に対して、これを『先生という職業の超特異性な部分』なんて、勝手にひとくくりにしているところに対してです。

こうやって何でもかんでも、ひとまとめにしちゃう考えかたってよくないですよ。
いつか本質を見落とすことになります。
悪いのはこの先生個人。
先生という職業うんぬんは関係ないことです。
#2によれば他にも屁理屈を言う変な先生もいるらしいですが、それもその人個人のこと。
職業柄がどうとかは、関係ないのです。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 11% (26/218)

 一括りに 『先生という職業の超特異性な部分と見えなくもありません』という、表現をされると大多数の真面目な教員が不愉快な思いをすると思います。

 自分は臨時任用、非常勤と二度ばかり経験しただけのヒヨッコですが、辞めたあとで知っている先生が
 
デパートで隠し撮りしたとかで、免職になりました。
良い先生でしたが、ストレスのたまる学校だったんで
そっちへ切れてしまったんでしょう。
 大多数の先生は、給料も休みもろくすっぽ増えないまま、しんどい仕事してます。

その非常識な奴までかばう気は更々ありませんが、
自分も今、不安定な仕事に耐えながら正規採用目指して
受かる見込みのない試験受けようとしているところです。

 ひいき目に見れば、その人も昔は理想を持っていたはずで、でも疲れてしまって精神的に病んでしまったんでしょう。そのことに自分で気付くなり、ヒトに悟らせてもらうなり出来ればそこまでいかなかったのかもしれないな。
  • 回答No.8
レベル10

ベストアンサー率 11% (26/218)

#7のヒトがおっしゃってる様に、良い話はすぐに
忘れ去られますね。犯罪を犯した場合、逮捕(被疑者)~起訴(容疑者)~裁判での罪の確定(犯人)と、3回に渡って報道されますし、場合によっては現場検証なども含めマスコミの報道機会が多いですから...。

 広島の非常勤の先生が、強盗を追いかけて殺されてしまった話は、一時だけワイドショーの話題になってましたが、それっきりです。

『ヒトの噂も七十五日』と言いますが、あれは
良い噂ですね...。
 悪い方は、いつまでも尾ひれが付いて終わらないで
イメージになって残ってしまっているという。
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 28% (40/140)

確かにこの先生は犯罪です。
しかし、このようなことばかりがピックアップされてしまう世の中がなにかしら不思議に思います。
本当にいい先生はいっぱいいると思います。
しかしそういう部分が取り上げられることがすくないのです。
メディア関係の情報発信のせいかもしれませんが、見ている側がまたこんなことがーとおもうような、ことを面白おかしく発信してしまっているのです。そのとりこになっているのが、現状だと思います。
なぜ、いい先生が取り上げられないのでしょうか?私は不思議です。
あまりこの質問の回答にはなっていないのですが違う見方という部分で書き込ませていただきました。
すいません。
  • 回答No.9
レベル8

ベストアンサー率 22% (11/49)

こういう、こじつけというか屁理屈という思考パターンは教員特有のものなのでは、というのは
普遍化して考えることは難しいですが、ないとはいいません。
だから、yuri0420さんの意見に全面反対というわけではありません。

でもね、「先生という職業の超特異性な部分」という表現に偏見を感じてしまうのは考えすぎでしょうか。超ですもんね。超。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ