解決済み

形質転換の実験で・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.295804
  • 閲覧数1410
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

形質転換の実験でコンピテントセルとプラスミドを
混合しプラスミドを大腸菌に導入後、アンピシリンを含まない
培地で37度で1時間ほど培養するという操作はなぜ必要なのですか?
その間に何が起きているのでしょうか?
わかる人いたら教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

その1時間の間に起きていることは、

1. 大腸菌の健康状態の回復
2. アンピシリン耐性遺伝子の発現

です。


コンピテントセルは薬剤処理で細菌細胞膜が、かなり弱ったぼろぼろの状態になっています。これゆえにプラスミドが容易に中に入れます。この状態から1時間培養することで、大腸菌を回復させます。
また、導入した遺伝子は直後すぐに発現するわけでもないでしょうから、1時間ぐらいみれば安全かな(そろそろ発現して Amp 耐性になっている)という事です。

ヒートショック直後にまいても、大丈夫ではあるみたいです。しかし、あらっぽいやり方なので、得られるコロニー数は少ないようです。
お礼コメント
ritsu1

お礼率 100% (2/2)

回答ありがとうございます。
納得いきました。
大腸菌の健康状態の回復なんてそこまで考えが
及びませんでした。
とても参考になりました。
投稿日時 - 2002-06-21 00:11:38
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ