• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大腸菌の形質転換を利用したクローニング

先日実験で、大腸菌の形質転換を利用したクローニングを行いました。 集菌と科学的処理 (1)大腸菌の培養液を氷上で冷却した。 (2)培養液5 mLを遠沈管に移し、3000 rpmで5分間遠心した。 (3)大腸菌のペレットを崩さないように上側にして、培養液の上澄みをデカントして捨てた。 (4)あらかじめ冷やしておいた形質転換用溶液(TSS)500 nLにDMSOを25 nL入れて、混ぜた。 (5)(4)を500 nL加えた。 (6)ボルテックスで穏やかに撹拌して、ペレットを縣濁した。 (7)懸濁液を100 nLずつエッペン管に分注して、形質転換に用いた。 (8)ライゲーション反応のDNA溶液を5 nL加えて、指先で軽く撹拌した。 (9)氷上に14:05~14:25頃まで放置して、DNAを取り込ませた。 寒天培地への植え継ぎ (1)DNAを取り込ませた大腸菌に500 nLのLB培地を加えた。 (2)37℃で15~60分インキュベートして、抗生物質耐性遺伝子が活性化するのを待った。 (3)別の遠沈管に大腸菌を50 nL移し、BL培地を250 nL加えかさあげした。 (4)それぞれの遠沈管に40 nLの100 mM IPTGと40 nLの40/mL X-galを加え、軽く撹拌した。 (5)100 ng/mLのアンピシリンを含むLB寒天培地2枚に、それぞれの遠沈管の大腸菌を撒いた。 (6)滅菌したスプレッダーで水気がなくなるまで満遍なく広げた。 (7)37℃の気相インキュベーターに入れて、一晩放置した。 このような手順で実験を行ったのですが、全くコロニーが出来ませんでした。 なぜでしょうか? よろしくお願いしますm(__)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

この実験はプラスミドを使用したクローニングでしょうか?私が読んで気になった事を箇条書きします、 (1)大腸菌の量は吸光度計で測定しましたか?多すぎても、低すぎてもダメです。 (2)大腸菌の培養液は10分以上と十分に冷却しましたか? (3)ボルテックスではなく、ピペッチングでペレットを優しく撹拌して下さい。 (4)氷上でDNAを取り込ませて20分した後、42度のインキュベーターやウォーターバスで30~45秒間ぐらいの熱ショックを与え、すぐ氷上に戻して急冷してから、37度でインキュベートしましたか? (5)X-Galの溶液は遺伝子組み換え大腸菌の培養液に加えるのではなく、同量をLB寒天培地に広げるだけで良いです。これでも十分に青色が発色します。(37度でインキュベートしている間に、行えば良いです) (6)遺伝子組み換え大腸菌は水気がなくなるまで満遍なく広げると言うよりも、コンタミを防ぐため100μlをパッパと広げる方が良いです。 このように改善すれば、上手く行くはずです。念のため、ポジティブコントロールも同時に行う事を勧めます、(A)トランスフォーメーションだけしなかった同じ大腸菌を、抗生物質のない寒天培地にまく。 (B)切断やライゲーションを行ってないDNA断片(抗生物質耐性遺伝子やガラクトシダーゼ遺伝子のみ入っているもの)をトランスフォーメーションした大腸菌を、抗生物質の入っている寒天培地にまく。 (A)でコロニーが出来てなければ大腸菌に問題がある、(B)でコロニーが出来なければ取り込ませるDNAに問題がある、という事が分かります。 また補足質問があれば、回答します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

学生実験の担当の先生がうちの研究室の先生であったので、やり直しをしたのですが、(1)(3)(6)を改善したところ、うまくいくことができました!ありがとうございました!一番の原因はボルテックスにあったような気がします(>_<)

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

あとは、大腸菌の種類とベクターの種類は正しく取り込めるものであるか。そのベクターはアンピシリン耐性か?大腸菌を巻く時のスプレッダーは熱しすぎなかったか?実験実習なのかな?研究室に入りたての実験かな?コントロールとして、アンピシリンが入っていないLB培地にまいた場合はコロニーは出来なかったのかな?このコントロールにいっぱい大腸菌が入ってなかったら、形質転換がうまくいかなかった事がわかりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

実習ですか?それなら、先生がうまくいくかどうか確かめているはずなので、プロトコール自体には問題が無いとして、 1)ライゲーションがうまくいっていなかった。操作を加えていない、標準的なプラスミドでコントロールはとりましたか?それでも、ぜんぜん出てこなかったのなら、 2)大腸菌の問題。たとえば、コンピーテント(形質転換可能な状態)になっていなかった。大腸菌の培養の状態(培養時間が著しく長すぎたなど)、試薬を加えて準備する段階の操作(操作中に温度があがってしまったなど)に問題があった(TSS法は、たしかヒートショックしなくていいはずだし、プロトコールになかったのなら、関係ないでしょう)。 また、全くだめだったのではなく、想定より著しく効率が悪かったという可能性もあります(ふつう、全くゼロということはまず無い)。まく大腸菌の量をうんと増やしたらいくつか出てきたかもしれません。 いずれにせよ、トラブルの原因追求は、各ステップごとに適当なコントロールがないと無理です。なにかコントロール実験はやっていましたか。やっていないとしても、同じ材料、または別の材料を使って、うまくいっていた人がいたなら、どこが同じでどこが違っていたか、考えてみるとヒントがあるかもしれません。 もし、だれもうまくいっていなかったとしたら、、、実習担当の先生の責任です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

学生実習です(>_<)全部の班が失敗したので、理由がイマイチ分からなくて・・・ ありがとうございました!

  • 回答No.1

何のDNAを入れたかによってコロニーがでないことがありますが、きちんとやっていればコロニーはでるはずです。 なぜコロニーができなかったかというのは自分の実験ですからその当時の手順を思い出して自分で考えてレポートにまとめるべきです。課題は自分でやりましょう。 #「nL」はおそらく間違えだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大腸菌の形質転換の実験について

    大学生です。 現在、大腸菌に形質転換を行い、その組み替えたDNAの種類を見分ける実験をしています。プラスミドDNAには、アンピシリン耐性の遺伝子と、ラクトースオペロンZの遺伝子が組み込まれています。 そこで、気になった事について質問したいです。 まず、形質転換した大腸菌を培養したのですが、そのコロニーについて ○どうしてコロニーは丸形なのでしょうか? ○たまにひょうたん形をしたコロニーがいますが、なぜでしょうか? ○また、そのコロニーを楊枝でつつき、LB培地で培養したのですが、 つついた楊枝にはどれ位の大腸菌がついているのでしょうか? ○大腸菌を旋回培養する際、目(目はないが)がまわらないのでしょうか? ○そもそも、LB培地の役割は何なのか ○組み替え率と形質転換率を調べるには、なんの数値を参考にしたらよいのか 質問が多くて申しわけありません。調べてもわからなかったので、よろしくお願いします。

  • 大腸菌の形質転換とアンピシリン

    大腸菌の形質転換実験を行いました。 大腸菌のコンピテンとセルにプラスミドを導入させ、それをアンピシリン含有LB寒天培地で培養しました。 培養後、形成されたコロニーを採取し、次は、坂口フラスコ内でアンピシリンを加えた液体培地で培養しました。 ここで、培地にアンピシリンを添加する理由を教えていただきたいのです。 LB寒天培地にアンピシリンを添加するのは、プラスミドを導入した大腸菌のみを培養するためだと思います。 では、坂口フラスコでの培養でアンピシリンを添加するのはなぜでしょう?自分なりにいろいろ調べたところ、「プラスミドを抜け落ちないようにするため」ということを知りましたが、これはどういうことなのでしょうか? なぜ抜け落ちるのか、なぜアンピシリンを添加すると抜け落ちないのか、ということがよくわかりません。 ご存知の方は教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 大腸菌の形質転換について

    先日、「大腸菌の形質転換」の実験をしました。 pUC系プラスミドを用いました。 <使用した培地> (1)LB培地のみ (2)LB培地+アンピシリン (3)LB培地+X-gal (4)LB培地+アンピシリン+X-gal <予想> ・-DNA (1)白 (2)- (3)白 (4)- ・+DNA (1)白 (2)白 (3)青 (4)青 <結果> ・-DNA (1)白 (2)- (3)白 (4)- ・+DNA (1)白 (2)- (3)白 (4)白 <予想>は合っていますか? <結果>では、なぜ(2)が-なのに(4)では菌は生えたのでしょうか? 形質転換自体は失敗してコンタミしたのでしょうか?

  • 大腸菌の形質転換

    lacZαが欠損した大腸菌にlacZαをもったプラスミドDNAを導入(形質転換)し、IPTG+X‐galを含んだ培地とX‐galのみを含んだで培地で培養しました。 X‐galのみを含んだ培地では白いコロニーができるはずですが、薄い青コロニーができました。 また定量的にも微量にβ-ガラクトシダーゼが検出されました。 どうしてX‐galのみを含んだ培地では白いコロニーではなく薄い青コロニーができたのでしょうか?

  • 形質転換後の大腸菌コロニー

    形質転換後の大腸菌コロニーを大量培養したいのですが、振盪培養装置の量的制限もあり、必要なタンパク量まで培養バッチを重ねることにしました。種菌である大腸菌コロニーは培養のたびに形質転換をしなければならないのでしょうか。形質転換してから日数をおいての使用や継代は可能でしょうか。よろしくお願い致します。

  • 形質転換

    大腸菌の形質転換の学生実験(lacZ遺伝子に挿入して、X‐galを含んだ培地で培養)で白色コロニーからプラスミドDNAを回収したんですが挿入DNA が入っていませんでした。この理由を教えてください。 また(薄い)青コロニーからプラスミドを回収したらDNA断片が挿入されていました。この理由も教えてください。

  • 大腸菌の形質転換

    大腸菌の形質転換実験をしたんですが、そのとき大腸菌の形質転換効率は最適条件下で1×10の7乗cfu/μg以上になると聞いたのですが、このときの実験の結果ではなりませんでした。学生実験だったのでやはり慣れている人がやるのとは違うのでしょうか?

  • 大腸菌の形質転換

    とりあえずプラスミドを増やそうとプラスミドだけをコンピテントセルに導入しようとしているのですが、なぜだか寒天培地に生えないんです。 抗生物質入りのにも抗生物質なしのものにも生えなくて困ってます。 同濃度の抗生物質入りの液体培地では増殖が確認されるのですが、寒天培地には生えないというのはやっぱり変ですよね? 播くときの濃度が薄すぎるのかと思い、遠心分離して濃度を上げたんですが、それでも駄目でした。 ちなみに多量にLB培地を作成し、そこからフラスコに100mLほど採ってアガロースを加えて滅菌しています。 つまり液体培地と寒天培地はアガロースの有無しか違いがありません。 形質転換については経験のある方にもお願いして実験してもらいましたが失敗されてました・・・ということで形質転換を行うときの操作に問題があるとは考えにくいかと思っています。 解決策が見出せず本当に困ってます。 心当たりのある方、よろしくお願いします。

  • 形質転換の実験で・・・

    形質転換の実験でコンピテントセルとプラスミドを 混合しプラスミドを大腸菌に導入後、アンピシリンを含まない 培地で37度で1時間ほど培養するという操作はなぜ必要なのですか? その間に何が起きているのでしょうか? わかる人いたら教えてください。

  • 大腸菌の形質転換について

    蛍光タンパク質GFP遺伝子を持つプラスミドPGLOを、大腸菌に導入するという実験を行ったのですが、L-アラビノースの培地で培養したら蛍光を発したのに、D-アラビノースの培地で培養しても蛍光を発しませんでした。 この二つがプロモーターに及ぼす影響の違いを教えてください。