• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

地方自治法 14条3項の「二年以下の懲役」について

地方自治法14条3項の条例違反における 「二年以下の懲役若しくは禁固」について の質問なのですが、  (憲法31条等、憲法上の問題点は別論として) 実務上、特に地方自治法14条3項 における「懲役」というのは、 通常裁判所における裁判を経た上で 通常の刑務所に収監されるという趣旨 なのでしょうか? 実際の実務上の運営がどのようになされている のか全くわかりませんので、 特に、別途参考となる法規も含め、 具体例(具体的条例)を交えお教え頂けましたら幸いです。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数271
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

通常裁判所における裁判を経た上で、通常の刑務所に収監される という趣旨 です。 具体的な判例としては、淫行条例違反の件ですが http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/5556/hanrei.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 リンクも含め、非常に参考になりました。

関連するQ&A

  • 地方自治法244条2の2項について教えてください。

    地方自治法244条2の2項について教えてください。 「条例で定める重要な公の施設のうち、条例で定める特に重要なものについて、これを廃止し…」の廃止とはどういう意味なんでしょうか?

  • 地方自治法226条の加入金について

    法律初学者です。 地方自治法の「公有財産」と「行政財産」の違いについて、具体例をあげてご教示願います。

  • 地方自治法14条「法律の委任」について。

    地方自治法14条の質問なのですが、 (2)普通地方公共団体は、義務を課し、又は権利を制限するには、 『法令に特別の定め』がある場合を除くほか、条例によらなければならない。 (3)普通地方公共団体は、『法令に特別の定め』があるものを除くほか、 その条例中に、条例に違反した者に対し、 (略)を科する旨の規定を設けることができる。 2項と3項にそれぞれ『法令に特別の定め』とあるのですが、 具体的にどういう意味を指すのでしょうか? (2)の場合は、法令に特定の事柄については、義務を課し権利を制限する条例を 作らないよう明記されている場合。 (3)の場合は、法令に定められている法規については、二重に科さない。 と解釈したのですが、どう理解するのが正しいのでしょうか? この条文は「法律の委任」にも関係すると聞いたのですが、 その件も是非お聞きしたいです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

 刑法(明治40年4月24日法律第45号)「刑法典とも呼ばれます。」の総則規定は、刑法典における犯罪(例えば第199条の殺人罪)のみならず、刑法典以外の刑罰法規に適用されますので、刑法典は、他の刑罰法規(特別刑法)の一般法といえます。  ですから、条例で規定されている懲役の意義は、刑法第9条以下に規定されているものと同義です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 刑法との関連が、非常に参考になりました。

関連するQ&A

  • 地方自治法第155条

    地方自治法第155条で、市町村長は「条例で、支所または出張所を設けることができる。」とありますが、最近、市町村では住民の利便性向上のため、土・日曜日にもショッピングセンター内や駅構内において「行政サービスコーナー」や「市民サービスセンター」などを設置し、住民異動や戸籍証明、税の証明や納税処理などの簡易的な窓口業務を行っています。 そこで質問なのですが、これらの扱いは支所または出張所と思われますが、ほとんどの市町村では条例ではなく規則で取り扱っています。これは、いわゆる箱物を建てるわけではなく、ショッピングセンターなどのスペースを間借りしての設置だから規則でもいいということでしょうか。条例だと議会の議決が必要となるので面倒くさいから規則としているのでしょうか。法的根拠のようなものはあるのでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

  • 地方自治法 憲法92条

    憲法92条において,地方自治法の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨(住民自治と団体自治)に基いて法律でこれを定める。と書かれています。 会員で会費を出し合って運営している同好会で言い換えるなら、会費の額や、会の運営の仕方を決めたりするのことは自分たちで決めるそういったことは憲法で保障しています。会の組織や、運営の方法は、国が決めます。 自分たちの自治体のことを自分達で決めていいよ、でも国が組織、運営に関する事項は決めて君達には決めさせないよって言われたら矛盾で言っている意味がわかりません。 92条をうまく整合性つけて、説明してください。 皆さんは、最初見てどう思いましたか? 何も疑問持ったなかった、どう考えてもおかしいと思って一人つっこみしたとか感想もあると助かります。

  • 行政書士試験 地方自治法について

    いつもありがとうございます! 地方自治法について質問します。 よろしくお願いいたします! 地方公共団体の長は、行政立法である規則を定められるが、それには条例による授権は不要。 なぜ条例による授権は不要なんですか? 検索したけど、ドツボはまりそーで、てか検索しすぎて疲れてしまったのが正直なところなんですが。。答えにたどりつけず。 質問にお答えくださるとありがたいです。 それともうひとつ。 法律による委任が必要ってことばもよくみますが、 これはどういったことをさしているのですか? ここからは私の考え(疑問)です。 法律は抽象的だから個別の条例などで具体的なことを定める。 そして、そこには法律に根拠がないと規則 などを つくってはいけないということですか? まだ不勉強です。 よろしくお願いいたします!!

  • 地方自治法第252条の20第9項について教えてください。

    地方自治法第252条の20第9項について教えてください。 本項の後段に「その一部の区の区域に地域自治区を設けることができる」とありますが、具体的なイメージが沸きません…。 第6項後段との関わりを考えると、頭が混乱してしまいます。 どなたかわかり易く解説していただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 地方自治法177条1・3項について

    法律初学者です。 地方自治法177条における以下につき、ご教示願います。 ※1項「普通地方公共団体の議会の議決が、収入又は支出に関し執行することができないものがあると認めるときは、当該普通地方公共団体の長は、理由を示してこれを再議に付さなければならない。」における「当該普通地方公共団体の長が示す理由」のやさしい具体例 ※3項「前項第一号の場合において、議会の議決がなお同号に掲げる経費を削除し又は減額したときは、当該普通地方公共団体の長は、その経費及びこれに伴う収入を予算に計上してその経費を支出することができる。」における「その経費及びこれに伴う収入を予算に計上してその経費を支出することができる。」とは、具体的にどのようなことか、また、そのやさしい具体例

  • 地方自治法226条の加入金について

    法律初学者です。 地方自治法226条「市町村は、第二百三十八条の六の規定による公有財産の使用につき使用料を徴収することができるほか、同条第二項の規定により使用の許可を受けた者から加入金を徴収することができる。 」にある加入金の具体例をご教示願います。

  • 地方独自に税を多くとることの可否

    新しい条例を作って、税金をとることは、制度としては可能でしょうか?またもし可能であれば、その根拠となる地方自治法の条文(あるいは憲法ですか?)をあげていただきたいです。

  • 行政書士試験過去問題(地方自治法)教えて下さい

    行政書士試験の地方自治法の過去問題で、解説を読んでも理解できない箇所があります。ぜひ初心者向けに説明をしていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 本試験2000年出題 問  地方公共団体の自治立法に関する次の記述のうち、正しいもの    はどれか。 肢1 地方公共団体は、条例により法令に対し上乗せ的な規制を定める   ことができるが、そのためには法令の個別的委任が必要である。 答え 誤 解説 地方公共団体に条例制定権が認められている(14条1項)以上、   法律の趣旨等に反しない限り、上乗せ的な規制を条例で定めるこ   とができる(最判昭50.9.10)のであって、法令の個別的授権は   必要ではない。 本試験2003年出題 問  次の記述のうち、誤っているものはどれか。 肢5 条例で罰則に関し施行規則に包括委任することは許されない。 答え 正 解説 そのとおり。判例によれば、条例によって罰則を定める場合、法律の授権が相当程度具体的であり、限定されていなければならない(最判昭37.5.30)。したがって、条例が、条例よりさらに下位のほう規範である施行規則に、罰則に関し包括委任することは許されない。 質問1 上記2000年の問題解説を読むと、上乗せ的な規制を条例で定めるのに法令の個別的授権は要らないと書いてあって、2003年の問題解説を読むと、条例で罰則を定める場合、法律の授権が相当程度具体的に必要と書いてあるのですが、結局、条例で罰則を定めるには「法律とか法令とかの授権」が必要なのですか? 質問2 「法令」とは、「法律・命令」のことですか?それとも「法律またはこれに基づく政令」のことですか?

  • 地方自治法についてお尋ねします。

    町内会住民と非加入住民との間で些細なトラブルがあります。 それで、町内会長の権利と義務、その地域の町内会に加入しない住人の権利と義務についてお尋ねします。 地方自治法などでは、事細かに規定していますが、いささか、素人には誤解を招くように作られているように思われます。ここで整理したいと思います。 --------------------- 第260条の2 町又は・・・に基づいて形成された団体は、地域的な共同活動のための不動産又は不動産に関する権利等を保有するため市町村長の認可を受けたときは、その規約に定める目的の範囲内において、権利を有し、義務を負う。・・・2 前項の認可は、地縁による団体のうち次に掲げる要件に該当するものについて、その団体の代表者が総務省令で定めるところにより行う申請に基づいて行う。・・・・・ ------------------------ 条文をよく読むと、次の考えに違法性はないように思えますがどうでしょうか。 1. 町内会に属する住人と町内会に属する住人との間では、この地方自治法による権利・義務は発生しない。もちろん、憲法・法律のほか、道徳的権利義務が発生することは当然です。たとえば、路上で苦しんでいる人がいたら救急車を呼ぶとか。 2. 町内会長は町内会の構成員に対しては権利・義務を負うでしょうが、非町内会住民には何の権利も義務もない。もちろん一住民としての権利・義務は言うまでもありませんが。 3. 住民には地方自治法による町内会設立の義務も、加入の義務もない。町内会維持を目的とする会費納入の義務はない。 4. 町内会が上部町内会組織に加入する義務はない。

  • 地方自治法第96条

    地方自治法第96条では地方議会での議決事項を定めています。 この他に、その2で「条例で普通地方公共団体に関する事件につき議会の議決すべきものを定めることができる」としています。 地方分権化が促進されていく中で、議会の果たす役割も大きくなっていきます。個性あるまちづくりを推進していくために、行政が提案する「基本計画」は、市民と共に推進されるべきであり、その為には「障害者計画」『福祉計画』『環境計画』「都市計画」『商店街活性化計画』などの行政の諸々の基本計画の議決を条例化し、議会の承認を得るべきであると思いますが、みなさんの意見を聞かせてください。