• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

町長の選挙活動

わたしの町で4月に町議選が行われようとしています。年明けから立候補する議員さんが戸別訪問などをはじめていますが、町長がその候補者の一人の応援をしていると聞きました。 町長は、特別職公務員だと思いますが、これは公職選挙法に違反する行為ではないでしょうか? 詳しい方の回答をお待ちしております。 第136条 公務員等の地位利用による選挙運動の禁止 第136条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、その地位を利用して選挙運動をすることができない。 1.国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人、特定地方独立行政法人若しくは日本郵政公社の役員若しくは職員 1.その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与し、若しくは関与することを援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。 2.その地位を利用して、投票の周旋勧誘、演説会の開催その他の選挙運動の企画に関与し、その企画の実施について指示し、若しくは指導し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1888
  • ありがとう数23

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • lequeos
  • ベストアンサー率54% (308/566)

まず、町長は特別職の地方公務員となります(地方公務員法3条)。 ところで、ご指摘の公職選挙法の趣旨は、「公務員が、その地位を利用して選挙活動をする」ことを禁じるものです。 ですから、町長が、その地位を利用して選挙運動をする(具体的な例で言えば、上司としての地位を利用して、町職員に特定候補への投票(特定候補に投票しないことも含めて)を命じたり、働きかけたり、あるいは支援したりするなど)は禁じられます。ただし、特別職は、一般の公務員と違い政治活動そのものが出来ないわけではないので(地方公務員法4条と36条参照)、その地位を利用しない限り、特定の候補を応援すること自体は許されます。それは、町長自身が選挙を通じて選ばれていることからも明らかです(町長が選挙活動が出来ないのだとしたら、現職は、再選を目指すことが出来なくなってしまう)。 というわけで、「町長としての地位(職務権限)を利用しない限り、違法ではない」というのが答えになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な御回答ありがとうございます。 地位を利用して、というところに抵触すると問題になるかもしれないということですね。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • teinen
  • ベストアンサー率38% (824/2140)

 「地位利用」があるかなしかで判断します。  例えば,町長が町の職員に対して,「この候補者に投票するように。」と言えば,地位利用です。保育士が保護者に「この候補者に投票してくださいね。」というのも地位利用です。生活保護のケースワーカーが生活保護受給者に対して「この候補をよろしく」ということも地位利用です。  この人の言うことを聞かなければ不利益を被ると感じさせる行為が禁止されています。  町長や一般職の公務員が一般町民に対して,「この候補者に投票してください。」と言ったところで,一般町民はそれに背いても不利益を被ることはありませんから,「地位利用」に該当しません。  一般職の公務員は,選挙活動をしてはいけないことになっていますので,応援演説をしたり,選挙運動員になることはできませんが,そもそも選挙で選ばれる職の人は,自分のための選挙活動をしなければなりません。「選挙活動をしてはいけない。」と規定してしまえば,現職の候補者は全く選挙活動ができないことになります。ですので,地位を利用した選挙活動をしない限り,違法ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 「地位利用」のあるなしが、問題になるということですが、判断は少し難しそうですね。 町長は自分の後援者(選対)に、応援するひとりの議員の選挙活動を行わせているということのようです。 田舎なので、なんでもありというところはあります。 もう少し、様子をみようと思っています。

  • 回答No.3
  • yora
  • ベストアンサー率52% (49/94)

戸別訪問の方が問題ですが。 地方公務員法の問題と公職選挙法の問題を混同していると思います。 地方公務員法では、政治活動の禁止を定めていますが、その対象は一般職です(普通の公務員)。特別職に制限はありません。 ただし、公職選挙法で指す公務員には、特別職も一般職も両方含みます。「地位を利用」した場合だけ問題になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

町長は・・・地方公務員ではないですか? 地方公務員法第3条第3項だと ・就任について公選又は地方公共団体の議会の選挙、議決若しくは同意によることを必要とする職 (都道府県知事、市町村長、議会の議員、副知事、助役、出納長、収入役、行政委員会の委員など) だから・・・前提条件が違うと思うよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 町長の選挙活動

    5月投票日の町長選に立候補予定の現職町長が平日昼間に私立中学校にやってきて自身の後援会ビラをたくさん置いていきました。後援会ビラは選挙活動ではなく政治活動となるみたいで公職選挙法には抵触しないようですが、こんなことってゆるされるのですか? 明らかに町長としての地位を利用していると思うのですが、しかも公務中では?

  • 町長選挙の選挙活動について (戸別訪問)

    町長選挙が、2007.4.22に行われます。 町長選挙に2人立候補しているうちの一人(本人と奥さん)が私の自宅に来て 「町長選挙に立候補している○○です。まだ名刺しかできていませんが、よろしくお願いします。」 と言って名刺を渡して行きました。 この行為は、戸別訪問の禁止(公職選挙法第138条)に該当しないのでしょうか? 私の調べた限りでは下記のようなものがありましたので、公職選挙法違反に当たると思うのですが専門家の方がいらっしゃいましたらご教授願います。 ----------------------------------------------------------- 「ごめんください」 こんなあいさつをしながらいろんな客が訪ねてきます。人が訪ねてくるのはおおむねうれしいものですが、中には迷惑な客もいます。選挙の時に投票依頼のために訪ねてくる人は、たとえどんなに親しい人であってもやはり迷惑な客といわなければなりません。 戸別訪問というのは、文字通り一軒一軒訪ねて歩くということですが、公職選挙法は、選挙の投票依頼のために戸別訪問することを禁止しています。 戸別訪問は、買収の機会として利用されやすく、また、強迫まがいの投票依頼が行われたりするので、禁止されているわけです。 戸別訪問を禁止する公職選挙法の規定はかなり厳格に運用されています。例えば、住居に限らず、工場や会社などを訪問することも戸別訪問になるとされていますし、家の中に入らず選挙人宅付近の道路上に呼び出して投票依頼をすることも戸別訪問になると解されています。 また、相手が在宅していようといまいと、依頼の目的を達していようといまいと、戸別訪問罪が成立することに変わりはありません。 なお、演説会を告知して歩いたり、候補者の氏名や政党・後援団体の名称を言い歩いたりすることは、投票を依頼する目的の有無にかかわらず、戸別訪問と見なされることになっています。

  • 公職選挙法に出てくる「行政執行法人」について

    突然の質問ですみません。    公職選挙法第136条の2(公務員等の地位利用による選挙運動の禁止)第1項において、「行政執行法人」という文言があります。この文言については、もともと「特定独立行政法人」という文言であり、独立行政法人通則法の一部を改正する法律において”独立行政法人制度を廃止し、行政法人制度を創設する”という部分が施行されたのを受けて、公職選挙法についても改正されたものだと思われます。  質問ですが、  ・独立行政法人通則法の一部を改正する法律の「行政執行法人」の部分が施行されたのは平   成何年何月何日でしょうか。 (関連 http://www.soumu.go.jp/main_content/000161429.pdf)  また、  ・公職選挙法第136条の2第1項の「行政執行法人」の部分の改正が施行されたのは平   成何年何月何日いつでしょうか。  国の職員の方や、法律関係に詳しい方等、ご教示ください。

  • 【名古屋市長選挙】公職選挙法違反、大丈夫?

    前略  名古屋市長選挙が本日行われていますが、節々に公職選挙法ギリギリ の選挙活動を行うなぁ、と思われる候補者が続出しているのですが、 要するにギリギリだったら良いのですよね?公職選挙法に反し なければ、ギリギリだったらそれらの行動はおこなっても良いの ですよね?思うところお書きください。  私は節々で、ギリギリの選挙活動を候補者は行っているけど、 もしギリギリの一線から飛び越えていたらどうしたものか、と、 色々考えさせられるのですが・・・。  Wikipediaより公職選挙法に違反する行為を以下に列挙します。 どの候補者もみんなこれ守れているかな?思うところ お書きください。一線超えた候補者の行為があったら気になるので それも教えてくださると幸いです。まぁ、そんな事は無いか。 正しい選挙が名古屋でおこなわれていますよね??教えてください。 Wikipediaの情報は2013年4月21日現在の情報です、なお法律を正確に 反映させた情報とは必ずしも言えないでしょう、皆が情報を提供しあって 情報をまとめあげたサイトですから。 ■公職選挙法に反する行為一覧■ 【自由妨害罪】 候補者のポスターを剥がす、いたずらをするといったポスターへの 棄損行為や候補者への暴力行為。2010年の参議院選挙では前原誠司 国土交通大臣が演説中に有権者から投石を受けた事例や、長崎市の 市長選挙では立候補した前市長が銃撃され死亡するという事件も 発生している。 【買収】 金品で有権者に投票を依頼する、または取りまとめを依頼するなどの 行為。「金権政治」となってしまうため、禁止されている。法律上、 現金でなくても、缶ジュース1本でも買収は成立する。 【事前運動】 事前運動を行うと、選挙期間が無制限となり多額の費用がかかるので、 禁止されている。しかし2009年の総選挙では選挙公示前に候補者が 候補者名ではなく「本人」というタスキを付けて活動を行う現象が 起きたがこれは選挙違反には当たらないものである。 【戸別訪問】 買収に結びつきやすいとされ、以前は逮捕事件も起きている為現在は 禁止されている。しかし、対話により直接政策を知り、深める手段 として、解禁を求める動きがある。 【人気投票の公表】 人気投票の方法が必ずしも公平とは言えず、その結果によって 有権者が影響されたりすることを防ぐため禁止されている。 新聞社等が行う世論調査は調査員が被調査員に面接して調査をした 場合に該当し、人気投票には当たらないとされている。 【特定公務員の選挙運動の禁止】 特定公務員は選挙運動に参加することは禁止されている。 なお、特定公務員に限らず公務員(議員などを除く)が、公務員 として選挙運動を含めた政治的行為を行うことは、国家公務員法及び 地方公務員法などにより禁止されており、地位利用の有無に関わらず、 法令に違反する行為となる(但し、一個人としての選挙運動は個人の 自由であるため、一部の運動を除き認められる)。 【地位を利用した選挙運動の禁止】 一定の公務員や教育者は地位を利用した選挙運動をすることが 禁止されている。 【不特定多数への法定外文書図画の頒布】 野放図な宣伝費をかけないようにするために、このような制限が 設けられている。しかし、インターネットが発達し、多数の人々が 瞬時に情報に触れることができる現代においても、インターネットや メールによる候補者の情報発信(ネット選挙)は公示後から投票日 まで制限されている。このため、多くの政党や候補者のサイトは、 法律に抵触することを防ぐため、選挙期間中は更新しないなどの 措置を取っている。近年ではブログやツイッターなどを行う候補者も 珍しくないが、選挙期間中はこれらの書き込みも停止されることが ほとんどである。 ただし、そもそも公職選挙法にこのような条文が制定された時代は インターネットの発達を想定しておらず、これほどインターネットが 発達した時代にあって、この制限は有権者の情報取得を阻害している 欠陥にもなっており、改革を求める意見が高まっている。 インターネットでの選挙運動が禁止される一方で、電話やはがき、 新聞広告などでの選挙運動は合法であり、法律の矛盾が指摘 されている。 比較的安価で自らの主張を発信できるインターネットは、知名度や 資金力に乏しい候補者にとっては有用な手段であるため、 インターネットの制限は多様な人材の政治参加を妨げているという 批判もある。しかし一方で、ネット上では「なりすまし」などが 容易に行なわれることから、悪質な選挙妨害に利用されかねない として、全面的な解禁には慎重な意見もある。現実に、 ツイッターでは、有名人などになりすまして、さも本人であるかの ように書き込みを行う事例も報告されており、選挙に悪用される 可能性も否定できない。 インターネット上での投票呼びかけなどの選挙運動はできないものの、 ウェブサイトなどでプロフィールや政策に関する意見を述べたりする ことは選挙運動とは異なるため、基本的には制限はなく、その範囲で ならば選挙期間中もサイトを閉鎖したりする必要はなく、有権者は 自由に閲覧することができる。近年では多くの政党や議員が ウェブサイトを開設しており、多くの有権者がそれらを情報源として 活用している。 2009年9月に、民主党を中心とする連立政権が発足した。民主党は インターネット使用の制限の大幅な緩和に積極的な姿勢を見せて いたが、法的には何も変えることができず2012年11月に国会は解散し、 2012年12月、再び政権交代を迎えることとなった。一方で同党議員の なかには「見切り発車」とマスコミから指摘される中で、完全に 合法と称して強行する議員も出た。 【投票干渉】 企業、業界、宗教団体、福祉施設などにおいて特定候補者への投票を 誘導する行為。経営者や職員らが利用者の特定候補への投票を 誘導する行為が行なわれることがあり、逮捕された事例も多く最近は 増加傾向にある。事例としては特定の業界が支援する候補者への 投票依頼、宗教団体による特定候補者への投票依頼やそれらを 遂行するための投票監視などがある。近年の選挙では自らの判断で 投票することが難しい知的障害や認知症を持つ人が利用する施設に おいて問題となることが多く摘発された事例も少なくない。2001年の 参議院選挙では創価学会が認知症の人間を投票所へ連れて行き ある特定の候補者のみの名前を書く練習をさせたり、名前の書かれた メモを渡す、代理人が本人の意思と称し特定候補者への投票を 行おうとしたとして5件の選挙違反が摘発され、複数の学会員が 逮捕された。2010年の参議院選挙でも同様のケースで2件の選挙違反が 摘発された。                               草々

  • 「選挙運動」と「選挙運動のための労務」は何が違うのですか?

    公職選挙法において「選挙運動」と「選挙運動のための労務」は何が違うのですか?よくわかりません。 労務 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=19649800&p=%CF%AB%CC%B3&dtype=0&stype=0&dname=0na&pagenum=1 この場合の労務とは1か2どちらですか? また、「選挙運動のための労務」とは具体的にどんな行為が想定されているのですか?

  • 選挙日の選挙運動は、ダメなんですね

    選挙運動をするのは、告示日から選挙日の前日までとあります。 しかし、選挙日にも、いろいろ訴えてたような気がするんですが、連呼行為ならOKだったんでしょうか? 候補者が、名前入りたすきをかけて、普通に買い物をするのは違法でしょうか? 時間外(8pmから8am)だったらどうでしょう?

  • 町長選挙の執行をやめさせたい。

    宮城県瀬峰町の任期満了による町長選挙の執行が町選管により、決定されました。瀬峰町は、17年4月1日に他の9町村と合併し栗原市(新市)となります。 瀬峰町長の任期は17年3月19日ですので、新町長の任期は12日間です。私は実質的価値のない町長選挙はやるべきでない、と町民の方々と町選管に申し入れてきましたが、公選法33条の規定により執行をする。行政として法律の規定に反する事はできないと執行をきめました。秋田県河辺町は公選法の条文に反して選挙執行しない事を決めました。これは26年の判例に従ったとのことでした。 12日間の町長は実質なにもできません、選挙費用400万と新町長の給与、退職金が無駄な経費になると思います。 これを中止させるためには、今後どのようにしていったらよいでしょうか。選挙管理委員の解職請求、行政訴訟等、教えてください。なお瀬峰町は人口5500の小さな農村で住民運動の経験はほとんどありません。私もその経験はありません。何卒よろしくおねがいします。

  • 区長には、町長選挙での活動制限事項はないのでしょうか?

     私の住んでいる町内で、現在町長選が繰り広げられているのですが、地区の区長がビラ配りや町長候補者を引き連れての挨拶回りなど、積極的に活動しています。本日も、町政・議会報告会として、区民会館での集会に参加するようにお願いされました。住んでいる地区の区長から言われると、参加しなくてはいけないような気がするのですが・・・これって、「区長の権限を利用しての活動じゃないのか?」と、疑問に感じているのですが・・選挙違反にはならないのでしょうか?

  • 埼玉県知事選挙の応援演説に現職町長が8時30分から参加していいのですか?

    現在、埼玉県知事選挙中で、候補者が支持を訴えています。 今週のある日、町役場の執務時間である午前8時30分から午前9時まで、現職上田知事が埼玉県東部の町役場の敷地のすぐ外の駐車場に演説カーを止め、演説をしました。 そこへ、この町の町長が来て、「この町には上田知事が必要なんです」と応援演説をしました。 そこで疑問が出たのです。 法的な観点での疑問ですが、 「町長は特別地方公務員だと思いますが、公職にあるものが、選挙期間中に特定の候補者に偏った意思を表明し、聴衆に対し投票を促す行為をしてよいのでしょうか」 慣例としてはよくあることかもしれません。 ただし、この慣例も正しいことなのかという原点にもどって教えていただきたいと思います。 また、正しくないとしたら、選挙違反で逮捕されるかどうか、(上田知事が応援演説を依頼していたとした場合)上田知事に連座制は適用されるかも教えてください。 よろしくお願いします。

  • ホームページで選挙運動やっていいんですか?

    ホームページは、一市民にも発言の機会が持てて大変便利なものだと思います。 政治についても、なんだかんだ言うことも自由だと思います。 ただ、「選挙」となると公職選挙法とかあって、立候補している人がホームページを 使って選挙運動することはできない、と聞いたのですが、ほんとうでしょうか? 候補者が出来ないとしても、私たちが自分のホームページで、ある候補を応援したり、 反対したりするのは、許されるのでしょうか? (選挙期間中の話です。) まぁ、そんなにアクセスのないホームページでは、摘発されることもないのかもしれませんが、 あとで、捕まると大変なので、教えてください。