• 締切済み
  • 暇なときにでも

在来工法とツーバイフォーの違い

こんにちは。 在来工法とツーバイフォーの違い、なんとなく解ってます、軸の組み合わせが在来、面のそれが2×4?。 どちらがいい?となると漠然としてますが、各々いい面悪い面あるのは間違い無いでしょう。 簡潔に比較して頂けると有り難いのですが。 大手ハウスメーカーは2×4が多いのかな? 今後の見通し等(シェア?)も教えて頂けると幸いです。

noname#79085

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数3752
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.7

> 「軽量鉄骨造にシフト」そうですね、展示場でもちらほら見ます。これのメリットって何ですか? 鉄骨はプレハブにあっているからだと思いますよ。木はやはり有機物であるから、狂いが出たり、個々の材料が均一でない分、製品の精度・性能をすべて同じレベルに統一することが難しいね。それに現場が早いし、職人の技術差がそれほど影響しないから、安心感はあるね。 > 経年変化しにくいとか?。 確かにそうですね。それに、躯体を建てている最中に雨に降られたとしても、鉄ならまあ木よりいいしね。これ、経年変化関わってきそうでしょ。 > でも大量生産しないとコスト的におっつかないから、大手だけですかね現状。良く解りませんが。 そうですね。メーカーの建物には多くの頭脳が注ぎ込まれているみたいですよ。生産の設備も大変だし、国の構造の認定もとらなきゃいけない。大手じゃないとできない仕事でしょうね。 > 増改築の対応って柔軟に出来るのかなあ? できるようですよ。最近はどこのメーカーさんも力を入れているみたいです。 平凡だけど安心感や安全性・ある程度の快適性を望むなら大手ハウスメーカーがいいんじゃないかな。でも、自分の理想や個性あるライフスタイル、こういう空間に身を置きたいという希望がわりとハッキリしている、気にかかる建築家がいる、なんかの場合は建築家に頼むといいと思います。建てるほうもいっぱい勉強しないといけないけどね。それもまた、楽しかったりする。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、誠に有難う御座いました。 大手出身の方?細部までお詳しいようなので。

関連するQ&A

  • ツーバイフォーと在来工法の寿命

    ツーバイフォーと在来工法はどちらが寿命が長いのでしょうか ちなみに,一般的にどれくらいの寿命なのでしょうか

  • 在来工法と2×4について

    いつも皆様には助けられてます!ありがとうございます。 色々な方の意見やサイトなどからですがお互いの長所・短所は理解できました。 今回は感覚的な事をご教授いただきたいと思います。 日本は湿気が多いから在来工法が良い・2×4より在来工法の方が『木材』を多く?使っているので健康に良いとか見かけますが、実際のところどうなのでしょう? 私自身、よく分からないくせに日本人は在来工法だ!なんて思っているので・・・ 在来・2×4のどちらも住んだ事のある方やどちらかに迷った方などのご意見を頂ければと思います。

  • ツーバイフォーで在来工法用サッシを使えませんか?

    住宅のデザインをしております、ツーバイフォー工法でプランニング中です。 ツーバイフォー用のサッシは最大幅で1間半サイズしか無いようなのですが構造的には2間開口までは可能なのでなんとか2間幅の掃き出しにしたいと考えています、在来工法用の半外付用で2間幅のサッシを使用する事は可能でしょうか?納まり上注意点などありましたら教えていだだけないでしょうか。

  • 回答No.6
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

適切な構造計画と施工がなされていれば在来工法、2×4共、耐震性は全く変わりません。 阪神大震災のおり、2×4がつぶれなかったというのはメーカーの非常に姑息な嘘の宣伝です。2×4が単に新しい工法であったために新しい基準で建てられていたからに過ぎません。在来の家でも新しい基準で建てられた家は潰れていないのです。いまだにそんな噂が残っているのは驚きです。(統計でも確かめられています) それと、どちらが良くて、どちらが悪いという考えもおかしな考え方です。善し悪しが出てくるのは計画次第です。計画が悪ければどちらの構造であろうと問題が出てきます。たとえば2×4でも将来を見据えたフレキシブルなプランで対応すれば耐力壁の問題もクリアー出来ます。 (長くなるのでこれ以上は書きませんが) 設計事務所に依頼しようかな、というような書き込みもありましたが、是非そうしてください。HMと違って営業マンがプランをするのではなくプロがプランを行いますのでメーカーとはひと味違った物ができあがると思います。和風がお好みならその方面に強い事務所を探された方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「メーカーの非常に姑息な嘘の宣伝」ですか、以下の文を読んで理解出来ました。 ところで今回の我が家の増築は地方大手HMにお願いしたのですが(単純に相見積り5.6社、一番安かった)営業マンは、契約したら呼ばない限り2度と来なかった。(薄々解ってたけど) 和室は義父が暇プラス建築好き(素人で確認申請までした経験の持主!)でしたので、デザインは任せました。 説得力あるご回答、誠に有難う御座いました。

  • 回答No.5
noname#78261

私は在来派です。 現在の木造を耐震パネルや筋交いで補強すれば耐震性に不安はありません。基準以上にどれだけ設計するかということになります。まあ、本当は伝統工法の太い柱で耐久性のある家作りがしたいのですけどね。耐震に関していえば軸組みという工法は本来揺れない構造ではなくゆれる構造であるという事です。高層ビルはこの柔らかさのある構造を利用してつくられています。自然の驚異に立ち向かう箱(2×4)のイメージよりも揺れながらも建つという構造が私は好きだからです。今後免震・制震技術が発達するにつれ軸組み工法の耐震も安定さを増すと思います。 もうひとつ私が在来派な理由は日本の気候が多湿である事です。耐久性の面から考えて構造体の換気を保つ事は重要な課題です。考えとして密閉式の2×4よりも軸組みのほうが(モチロン気密工法をとっても)構造体の換気状態が容易に保ちやすいと考えているからです。 ただ、食糧自給率のように日本の林業は現在好調とはいえません。外材に頼っているのです。森林70%である日本が木を育て木と共生するという意味を日本人がたくさん好きになってもらいたいと感じます。 あと残念なのが価格ですが2×4は入ってきた在来と比べてフレーミング工賃が安く当初住宅価格がかなり安くなるという話でした。しかし現状は微少な差しか生まれていません。ユーザーに安く提供できる話はどこにいっちゃったのでしょうかね。そこが不満です。 メーカーはポリシーもあるけど利益も確保ですから2×4は耐震イメージもよいのですが建売が多いようにも思います。住宅を在来で建てたい人のニーズは60%といいますので人気があります。現実住宅の構造割合非木造が55%、木造45%前後のなか、いまや在来の敵は(そんないきり立ってもいませんが)鉄骨系住宅という感が否めません。今後は在来は耐久性のいい家作りが今後国で推進されたり、伝統工法の構造を認めていくなどの動きがあるのでまだ、シェアを増やす希望はそのあたりの動向も関係するのではと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変丁寧なお答え誠に有難う御座いました。 私も確たる根拠はなしにですが、在来派なんです。 今住んでる家(義父の家)、かつて住んでた実家共、在来だった事に単純に起因してるかな、愛着があると。 それと、やはり和室にこだわりを持つとどうしても在来の方が、大工さんやり易いんじゃないかな。(今、和室増築中なんです)。和室は大工さんの腕次第で全然違ってきますからねえ。 そんなとこです。

  • 回答No.4

5年ほど前に家を建てましたが迷わず2×4にしました。 私の場合は、阪神大震災を経験していたので倒壊する家屋の怖さを強く感じていました。2×4の家は大きな被害を避けられていました。逆に各社が優秀な職人と設計士を使って建築している住宅展示場のモデルハウスでも在来工法の家では大きな被害にあっていたので在来工法は選択肢から全く外れていました。 結露(腐食?)のリスクは高気密・高断熱であれば高まりますが、最近は防露対策のレベルがかなり上がってきたので普通に(きちんと)施工すれば問題はありません。具体的には構造用合板と外壁の間に通気層を取り、室内の断熱材に防露フィルムを施工、機械式計画換気システム(第一種、第三種)をするなどです。 間取りの変更も可能です。ただし耐力壁と呼ばれる壁を壊すことができないので在来工法より制約はありますがこれも耐震性能のためと考えるべきでしょう。 2×4工法(枠組み壁工法)は国内では後に入ってきた工法ですので日本では北米の基準よりも厳しい基準になっています。

参考URL:
http://www.2x4assoc.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2×4の唯一かつ大きい欠点は、耐力壁の存在と見ました。 ここをどう解釈(妥協?)するかがポイントになりそうだな。 現実ばかでかい空間なんて一般住宅には不要でしょうからたいてい妥協出来そうな気もしなくもなくもない・・・(良くは解りませんので)。 貴重なご意見誠に有難う御座いました。

  • 回答No.3
  • guchi-
  • ベストアンサー率28% (13/46)

どちらにするか悩ましいところですよね。 私も色々悩んだのですが、結局2×4に近い在来にしました。 在来に面材をはれば耐震性は向上するし、構造用合板ではなく、ダイライト等の通気性の高いものを使えば耐久性も増します。 双方の長所をうまく融合すればいいんだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「双方の長所をうまく融合」そうですね。「あれかこれか」でなく「あれもこれも」と柔軟に考える事。こうなるとハウスメーカーではあんまり親身にやってくれないだろうから、設計事務所頼みが良いかな。誠に有難う御座いました。

  • 回答No.2

 こんにちは、以前に在来工法、2×4工法どちらの設計にも携わった事がある建築士です。  おっしゃる通り、在来工法は軸組み工法で、マッチ棒で柱や梁を作った家の模型を想像して頂いたらわかりやすいと思います。ジャングルジムみたいな感じですね。でも、指で押すとグラグラしそうでしょ。そのために、スジカイ(斜めの材料)入れて補強します。これで地震にも耐えられるしっかりしたものになります。  一方、2×4工法は2×4の角材を枠にして構造用合板を張ったパネルをパタパタと立てていく感じです。在来の軸に対して2×4は面で構成されているんですね。面で構成されるぶん揺れには強いです。  在来工法は日本従来の工法なので日本の気候風土に合っていてそれなりの実績があります。信頼できます。スジカイをきちんと入れることによって地震にも強い家になるでしょう。さらに、2×4で使う構造用合板を張ればさらに強くなります。  2×4はカナダや北欧が有名です。耐寒性や耐震性には確かに優れているようですが、湿気の多い日本にあうかどうかというと私は少し心配です。密閉性が強い分構造体の腐食が気になります。  ハウスメーカーはいろいろな工法を出していますが、有名どころは、木造よりは軽量鉄骨造にシフトしてきているように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「軽量鉄骨造にシフト」そうですね、展示場でもちらほら見ます。これのメリットって何ですか?経年変化しにくいとか?。でも大量生産しないとコスト的におっつかないから、大手だけですかね現状。良く解りませんが。誠に有難う御座いました。増改築の対応って柔軟に出来るのかなあ?

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

はじめまして! 大手ハウスメーカーから中堅どこのメーカーも2×4が多くなっています。 原因は、大工さん不足と在来工法に比べ大工の技術力を気にしなくても良いからなのです。 難しい細工・加工を必要としないからですね。 2×4より在来工法のもっとも優れているところは、将来、家族構成や生活形態が変わり増改築または改修する場合、容易に対応出来る点です。 2×4は、在来工法より優れている部分は耐震性です。 2×4は、将来の増改築・改修に際しては、大きな制約を受けます。 既存の大きさの部屋を小さくする事が出来ても、壁を取り払って広くする事が出来ません。また窓の位置や大きさを変えるにも大きな制約を受けます。 貴方が将来住宅を買うか又は建てる場合は、住んだ後の将来をどう考えるかで在来工法にするか、2×4にするか決めなくてはならないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に解りやすく書いて下さり、誠に有難う御座いました。将来を見据えて(増改築ありと)考えると、在来が有利ですかね。

関連するQ&A

  • 在来工法と2×4

    実家の建替えを検討中です。 在来工法のローコスト住宅か2×4工法で悩んでいます。 静岡という土地柄2×4の耐震性と出来上がりに差がつきにくいという点で とても魅力的なのですが、どうしても湿気が心配です。 在来工法は、ローコストでしか建築できそうにないので 大工さんの力量によるのかなぁと不安があります。 どちらにも長所・短所があるのはわかっているのですが、 いろいろ見ているうちにわからなくなってきてしまいました。 住宅に詳しい方、アドバイスをお願いします。

  • 2×4と在来工法

    一軒家を購入することとなりました 予算の都合で建売です まだ基礎も造っていない段階なので内装の色やドアなどは選択できますが、基本設計や構造にまでは注文はできません 建築会社は2×4も在来工法も施工実績があるのですが、今回の物件は在来工法です 建売を建設する側としては在来工法を選択する理由にどのようなことが考えられるのでしょうか?

  • 在来工法と2×4のどちらかにしようと思っています。

    古い家の立て替えを計画しています。(1)在来工法(積水ハウス・住友林業)(2)2×4(三菱地所ホーム・三井ホーム・住林ツーバイフォー)の5社を候補に考えています。 ・2世帯住宅(夫の母親、私達夫婦、子供2人) ・子供が2人アトピー、残る3人も花粉症 ・昔かたぎの姑ですので、基本的な生活としては、就寝時を除く一日中窓という窓が開いていることになる。真冬でも;;(ただし、花粉の時期位ははしっかり言えば協力してくれるかも) ・箱の形は工法に合わせるとしても内部の間取りは、1階と2階ではかなり違いが出る 【質問(1)】シックハウスについてきになります。2×4では、機密性が高すぎで、化学物質が抜けにくいと思ってきましたが、今時の在来工法でもかなり機密性が高く、むしろ24時間換気を徹底している2×4の方が安全なのか?と思い始めましたが、如何でしょうか? 【質問(2)】上記5社の中でシックハウスについてより熱心なメーカーはありますでしょうか? 【質問(3)】5社を比較検討するにあたり参考になるサイト、本などご存知でしたらご紹介願えませんでしょうか。 【質問(4)】ご自身でこの中で順位をつけるとしたらどのような順位を付けられますか?またその理由も教えていただけると嬉しいです。良い点も悪い点も是非お聞ききしたいと思います。 本来でしたら設計士などに依頼しじっくりと家について考えたいなどと夢を見ておりましたが、二世帯住宅を建てるという部分で精神的な負担も多く、手っ取り早く話を進めてしまいたいという気持ちが強くなり、ハウスメーカーを選ぶことにしました。 お恥ずかしい話しですが。 他にも参考になるような事がありましたらいろいろアドバイスいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 在来工法での気密値について

    現在、一戸建ての購入を検討している者です。 そこで、疑問に思った事があったのでご質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 先日、建売住宅を見学しに行ったのですが、その建物は在来工法との事で、仲介業者に「気密値」について尋ねた所 「高気密、高断熱の2×4なら気密値が大事で24h換気も必須だが、在来工法と言うのは通気性が良いので気密性は必要ない。換気システムも本来ならいらない位だ。気密値と言うのは2×4の為のもの」 との事でした。 しかし、後でよく考えたらそんなに風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか?と疑問におもいました。 ほんとの所、どうなのでしょう?お詳しい方の情報をお待ちしております。 宜しくお願い致します。

  • 在来工法の坪単価について

    1.在来工法で40坪ほどの家を建てようと考えております。そこで一般的な平均坪単価について教えてください。 (1)大手ハウスメーカー (2)地元建建設会社 (3)地元工務店

  • ツーバイフォーと在来工法のオール電化のメリット

    現在新築を検討しているのですが検討しているHMが2社あります。 A社は在来工法で断熱材はセルローズファイバーを使った次世代省エネ基準(II地域)の仕様です。 もうB社はツーバイフォーで床ポリスチレン保温板、壁グラスウールといった仕様です。オール電化で蓄暖を入れたいと思っているのですがA社は高気密高断熱で次省エネということもありオール電化が標準仕様で(蓄暖はオプション)光熱費も抑えられいいなぁと思っています。B社はツーバイフォーということで高断熱高気密とはありますがオール電化は標準でなく、次世代省エネなどの表現もありません。しかし建築費の坪単価が安いので魅力があります。そこで皆様にご教授頂きたいのがA社とB社を比較した場合オール電化で蓄暖を採用した場合どちらが効率的になるのかということです。なるべく光熱費は抑えられればいいなぁと思っています。 私の住んでいるところは山形県でIII区域のII区域に近い方といった感じになると思います。大人2人子供3人の5人家族です。説明が足りない所は補足いたしますのでよろしくお願い致します。

  • 在来工法浴室とカワックについて。

    こんにちは。 まだまだ寒いというのに給湯器が故障してしまいました。かなり古いので、買い換えを予定しているのですが、一緒にカワックを付けるかどうかで悩んでいます。 我が家は戸建てで、古いタイプのお風呂です。床壁ともにタイルでいわゆる在来工法ですね。こういうタイプのお風呂でも、カワックは有効でしょうか。カワック、いいよ、という話はよく聞くのですが、知る限りでは、ユニットバスの方ばかりで。 エアコンも古いお家だと気密性が低くて利きにくいですよね。そんな風にカワックも利きにくかったり、ガス代が高くついたりするんでしょうか。 在来工法のお風呂でカワックをご利用の方、ご感想・ご使用感をお教えください。

  • 2×4工法について

    私は木造在来工法の現場監督を長年してきて、木造在来工法については知っているのですが、2×4工法についてはズブの素人です。そこで教えて欲しいのですが、2×4工法は一般的に最大スパンでどれぐらい飛ばせるのしょうか?

  • 在来工法の家の施工は床から? 壁+屋根から?

    一条工務店で家を建てようと検討中ですが、家の施工の流れで教えてください。 「セゾンF+夢の家」で検討中ですが、カタログを見ると家の施工の流れが、 一階床→柱、壁と断熱材→二階床→屋根 の順番になっています。 (住友林業のマルチバランス工法も同様のようです) これって2×4工法の施工の流れと同じですよね? これだと、基本的には屋根が出来るまでの間に雨が降ると、床や断熱材がもろに雨の影響を受けますよね? 在来工法というと、一般的には 柱、壁→屋根(これで雨をしのげるようになってから)→床や断熱材 になるのではないでしょうか? 「夢の家」なので「在来工法+壁」となり、2×4工法に近いと言えば近いのかもしれませんが・・・。

  • ハウスメーカー選び 工法について

    自分は建設業をしていて、主に在来工法か2×4の住宅を手がけています。 自分の住む地域には大体、一条工務店、ワールドハウス、アイフルホームなど在来工法がほとんどです。 最近自分が家を・・・ と思い、いろいろなハウスメーカーを見たりしますが、鉄骨ラーメン構造や鉄骨パネル構造といった工法ですが、この様な工法は後でコンセントが欲しいなぁとか思った時露出になってしまうのですか?? 実際のところできれば後々天井内で自由のきく在来工法でと考えています。 ラーメン構造のメリット、デメリット 鉄骨パネル構造のメリット、デメリット 木造在来工法のメリット、デメリットも教えてください。 お願いします。