• 締切済み
  • すぐに回答を!

酢酸エチルの収率について

エタノールのエステル化反応で無水酢酸と酢酸を用いた場合では、無水酢酸を用いたほうが収率がよい。これはなぜか、という問題ですが これは「酢酸を用いる場合、水ができるので、生成した酢酸エチルが加水分解する逆反応が進行するから」ですか? よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数3826
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#62864
noname#62864

「酢酸を用いる場合、水ができるので、生成した酢酸エチルが加水分解する逆反応が進行するから」というのは変ですね。逆反応が進むのではなく、ある程度以上は反応が進まなくなるというのが正しいからです。つまり、化学平衡が移動するからという説明になります。 しかし、なぜ化学平衡が移動するかということは説明しなくて良いのでしょうか?つまり、「化学平衡が移動した」というのは、エステルの収率が低いということを言い換えたに過ぎず、説明になっていないからです。 本来は、 (CH3CO)2O + C2H5OH ←→ CH3COOC2H5 + CH3COOH の平衡と、 CH3COOH + C2H5OH ←→ CH3COOC2H5 + H2O の平衡の違いについて議論すべきだと思います。 上の平衡では、酢酸とエタノールの酸性度の違いが重要ですし、下ではエタノールと水の酸性度の違いが重要です。 つまり、酢酸はエタノールよりもかなり強い酸であるのに対して、水とエタノールの酸性度は同じぐらいであるということが、 収率(平衡定数)の違いの原因になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

正しいです。 が、反論があります。 無水酢酸を使ったときは酢酸が出来るが、酢酸と酢酸エチルから無水酢酸とエタノールは出来ないのか。 と言われたときどう答えますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 酢酸エチルの合成反応

    実験でエタノールと酢酸から酢酸エチルを合成しました。 このエステル化の反応は平衡反応であるため、反応は完全に進行しないですよね。 ですがここで仮に酢酸、エタノールのそれぞれを完全に反応させるとしたらどのような方法が考えられるのでしょうか。 ・エタノールを過剰に加えると酢酸の大部分が反応する ・酢酸を過剰に加えるとエタノールの大部分が反応する 他に、 ・硫酸カルシウムなどで生成した水を取り除き、酢酸エチルの加水分解を防ぐ この方法が思いついたのですが、いかがでしょうか。 どうかご指南よろしくお願いします。

  • 酢酸エチルの反応

    酢酸エチルの酸による加水分解反応は本来2次反応であるが、エステルに関して1次反応として取り扱うことができる。 この反応を正しく2次反応として行う場合はどのようにすればいいか。 このような問題が出題されました。 自分の考えは、反応系に水があるので1次反応として取り扱うことができるのであって、反応系に水がなくなったら2次反応になると思うのですが、どうでしょう。 この質問に対する解答例等をわかりやすく教えていただけたら幸いです。

  • 酢酸エチルの収率について。

    大学の実験で酢酸エチルの合成を行いました。 このとき酢酸エチルの収率が1桁になってしまい、平均で30~40と聞いたのでショックです。何故こんなに少なくなっているのか分かりません。一つ思い当たるのは酢酸とエタノールと硫酸の混合液を十分時間加熱して還流を行ったのですが、その際に還流菅に流す水の勢いが弱かったことです。そもそも還流とは一体なんの為に行っているのかも分からなくて。乱文ですがどなたか助けてください。

  • 酢酸エチルの合成での収率について

    エタノール20.0mlと酢酸20.0mlから酢酸エチルを作って、酢酸エチルの実際の収量が13.0グラムでした。理論収量を計算すると15.3グラムとなり収率が85.0パーセントになってしまいました。 エタノール、酢酸において、20×(それぞれの比重)をして質量をもとめ、質量÷分子量をしてそれぞれの物質量を求め、少ない方の物質量を用いて、平衡の式(平衡定数K=4)にいれて酢酸エチルの物質量を求めました。 収率の計算においてまちっがているところやアドバイスなどおしえてください。 エタノール、酢酸の比重をそれぞれ0.793,1.049としました。

  • 酢酸エチルの合成

    無水酢酸とエタノールによる酢酸エチルの合成の実験で、無水炭酸カリウム、無水塩かカルシウムを加えるのは脱水反応の触媒にするためですか?

  • 無水酢酸、アセトアミド、酢酸エチルを塩基性条件下で加水分解したとき反応

    無水酢酸、アセトアミド、酢酸エチルを塩基性条件下で加水分解したとき反応速度が遅い順に並べるとどうなりますか?? 理由も教えて下さい。

  • エタノールを酸化すると酢酸に??

    高校生です セミナー化学に 「エステルAの構造式を求めなさい ただし 分子式C6 H10 O2 Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する 環状構造をもつ   」 という問題がありました Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する の部分から逆算して (酸化して酢酸になるアルコールを考える 加水分解してそれができるエステルを考える) 構造式をもとめようとしたのですが何回やってもOが一つ多くなってしまいました そこで模範解答と自分の回答をくらべてみると 自分の回答では 酸化とはつまり過マンガン酸カリウムと硫酸と水で酸化するやつだろうと考え (この問題集ではアルコールの酸化といったらそれでした)        H     | CH3-C-O-H   +O     → 酢酸+水     |     O-H なので ↑がいま考えているアルコールである となっているのに対して模範解答では 「酸化すると酢酸になるのはエタノールである」 とかいてありました どういうことなのでしょうか? エタノールを過マンガン酸カリウムと硫酸と水で酸化しても酢酸にはなりませんよね? それともこれはもしかして 「Aを加水分解して得られるアルコールを酸化すると酢酸が生成する」 という一文をもって エタノール→アセトアルデヒド→酢酸 と考えろということなのでしょうか?

  • 酢酸エチルのけん化

    酢酸エチルのけん化の実験で、 (1)試験管に酢酸エチルと水酸化ナトリウム水溶液、さらに少量の油溶性色素を加えたところ、層ができて油溶性色素が上の方にたまってきました。 (2)(1)をしばらく50℃の湯で温めてからよく振ったら、オレンジ色だった油溶性色素が赤色に変化しました。 この(1)と(2)の変化はなぜ起こったのでしょうか? また、反応の前後でにおいも変化しました。これは穴埋めなので、カッコ内にはまる言葉をわかるところだけでいいので教えてください。 『酢酸エチルが( )され、( )と( )に分解したのでエステル=( )特有のにおいからエタノールのにおいに変わった。』

  • 酢酸1モルエチルアルコール1モル 酢酸エチルエステ

    酢酸1モルとエチルアルコール1モルを反応させて平衡に達したとき、酢酸エチルエステルが何モル生成しますか? ただし、この反応の平衡定数を4とします。 計算の途中過程の解説もすみませんがよろしくお願いします。

  • 酢酸イソペンチルの生成について。

    イソペンチルアルコールと酢酸からエステル化により酢酸イソペンチル(と水)を生成します。 この反応は平衡反応なのでエステルの収率を上げるためには、原料の片方を過剰に用いるか生成した水を除けばいいと思います。 質問は「酢酸でなく、イソペンチルアルコールを過剰に用いた場合どのようなことが起こりうるか?」ということなのですがよくわかりません。どなたか回答をお願いします。