• ベストアンサー
  • 困ってます

酢酸1モルエチルアルコール1モル 酢酸エチルエステ

酢酸1モルとエチルアルコール1モルを反応させて平衡に達したとき、酢酸エチルエステルが何モル生成しますか? ただし、この反応の平衡定数を4とします。 計算の途中過程の解説もすみませんがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数1015
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

平衡定数って高校化学なんですね。 酢酸エチルエステルの反応式はwikiによれば等モルの反応で、 酢酸+エタノール→酢酸エチルエステル+水 平衡定数はざっくりいうと、右式のモル数の二乗/左式のモル数二乗なので、 平衡定数が4ということは、平衡状態のモル比は1:2となる。 100%反応でも最大1モルなので、答えは2/3モル。 という感じの解き方ですかね。 細かい計算を端折ってますが。 数学を絡めると、X^2/(1-X)^2=4の方程式を解くのでしょうが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 適当な容器に2mol/Lのエチルアルコールと2mol/Lの酢酸を混合し

    適当な容器に2mol/Lのエチルアルコールと2mol/Lの酢酸を混合して一定温度で反応を開始した。平衡に達したときの酢酸エチルの濃度は4/3mol/Lだった。この溶液に水3molを加えて同じ温度で平衡に達するまで反応を続けた。平衡状態での酢酸エチルの濃度を求めよ。 平衡定数Kは4ですよね。そこからの計算がわかりません。わかる方いますか。

  • 酢酸エチルの合成反応

    実験でエタノールと酢酸から酢酸エチルを合成しました。 このエステル化の反応は平衡反応であるため、反応は完全に進行しないですよね。 ですがここで仮に酢酸、エタノールのそれぞれを完全に反応させるとしたらどのような方法が考えられるのでしょうか。 ・エタノールを過剰に加えると酢酸の大部分が反応する ・酢酸を過剰に加えるとエタノールの大部分が反応する 他に、 ・硫酸カルシウムなどで生成した水を取り除き、酢酸エチルの加水分解を防ぐ この方法が思いついたのですが、いかがでしょうか。 どうかご指南よろしくお願いします。

  • 酢酸エチルの収率について

    エタノールのエステル化反応で無水酢酸と酢酸を用いた場合では、無水酢酸を用いたほうが収率がよい。これはなぜか、という問題ですが これは「酢酸を用いる場合、水ができるので、生成した酢酸エチルが加水分解する逆反応が進行するから」ですか? よろしくお願いします

  • 過去問で悩んでいます。どなたか教えてください。

    エステルに関する問いです 酢酸とエタノールを一定温度で反応させると、化学平衡に達する CH3COOH+C2H5OH→CH3COOC2H5+H2O ← 20℃で酢酸1.00molとエタノール2.00molを反応させたとき、酢酸エチルの濃度は反応時間と共に 変化し一定となった(酢酸エチルの生成量:0.85molの点で一定となった) この反応の平衡定数はいくらか?(但し反応中、反応液全体の体積は変わらないものとする。) です。答えがあってるか不安です(とき方が合っているか解らない)。とき方を含めて解説してくださると嬉しいです。

  • 酢酸イソペンチルの生成について。

    イソペンチルアルコールと酢酸からエステル化により酢酸イソペンチル(と水)を生成します。 この反応は平衡反応なのでエステルの収率を上げるためには、原料の片方を過剰に用いるか生成した水を除けばいいと思います。 質問は「酢酸でなく、イソペンチルアルコールを過剰に用いた場合どのようなことが起こりうるか?」ということなのですがよくわかりません。どなたか回答をお願いします。

  • 酢酸エチルの合成での収率について

    エタノール20.0mlと酢酸20.0mlから酢酸エチルを作って、酢酸エチルの実際の収量が13.0グラムでした。理論収量を計算すると15.3グラムとなり収率が85.0パーセントになってしまいました。 エタノール、酢酸において、20×(それぞれの比重)をして質量をもとめ、質量÷分子量をしてそれぞれの物質量を求め、少ない方の物質量を用いて、平衡の式(平衡定数K=4)にいれて酢酸エチルの物質量を求めました。 収率の計算においてまちっがているところやアドバイスなどおしえてください。 エタノール、酢酸の比重をそれぞれ0.793,1.049としました。

  • 化学平衡の問題です

    酢酸1モルとエタノール2モルを反応させると酢酸エチルを何モル生じて平衡になるか。 ただしこの反応の平衡定数は4とする。 という問題で K={[CH3COOC2H5][H2O]}/{[CH3COOH][C2H5OH]}=4 平衡前を 酢酸1モル エタノール2モル 酢酸エチル0モル 水0モル 平衡後を 酢酸1-xモル エタノール2-xモル 酢酸エチルxモル 水xモル として上の式に入れてみたのですが解説にある答えとあいません。 回答は0.8モルとなっているのですがどのように計算したらでますか?    

  • 問題の答え合わせ

    問題を出されて解いたのは良いのですがそれが正解かどうか不安なので、添削お願いできないでしょうか 問1 一定温度で窒素a mol、水素3a molを体積V(l)の容器で反応させ、アンモニア amolを生成し平衡状態になった 1-1)平衡時の水素は何モルか? 平衡時のアンモニアがa 反応式の水素とアンモニアのモル比=2:3から 平衡後の水素は(3a-3/2a)=3/2a molとしました 1-2)平衡定数はいくらか 窒素でも同じ事をし(a-1/2a)=1/2a mol これからK=16V^2/27a^2となりました 1-3)次のうち平衡定数が変化するものはどれ? ア)水素を追加 イ)容量を小さく ウ)温度を高く エ)触媒を加える このなかでエ)はXとなります ただ平衡定数の「温度一定の時、濃度に関係なく一定」という言葉によるとア)とイ)によってKは変化しない事になりますよね? 濃度は違ってもいいんだし ですが1-2でだした式だと体積が変わっても、Kは変化してしまいます これはどれが正解なのでしょうか? ウのみなのかアとイも含まれるのか・・・ 問2 酢酸とエタノールを反応させる 2-1) 酢酸1.05molにエタノール1.44molを加え25℃で反応させると酢酸は0.25molに減少、酢酸エチルはいくら生じたか、また平衡定数は? の問いに対し酢酸:エタ:酢酸エチル:水は全て1:1で反応するので反応し生成した酢酸エチルは1.05-0.25=0.8としました。同じく平衡定数K=(0.8)^2/0.25*0.64=4と計算しました 2-2)酢酸1molにエタ1molを加え同じ温度で反応させた時の酢酸エチルのmol数 K=4から酢酸エチルをxと置いて x^2/(1-x)^2=4と式を作り、方程式を解くとX=2,2/3 この場合x=<1なので酢酸エチルは2/3mol(0.7mol)でいいでしょうか?

  • 酢酸エチルの精製で。。。

    酢酸エチルの合成と精製の実験をやりました。酢酸エチルを合成した後、蒸留によって酢酸エチルと未反応のエチルアルコールを未反応の酢酸、硫酸、水から留出しました。留出液には、酢酸エチルと未反応のエチルアルコールのほかに少量の酢酸が含まれているので、留出液に炭酸ナトリウム飽和水溶液を加えてから分液ロートに入れました。 (1)授業で使った実験のプリントに「留出液には硫酸は含まれない」と書いてあったのですが、本当ですか? (2)分液ロートの水層の水は、どこから来た水ですか?炭酸ナトリウム飽和水溶液の水と酢酸との中和によってできた水ですか? (3)授業で使った実験プリントには、「エチルアルコールは水溶性なので、ほとんどのエチルアルコールは水に溶解し、分液ロート中で水層 (下層)に移動して、酢酸エチル(上層)と分離する」と書いてあるのですが、得られた上層液には、「水と少量のエチルアルコールも含まれる」とも書いてあります。水は水層を分液ロートから出した時にわずかに残ってしまったかもしれない水ですか?エチルアルコールは水に溶けきらなかったエチルアルコールですか? (4)この後、得られた上層液中の水分を取り除くために、無水塩化カルシウムを加えてよく振り、沸騰石を入れて、再び蒸留します。実験のプリントには「これにより得られた最終留出物にはエチルアルコールと水は含まれていないはずである。」と書いてあります。エチルアルコールはどこへ行ったのですか?エチルアルコールと先に加えた炭酸ナトリウム飽和水溶液は何か関係はありますか?

  • 酢酸エチルであるとどうすればわかるか?

    酢酸エチルを合成するという実験をしました。 そのさい、生成物が実際に酢酸エチルであることは、厳密にはどのようにすればわかるのでしょうか? 調べてみたら、脱脂綿に染み込ませて広告のカラー印刷を拭き取らせる、というのを見ました。 酢酸エチルには、そのようなものを溶かす性質があるということでしょうか? また、これ以外にはどのような方法があるのでしょうか?