• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

薄層クロマトグラフィーの脂質実験

卵黄に含まれる脂質を有機溶媒で抽出し、それらの種類を薄層クロマトグラフィーで調べました。消化酵素にはリパーゼとホスホリパーゼ溶液を用い、展開溶媒は、リン脂質用はクロロホルム-メチルアルコール-水を、中世脂質用には石油エーテル-エーテル-酢酸を用いました。 なぜ2種類の展開溶媒を用いたのか知りたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数14008
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321

展開溶媒は試料の極性により適切なものを選びます。 リン脂質用はリン酸残基があるので極性の高い溶媒でないと展開できずスポット位置から動きません。 中性脂質は極性がないので極性の高過ぎる溶媒は全ての内容物がてっぺんまで登ってしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

どうして燐酸残基があると極性の高い溶媒でなきゃだめなのですか?? ばかですみません…↓

関連するQ&A

  • 脂質の種類と分解

     初めて質問させてもらいます。早速ですが化学の実験で卵黄を使って、脂質の種類と分解過程を行ったのですが、実験課題で「2種類の展開溶媒[リン脂質用:クロロホルム-メチルアルコール-水(65:25:4、v/v)、中性脂肪用:クロロホルム-メチルアルコール-酢酸(95:4:1、v/v)]を使い分けたのはどうしてか?」とあったのですがまったく分かりません。化学の知識がないので理解できずに実験も行いました。よろしければ教えてください!!

  • 卵黄について

    卵黄から有機溶媒(クロロホルムとメチルアルコール混液)によって抽出した脂質は水で薄められないのはなぜか教えてください。

  • ヒト表皮に含まれる脂質でのHPTLC法のことについて。

    ヒト表皮に含まれる脂質でのHPTLC法のことについて。 クロロホルム:メタノール:酢酸(190:9:1)溶媒(展開溶媒)のとき、 1.コレステロールエステル、トリアシルグリセロール、遊離脂肪酸、コレステロール、セラミド、スフィンゴミエリンが含まれていたとして上からどのような順で展開像に現れるか教えてほしいです。 2.なぜ、1のような順になるのか。極性の問題ですか? 3.なぜ、スポットの濃さの違い(例えばトリアシルグリセロールが濃かったり)が出るのか。 4.人工の培養表皮にはどのような脂質が含まれると考えられるか。 言葉が足らないところもあるかと思います。お手数ですがお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

リン酸基に限らず、極性の官能基があるとゲルと強く相互作用し、場合によっては非可逆的に吸着されてはがれなくなります。 溶媒の極性を上げてやると、ゲル表面の吸着水相と展開溶媒相との間のやりとりが、展開溶媒側へ有利になるため、分子はゲル表面から離れて動きやすくなるため、クロマトで動くようになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます!!あともう2つ教えていただきたいのですが、クロロホルム、メチルアルコール、水、石油エーテル、エーテル、酢酸の極性の高さの順番はどうなっているのですか?? それと、石油エーテルとエーテルは違うのですか?

関連するQ&A

  • 脂質の定性分析実験に関する考察での疑問です。

    こんにちは 数日前学生実験があり、その一つに脂質定性分析で薄層クロマトグラフィーを用いたものがありました。 展開溶媒にクロロホルム:メタノール:酢酸:ギ酸を混合したものを使い、検出溶液にFeCl3-濃H2SO4の混合溶液を噴出し、オーブンで加熱して発色させたものなのですが、ホスファチジルエタノールアミンのみが何色にも発色しませんでした。 失敗したわけではなく、他のグループやTAすらも同様だったようです。 溶液と化学反応で発色しなかったとしても濃硫酸の炭化によって黒く発色すると思われるのですがそれすら痕跡がありません。 検索しても本で調べても納得いくものがヒットしないのですが、どのような作用でこのようになったのでしょうか。 考察の参考にさせていただきたいのでご回答よろしくお願いします。

  • TLCについて

    肝臓ホモジネートからコレステロール、トリアシルグリセロール、リン脂質をTLC(展開溶媒としてヘキサン:エーテル:酢酸=8:2:0.1の混合溶液)をもちいて分離しました。 質問したいのは、TLC上ではリン脂質はほかの成分に比べスポット箇所から移動しない結果になったのですが、これはなぜでしょうか? 自分が考えるのは、リン脂質は、そのほかの脂質に比べ親水性、疎水性の両親媒性をもつため、今回用いた展開溶媒(疎水度が高いものほど展開しやすい性質を持つ)では移動しにくいのではないかと考えるのですが、何か参考になるURLや、理由がありましたら教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 薄層クロマトグラフィーの展開溶媒について。

    学校での有機化学実験で、 サリチル酸からサリチル酸メチルとアセチルサリチル酸を合成して、サリチル酸(標準溶液)・アセチルサリチル酸・サリチル酸メチルそれぞれをスポットし クロロホルム:メタノール=9:1(CM溶媒)と クロロホルム:メタノール:酢酸=94:5:1(CMA溶媒)で展開しました。 この物質と溶媒がどのような関係で分離されているのかが分かりません。 ベンゼン環以外の-OH,-COOH,-OCOCH3,-COOCH3の違いなのでしょうか? また、この場合なぜ展開溶液にメタノールや酢酸を用いるのでしょうか? 文献やインターネットで探してみたものの、見つからなくて、考えてもどうも答えが見えてこないので・・・。 もし良かったら答えてください。よろしくお願いします。

  • パーラー排水の薄層クロマトグラフィーの分析について

    パーラー排水(主に廃乳)の処理を行うのに、薄層クロマトグラフィーでタンパク質及び残抗生物質の分解状況を確認したいと考え、展開溶媒をn-ブタノール:酢酸:水(4:1:5)で試してみたのですが、きれいにスポットが現れず、ほとんど先端の溶媒まで流れている状況です。溶媒の極性が強いのが原因ではと考えているのですが、経験が少ない為、どのような展開溶媒を使用していいのか悩んでいます。どなたか教えて下さい。宜しく御願いいたします。

  • サラダ油の成分 薄層クロマトグラフィー 

    実験で薄層クロマトグラフィーを行ったのですが、サラダ油をスポットし、硫酸を吹き掛け変化を調べたところ、Lsの下に3つ斑点が出ました。 なぜなのか分からないのでどなたか分かる方回答よろしくお願いします。 ちなみにスポットしたのはサラダ油、リノール酸 展開溶媒はヘキサン:エタノール:酢酸=80:20:0.2 でした。

  • 薄層クロマトグラフィーの展開溶媒について

    現在高校で科学研究をしていて、「薄層クロマトグラフィーを利用してゼラチンを結合しているアミノ酸の分離と同定をする」ということを行っています。 実験の最終目標は二次展開まで行うことです。 一次展開では、ブタノール:酢酸:水=4:1:2を混ぜた展開溶媒を、また二次展開では、 フェノール:0.1%アンモニア水=8:2を混ぜた展開溶媒を使用すると文献に書いてありました。 一次展開の展開溶媒で使う薬品は学校にあり比較的安全であるため問題はないのですが、 二次展開ではフェノールが学校になく、また危険なため使うことができません。 そこで質問なのですが、他の展開溶媒で二次展開を行うことはできますか? できるとしたら何の薬品を使えばいいのか教えてください。 薄層プレートはアルミニウムの上にシリカゲル60を引いたものを使っています。 乱文となってしまいましたが、回答よろしくお願いします。

  • 溶媒の極性を示す値を教えてください

    溶媒の極性の大きさを示す値である「双極子モーメント値」 について知りたいです。 クロロホルム、エーテル、酢酸エチル、アセトン、イソアミルアルコール、 ブチルアルコール、エチルアルコール、メチルアルコール、水、DMFなど のそれぞれの双極子モーメント値を教えてください。

  • ビタミン、ミネラルの消化をよくする方法を教えて下さい

    三大栄養素(糖、蛋白質、脂質)の分解をよくする為には消化酵素の分泌を活発にするサプリ等が販売されていますが、ビタミン、ミネラルの消化をよくするためにはどうすればいいのでしょうか?以下のようにビタミン、ミネラルにも分解する酵素はあるのでしょうか? アミラーゼ→糖 ペプシン→蛋白質 リパーゼ→脂質 ?→ビタミン ?→ミネラル

  • TLC

    脂質の分析で薄層クロマトを使おうと思っているのですが、リン脂質、糖脂質、中性脂質などに適した展開溶媒、検出試薬があったら教えていただきたいです。あと、プレートにスポットするための細いガラスの管ってなんていう名前でしたっけ~・・・名前がでてこないーー

  • カラムクロマトグラフィ

    シリカゲルカラムクロマトで油脂の分画をしています。「脂質・酸化脂質分析法入門」を参考にしているのですが、カラムに入れるシリカゲル量や流す溶媒の量などがよくわかりません。シリカゲルカラムにクロロホルム、アセトン、メタノールの順に流して、全脂質を中性脂質、糖脂質、リン脂質に分ける方法で、現在は内径5cm×高さ30cmのガラスカラムに大体20cmくらいシリカゲルを入れて、全脂質1gを投入、クロロホルム750ml、アセトン3L、メタノール750mlを流しています。これで大丈夫なのでしょうか…。かなり自己流で誰も専門の人がいないので聞けないのでずっと不安なままで続けています…。アドバイスをよろしくお願いします。