• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電気回路の抵抗について

ツェナーダイオードと,5Ωの直列回路の抵抗を テスターにて測定したのですが,2MΩも,出てしまいます。 なぜでしょうか? 確か,ツェナーダイオードって,ある程度の電圧がかからないと, 抵抗が小さくならないのですよね? その電圧が,テスターの掛ける電圧よりも高いのでしょうか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数798
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ダイオードは順方向でもある一定の電圧をかけないと、殆ど電流が流れません。ツェナーのように雪崩現象を起こさせる素子ともなればなおさらで、普通のテスターごときの電圧では導通も微少です。 ですからご質問の最下行のとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電気回路問題

    直列回路、12Vの電圧の間にツェナーダイオードがあり、次に抵抗があります。その時、抵抗箇所の電圧を教えて頂きたいです。 式の方もよろしくお願いします。

  • 電気回路 電流計

    直列回路で電流計を挟んで電圧を計測した場合とそうでない場合での電圧を測定したところ、 わずかに電圧に差がでたのですが これは電流計の内部抵抗によるものと考えてもいいのでしょうか?

  • 電気回路で並列回路の下に直列回路があって直列回路に

    電気回路で並列回路の下に直列回路があって直列回路に付いてあるC抵抗の抵抗値だけを測る方法を教えて下さい。 並列回路はそれぞれにA抵抗、B抵抗があって、C抵抗はその並列回路が合流したあとの直列回路にいます。 C抵抗のコイルの電源端子のプラスマイナスにテスターを当てて測定すると正しい抵抗値ではない回り込み抵抗値が出ました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • nubou
  • ベストアンサー率22% (116/506)

既に出ていると思いますがその測定は意味のない測定です 普通のテスタの抵抗計は電流と電圧が比例関係にある素子の抵抗を対象にしています 電流と電圧が比例関係にないダイオードの抵抗をテスタで測るのは無茶です 設定(テスタが素子に付加する電圧)によっていろんな値を取ります 微分抵抗を測りたいとしてもテスタでは無理です ダイオードの特性を調べたいのなら ダイオードに流した電流とそのときのダイオード間の電圧の関係をグラフに書くことが一般的なやり方です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • obihsot
  • ベストアンサー率42% (65/152)

一寸話はそれますが・・・。 針式のテスターなら-の棒(黒色)に内部電池の+、 +の棒(赤色)に内部電池の-がつながれていますので、 赤色が+だと思って測定すると思い違いをおこすので・・・。 最近のデジタル式のテスターも針式(アナログ)を踏襲して黒棒に+赤棒に-としているのが多く存在します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • awa66
  • ベストアンサー率37% (14/37)

こんにちは syakure さんはツェナーダイオードのどの部分の抵抗値を知りたかったのでしょうか?  動作抵抗でしょうか?  #1の方も言われているように半導体といわれるほぼすべての素子は加える電圧または、その素子の動作電流によって抵抗値が変化しテスターのみではそれらの測定は難しいと思います。  ちなみに、テスターでも加える電圧の極性(テスター棒の赤と黒)を変えると大きく違います。又測定のレンジを変えても変化して同じ抵抗値は示しません。  そのツェナーダイオードが正常に使えるかどうかを見るには、X1のレンジで極性を交互に変えて抵抗値が大きく変わる事を確認して、次にそのテスターの最大レンジ(多分ほとんどのテスターにはそのレンジは9Vの電池を使用していると思いますので。)で極性を変えて測定すると今度は逆方向の電圧を掛けた時でも、比較的小さな抵抗値(数100KΩ位)を示すと思います。すなわち、ツェナー特性を持っている事が、推測出来ます。  X1のレンジで極性を変えても同じぐらい小さい抵抗を示すとき、大きいレンジで、極性を変えてもいずれも∞を示すとき、そのときはどちらのときでもそのダイオードは破損しています。  ただし9V以上のツェナー電圧の時は事情がちょっと変わります。  2MΩという値がどのような条件での値であるのか、ツェナーの種類、電圧、テスターの性能、等が変われば測定値も大きく変化すると思います。  温度によっても変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ikkyu3
  • ベストアンサー率43% (535/1229)

ダイオードの特性と、テスターの性質とが関係します。 ツェナーダイオードに限らず、ダイオードは順方向と逆方向では、電圧-電流特性が、違うことはご存知ですね。 逆方向は、高い抵抗を示し順方向は低い抵抗になります。 どちらで測定した時でしょうか。 テスターは、アナログ式(針式)でしょうか。デジタル式(電子式)でしょうか。 電子式では、測定電流が少ないので半導体部品の抵抗などは、ほとんど実用になる値を示しません。 またアナログ式では、数百マイクロアンペアの電流が流れるので、ダイオードなどでは、それなりの値は示しますが、容量の小さいIC素子などの時には、壊す恐れがあります。 ツェナーダイオードは、その使用目的によれば、逆方向に電圧をかけて使用します。このときツェナー電圧(数Vから数十Vまでの各種あり)と言われる電圧までは、ほとんど電流が流れず、高抵抗を示し、これを超えると電流が流れ低抵抗を示します。 ただ一般のテスターでは、この電圧を超える電圧は使用していないと思います。 syakureさんの測定の場合は、どのようなテスターでしょうか。 ダイオードの特性を調べる時は、電圧と電流は比例しませんから、順方向と逆方向で可変電圧の電源を使って電圧と電流を何点も測定します。もちろん安全のために保護抵抗を直列に入れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • plussun
  • ベストアンサー率21% (191/885)

ツェナーダイオードに限らず、半導体を素のままテスターで測ると かなりいい加減な数値を示します。これはテスターの測定電圧と内部抵抗に 左右されるので、テスターによっても数値が違ってきます。 質問の件ですが、ご察しの通りテスターの測定プローブの 電圧差が、ツェナーダイオードの動作電圧より低い事が、 原因かと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電気回路の問題です。よろしくお願いします。

    下記の問題の解き方を教えてください。 60[Ω]の抵抗と0.1[H]のインダクタの直列回路に振幅40[V]、周波数300[Hz]の電圧源を接続したとき、抵抗を流れる電流の振幅、電流と電圧源電圧の位相差を求めよ。 各周波数が ω=2πf=600π で、合成インピーダンスが Z=√(R^2+(jωL)^2)=√(60^2+(j60π)^2)=60√(1+π^2)∠tan^(-1)π というところまでは分かったのですが、この後の解き方がわからないです。 単純に I=V/Z=40/(60√(1+π^2)∠tan^(-1)π) で解いてしまっていいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 電気回路の問題

    電気回路の問題です。どうか教えてください。 内部抵抗20000Ω、最大目盛300Vの電圧計を用いて最大900Vの電圧を測定したい。倍率器として何Ωの直列抵抗を接続すればよいか。また、このとき電圧計が200Vを指示したとすれば、実際の電圧はどれだけか。 [解答]40×10^3Ωの直列抵抗を必要とする。実際の電圧は600V。 なのですが、その計算の過程を教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 電気回路に関する問題です。

    角周波数ωの交流電源Eで駆動されている回路において、 負荷Z = |Z|e^jφ は|Z|:一定、φ:可変である。 負荷Zにかかる電圧Vの実効値が最小となるφを求めよ。 回路は 交流電源(E),抵抗R,インダクタ(L),負荷(Z)の直列回路になっています。 ******************************************************* φの求め方が分かりません。どう求めていけばいいでのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 電気回路の計算法について!

    電気回路の計算法がわからなくて困っています。 問題は、抵抗とコイルの直列回路で、この回路に交流電圧50Vを印加、抵抗9Ωでコイルの抵抗を求めるものです。式は、導き出せましたが、解き方が判りません。 式は画像として添付します

  • 電気回路の問題

    10Ωの抵抗と100mHのコイルからなる直列回路と、5Ωの抵抗と50pFのコンデンサーからなる直列回路を並列に接続した回路があり、周波数が600Hzの時に合成インピーダンスの絶対値と偏角を求める問題を解いているのですが、解答が『絶対値376,7、偏角88,5°』であるのに対し、自分の回答は『絶対値172,7、偏角88,48(偏角は恐らく誤差)』となってしまいます。 何度も最初から繰り返し考え直しているのですが、どうしてもこの回答になってしまいます。 回答法など分かる方は教えてほしいです。

  • 電気回路

    L=100 mH, R=100 Ω, C=1 μFの直列回路に100 Vの電圧を加え、その周波数が変化するとき、最大電流を流す周波数、および最大電流を求める方法を教えて下さい。

  • 電気回路の問題です

    電気回路の問題です R=10kΩ、L=10mH、C=1μFのRLC直列回路に、実行値100Vの電圧を加え、その周波数を変化させるとき、最大電流を流す周波数fおよび最大電流Iを求めよ やり方を教えて下さい

  • 物理 電気回路の基本問題

    抵抗・キャパシタンスの直列回路に100V、3kHzの電圧を加えたところ、大きさ(振幅)5Aの進み電流(π/6)が流れた。 この回路の抵抗とキャパシタンスを教えて下さい!

  • 電気回路学の問題です。

    電気回路学の問題です。 R・L・Cが直列に接続された回路の合成インピーダンスZは Z=R+j(ωL-1/ωC) となり、Zの実部Rは周波数に依存しないが、虚部X=ωL-1/ωCは周波数に依存する。 電源電圧をEとすると、回路に流れる電流Iは、 I= E/Z = E/R+j(ωL-1/ωC)  で与えられる。 ωL-1/ωc=0となる角振動数ω0は√(1/LC)となり、そのときIは実数になる。 よって、入力電圧Eに対する電流Iの位相差は0である、 ところで、R=|X|となる角振動数ω1とω2(ω1<ω2)は、 ω1=-R/2L+√(R^2/4L^2 + 1/LC) ω2=R/2L+√(R^2/4L^2 + 1/LC) となる。実部と虚部の大きさが等しいので入力電圧Eに対する電流Iの位相は各々、π/4 -π/4となる。 この時、RLC直列回路のインピーダンスZのベクトル軌跡を縦をIm、横をReとして、 複素平面上に表せ(ω0、ω1、ω2) です。 授業で聞いていて、式を導く所まではわかったのですが、表せって言われてから何が何だか全然わからなくなって困っています; 是非御答え御願いします。

  • 電気回路学の問題です。

    電気回路学の問題です。 R・L・Cが直列に接続された回路の合成インピーダンスZは Z=R+j(ωL-1/ωC) となり、Zの実部Rは周波数に依存しないが、虚部X=ωL-1/ωCは周波数に依存する。 電源電圧をEとすると、回路に流れる電流Iは、 I= E/Z = E/R+j(ωL-1/ωC)  で与えられる。 ωL-1/ωc=0となる角振動数ω0は√(1/LC)となり、そのときIは実数になる。 よって、入力電圧Eに対する電流Iの位相差は0である、 ところで、R=|X|となる角振動数ω1とω2(ω1<ω2)は、 ω1=-R/2L+√(R^2/4L^2 + 1/LC) ω2=R/2L+√(R^2/4L^2 + 1/LC) となる。実部と虚部の大きさが等しいので入力電圧Eに対する電流Iの位相は各々、π/4 -π/4となる。 この時、RLC直列回路のインピーダンスZのベクトル軌跡を縦をIm、横をReとして、 複素平面上に表せ(ω0、ω1、ω2) です。 授業で聞いていて、式を導く所まではわかったのですが、表せって言われてから何が何だか全然わからなくなって困っています; 是非御答え御願いします。

専門家に質問してみよう