• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

JIS 公差について教えてください

JIS B 0410:1991 金属板せん断加工品の普通公差では、 金属板の形状が「2000を超え4000以下」がmaxになっていますが、 これを超える寸法のときは、どのように考えて設計したらよいのか 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1758
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nrb
  • ベストアンサー率31% (2227/7020)

作るものにより交差(精度)は違います 製品によりあなたが設計で必要な精度を設定すれば良いだけです 物により精度は違います 客先より要求の精度は違います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • sparta
  • ベストアンサー率28% (4/14)

公差管理したい寸法に関しては 図面に必要な公差を記入すれば良いし 4M以上のものに対する普通公差であれば 図面中の注記に 「指示なき公差は以下による」 4000~5000 =±1(←この値は適当です(^_^;)) というように 注記を利用するのが一般的な対応方法だと思いますよ で、実際に物を作るサプライヤーなどに その注記の普通寸法公差で品質管理できるかを 確認すればOKでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • JIS普通寸法公差の適用について

    金属プレス部品に一部切削加工が入っています。 切削部はプレス面を基準面として寸法が指示されており 公差の無い一般寸法で指示されています。 この場合、 普通公差(JIS B 0405)と金属プレスの普通公差(JIS B 0408)の どちらが適用されるのでしょうか? 知見ある方、宜しくお願い致します。

  • JIS B 0408 公差の適用

    JIS B 0408 で曲げ公差がありますが、この公差は曲げ回数が累積されるものでしょうか? ベンダー加工の場合、曲げ回数分ばらつく要素があります。例えば、コの字形状の場合の、内(或いは外)寸法を120mmとした場合、この120mm形状の中には、曲げが二回存在します。 この場合、JIS B 0408適用となっているとき、120±0.8mmで判定するのか、それとも曲げ回数分公差が累積され、120(±0.8×2=±1.6)を適用するべきなのか? 角度公差は、それぞれの曲げ角度に適用されると考えると、曲げ公差も累積で判断すると考えるのですが、この考え方は正しいのか? どなたか教えてください。

  • JIS B 1021 一般公差

    寸法が入っていなくJIS B 1021に基ずくと記載があればどのような公差になるか教示ください。特殊ネジになります。キャプボルトM5相当頭部形状にM8ネジ長さ3.5になります。 頭部高さ6.5 ネジ部3.5 どの公差数値になるでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 板金部品のタレパン加工時の一般寸法公差(JIS)…

    板金部品のタレパン加工時の一般寸法公差(JIS)について タレパン加工を前提とした板金部品を作図した場合に一般公差として適応するべきは、<JIS B 0408(金属プレス加工品の普通寸法公差)>でしょうか? それとも<JIS B 0405 (個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差)>でしょうか? また、板金部品の寸法記入の方法として、 特に精度が必要ではない、Z曲げをはさんだ穴と穴の距離に寸法を記入する場合は、単純に穴から穴の箇所に寸法を記入するべき? もしくはこの場合、穴と穴の距離に寸法を記入せず、曲げ面から各穴までの距離を記入するべきなのでしょうか?

  • JIS普通公差

    一般加工(旋盤・フライスの金属加工)における図面で指定されていない時の普通公差を探しています。そのようなサイトをご存知なら教えてください。

  • 公差について

    設備の改善設計等を行っています。 部品図の寸法に何も公差を入れなかった場合、 長さや角度、幾何公差に至るまで 勝手に中級の一般公差が成立していると思い込んでいました。しかし、実はそうではないように最近思えてきました。 使用している図面枠に一般公差が総括して描いてあったことや、加工屋さんが基準値の中央狙いで加工してくれているので今まで助かっていたようです。 もし寸法に公差を設けなかった場合最悪どの程度公差を守ってもらえるのでしょうか? またあまり見たことがないのですが、一般公差の幾何公差などを記入しなければならないのでしょうか? 職場にはみんな退職してしまって設計者は自分しかおらず何が正しいのか良くわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • JIS B 7127 メネジ加工寸法と公差

    客先よりJIS B 7127 (呼び U1;映画撮影機のレンズ取付ねじ)の加工依頼が来たのですが、手元にあるJIS本(1988年)で確認しても簡略でしか掲載されておらず詳細がわかりません。 JISのWEBでも確認したのですが、廃止規格また制定が古いためか公開されていませんでした。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらメネジ加工寸法と公差を教えて頂けないでしょうか 宜しくお願い致します

  • 普通公差について

    普通公差は 対象:除去加工したもの 目的:図面指示を簡単にし、公差の指示がない形状を規   制する でようしいのでしょうか?? ちなみにJIS B 0405とはどういう意味でしょうか どなたかわかるかたお願いします。

  • 黒皮面から加工面に対する公差

    うまく説明できませんが黒皮面と加工面に対する長さ寸法の公差を教えていただきたいです。 指定はJIS B0405の一般公差なのですが調べ方が悪いのか探すことができませんでした。 どなたか御教示よろしくお願いします。 黒皮面→|⇔|←加工面

  • 図面におけるテーパ公差指示方法

    現在回転軸上にテーパ形状を持つ部品の設計をしているのですが、そのテーパ部分の公差を適切に指示する方法で迷っています。 ?JIS B0028 (製図-寸法及び公差の表示方式-円すい) これによると、幾何公差の考え方での公差の入れ方になっています。即ち理論的に正確な呼称寸法(直径)に対して、その寸法を中心に幅tの範囲を公差にする考え方です。 ?JIS B0614 (円すい公差方式) こちらでは、通常の軸や穴と同じように呼称寸法(直径)に対してH6やh6等の公差域を設定するもの(と理解しました)。 ?と?のどちらを選ぶべきなのでしょうか?そもそもJISとしてどちらかに統一するという方向性はないのでしょうか?またはどちらも考え方が異なるので、規格として今後も共存するということなのでしょうか? 私としては、?の方がより的確でシンプルな指示方法に感じます。ただ設計意図が他人にもわかり易いように考えると、?のように呼称寸法に対して公差域をマイナス側に持って行き「すきま嵌め」としたり、公差域をプラス側に持って行き「しまり嵌め」とできるのも魅力的です。 お忙しい中恐縮ですが、テーパ部品をよく扱っておられる方にアドバイスを頂けると幸甚です。宜しくお願い致します。