• ベストアンサー
  • 困ってます

隣接境界線証明書について

先日、法務局の人が親戚の人の家に来て隣接境界線証明書に実印を押して印鑑証明を付けて渡してくださいと言ってきたそうです。 細かいことまでは聞いていませんが、確かに少し前に境界線確定?の立会いをしたそうです。その隣接境界線証明書には測量図でしょうか、図が添付してありました。 親戚の人は土地のことなので慎重に扱わなければならないと言っていましたが、年配のためよくわからないので、次回は法務局の人の話しを私も一緒に聞いた上でその書類を提出するかどうか検討する予定です。 このサイトの回答で、印鑑証明にも何のための印鑑証明かを記しておくと少しは安心だというのを知りましたが、この隣接境界線証明書を提出したことで、何か他にデメリットや気をつけるべきことはあるでしょうか。 すみませんがアドバイスをよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1962
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

再びNo3です >境界石とは、境界に打ってる人もいる杭のようなもののことでしょうか。 そうです。花崗岩で出来たような、10cm角位の杭です。上に大きな十字が切ってあります。古くなければその十字が赤に塗ってあるでしょう。土に埋まってしまっていたり塀の真下に隠れている場合もあります。盛り上がった土の表面はスコップなどで掘り返してみると見つかる場合も有るかもしれません。 土地境界問題は、子孫にその土地を相続させれば子孫代々困った問題になり、その土地を売却すれば、買われた方の困った問題になるのは必定です。ここで自分が頑張って子孫やその土地を買われた方の迷惑を少しでも少なくしたいという気持ちで私は頑張りました。 >地積図というのはどこの家にもあるものでしょうか。 私の場合は家を建替えたときの建築確認書の添付図面にありました。家を建替えると建ぺい率を正確に計算するため測量しなおしたようでした。あと土地を購入したときの土地権利証などと一緒にファイルされている可能性もあるでしょう。 あと法務局の公図を入手するのも良いでしょう。これは筆界と呼ばれる境界で、法律上はかなり強力な境界です。私の場合は古くて役に立ちませんでしたが、入手しておくべきでしょう。公図の読み方とか、筆界については法務局の人に聞けば親切に教えてくれると思います。 あと測量事務所に頼んでこの際、お金を払っても自分の土地の地積図を作ってもらう手もあるでしょう。頼んだ測量事務所は当然質問者に有利な測量してくれるでしょうし、隣家の境界確認書の問題も、もしあれば教えてくれるでしょう。 土地境界問題はとてもやっかいな問題です。繰り返しになりくどくて申し訳ありませんが、この土地をお子様に相続させれば、子孫の方々がそれを背負うということです。この土地を売却されれば、買われた方が背負うということです。ここはしっかり質問者さんが踏ん張られ、後顧の憂いのないよう、きちんとした、しっかりした対応をされることを希望します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とってもご丁寧な回答、本当にありがとうございます! 体験談、すごく勉強になりました。 いつかはしっかりと隣接境界線をさだめておかなければならないと 今回強く感じました。 moonliver_2005さんのアドバイスを元に前に進めていきたいと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

まず誰がどういう意図で境界確認を求めているか、事実を押さえてみるとよいでしょう。私の場合、隣地所有者Aが不動産屋Bに一旦土地を売り、Bが顧客Cに売るために境界確認を求めてきました。そのときは境界石が見つからなかったので、この塀は境界内側にあるとAから聞いたので万年塀の外側で測量し、測量図を作りたいとBは言いました。私は「話が逆でしょう。境界を確認して、その上で塀の位置が境界に対しどうなってるかを確認すべきでしょう」と言いました。我が家にあった地積図で計算するとこの塀は2cmだけ越境していました。A,Bは地積図を持っていなかったようで、私に反論できず、結局、境界石は私の主張とおり新たに打ち込み、塀が2cm越境していることを明記した隣接境界線証明書に双方押印しました。塀の立替でCともめたとき、Cにこの隣接境界線証明書をみせたらギャフンでした。境界石が無い場合は非常に要注意ということです。塀のほか擁壁、擁壁,溝渠なども要注意です。境界石があっても誰がどうのような意図で打ち込んだか、公図との関係どうなっているか調べておくべきでしょう。境界は3種類ありますから要注意です。

参考URL:
http://www.bekkoame.ne.jp/~prtybell/kyoukai/youryou.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうもありがとうございます。 参考ページも早速目を通しました! 今度、どういう意図で境界確認を求めているのか聞いてみます。 境界石とは、境界に打ってる人もいる杭のようなもののことでしょうか。 実際の経験談を書いていただき参考になったのですが、地積図というのは どこの家にもあるものでしょうか。 その確認も親戚の人にも聞いてみようと思います。 公図もとっておいたほうがいいようですね。 どうもありがとうございました!

  • 回答No.2

 法務局の人ではなく、土地家屋調査士ではないでしょうか。土地家屋調査士がある人の依頼を受けて、その人の土地について分筆登記あるいは地積更正登記を申請しようとしていると思います。その際、実務上、隣接する土地所有者の境界に関する実印の押された証明書と印鑑証明書を申請書に添付します。  土地家屋調査士は土地家屋調査士法にもとづく国家資格を有したものですから、印鑑証明書などを渡しても悪用されることはまずありません。(悪い人が全くいないとはいいませんが、疑おうとすればきりがありません。)  もちろん、慎重に行動すること自体はよいことですから、よく説明を聞いて納得された上で、実印を押して印鑑証明書を渡してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございます! 詳しいご説明で、大変良く分かりました。 何だか親身になっていただきほんとうに有り難いです。 お世話になりました。

  • 回答No.1

>この隣接境界線証明書を提出したことで、何か他にデメリットや気をつけるべきことはあるでしょうか。 いえ、隣接地との境界が確定して登記されるだけです。 境界が確定して欲しくないとお考えであればデメリットかもしれませんが。ごく普通の話です。印鑑証明+証明書に実印をしなければ登記できません。 でも法務局の人が来たんですか??? 法務局の登記官かな。それであれば何も疑う必要などないと思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! そうなんです。法務局の方が来られたので疑うこともないのですが 念には念をで、しっかりと納得しておこうと思ったのでここで質問をさせていただきました。 ごく普通の話しと聞いて安心しました。 どうもお世話になりました。

関連するQ&A

  • 土地の境界線の確認について

    両親所有の土地に隣接して県の宿舎がありましたが、その建物と土地が某官庁へと譲渡されたようです。 数年前、県の建物を新築する時にも境界線を確認しましたが、今回また境界線の確定が必要なようで先日立ち会って確認してきました。 境界線の確定にあたって印鑑証明を求められ少々面倒に思いましたが必要な事と理解しました。 しかし代理で尋ねてくる測量会社の話では相手からは土地の図面のコピーしかもらえないようです。 こちらが印鑑証明まで提出するのに相手が図面のコピーだけというのはおかしくはないでしょうか? 個人同士の境界線の確認ならばお互いに印鑑証明を交わすものだと思うのですが官庁は違うのでしょうか? 土地に関する印鑑証明には慎重になってしまいこちらが一方的に印鑑証明付きの書類を提出するにはためらいがあります。 安心するためにも某官庁側からもらえるような法的な書類があれば教えてください。 官庁だからといって図面のコピーだけで済ませるのはおかしいと思います。 なにかこちらから要求できることがあるかアドバイスをお願いします。

  • 「隣地境界線の確定」について教えてください

    印鑑証明を交わして費用が20万円ほどかかる「隣地境界線の確定」と 測量などをする場合に隣地の人に立ち会ってもらって境界を決めることとは違うのでしょうか? 費用のかかる境界線の確定をいちいちみんなしてらっしゃるのでしょうか? 隣地との間に「杭」を入れるということは 「隣地境界線の確定」をしなくてはできないのでしょうか? 昔から「隣地境界線の確定」というものはあったのでしょうか? 自分でも頭が混乱してわからないのですが どういうときにどっちが必要なのかその違いと 法律的な効果の違いについて教えてください。

  • 土地の境界線

    先日、裏のお宅の建て直しに伴い、境界線を決める立会いをしてほしいとの依頼があり立ち会いました。事前に法務局にうちの地籍測量図があるか確認に行きましたがありませんでした。 ただ、調査士の方から、買った当初の書類と実際の土地を比べると、うちの土地が15平米減って裏のお宅の土地は増えているとのことでした。東京で15平米は大きいですよね。 調査士の方からは、何か買った当初の測量図はないかと聞かれましたが、それらしきものはありません。同時に時効なのでどうにもならないとも言われました。 そうは言っても、そう聞いた以上は何ともすっきりしません。 このまま判をつくのも・・・と、いった気持ちです。 固定資産税も今まで多く払ってきたのに・・・馬鹿みたいですよね。 裏の方は、早くハンをついて欲しいのだとは思いますが・・・。 こういった場合、ちゃんとした境界線を調べることはできないのでしょうか? また、減ってしまっている土地は戻ってこないのでしょうか? あと、これは誰にどうやって相談すれば良いのでしょうか? どなたか、お分かりになる方がいたら教えてください。 宜しくお願いします。

  • 境界線の立会い

    先日、隣家(農協団体ビル)から境界線を確定したいので立会いをお願いしたいと申し出がありました。 一応、法務局に行って地積測量図と公図、登記簿謄本を取ってきましたが、どう対応すればいいのでしょうか? 区の方と業者さんと我が家で立ち会うそうです! 何しろはじめての事なので戸惑っています。 公正にしていただければ文句はないのですが!

  • 隣の土地との境界線の立ち会いについて

    ○○測量設計(株)=依頼者/□■□ 土地境界立会いについてのお願い”という手紙がきました。測量図など資料があれば ご持参くださいとあります。印鑑を持参するようにともあります。 こんな時どのように留意または注意したら良いのでしょうか? どういうことをするのでしょうか。何に気をつけたらよいでしょうか。以前、境界線の中央に当方の土地にも入った擁壁を作ろうとした業者で何かと心配です。

  • 土地 境界 問題

    はじめまして 土地に関しての 複合質問です。 一つ目は 現在貸し駐車場として 利用している土地(亡父名義)があるのですが 平成5年に 土地家屋調査士の方に測量してもらいました。 隣接する土地の所有者と役所に 立会いの下 境界の確認もし 印鑑証明のついた 確認書もあります。 が 登記されていないようなのです。 私は登記が済んでいると思っていたのですが 法務局関係の書類がないのです。 冊子として ひとまとめにしてある書類には ○ 丈量図 ○ 立会証明書 筆界確認書 隣接する土地の所有者(2名)               の印および 印鑑証明書                亡父の印 印鑑証明書  ○ 役所からの境界確定通知 と 境界確定書 現況平面図 以上の書類があります。 この平成5年の測量は法的に有効なのでしょうか? このまま(上記の書類で)登記することは可能でしょうか? 二つ目は 上記の駐車場利用している土地の隣接した土地の持ち主の一人が その土地を売却することになったらしく 不動産会社から 亡父名義の土地との境界点を越えて 駐車場が 作られている との指摘があったと 土地の持ち主から聞かされました。 (土地の持ち主は平成5年に筆界立会した方(他界されてます)の息子さん) そのときには 平成5年の測量のことは すっかり忘れており 売却する土地の 丈量図を見せられたので 亡父が立会いした証明に なるものを見せてもらえば 納得すると言い  不動産会社の担当者にも 同じように伝えましたが その図面は立会いの下でなければ 作成できないものなので と言われました。 その後 測量して(登記したと勘違いしていた)ことを思い出し 書類を捜したところ 測量等の書類が家に保管されていたのです。 隣接するとちの所有者から見せられた土地の丈量図は 昭和61年と記載がありましたから こちらが平成5年に測量したときには 隣接する土地に関しての 境界を調べてのことでしょうから 境界点は同じはずですよね・・・? 仮に違うことがあったとしたら 平成5年にこちらが測量したときの 物のほうが 有効であると思うのですが どうでしょう? 売却されるかたは 家も土地も売却して 他県に住まいを移されるようで こちらとしても 円満に解決を図りたいので しかし よく考えてみると その境界点をきっちりこちらに確かめもせずに 売却されるかたは あと10日ほどで引っ越されるとのこと 不動産会社の担当者は 今頃 重要な問題を言い出すなんて・・・ とりあえずは その担当者に こちらの書類を見せようと思っているのですが なにか アドバイスをよろしくお願いします。

  • 土地の境界線

    平成16年に建物つきで土地を購入したのですが、元の地主が測量し、私どもの建物が地主の土地に出ていることで土地家屋調査士の立会いで境界線を確認し、そのとき境界線から出ている説明を受け、借りていることで確認書に印鑑を押しましたが出ている部分を壊して境界線から内側に戻さないといけないのですか? 元の地主から平成1年にMさんが買って平成16年に私どもが購入しました。もともと出ている状態で購入しました。どのような条件になっているのか今ではMさんと地主は現在は亡くなっていません。 知合いに相談したところ20年間、請求などが無かった場合は権利が建物を持っているほうが有利と聞きましたが不動産ごとは素人なのでどのようにしたらいいのか分かりません。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

  • 境界線の杭について

    境界線の杭について教えてほしい事があります。測量をして境界線に杭を打ちたいのですが、はっきり言って不安です。あんなものは簡単に取り除く事ができるのではないでしょうか!?現に簡単に抜かれているからこそ、測量し直さないといけないようになってしまいました。そこで質問なのですが、杭というものは防犯のなんらかのシステムみたいなものはないのでしょうか!?例えば抜こうとしたら 、警報機がなるとか・・・。はっきり言って不安すぎます 。何か知っている人がいましたら教えてください。

  • 隣接する土地の測量図への押印について

    祖父・祖母の家のことですが、隣接する土地を購入した不動産業者から「隣接する土地の所有者の印鑑がないと売買ができない」と言われ、 不動産業者が持ってきた測量図に押印(実印)したそうです。 気になって色々インターネットで調べたところ、土地の境界にも関連する重大な問題だということが分かってきました。 この押印が意図しないような隣接土地との境界変更を招いて、境界紛争にならないか心配しています。 今判明していることは ・祖父が押印したのは隣接する土地の測量図だけで、祖父・祖母の家の家との境界についての説明はなかったとのことです。 ・また「筆界確認書」や「境界確認書」というような文書は見ていない、押印していないとのことです。 ・隣接土地との境界を確認するような立会いもなかったとことです。 ・法務局で調べたところ、祖父・祖母の家の測量図面は存在しません。  土地は祖父・祖母で共有登記(持分2分の1ずつ)をしていますが、測量図面に押印したのは祖父だけです。 ・不動産業者は売買するために新たに隣の土地を測量したとのことです。 測量図への押印だけで隣との境界を変更するような重大な結果を招くのでしょうか? 何卒ご教授のほどお願いいたします。

  • 隣人との境界線

    隣人との境界線トラブルについて教えてください。 何年か前の国土調査で、市役所が測量を誤り、私の土地が実際よりも狭く登記されてしまいました。 市役所に確認したところ、間違いを認め、測り直しを行うと言われたのですが、隣人がその訂正を認めず立会いに応じません。 (前回(間違えたとき)の立会いは、所有者である私本人でなく、家族が立ち会ったらしいのですが、既に他界しており、当時の状況がわかる者がおりません) この場合、測量を誤った市に任せておけば正しく訂正してもらえるのでしょうか? それともこちらから何らかの法的措置を取らなければ訂正はできないのでしょうか? また、その場合、具体的にはどのような資格のある人に依頼するべきなのでしょうか? どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。 よろしくお願いします。