• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

大きな木に家をつくる話

実物は見ていません。テレビで紹介されていた絵本です。 絵本の読み聞かせみたいな番組だった気がします。 番組自体もそうとう昔だったと思います。 絵本の内容は (1)お父さん?が庭?に木の苗を植える。 (2)植えた木が、ものすごい大木になる。 ※上記2つは、あいまいです。大木を見つけたのかも知れません。 (3)大木に、お父さん?が家をつくる。今で言うところのツリーハウスのイメージ。 (4)息子?たちが木の家で遊ぶ。 ※木に家をつくるということに印象が集中しているので、そのあとの展開には、自信がありません。 ※ラストも記憶にありません。 というような内容だったと記憶しています。 調べてみると、どうも、30年以上前に出版された可能性があります。 画風は、水彩っぽかったイメージですが、定かではありません。 タイトルと、できれば作者・出版社が分かるとうれしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数262
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • danke3
  • ベストアンサー率38% (556/1455)

これでしょうか 「おおきなきがほしい」 作: 佐藤 さとる 絵: 村上 勉 出版社: 偕成社 本体価格: \1,000 発行日: 1971年1月 http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1939

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コレです。 ほんと、この手の質問の回答は、迅速・的確・性格で助かります。 ご連絡が遅くなりましたが、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「木」が倒される絵本の題名

     こんにちは。ある絵本の題名が思い出せなくて困っています。  昔、家にあった絵本で、詳しく内容を覚えてないのですが、以下にその絵本の内容を記述しますので、その絵本の題名がわかる方、ぜひお教えください。  幼稚園児(?)ぐらいの男の子が、家の近くにある空き地に立っている大木が好きなんですけど、その空き地が工事されることになって、大好きな木が倒されることになり、その男の子が悲しんで自分の宝物をあげる  たしかこんな内容だったと思います。誰かこの絵本の題名をお教え下さい。

  • 大きな木

    幼稚園の頃に読んだ絵本を、ぜひ自分の子供に読んであげたいと探しています。 タイトルは「大きな木」(ひらがなかもしれません)と記憶していましたが、同じタイトルでもっとメジャーな絵本があるらしく、インターネット検索でもうまくヒットしてくれません。もしかしたら、タイトルを間違って記憶しているかも。。。 ストーリーはこんな感じです。 ある村に大きな木があって、子供たちはその木に上ったり、枝にブランコを作ったりして、よい遊び場になっていました。しかし、何かの理由で、その大きな木を切ってしまうことになってしまいました。村の大人たちは、木が切られてしまうことを悲しむ子供たちのために、切ってしまった木を材料にして公園を作りました。 というお話です。 タイトル出版社など、お分かりの方がいらっしゃいましたら、お教えいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

  • あなたの絵本の思い出聞かせてください!

    例えば、毎晩お父さんお母さんが読み聞かせをしてくれたとか、 あるいは読み聞かせは全然してくれなかったとか、 絵本のまねをして遊んだとか… 現在卒業論文で絵本に関する内容を書いており、 その参考にさせて頂きたいと思っています。 ぜひ様々なエピソードをお聞かせください! よろしくお願いいたします

  • あなたの絵本の思い出聞かせてください!

    以前にも同じ内容で質問をさせて頂いたのですが、 ぜひより多くのエピソードが頂きたいと思い、質問を出させていただきました。 前回回答を下さった皆様、ありがとうございました! 例えば、毎晩お父さんお母さんが読み聞かせをしてくれたとか、 あるいは読み聞かせは全然してくれなかったとか、 絵本のまねをして遊んだとか… 現在卒業論文で絵本に関する内容を書いており、 その参考にさせて頂きたいと思っています。 ぜひ様々なエピソードをお聞かせください! よろしくお願いいたします

  • 猫が冷蔵庫の中の物を全て食べて巨大化する、という話です。

    子供の頃に読んだ絵本が思い出せません。 猫が冷蔵庫の中の物を全て食べて巨大化する、という話です。 20年以上前の作品になると思います。 ある家族の飼い猫が、家族の留守中に冷蔵庫の中の物を 片っ端から食べて(その食べる様が面白かったと記憶)、巨大化(人間より少し大きいくらい)します。 家族は帰ってきて驚き、猫はいつもお父さんが座っている椅子に 座ったりして家族に威張り散らします。 しかし食卓にのぼった焼き魚?かなにかの骨が喉に引っかかり 空気が抜けるように元の大きさの猫に戻ってしまいます。 その後また同じように冷蔵庫の中の物を食べてみるのですが もううまくはいきませんでした・・・ という内容です。絵はクッキリという感じではなく、どちらかというとぼやけたイメージがあります。 A4よりは大きかったかなと記憶しています。 覚えてらっしゃる方いましたら回答よろしくお願いします。

  • 森の動物たちの家の中を描いた絵本

    20年くらい前、小学校の図書館にあった絵本がほしいのですが、題名や作者がわかりません。 その絵本は、何冊もシリーズがある本でした。 森の動物の家の間取りを、横から、家をたてに割ったようにして、細かく描いてある本です。 家が、三、四階建てだったりして、上の部屋も下の部屋も、様子がいっぺんにわかるようなイメージです。 文章はほとんどなかったような記憶がありますが、たしかではありません。 細かく、美しい絵でした。 野うさぎや、野ねずみの家が多かったような気がします。 テーブルや棚やソファなどが、小さな木でできているような様子が、ひと部屋ひと部屋、細かく絵が描かれているような本です。 カーテンやベッドなど、人間の部屋と同じように、美しいインテリアで飾られていました。 絵本は、小学校ではとても子供たちに人気がありました。 タイトルや作者名など、心当たりがある方、ぜひ教えてください。

  • 国語の問題文に出たこの話

    国語の問題になるくらいだから文学に詳しい方々なら思い当たるかと思いお聞きします。私が中学生くらいの頃(軽く20年前)に読んで今も忘れられないこのお話の出典を知りたいです。 お話の内容:(うろおぼえですがポイントは合ってると思います) あるところに病身の父を持つ「私」がいた。 「私」の家では大晦日に鴨のすきやきをする習慣があった。 だから大晦日にはいつものお店にいつものように鴨を受け取りに行くのが当然である。 しかし「私」は夢を見た。仙人が大きな木の前に立っている。 木には、たくさんの鴨がとまっている。 (鴨が木にとまるというのは変ですね。ここらへんが私の記憶力の限界か) 「これはお前が今後の一生のうちに食べる鴨だ。」と仙人は言います。 夢から目覚めた「私」は、考え込みます。 お父さんは鴨を食べるのを楽しみにしているし、毎年のお楽しみなのに今年だけしない、なんて言いだすも変だ。でも、このまま鴨のすきやきをしてしまうと、残り少ないと思われるお父さんの木の鴨を減らしてしまう、ひいては寿命を減らしてしまうことにならないか・・・。 いやだなあ、でもしかたがないなあ、と思いつつ、いつものお店に鴨を取りに行く「私」。すると、お店のご主人がすまなそうに、鴨が仕入れられなかった、こんなことはめったにないのに大変申し訳ない、と詫びます。 「私」は肩の荷がおりたような気がして、「よかった、これでお父さんの鴨を減らさないですむ」と喜んで帰宅します。ところが、お父さんの容態が急変して、結局還らぬ人に・・・。 そこで「私」は悟ります。鴨が手に入らなかったのは、お父さんの木の鴨がもういなくなっていたからだと。 ・・・こうして書いていても悲しくなってくる、忘れられないお話です。 けっこう私の知らないところで有名な話だったりします?

  • 絵本のタイトルが分かりません

    私が幼稚園の時(31から32年前のことです)に幼稚園から配布された薄い絵本(たしか、キンダーブックだったような・・・?)でした。 絵本の内容は、貧しい母と娘がつつましく暮らしていたのですが、ある夜、旅人が母と娘の家を訪ねてきて「一杯、水を下さい」と言います。 お母さんだったか娘だったかが、家にある木のみすぼらしいひしゃくで甕にくんであった水をすくって旅人にあげると、旅人はその水を美味しそうに飲んで・・・・(その後記憶曖昧)。  とにかく、そのみすぼらしいひしゃくは空へと浮かび、北斗七星になったということです。と、いうような内容だったかと思います。 どなたか、この絵本のタイトルがおわかりになる方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。 懐かしい気持ちが一杯で、ひしゃくにくまれた水のおいしそうな絵を記憶しています。もう一度、この絵本に再会できたら、とても幸福です。 よろしく御願い致します。

  • カロリーヌという女の子の絵本を探しています。

    ずっと探していたカロリーヌのシリーズ本が、今晩のNHK番組で紹介されていました。 さっそく出版元のサイトを調べてみたのですが、復刻版のようでした。 20年前ぐらいに読んだ絵本はもっと大きく、文字も少なく、カロリーヌも、もっとふっくらしていて、フランス人形のようにとても可愛かったのを記憶しています。また当時は「カロリーヌの冒険シリーズ」で出ていたように思います。 私の記憶違いでしょうか...。 カロリーヌシリーズには、絵の違うシリーズがあったのかどうか、また、どうすれば当時の絵本を見つけることができるか、どなたか教えてください。 よろしくお願いします。

  • うさぎとシチューの出てくる話のタイトル

    絵本の名前を教えてください。 寒い雪の日、うさぎのお母さんが大きな鍋で家族分より多くシチューを作る。 子うさぎたちが多すぎると思っていると、次々にお客さん(道に迷った、とか)がやってきて、お母さんはそれぞれにシチューをふるまう。 お父さんが返ってくるのを待っていると、次々にお客さんが…というはなしだったと思います。 最後にお父さんが帰ってきて、お客さんが来ることが解っていたのかと尋ねる子うさぎたちに、お父さんとお母さんも昔、同じことがあったから、多くシチューを作るのだと話して聞かせる。 という内容でした。 雪景色と、穴倉のような家のなかだけの絵で、訪れるお客さんは羊とか、動物でした。 人間は出てきません。 知っているかた、お願いします。