• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

網戸は売買契約上の建物に含まれ無いのですか?

現在、中古物件を個人売買で購入予定です。 既に売買契約は済ませ、物件の引渡しを間近に控えています。 対象の建物に付属していた網戸を、売買契約後に建物の持ち主が知人に譲渡してしまいました。 契約書には特に網戸の事は記載されていません。 こちらは網戸も込みの現状渡しのつもりだったのですが、相手方は網戸は建物じゃないから問題無いと言っています。 この場合契約書に特記していないので、泣寝入しかないのでしょうか? 一般的にはどうなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#65504
noname#65504

#4です。補足です。 >(付帯造作)売買物件内の樹木、庭石、門、へい、その他一切の付帯造作は、この契約書に除外を明示しない限り、契約成立の時点で現状有姿のまま保存する物とし、売買代金の支払い完了と同時に乙が所有権を取得する。 よく読めばわかりますが、付帯造作にもし網戸が含まれるとしても、この契約により、持ち去ることはできなくなっています。 間に例外の取扱や所有権の発生時期の説明文が入っているので、わかりづらくなっていますが、こう読めばよいのです。 「付帯造作は、契約成立の時点で現状有姿のまま保存する物とし、乙が所有権を取得する。」 すなわち契約時点であった附帯造作などは原則として全て購入者の物になります。例外として契約書で売買の対象に含まないことを明記したものは、売り主のものということです。契約書に網戸は含まないと契約書に明記がない限りこの契約内容では、網戸は質問者の物です。 ただし、善意の第3者(ここでは、売り主の知人)に対して返却を求めるのはものが既に引き渡されているので難しいでしょう。請求ができるのはあくまで売り主自身です。 売り主の契約に対して不完全履行となっていますので、売り主に網戸を取り付けさせるか、網戸の損害を証明して損害賠償をすることになると思います。 なお、附帯施設についてわざわざ取り決めているのは、過去に庭石や植木、庭池で飼っていた鯉などは売買対象物に含まれるかどうかという争いなどがあったから明記しているだけであって、現状引き渡しというのはその時点であった建物に関して付随する物と一般的に考えられる物全てを含むと考えるのが普通だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変親切なご回答ありがとうございました。 関係上揉める訳には行かない相手なので、今回は泣寝入の方向になりそうです。 個人売買でしたので、自己責任だと思っております。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

以前に建売住宅の仕事をしていました。 私が担当した物件では網戸は当然に付けて販売していましたが、 他社のチラシなどで「網戸付」「2階窓網戸付」などと わざわざ表示しているものがあり、奇異に思った記憶があります。 比較的付帯設備が少ない、簡素なつくりの住宅が多い地域だと、 「表示がなければ網戸は付かない」と認識されている場合があるようです。 最近は建売住宅でも様々な設備仕様を競うようになっているので、 押入れに襖が付くように、窓と履き出しには網戸が付く物件が殆どですし、 世間一般の認識も大半はそうなのではないかと思うのですが、 自分で買った時に網戸がなかったような方だと、 悪意ということではなくて、 違う「常識」をお持ちの方がいらっしゃるのかもしれません。 引渡す付帯設備を契約時に確認・明示しなかったのは双方のミスだと思いますが、 「網戸が付いている物件からわざわざ持ち去れるなら、 雨戸も同様のことが言えてしまうのではないですか。しかも契約後に無断でやるのはおかしいですよ。」 と言って、仲介業者にも協力してもらい交渉するしかないのでは。 法的にどうなのか興味あるところですが、裁判するまでのお話ではなさそうですよね。 新築物件の網戸の有無に関する相談を前に見たことがあるので、 ご参考までにURLをあげさせていただきます。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1254317

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 関係上揉める訳には行かない相手なので、今回は泣寝入の方向になりそうです。 個人売買でしたので、自己責任だと思っております。 >引渡す付帯設備を契約時に確認・明示しなかったのは双方のミス コレを肝に命じておきます。

  • 回答No.4
noname#65504
noname#65504

>網戸は『付帯造作』になるのでしょうか… 網戸は付帯設備にはならないと思いますよ。附帯施設というのは一般に質問者が#1さんの補足欄に書かれた建物と一体化していないようなものや、電気・ガス・水道・冷暖房施設などを指しますので。 網戸のような建具はむしろ建物の一部といえますので、引き渡し物の一部です・ 一般に網戸を設置する際にはレールなどは固定されています。網戸の戸とレールは一体として納品される物ですから、建物に固定された部分の内、戸の部分は稼働できる部分に過ぎないと思います。 建築図面でも建物の一部として建具は書かれていますすので建築的に考えても建物の一部です。 図面は引き渡されていませんか? そこに記載されていれば引き渡し物に含まれていることは明らかとできます。 なお、ガスや冷暖房機のようなものは建物に取り付けられていても、付帯設備として取り扱われることが多いです。これらは、そのものが自体がとりついていても機能しないことがあるためです。 つまり建物としては機能していても、これらの設備は機能しないことが多く、機能上建物と分離しており、その動作確認が重要になる物だからです。 あまり詳しくないのですが、検索したら下の要なさいとが見つかりました。 税金上の考え方でも付帯設備にはならないようです。 http://www.city.kasugai.aichi.jp/shityositu/koho/top-a426.html より引用 >屋根・基礎・外壁・内壁・柱・造作・床・建具・付帯設備などの使用材料や仕上げ状況などを、 建具は附帯設備とは並列して書かれているように附帯設備扱いではなく、床などと同列のものと考えられます。 http://www.pref.gunma.jp/tihou/tj072206.htm から引用 >なお、特定附帯設備には、機器としての独立性が認められる附帯設備(電気設備、給排水衛生設備、冷暖房設備などの建築設備等)のほか、家屋の主体構造部に附着しておりこれを分離復旧することが事実上不可能であるか、毀損に著しく費用がかかると認められるもの(木造家屋については外壁、内壁、天井、造作、床又は建具並びに非木造家屋については、外周壁骨組、間仕切骨組、外部仕上、内部仕上、床仕上、天井仕上、屋根仕上又は建具)も含まれますので、ご注意ください。 と書かれているように、「附帯設備のほか」の扱いになり、壁などと同じ扱いになっています。 以上のように附帯設備と考えるよりも建物の一部として考える方が妥当だと思いますので、質問者の所有物だと思います。 建築図面を引き渡されているのなら、そこに建具が書かれていれば一番反論しやすいと思いますよ。 何しろ、引き渡し物を明記した書類ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

契約時に有った物は付帯設備です 弁償して貰いましょう 仲介業者が承知しているはずです そちらか経由で話し合って貰いましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 関係上揉める訳には行かない相手なので、今回は泣寝入の方向になりそうです。 個人売買でしたので、自己責任だと思っております。

  • 回答No.2

売買契約時に 付帯設備表をもらいませんでしたか? 中古の場合 置いていくものいかないものなどを ちゃんと区別するために 表にして残します それをしていないなら 不動産業者の手落ちですね ただし 絶対やらなければいけない義務的なものではなく トラブルを避けるためにやるものなんです ですので 今から どうこうと言っても そんな態度を取る売主だと難しいかもしれません・・ ただ 普通は網戸というものは 他の家に持って行っても サイズが合わないものです 仮に合ったとしても 調整が必要で素人に扱えるようなものではないんですが・・・ 不動産業者を通して文句を言い 戻せる部分だけでも 戻してくれと言ってみるのはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の回答ありがとうございます。 今回は個人売買でしたので、『付帯設備表』は作成していませんでした。 そう言う物を作成するという事自体、売主買主双方が素人だった為、今回のトラブル後に知りました。 売主さんに相談して、最低限サイズが合わなかった物は戻して貰うようにお願いして見ようと思います。 大変参考にになりました。

  • 回答No.1
noname#22812
noname#22812

>一般的にはどうなんでしょうか? 一般的にはそういう行為をする人は居ませんし、普通に考えれば契約時点での現状は保つべきです。土地でも建物でも無いからと言って植栽を伐採したり門扉やガレージを壊す事もしません。現況有姿と謳っている場合にはある意味契約違反です。 網戸を他人に譲渡するにせよ契約後であれば少なくとも質問者への許可は取るべきですし、売却予定物に対して勝手にそういう事をする人はまともとは思えません。しかし個人売買との記載もあり仲介業者は居ない様子なので、それこそ対策は当事者同士で話をするしか有りません。 個人間での取引はある種の信用取引ですから、そういう相手だったと割り切るかとことん争うかですね。 売主が負担して付け直すか知人から取り返すべきだ、とこの場では書けますがそれが通じる相手だったらそもそもそういう行為はしないのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 売主と話をして来ましたが、どうにもなりそうにありませんでした。 物件的にとても良心的な値段だったのと、仕事上の関係者なので、これ以上揉めても理が無いと思い、網戸は諦めようと思います。 今回は個人売買でしたので、自己責任だと思っております。 ある意味勉強になりました。

質問者からの補足

早々の回答ありがとうございます。 司法書士に契約書を作成して頂いたのですが、現状維持云々に関しては下記の記載しか見当たりません。 (付帯造作)売買物件内の樹木、庭石、門、へい、その他一切の付帯造作は、この契約書に除外を明示しない限り、契約成立の時点で現状有姿のまま保存する物とし、売買代金の支払い完了と同時に乙が所有権を取得する。 網戸は『付帯造作』になるのでしょうか…

関連するQ&A

  • 土地と建物をセットにした不動産売買契約を締結しました。同売買契約書には

    土地と建物をセットにした不動産売買契約を締結しました。同売買契約書には、建物が老朽化し、かつ耐震性も低いことから、建物は契約後に買主が立て壊し、かつ滅失登記をすることにしました。従って当該土地建物のうち、建物は無価値として評価し,売却することになりました。 そこで質問です。同建物はこれまで約1地億相当の建設、設備費を投じたものですが、売買契約に建物が無価値として扱われているので、土地建物譲渡申告に際して、建物の建設費用の控除はできないと考えますが、どなたか正解を教えてください。 なお、土地に関しては取得原価がはっきりしているので、問題なく土地売買益から取得価格を控除できるときると思います。

  • 重要事項説明書、売買契約書

    中古の一戸建て住宅を購入しようと思ってます 重要事項説明書、売買契約書の内容で、中古物件だからこそ 気を付けなけばならない項目、追加しておいた方がいい項目等を教えてください? 契約から引渡しまで、売主さんの新居の都合で2,3ヶ月あるのですが、その間に建物に何かあった場合(小さな事も・・・たとえば床に大きな傷がついたとか、壁に穴があいたとか)一般的にどちらが修理するのですか? エアコン、給湯器等の付属品までに、稼動の保証を求めるのは変ですか? 以上、ちょっとした事でもいいです。たくさんのアドバイスをお願いします。

  • 未登記のかなり古い建物の売買

    不動産関係者ですが、専門外なので質問させてください。 売買仲介物件についてです。 田舎の1000坪ほどの所有権土地の上に 築40年ほどの木造平屋建物(未登記)が建っています。 細かく手入れをしてきたので、 多少の手直しをすれば居住に使えるのですが 相続の問題があり、売主は売却を検討しています。 そこで質問なのですが、 この物件(土地、建物)を 次のような条件で古屋付所有権土地売買として行っても問題はないでしょうか? ・未登記建物は40年以上のものなので、物件価格は土地代金のみ ・所有権移転登記は、土地のみ ・そのあと、買主がその建物に住む可能性が高い ・建物は現状有姿、売主瑕疵担保責任免責 また、買主はほぼ決まっているのですが(親戚ではないがとても親しくトラブルは考えにくい間柄) 最善なのは、古屋を買主の名のもと登記のうえ売買、ということや 不動産登記法第47条第1項の表示登記義務などは分かるのですが 今回は費用を抑えることを最優先にしています。 実質、田舎や郊外地には未登記建物がごろごろしていますので 登記は義務です!というような回答は結構です (偉そうですいませんが、無駄なお時間をいただくのも失礼かと思いますので・・・) クレームなどが無いことを前提に、 「未登記の築年数の古い建物」を、 未登記のまま、所有権土地のみの売買の付属建築物、として売買すること自体に 問題が無いか良いかどうか、または具体的な方法を教えていただきたいです。 賃貸をかじった片手間業者なので、知識が乏しく申し訳ないのですが よろしくお願いします。

  • 区分所有建物の売買について

    近日中に区分所有建物の売買契約を控えております。 売主様(個人)は今回お買い替えの為、引渡し以降5日間の引渡し猶予を求めております。 この件に関して、何か覚書等の書類を交わしたほうが良いのしょうか? また、その際の内容はどういったものが宜しいのでしょうか?

  • 建売契約 or 土地売買契約+建物請負契約?

    先日建売の現場を見に行きました。その現場は数棟あり、まだ建物が建っていない現場もありました。私は建物が建っていない場所が気に入り、土地だけの物件の話を進めることになりました。土地だけと言っても自由にハウスメーカーを選べるわけではなく、いわゆる建築条件付という状態になります。しかし明確に建築条件付の土地と言われたわけではありません。(その土地に建てる建物の建築確認は既に取れているらしい。) 建物の建築に関しては建売として建築するはずであった物件をベースにしますが、間取りや坪数なども変更することとなり、フリープランでの建築となります。設計料は別途かかるとのことです。 この場合契約は建売物件の契約するのか、また土地売買契約+建築請負契約とするのかどちらでしょうか。まだ正式に契約しておりませんが、建売物件契約として話が進んでいるようです。(仲介手数料が土地と建物の合計金額に対してかかっているので建売物件と思いました。仲介手数料は土地だけでも良いのではないかと思っています。)

  • 建築条件付き売買なのに請負契約を結ばず土地と建物の売買契約を一本化って?

    以前 こちらで建築条件付き土地売買について 質問させていただきまして いろいろとご助言いただきました。 どうもありがとうございました。 お陰様で その後間取りの打ち合わせが 進んでおります。 今 間取りの打ち合わせも 最終段階に入り 次は 建物の請負契約になると思っておりましたが 工務店より 「建物の請負契約は 結ばず 次は土地と建物の一本化した契約を結んでいただきます。」との事でした。 現状 私達は 建築条件付き土地の売買として 土地のみの契約しか交わしておりません。 (現状 不動産仲介手数料も土地のみにしかかかっておりません。不動産営業からは 次は 建物の請負契約と聞いておりました) (1)建物の請負契約を結ばずに 土地と建物の契約を一本化というのは  通常あることなのでしょうか?  その場合 仲介手数料は両方にかかってくる可能性はありますか?   また そうした場合の デメリット等はありますか?  ちなみに 土地の売買の際の契約書には   「3ケ月以内に建物の請負契約または土地建物の売買契約を結ばなけ れば 白紙撤回可能」との 項目が書いてあります。   (3)建築申請は 工務店の名前で出すようです。  通常建築条件付きですと 施主(自分達)の名前で出すと思うのです が 工務店の名前で出された場合 デメリット等 のちのちなにか  影響が出てくることはありますか? (4)現状 オプション金額等が 200万を超えています。  請負契約の際に まとめて金額交渉と思っていたのですが   これを 結ばないとすると どのタイミングで交渉をすればよいの  か、、、   当初 参考プラン(具体的な間取り無しの言葉のみ 75m2+吹き抜 け 屋上つきと記載)で屋上がついておりましたので 我が家は屋上 は無しで 6畳程度のロフトに、、、としたところ 見積もりが 今 103万と出てきております 他社で調べたところ   有名大手メーカーでも 床を貼るだけであれば  4.5畳で30万程 度との事でした。  そのほかのオプションも かなり相場よりも高いと思われる金額でで てきています。  一番最初に出てきた 間取りプランのたたき台から 部屋のドアなど 3つほど減ったりしたものは 特に引かれておりません。   (5)土地の売買金額は 3650万 建物1100万の金額なのですが  「屋上付きの建物が1100万で建つのに この内容のオプションで 200万 オーバーになるのは 納得が出来ない」と言ったところ  「土地に対しては消費税がかからないので うちは建物は大きくても  小さくても 一律1100万で見積もっています。実際    建物は1100万では 建ちません」といわれました。   となると 私達は 実際3650万しない土地なのに 上乗せされ  た分の 仲介手数料を 払っているのですかね、、、?   (6) 請負契約を結ばないとすると その際 特約事項としてつけようと  思っていた項目等)は 追記できないのでしょうか? 長文で いろいろと質問してしまって申し訳ございません。 分からないことが 多くご質問させていただきました。 よろしくお願い致します。  

  • 不動産重要事項説明書・不動産売買契約書について

    わからない点があります。 物件資料の記載に誤りが一部あり、営業マンが物件案内時に訂正し口頭で、説明しました。 無事に、宅地建物取引主任者が重要事項説明を終え、売買契約になり、特約の約款で、中古住宅なので、現状渡しとなっており、物件資料の誤りを、重要事項説明書に訂正して説明しております。 その後、無事に、売り主・買い主の署名・捺印(実印)を終え、完了したが、物件資料の誤りの一部について、仲介業者が責任を持って、(仮)に工事を行えと要求がエスカレート。今も強く要求。 この場合、売り主・買い主の売買契約・重要事項説明書の効力はどうなのでしょうか? 仲介業者としてどう対応するべきなのでしょうか?

  • 不動産売買契約書

    はじめまして、不動産売買契約書の内容について質問させて頂きます。 先日、建売り一戸建て不動産を購入してのですが、 売買契約書の中に少し気になる条文がありました。 その条文の解釈について、ご回答よろしくお願い致します。 条文は下記の通りです。 (第三者への譲渡) 買主が本物件を第三者に譲渡、承継させる場合、売主の同意を 求めるものとする。 売主の同意なく、買主が本物件を第三者譲渡、承継させた場合、 本物件について問題が生じたときは、買主の責任と負担といおいて 解決するものとする。 この条文の解釈ですが、将来不動産を売る時に、必ず売主の承諾が 必要になるのでしょうか? もし、売主の承諾無しに売ってしまった場合、法的になにか問題が 生じるのでしょうか? 売却後のメンテナンスなど受けられなく成る場合があるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 建物売買(長文です)

    こんにちは。 教えてください。 なんとか他の方法はないでしょうか? 当方(地主)で 借地人の借地代滞納が100万近くありました。 両者、協議で 当方が滞納分で借地人の建物を買い取って、 借地人は引っ越すことで合意しております。 ですが、 建物の持ち主が、昨年、倒れ、 現在は意思能力もなく、病院で寝たきりになってしまいました。 建物売買契約を司法書士に頼んでいたのですが、 本人の意思能力がなくなってしまい、 また「免許証」などがなく本人確認ができない、 また「建物権利証」も紛失されているので、 本人限定郵便で送付される権利証の再発行もできず、 どうにもできない、八方塞といわれました。 建物の持ち主が死亡し、 建物の持ち主の妻、また子供3人の 相続人に権利が移動してから行おうかと 司法書士の先生から提案がありましたが、 子供3人(子供といっても3人とも50代くらい)のうち、 1人はすでに失踪しているそうで 連絡が取れないようです。 また、滞納中も当方と話し合いに応じるように 子供に連絡を入れましたが、無視され、 今回のことには非協力的です。 望んでいる結果は 地主に土地が返還される 借地人の滞納分を失くす(借金で子供に迷惑をかけたくない) です。 それか、 当方、建物買取後、 解体するつもりですので(木造の古い建物なので)、 いま、売買せずに、いま建物を解体して、 滅失登記をすることはできるでしょうか?

  • 不動産売買契約書の変更について

    不動産決済を10/7に控えたものです 当初の予定では残代金支払い後、売主に7日の引越猶予を与える との記載が特記事項にありました その後、売主が競売物件を買うので、支払いを10/7から9/15に 早めてくれるようにいわれました(転宅日は当初と変わらずで) その時に、契約書の変更はなしで引渡しの3週間で10万払うと言われました 今度は10/3に支払ってもらったら、引渡しは25日ごろで、その間 家賃として10万払うといわれました 何千万の買い物なので、口約束や個人メールだけでで了承するのはおかしいと 思います 引渡し日等の変更があれば契約書に反映するのは宅建とかで 決まっていないのでしょうか? 詐欺かなにかと思えてきて本当に困っています 宜しくお願いします