• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

住宅の基礎について

 住宅の基礎にベタ基礎工法というものがあり、布基礎(厳密には布基礎ではないのかな?)の中をコンクリートで覆う工法のようですが、ここで疑問があります。  その内部はコンクリートを厚さ○○cmで構成されるようですが、鉄筋はシングルですので、構造的に意味を成すのかが非常に気になるところです。個人的には、このような工法は単なるクラック防止と湿気防止程度にしか考えられないのですが・・・。この考えは間違っているのでしょうか。個人的には、ダブル配筋くらいはしないとスラブにはならないと思うのですが。  どなたかご存知の方教えて下さい。   

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1690
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • shorun
  • ベストアンサー率42% (133/310)

つぎの3項目について私見を書きます。 A  >束の下部分・・・防湿コンクリートなのかベタ基礎なのか? B  >鉄筋はシングルですので、構造的に意味を成すのか C  >ダブル配筋くらいはしないとスラブにはならない A について 「束の下は○○である」と考えると間違いです。 「束を○○で支持する」と考えた方がわかりやすいです。 ○○を防湿コンクリートにするかベタ基礎にするかは 敷地の地盤条件・配筋の施工難易度・予算など総合的に設計者が判断すべきものです。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 以下は私の推定で間違っているかもしれませんので、自信なしにしています。 Aの補足 No5さん回答の参考URLにあるべた基礎配筋表の(注)スラブスパンと配筋の左にある図 からわかるように この表のスラブ計算は、荷重は全部土台に受け持たせて、束まで荷重がかかる詳細な計算は省略しているように思います。 一般的な住宅であれば、この程度の構造計算で、建物の全体的な安全は確保できるものと思います。 BおよびC について 構造計算によって求めたスラブの幅1メートル当たり必要な 鉄筋量=鉄筋1本当たり断面積×本数  この式が成り立つ太さの鉄筋と本数であれば、計算上はスラブとして成り立ちます。 実際には、鉄筋の最大間隔を25cmとすれば太さに関係なく4本以上必要になります。 もし、多数本必要で最小間隔が25mm以下になれば引っ張り側へ2段に配筋する必要があります、 木造建築の基礎ではこんなに多量な鉄筋が必要になることはないと思います。 ごく一般に見かける、通称べた基礎のダブル配筋というのは 上で説明したスラブ引っ張り応力側への2段配筋ではなく スラブの下側と上側に配筋したもので、厳密なスラブ計算ではなく No5さん回答の参考URLにあるべた基礎配筋表などから決定したものと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 基礎って何がいいんですか?

    すぐにという訳ではないんですが、そろそろ住宅購入を検討しようと勉強を始めたばかりの初心者です。 住んでいるところが軟弱地盤であると思われるので、基礎にはこだわろうと思っています。当初は絶対ベタ基礎と考えていたのですが、大手ハウスメーカーのカタログ等を見る限り支持基盤まで鋼管等での杭打ちをすれば、布基礎でも十分なような気もします。ただ、湿気のことを考えると土の上に防湿シートを被せただけでは少々心配です。 あるメーカーでは防湿シートの上に防湿コンクリートを流し込むという工法を取られていますが、これってどうなんでしょうか? どうせやるなら鉄筋を入れたベタ基礎にすべきなんでしょうか? 何かまとまりの無い質問ですが、宜しくお願いします。

  • 基礎の変更について

    新築住宅をこの3月から着工しました。 今、基礎工事に入っているのですが、そこで契約内容と違っていることが判明しました。 地下1階+木造2階(傾斜地)で土地36坪、建坪は20坪強、 木造部分の延べ床は40坪弱になります。 地下部分に2台分の駐車場(半ビルトインのような感じ)の駐車場と 1階へあがる内階段ありなので、高基礎(高さ2m程)になります。 契約ではベタ基礎でしたが、工事現場に行ってみると駐車場部分は ベタ基礎、その半分は布基礎になっていることが判明。 地盤調査の結果、地盤が粘性土+礫質土で結構しっかりしていることでそのようになったようなのですが、 (1)ベタ基礎と布基礎の併用は普通にあるのでしょうか? (2)契約ではベタ高基礎の契約で基礎部分だけで325万の見積もりです(配金はダブル、D10とD13の併用)。今回のようにベタ半分、布半分の基礎に変更した場合、差額(安くなる)が発生するはずだと思うのですがどうでしょうか? (3)布基礎の土部分はそのまま土で残す計画だったようなので、 私がベタ基礎だったはずといったらコンクリートを打ちますとの回答だったのですが、それでも本来のベタ基礎にはならない(地面に鉄筋が入っていない)と思うので、その場合のコンクリートを入れる分の費用はどれくらいでしょうか? 布基礎になっている部分は27m2くらいです。 以上、色々質問しておりますが、よろしくお願いいたします。

  • 布基礎のようなのをベタ基礎にする工法

    近所に新築の家が建っているのですが、 やっぱり新しい家が建つとなると他人の家ですがどういった家になるのか気になりますよね。 さて、その近所のお宅なのですが、 この周辺は地盤が弱いので、杭を打っていました。 そして数日後、最近は殆どのお宅がベタ基礎になっていると思うので鉄筋を組んでセメントを流し込むのかと思っていたら、布基礎のような底の無い基礎部分をコンクリートで形成し、 さらに数日後、まだ土である部分(それぞれの部屋になる部分)を掘り返して厚い発泡スチロールの板を埋めていました。 不思議な工法だなぁ、と思っていたら更に数日後、土だった部分にセメントが入りベタ基礎になっていました。 結果的にベタ基礎になった訳ですが、素人が考えるのに・・・ 底は立ち上がっている部分とおそらくですが鉄筋で一体型になっておりません。こういう工法は上に家が乗っかった場合、十分に力を分散するのでしょうか? 何となくベタ基礎で鉄筋を組んだよりも弱い気がしてしまって・・・ こういった工法は、今の標準なのでしょうか、初めて見たもので気になってしまって。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • xyz773
  • ベストアンサー率19% (26/135)

布基礎の構成として、ベースと立ち上がり部分です。 ベースは、建物の荷重をささえるものです。 同じ重さの場合、ベースの巾が広いほうが、基礎を小さくすることが可能です。m2当りの重さが減るからです。 通常、ベースはシングル筋です。 一方、べた基礎のベースは、布基礎のベースが大きくなって、ベースが一つになったものです。 防湿コンクリートは、布基礎の間を打ったコンクリートで構造とは関係ありません。 以前は、基礎の内部は、GLより盛土して、建物の内部に水が浸入しないようにしていましたが、この盛土がコンクリートにかわり、防湿性をもたせたのが、防湿コンクリートです。 ですから、べた基礎のベースと防湿コンクリートは同じコンクリートですが、役目はぜんぜん違います。 先ほど、ベースは、シングルで十分と述べました。 理由は、住宅の基礎は通常圧縮力がかかっています。 強い風と地震のときに、引張力がかかります。 圧縮力はコンクリートが負担し、引張力は鉄筋が負担します。 圧縮力に比べると、引張力は非常に小さいです。 そのため、引張力がかからない基礎は、構造上、無筋でもOKです。(建築基準法にでています) 引張力がかからない基礎はないので鉄筋を入れます。 ですが、非常に小さいですし、引張力の一部もコンクリートが負担します。(設計上はコンクリートの引張負担分は0として設計します) そのため、シングルで十分です。 べた基礎のベースは、布基礎のベースが大きくなったものです。ですから、シングルで十分です。 通常、地耐力が、5t/m2以上のとき、布基礎です。3t/m2以上のときは、べた基礎です。それ以下は、基礎補強になります。 RC造のスラブは、同じように見えますが、べた基礎のベースとぜんぜん違います。 スラブは、床の上に載せた荷重を、梁に流すためにあるものです。 ですから、それなりの厚みが要求されます。 厚みによっては、ダブル筋になります。 スラブには、たわみと振動が加わりますので、厚くなります。これ以上は専門的な話になりますので割愛しますが、 べた基礎のベースが、布基礎のベースと同じものであることをわすれないでください。 また、RC造の床スラブと違うものであることもわかってください。 強い構造物をつくるためには、シングル筋、ダブル筋も大事ですが、それより、かぶりの確保、鉄筋にコンクリートがまわるか、打つとき十分に振動を与えて、空気を外にだして、隙間なく打つほうが大事です。 ダブル筋にしても鉄筋にコンクリートがまわらなければ、意味がありません。 ダブルにして、コンクリートがまわらない構造物よりシングルにして、確実にコンクリートをまわすほうが構造上は強いです。 ダブルにするのは、多くの場合、厚みが200以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 かなり、詳しい回答をいただきましてありがとうございます。  私の勉強不足のために回答者様に質問の真意が伝わっているのか気になるところですが、私が今回疑問に思っている「基礎」とは、いわゆる布基礎のような主に家の外周部の立ち上がりのある部分ではなく、内部の部分で、束の下(大引きの下)の部分と言えば良いのでしょうか?防湿コンクリートなのかベタ基礎なのか?という部分なのですが。ご理解いただけましたでしょうか?それとも、それを理解して頂いた上でのの回答なのでしょうか。 >べた基礎のベースと防湿コンクリートは同じコンクリートですが、役目はぜんぜん違います。  正に、ここのところなのです。D10@300程度でもべた基礎と呼べるのかどうかなのです。※あくまでも外周部ではなく、内部です。 >べた基礎のベースが、布基礎のベースと同じものであることをわすれないでください。  つまり、私が疑問視している部分(束の下)はベタ基礎のベースと言うことなのでしょうか? すみませんが、再度回答くださるようお願い致します。

  • 回答No.5
  • FD2
  • ベストアンサー率22% (2/9)

>果たして構造計算上でシングル配筋がなりたつのかが非常に疑問です。 もちろん建てる住宅の仕様(階数、重量、スラブの大きさなど)にもよりますが、構造計算上シングル配筋が成り立たないなんてことはありません。 実際にウチ(木造2階建て)は構造計算をしてシングル配筋で成り立つことを確認しています。 また、住宅保証機構のHPに構造計算の結果の一例が出ていますので、これを読まれると良いと思いますよ。

参考URL:
http://www.ohw.or.jp/seinou/gijyutsu/shiyou16_6.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#20185

基礎は、柱から伝わる建築物の全荷重を受けて、基礎版の下の地盤の耐力と釣合っています。 基礎は地盤の反力によって支えられていますから、たわみが有りません。 (支えられていない場合は、建物は沈下する事になります) 一方、床スラブは四方を梁だけで支えられた物ですから、許される範囲のたわみが生じます、 同一には語れないと思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • FD2
  • ベストアンサー率22% (2/9)

まさしく今、べた基礎の配筋仕様などについて建築会社のとの間で議論をしていて、関連法令や建築工学などをかなり詳しく調べましたのでお話しします。 まず、質問者さんの言われる基礎が「べた基礎」だとします(布基礎+防湿コンクリではなく)。 その場合、シングル配筋だからと言って直ぐにおかしいとなる物ではありません。 基礎の強さはシングルorダブルだけでなく、鉄筋の太さ、間隔などで変わってきます。 重要な事はシングルorダブルでなくて、べた基礎の仕様が何を根拠に決められたか?ということです。 まず契約書に書かれていようが無かろうが絶対に守らないと行けない建築基準法関連の規定では建設省告示第1347号にベタ基礎の仕様が書かれております。この規定はでは鉄筋の太さ、間隔などの最低基準がありますがダブルでないといけないとは書かれておりません。また建築基準法施工例79条に鉄筋のかぶり厚(コンクリの厚さ)の最低基準が決められております。 この建築基準法は第1条に書かれているように国民の生命、健康、財産の保護の為の最低限の基準であり、これが守られているということが本当の意味で余裕を持って安全であると言いにくいようです。(基礎に限らず建築基準法には本当に最低限の事項しか規定されていません) しかし、既に契約済みで契約の中に公庫の仕様など他の仕様に従う事が条件として入っていない場合、建築基準法の最低限の仕様にしたがっていれば施主としては何も言うことができません。 一方で、契約の条件に公庫仕様や他の仕様が含まれている場合はちょっと変わってきます。 私の知っている限り公庫の仕様と財団法人住宅保証機構の仕様では、ベタ基礎を採用する際の仕様(配筋基準)は構造計算によって求めることが義務づけられています。ここでいう構造計算とは基礎に加わる重量やスラブ(部屋と考えてください)の大きさにより鉄筋の間隔などを計算する物です。本当に構造計算によって求められた配筋仕様であればシングルであろうが問題無いと考えることができます。 いずれにせよ、現在予定している基礎の配筋仕様がどのような根拠で決められたのか確認されると良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なるほど、構造計算により配筋量などで決まる。ということですよね。この考え方は頷けるのですが、果たして構造計算上でシングル配筋がなりたつのかが非常に疑問です。実例として○○工務店などのHP上では、シングルでD10~13@150くらいに見える写真でべた基礎と公表しているものもあるのです。  私が考えるべた基礎は、家全体のの荷重を支えるものなので、耐圧盤というか、例えばRC造の2階床くらいの構造でなければ意味がないと単純に思うのです。  ちょっと話が混同してますが、湿気防止のためのコンクリート土間とベタ基礎を工務店などは混同しているような気がするのです。  ご教示のほどよろしくお願い致します。

  • 回答No.2
  • mocmoc
  • ベストアンサー率48% (153/313)

参考URLを貼りましたが、シングル配筋も存在します。 教えてGooなので教えますが、簡単に調べられてそれ以外の情報も入手できるのでぜひ「web検索」を活用してみて下さい。

参考URL:
http://www.fukuyamahome.co.jp/2by6/kiso_1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 参考URLのD10@300もやっぱり、クラック防止程度にしか考えていないように感じるのは私だけなのでしょうか。  土質や建物などの環境にもよるでしょうが、この標準的な図で構造上十分なのでしょうか?

  • 回答No.1
  • pankin
  • ベストアンサー率24% (74/297)

方法は2種類ありまして、このやり方と、最初に全面の床を打ってから、立ち上げをする工法とあります。 この後者がべた基礎でして、もう一つは、布基礎+防湿コンクリートという形ですね。 初めから、用途に違いがあるのです。 ただし、厚みをつけたり、生コン強度をあげれば、強くはなり、布基礎の横への強化になりますが、本当に強い物を作るなら、べたですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 布よりベタなんですね。

関連するQ&A

  • 鉄骨住宅の基礎

    鉄骨住宅の基礎というのは布基礎?ベタ基礎?どちらになるのでしょうか? 上物自体が重いのでベタ基礎だと土地に負担がかかると思うのですが どうなんでしょうか? ちなみにまわりは田んぼです。 雨水は下水に流せないので浸透枡を使う予定です。 地盤が難弱そうなのでベタ基礎を使ったほうがよい気が するのですが、建物の重さと比較すると布基礎のほうが 良いのでしょうか? ちなみにメーカーでは布基礎が標準でした。

  • 鉄骨系住宅の基礎について

    ダイワハウス・トヨタホームでは、布基礎。セキスイハイムでは、ベタ基礎と説明を受けました。 しかし、セキスイの営業マンに「ダイワ・トヨタは布基礎が標準なだけで、地盤によってはベタ基礎になり、それだけあとから金額が増えますよ」と言われました。 実際、ダイワもしくはトヨタで建てられた方、どうだったでしょうか?変更はありましたか? また、私自身はベタ基礎が一番と思っていましたが、通常(一般的に地盤がしっかりしていれば)は、布基礎でも充分なんでしょうか?

  • 住宅基礎のコンクリート基礎について

    最近の住宅は基礎をべた基礎にするようですが完全にコンクリートの養生が出来てないうちに建て始めるています。これは湿気に影響しないのでしょうか。また布基礎に比べて強度、耐震性、防虫、などメリットは多いと思いますがデメリットはあるのでしょうか。お尋ねします。

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • 住宅の基礎配筋

    先日我が家の基礎の配筋を見に行ったところ(ベタ基礎、木造3階建) 土間筋(スラブ筋)の継ぎ手が同じ場所で継いでいたので現場担当者に問い合わせたところユニット鉄筋ですし、通常継ぎ手は同じですとの回答 スラブ筋の継ぎ手を千鳥にするのはRCやマンションなどで住宅の基礎では大丈夫と… 本当でしょうか?どこかにそのようなことののってる本がありますか?

  • 鋼製束を使わない根太レス工法

    鋼製束を使わない根太レス工法 約16畳のリビング部屋を増築してます。 通常の根太レス工法ではなく布基礎のみで、鋼製束の代わりに 4列の布基礎(鉄筋入り)の上に大引きで、24mm構造用合板使用。 この工法は、よく用いられる工法ですか? 通常の根太レス工法は、ベタ基礎に鋼製束だと思いますが、 どちらが強度的に強いですか? 一般的にはベタ基礎の方が地震い強いと言われますが、今回の場合 鋼製束の代わりに3列の布基礎という大きな違いがあると思います。 基礎工事と大工工事の手間を考えると、どちらがコスト高になりますか? 参考までに 布基礎120mm×550mm(鉄筋入り)@17,500×26本=455,000円 24mm構造用合板@2,940×22枚=64,680円

  • 大雨の中の基礎工事について

    大雨(1時間当たり10mm程度)の中、外枠に基礎コンクリートを流し込み作業を行ってました。 施工方法は布基礎です。 また、外枠を作り丸一日防水シート未施工のため雨で、配筋と配筋と接合を針金で固定してましたが、その針金の部分も錆ついてました。 そこで 1、基礎工事後、コンクリートは乾燥防止等のため雨は問題ないとされているようですが、大雨の中、 生コンクリートを流し込む作業は今後どのような影響がでてくるでしょうか? 2、配筋と配筋との接合部の針金の錆の影響について 3、業者に聞いても、「問題ないですよ」としか返答がないので、外枠が外されコンクリートがむき出し  になった時に、どのようなところを重点的に確認したほうがいいか? 4、その際、異常(クラック等)が確認できた場合はどのような対応がされていくのか? 以上3点、よろしくお願い致します。

  • 住宅の基礎にかかる費用について

    住宅の基礎にかかる費用について質問です。布基礎とベタ基礎、同じ規模の住宅ではどちらが費用的にかかるのでしょうか?。

  • 家の基礎について教えてください。

    家の基礎について教えてください。 家を建てたいと思っています。 考えている工務店の基礎は、ベタ基礎です。 そこまでは、わかるのですが、 床下の空気が循環しやすいように、 ベタ基礎の上は通常の布基礎みたいなものではなく、 円柱状のコンクリートが使われています。 「地震等に弱くなってしまうのではないか?」 と、心配しています。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、強度などについて、 教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 基礎変更

    布基礎からベタ基礎に変更した場合の下記の内容につて教えてください 建築面積は100m2です。 1)布基礎とベタ基礎の金額差はいくら位でしょうか? 2)ベタ基礎の場合は残土が大量に出るのでしょうか?   出るとしたら何mз位でしょうか? よろしくお願いします。