• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大雨の中の基礎工事について

大雨(1時間当たり10mm程度)の中、外枠に基礎コンクリートを流し込み作業を行ってました。 施工方法は布基礎です。 また、外枠を作り丸一日防水シート未施工のため雨で、配筋と配筋と接合を針金で固定してましたが、その針金の部分も錆ついてました。 そこで 1、基礎工事後、コンクリートは乾燥防止等のため雨は問題ないとされているようですが、大雨の中、 生コンクリートを流し込む作業は今後どのような影響がでてくるでしょうか? 2、配筋と配筋との接合部の針金の錆の影響について 3、業者に聞いても、「問題ないですよ」としか返答がないので、外枠が外されコンクリートがむき出し  になった時に、どのようなところを重点的に確認したほうがいいか? 4、その際、異常(クラック等)が確認できた場合はどのような対応がされていくのか? 以上3点、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1780
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1、基礎工事後、コンクリートは乾燥防止等のため雨は.... 元々、生コンには水分が含まれています。ご指摘の雨量ですと乾燥時に水分は蒸発 していくので大丈夫です。塩分が混入するほうが問題です。 また、コンクリート床の場合、雨天時に施工すると雨で表面が洗われて脆くなるので どうしても施工する場合は打設後にフィルムなどで養生します。もしくは事前に レベルを低く打設して後日、仕上げを行う場合もあります。 2、配筋と配筋との接合部の針金の錆の影響について 将来的に結束線の錆が鉄筋に広がりコンクリートにクラックが入るのでは・・・? とご心配でしょう。 コンクリートは強アルカリ性でコンクリート中の鉄筋表面には酸化皮膜が作られ 酸化から保護されます。 コンクリートは表面から劣化が始まって、内部に進行して初めて鉄筋の錆が始まります。 ですので、特にご心配ないと思います。 厳密に言わせて頂くと品質上はちょっと問題です。公共工事などの検査では 錆を取り除くような指導が管理者から出される場合もあります。 3、業者に聞いても、「問題ないですよ」としか返答がないので、外枠が外されコンクリートがむき出し  になった時に、どのようなところを重点的に確認したほうがいいか? 錆がすぐにコンクリートに問題を起こすようなことはありません。 型枠が外された時に一番に確認する事はジャンカ(業界用語)見た目にすぐ分かります。 見た目に豆がコンクリートに埋め込まれたような状態です。 モルタルなどで補修します。 4、その際、異常(クラック等)が確認できた場合はどのような対応がされていくのか? クラックが入るのは随分先になるので打設後、すぐには確認出来ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足に記入してしまいました ありがとうございました。

質問者からの補足

迅速なご回答、誠にありがとうございます。 その後、いろいろとネットで調べたのですが、ある人は「雨天時の生コン打設は水分がコンクリートに入り、分量?モルタルとの割合が変わり、シャブコンなどになります」などとの書き込みもありましたが、どちらが正しいのかがよくわかりません。 錆の件は安心しました。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 基礎工事について

    昨日、配筋のうえにコンクリートをながしました。(天気は曇りでした。) ところが深夜大雨となり、大雨のピークが過ぎた後も今日の午前中までよわい雨が続きました。コンクリをながしたすぐ後に、こんなに雨が降って強度に問題ないのかとても心配です。今日現場に行きましたが誰もいなくて確認できませんでした。この雨で何か支障があるのか教えてください。

  • コンクリート基礎工事の3時間後に大雨、心配です。

    1級建築士の人に お聞きしたいです。 2階建ての木造で新築の家を建築中です。 いわゆる べた基礎で 生コンクリートを 昨日 流し込んだ後、 3時間後に 大雨となり コンクリートの上が 水で プールの様に なってます。 この様な場合、コンクリートの 強度は 雨が降らなかった場合よりも かなり弱くなって しまう ものなの でしょうか。 何か うてる対策は あるでしょうか。

  • 基礎工事について

    現在、新築中で基礎工事の事ですが、 布基礎の部分を明日にもコンクリート打設するとの ことですが、既に前日までの雨で2cmほど溜まり、 さらに今日大雨が降っていて、現場を見てはいないのですが、かなりまた溜まっているかと思います。 前にもベースのところ、同じようにゴミと雨が溜まっていたのですが、簡単に5,6個のゴミだけ取って大丈夫だからと言って構わずに、そのままドボドボと、生コンを流し込みました。 そういう前のようなことがあって、今度は何としても水を取るようにと言ったところ、雑巾でふき取り、ジェットヒーターで暖めるからと言ったので、そんなものでは間に合わないから、ポンプか何かで吸い取るようにと頼みましたが、果たしてこちらが見ていなければ、構わず水がたっぷり溜まったまま、生コンを流し込むような気がします。こんな状態でできた基礎は果たして強度的には大丈夫なんでしょうか?宜しくお願いします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

基本的には大雨時にコンクリ-トをうたないのでは?大雨でバイブレ-タ-や電気機器をつかったらは感電しますよ。 100Vでも感電して事故になる場合もあると思います。そんな危険をおかして本当に業者さん使用したのですか? 小ぶりなら別でしょうが。この業者さん本当に大雨時にバイブレ-タ-つかってうったのですか? 通常バイブレ-タ-はコンクリ-トを締め固めるため使います。たぶんこの業者さんはコンクリ-トのあつで水が押し出されるから大丈夫と思っているのではと思いますが。水が沸いてくような場所にコンクリ-トを打場合は釜場を造り水をかきあげて基礎内に水をはいらないようにして打ちます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

大雨時に住宅程度なら100Vのバイブレ-タ-でしょう。そうすれば大雨時にバイブレ-タ-かけていたら 漏電するのでは。重いので高周波バイブレ-タ-はあまりつかわれないのでは。ということは大雨時にバイブレ-タ-使用できないのでは?感電しちゃいますよ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

つまり、雨天時はバイブレーターは行わないってことでしょうか?

  • 回答No.7

No.6です。 間違っておりました。訂正します。 >生コンクリートの品質は、工場出荷時に保証されています。 ↓ 生コンクリートの品質は、荷降し時に保証されています。 ですね。m(_ _)m。 ですから、 ミキサー車での搬入に至るまでの雨水の混入は原則的には プラントの責任範囲ということになるのでしょうか?。 申し訳ありませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

生コンクリートの品質は、工場出荷時に保証されています。 ポンプ車筒先、ではありません。 プラントから現場に至るまでの搬送時に雨天の場合 相当数の雨がコンクリートミキサー車に混入され、かつ 充分攪拌されながら到着します。 かつ、打設時雨と一緒に打設された生コンクリートは、 既に上記の理由で「非常に流動性のよい生コンクリート」に なってしまってはいるのですが、バイブレーターにより 「局所的に」さらに攪拌され、極度に不均質な強度のコンクリート となってしまうことが想像されます。 基礎梁部分において無数のクラックが生じた場合、 これらが原因で無いと証明できるでしょうか。 このため、これらのことを建築主から問いかけられた時、 充分納得できる説明をできかねるため、自分自身に対しても、 雨天時のコンクリート工事は避けるべきものと申し上げました。 ただ、こういった工事の場合、「途中中断」という処置が 非常に困難なことは充分理解しております。 所謂、「止めるに止められないのです。」 しかし、ベース部分のみで工事を中止したことも 関係者の方の中にはおありになることと思います。 また、基礎梁天端において「雨に叩かれた」状態で レべリングが所定の強度を保てるかどうかはご存知の通り 疑問です。 充分ワイヤーブラシ等でケレンできるのであれば 良いでしょうが、最近は脱型せずにそのままレべリングを 流すようです。これでは無理でしょう。 土台敷込時にはレベリングはクラックだらけ、すぐに はがれてしまうような状態にはならないでしょうか。 ベースの均しができていなければ、適正な厚さが確保できた かどうか判断すらできません。 脱型して初めて厚さ不足に気づきます。そして いうことは、 「雨天時の施工であるから、この程度は 許容の範囲です。なんら問題ありません。」 などと言うのでしょうか。 どのような状態で打設し、どのような養生をしたかに かかってくると思います。 完了後はしっかりとシート養生をし、(失礼ですが 雨天時コンクリート工事をしシート養生もせずに 返ってしまうような業者であれば、一旦工事を中断し 第三者の工事監理者を依頼されるべきです) 部分的に雨がたまるのであれば水中ポンプ等を設置して 帰るのが「ごく普通」の業者です。 質問者の中には、所謂聞きかじりだけの知識で、こういった サイトなどで間違った知識を得て、モンスター化しているような 文章もまま見られます。 また、回答者の中にも「面白おかしく」不安をあおっているような 回答もまま見られます。 我々は、建築業者の都合、段取りのみではなく 建築主の立場にたった視点でみるのが いま一番大切なような気がします。 生き残れる方法はそれしかないのでは。 最近は、そういう業者も多いのですけれどねぇ・・・・。 長くなり申し訳ありませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足のほうに記入してしまいました・・・ ありがとうございました!

質問者からの補足

ミキサー車での搬入の際、天気の状況によりいくらか水分を少なくして搬入。 雨水も計算の上で混合比の調節などされるのでしょうか? 本日、確認にいきましたがしっかりと防水シートで保護、基礎下は水抜きポンプで水抜きを継続していたので少しは安心しました! ありがとうございました!

  • 回答No.5

台風など明日絶対雨が降る時以外は延期はしません、雨が降ってきたから工事を止めることもありえないことです。20度前後でそよ風が吹いて日差しも強くない様な日に施工した時と比べれば、影響が少しはあると思いますが、住宅では仕方がないことだと思います。 普通の施工をしていれば、問題がありません、天端均しができないぐらいでしょう、良心的なら、施工後ブルーシートぐらいはかけるでしょう。 防水シート未施工のためというのがわかりませんが、針金は結束線と呼ばれるものですぐに錆びます。 雨が降ってもそのままになっていることが多いです 炎天下、乾燥防止のために、ホースで水を撒くこともあります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

生コンは発注されてるからなかなか延期は難しいのでしょうかね? 打設後はブルーシートにて保護されてました。 ありがとうございました!

  • 回答No.4

大雨の中で打設してもシャブコンになるようなことはありません(シャブコンにするには水を加えた後、練らなければなりません、打設後に水を加えても表面に水が溜まるだけです)) あえて言えば、表面が雨に打たれて少し削られてあばたになる程度 (時間10mmは1時間連続した時10mm水がたまるだけです、それはコンクリートとは混ざりません、影響があるとしても表面の1mm程度でしょう) 鉄筋の錆は問題になりません(錆を長期間放置して、錆が剥がれ落ちるような状態ですと問題ですが、雨中に数日程度ではそこまでの錆にはなりません) 1,2は、認識できる影響は無いでしょう 3,4は 1,2に関しては確認できることはありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No6さんのいう、バイブレータにて「局所的に」さらに攪拌され、極度に不均質な強度のコンクリートとなってしまうことが想像されます。 と回答を得ましたが大丈夫ですかね^^; 錆の件は了解です、安心しました ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

外枠を造り丸一日防水シ-ト未施工のため-------  というのは型枠に養生シ-トもかけないでということですか? 1,基礎型枠にコンクリ-トをいれてる最中に大雨がふって、コンクリ-トと一緒にということでしょうか?  そうするとコンクリ-ト強度 は水:セメント の割合で配合設計されているのであまり水がはいると、強度はおちると思うのですが。 問題ない根拠を業者さんから聞いてみたらいかがでしょうか。 生コンの伝票にFc= N/mm2 が記載されています。ご心配なら基礎ぬの部分からコアでテストピ-スを抜いて 生コン工場でつぶしてみてもらったらいかがでしょうか。たぶんシュミットハンマ-だと力がにげると思うので。 2,錆びはまったく問題ありません。びるものでも鉄筋をくんでから、コン打ちまでの期間があるのでさびます。 3,型枠をはずしたら、布基礎のベ-ス部分と立ち上がり壁の接合部を確認してみてください。空洞等があるかどうか。  型枠がコンクリ-ト打設時の圧力でこわれないようにセパレ-タ-という金具をつかっています。これが基礎コン腰壁を横断していると思います。通常60cm程度間隔だと思いますが。その部分に空洞があるかないか確認してみてください。 たぶん大雨の日にコンクリ-トを打さらにシ-トもかけないということなら、おそらくコンクリ-ト打設時にバイブレ-タ-もかけないと思います。そうするとコンクリ-トも締め固めも不十分だと思います。コンクリ-ト天端もおさえていないと思うのでコンクリ-トの天端が下がり亀裂が腰壁巾方向に亀裂もはいっているかもしれません。 クラックもそうですが、設計したコンクリ-トの強度が実際あるのかどうかが最重要だと思うのですが。 住宅程度の短い基礎ではそう簡単に収縮クラックははいらないと思いますが?むしろコンクリート打設におきる コンクリ-トが沈み沈み亀裂が発生しているようなきがしますが?通常コンクリ-ト打設完了後ブリ-ジング現象で水がういてきます。たぶんそのあとのおさえもしていないと思うのですが?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バイブレータもかけない時もあるんですかね?^^; 外枠が外れたときに、空洞があるか念入りにチェックしてみます。 ありがとうございました

  • 回答No.2

1、コンクリート打設時、特に10mm/hと言えば、ずっと   そのままであれば大雨ですね、   雨天となるようであれば、普通まともな業者であれば   工事を順延するのが普通です。   布基礎天端、ベース部分など水平面は相当「雨にたたかれて」   骨材が現れてしまっているでしょう。   天端均しなどはそのような上から施してもすぐ割れるでしょうし、   ベース等はどのような状況でしょうか。   ましてや、そのような状況で天端は水平に均されていますか。   打設後の養生がわかりませんので一概に可否は申し上げられませんが   私が監理者の立場であれば、工事は順延していただいたと   思います。   後々の「処置」を考えるのに「気が重くなる」ので。 2、結束線の錆びは問題ないと思います。   No.1の方の回答の通り。 3、水/セメントといって質問者のかたが心配される「シャブコン」の状態は   出来型からは判断ができません。   コンクリート表面の劣化、郷土の低下、我々とて一番心配な部分です。   竣工後、クラックが発生するかもしれません。   心配なら適正な部位、いろんな点で、で「コア抜き」して、強度試験   を実施するのもいいと思います。   シュミットハンマーは第三者による適正な方法であれば、ある程度   信用できますが、工務店サイドの機関であれば微妙に、修正できます。   いわゆる、テクニックが使えますので、止めたほうがいいと思います。 4、異常が確認できるのは型枠脱型後すぐにはわからないと思います。   見た目でわかるのは打設表面の状態くらいではないかと思います。   10mm/hくらいの雨が大雨なのか、小雨なのか、よく判りませんし   打設中、打設後の養生方法にもよりますが「問題ないですよ」と   突っぱねられるのであれば、第三者の専門機関でそれなりの試験を   してもらっておいたほうが良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足に記入してしまいました。 ありがとうございました

質問者からの補足

2011年9月6日、北海道地方は大雨でした。 その前日も大雨警報が発令される中での打設でしたので、気になりました、 (警報がない雨でしたらそんなに気になりませんでしたが) とりあえず、打設は完了しましたので型枠が外れてから注意深く見てみます! ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 土留めの基礎コンクリートが大雨で・・・大丈夫?

    今日、新築を建てる土地のCBブロック土留めの基礎コンクリート工事を行いました。 しかし工事が終わってコンクリートむき出し状態で(まだ基礎なのでCBは配置されていません。基礎ベースの天圧作業・鉄筋組み・コンクリート打設作業のみで今日は工事が終わった様です。)、夕方から大雨が降っています。 コンクリートには何も雨用のカバーがかかっていません。 コンクリートを爪でほじると柔らかいのでほじれます。 施主ですが素人なのでよく分かりませんが、このようなコンクリートの完全に固まっていない状態で大雨が当たっても大丈夫なのでしょうか?

  • 基礎工事について教えてください。

    基礎工事について教えてください。 現在、鉄筋組みが終り、今日の午前中に(6月16日)その上に生コンクリートを流し込んでいました。 午後4時頃、工事現場を見ていましたら午前中に流し込んでいたコンクリートの上を作業員が歩いて何か作業をしていました。 こんなに早くコンクリートは乾くのでしょうか? 早く乾くと何か悪いことでもあるのでしょうか? 基礎は大切なので教えてください。

  • 基礎のコンクリート

    現在新築中の基礎工事についてなのですが、 最近の雨続きで、基礎のコンクリートを流す作業が延期になっています。 大雨の後でのコンクリートを流す作業というのは何か問題があったりするのでしょうか?

  • 基礎コンクリート打設直後の大雨

    昨日、基礎コンクリートを朝9:00前から打設開始し、午後14:00頃に打設終了。天気は朝から曇りでしたが、打設終了直後(5~10分後)に、バケツをひっくり返したような大雨(雷雨)が降り始めました。業者は養生シートは用意していましたが、突然の大雨に養生が間に合わず、打設直後のコンクリートが水浸しになり、基礎の中に雨水がたまってしまいました。 工務店に確認したところ、(1)最後に打設したコンクリートはコンクリートが「あばた」になっているため、後日、はつった上で補強コンクリートを打つが、表面以外は固まっており問題ない。(2)その他午前中から打設した部分は、打設後2~3時間程度経過しているので問題ない。(3)後日(お盆休み明け)シュミット検査やサンプル調査を実施して強度を確認する。 (4)24Nの強度のコンクリートであり、JIOの基準の18Nより強いので雨水が少しぐらい入っても問題ない。 以下質問です。 (1)基礎直後の大雨というのが、コンクリートの強度にどの程度影響を与えるのでしょうか?(2)シュミット検査やテストピースでコンクリート強度は分かるのでしょうか? (3)当日の天気予報は曇りのち午後から雨で、工務店は午前中にコンクリート打設を終えるようにするので大丈夫と言っていました。午後14:00まで掛かったのは落ち度があると思いますし、打設後すぐに養生していれば雨水にさらされることもなかったと思いますが、責任はどの程度問えるのでしょうか?ちなみに、基礎はジョイントレス基礎であり、立ち上がり部分も同時に打設するため、通常の基礎よりは時間が掛かるのかもしれません。 (4)工務店に大きな落ち度がなく、やり直しを要求できない場合に、補強等でどの程度強度を確保できるのでしょうか(5)その他、どのようなアドバイスでも結構ですので、お願い致します。

  • 雨天時の布基礎の施工について

    戸建住宅の布基礎の施工につきまして、雨天時に施工しても問題ないでしょうか? 先週末に丁張り、根切りを終え、今日から施工が始まりました。 明日から雨の予報で、配筋、型枠設置等、肝心な施工が雨天施工になりそうです。 雨天時に施工しても施工精度等、大丈夫なのでしょうか? 気分的に家を支える基礎工事だけにとても気になります。 以上、よろしくお願いします。

  • 基礎工事について

    7月完成予定の売りたてを購入いたしました。 ベタ基礎ベースコンクリートの打設が終わり次に立ち上がり部の打設を行う予定でしたが、かぶり厚不足、ジャンカ発生などの問題が発生しましたので現在工事は中断しております。 そこで質問なのですが近々工事が再開する予定なのですが、4月7日に工事が中断しているので鉄筋が雨で錆びています。またベースコンクリートと立ち上がりコンクリートの接合が強度的に大丈夫なのか心配になっています。 施工会社に聞くと大丈夫、大丈夫と言うばかりなので何か資料等ありましたら教えて下さい。

  • 住宅の基礎について

     住宅の基礎にベタ基礎工法というものがあり、布基礎(厳密には布基礎ではないのかな?)の中をコンクリートで覆う工法のようですが、ここで疑問があります。  その内部はコンクリートを厚さ○○cmで構成されるようですが、鉄筋はシングルですので、構造的に意味を成すのかが非常に気になるところです。個人的には、このような工法は単なるクラック防止と湿気防止程度にしか考えられないのですが・・・。この考えは間違っているのでしょうか。個人的には、ダブル配筋くらいはしないとスラブにはならないと思うのですが。  どなたかご存知の方教えて下さい。   

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

  • 写真のような基礎を作りたいのですが

    土の上だけコンクリートで固める訳でないのは解っています、埋まっている部分の処理が大事だと思いますが、どのぐらいの深さまでコンクリート流し込んでありどのような処理をするものなんでしょうか、 また布基礎などと違い、月日が経つとそれぞれの基礎が不等沈下を起こしてくると思いますが、その場合の処理の仕方など、3坪のログハウスの基礎として施工する場合の基礎の本数、注意点など解る方居られましたら教えてくださいませ、

  • 基礎工事について

    現在工務店で新築中です。 基礎工事について、次の2つの質問をさせていただきます。 よろしくお願いします。 一つ目の質問ですが、 下請け業者が基礎の寸法を誤ったことが原因で、基礎のベースと高基礎(高基礎部分:高さ50センチ×2間)をはつることになり、現在写真のとおりの状態となっています。 工務店は、「立ち上がりのコンクリートを打つ時に、高基礎部分も一体的にやり直す。カブリを十分にとるため、本来、立ち上がりの幅15センチのところを、18センチにする」といっています。 写真のように、コンクリートを削って鉄筋が見えている部分に、立ち上がりと高基礎をくっつけると、何か強い力が加わった時に、その部分が割れたり、はずれたりしそうに思うのですが、いかがなものでしょうか。本来の強度を出すためには、どのような施工をするのが適切なのでしょうか。詳しい方、よろしくお願いします。 次に二つ目の質問ですが、 上記の高基礎をハツったコンクリート片が現場に落ちていましので、じっくりと見てみましたところ、小さい穴(直径と深さ共に5~6ミリ)が所々発生していました。このような穴は、基礎の強度等に影響がありますでしょうか。 P.S 基礎ベース打ち込みの日は、雨が降ったり止んだりの日で、 工事の進行が大変だったとのことでしたが、工事自体は問題なくできたとのことでした。