• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

相対論の速度合成則について

宇宙は膨張しているため遠くの天体ほど速く遠ざかっているそうですが、 そこで相対論の速度合成則で1.5cの速さで遠ざかる天体が後方にcの光を出したときの光の速度を求めてみました。 W+v/(1+Wv)=(1.5-1)/1+1.5*(-1))=-1 となり後方にcの速度で光がでてくるということは、 超光速の天体も観測できるということでよろしいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数339
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#175206
noname#175206

宇宙の膨張による後退速度を、固有な速度と混同していますね。空間の膨張による速度は、特殊相対論の速度の合成則は使えません(特殊相対論は空間が静止しているという前提ですから)。 1.5cで遠ざかる天体を考えることはできますが、その1.5cというのは空間の膨張によるものですね。その天体付近では、当然地球に向かって速度cで光は進んでいます。 しかし、空間が1.5cで膨張しているため、差し引き0.5cで後退してしまうのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

空間の膨張は別のものなのですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 宇宙の膨張と相対論と矛盾している?

    宇宙の膨張は一般相対性理論から導き出される結果のようで、観測でも実証されているようですが、一つ疑問点があります。 宇宙の物質は全体的な膨張により、遠くの天体ほど高速で遠ざかっており、その(遠ざかる)速度が光速を超えてしまうところは、地球からは絶対観測できない─宇宙の地平線と呼ぶ─らしいのですが、これはあらゆる物質は光速を超えられないはずの一般相対論と矛盾してはいませんか? 何か間違っているのでしょうか?諸賢のご意見お待ちします。

  • 遠い宇宙は、本当に光速以上で膨張するの?

    遙か彼方の宇宙(150億光年くらい?)の膨張速度は光速と同じになり地球に光が届かないから観測できない。だから、そこが宇宙の果てでもあるということを聞いたことがあります。 でも、相対論では、光速より速いものは存在しないはずですよね。 「存在しない」のと「観測できない」のは違うと思うのですが、矛盾しませんか?相対論と膨張速度の関係はどうなっているんでしょう? 難しい数式はわかりませんので、易しい言葉で教えてください。

  • 相対論的速度の合成について

    相対論において、運動方向と水平な速度の合成は比較的容易に理解できるのですが、水平成分と垂直成分の合成がよくわかりません。 図のように、OX上を速度vで等速直線運動する車から、O点においてY方向に小球を同じ速度vで発射します。(単純にするために、あえて同じ速度vとしました。) このときの小球の動きを静止系から観察します。静止系でのt秒後車はX点に到達します。 ニュートン力学で考えれば、小球の運動はベクトルOXとOYを合成してベクトルOAで表されます。当然θ=45°です。 これを相対論的に考えてみます。静止系からみると運動系では時間が遅れます。静止系でt秒経過しても、車の系ではまだt秒よりも短いt’秒しか経過しません。 X点において車の乗員からみれば、小球はA点(距離=vt)の手前のB点(距離=vt’)までしか到達していないことになります。 であれば、静止系から観測すると小球の運動はベクトルOBで表されます。合成速度OB<OA、θ’<45°になります。 相対論的に速度の合成を考える時、単純なベクトル合成で考えていけないのはあきらかなのですが、大雑把に言えば、上記のような考え方で正しいのでしょうか?何か落とし穴にはまっているような気もします。 ご教授よろしくおねがいします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

あ, #1 は設問に沿った回答じゃないです. すみません. 結論からいうと, 「宇宙膨張に乗って速度 1.5c で後退している物体から出た光」を考えるときには速度の合成則を使っちゃダメです. きっちり確実に議論するなら一般相対論を使うべきですが, 簡単な説明なら特殊相対論でも可能. 話を簡単にするため, ハッブルの法則に従った宇宙膨張に乗っていると仮定します. この場合宇宙空間が一様に膨張することによって後退速度が距離に比例することになります. で, 図を描くとわかりやすいんですがこの場合には後退速度が c のところに事象の地平線ができ, それより遠いところの情報は決して伝わりません. どういうことかというと, 後退速度が c のところにある物体から出た光は速度 c でこちらに向かっているんですが, その一方で速度 c で後退しているため 2つの速度が相殺されて全く動けません. 永遠にその場所に留まることになります. そして, それより遠いところから出た光は「速度 c でこちらに向かうが, 後退速度が c より大きい」ため, 時間の経過とともに「より遠くへ」運動します. つまり, 光がこちらに近づくことはないので, そのような物体が出した光は観測できません. もちろん, 後退速度が c より小さいところから出た光は後退速度を差し引いてもまだこちらに近づく速度成分が残るのでいつかは観測できるということになります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一般相対性理論についても後で勉強してみます。ありがとうございました。

  • 回答No.3

特殊相対性理論の範囲とすると、そこでは光速を越える速度はありません。 したがって、掲題の設定も考察も無意味なことになります(速度合成則も適用できません)。 詳しくはないのですが特殊相対性理論は光(すべての慣性系で一定速度)を使って時空が構成されているためと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • BLUEPIXY
  • ベストアンサー率50% (3003/5914)

>1.5cの速さで遠ざかる天体 がそもそも間違っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。宇宙の膨張によって遠方では光速を超えると聞いて計算してみたんです。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ドップラー効果を無視すれば, 光速を超えているかどうかはあまり問題じゃなくって「ある時刻にそこに存在したこと」はわかります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 光速同士の速度合成について。

    光速同士の速度合成について。 相対論的な速度の合成法則を使用すると、光速で運動する物体からその進行方向とは逆向きに発せられた光の速度は、静止している観測者にとって0となりますが、実際は光速で進みますよね? この場合、速度の合成則を使用してはいけないのでしょうか。

  • 相対論

    相対論 A点B点C点が等間隔に直線状にある A~B点30万km A点から光速列車でB点まで1秒で到達した。 C点から光を発した結果B点まで1秒で到達した。 光速列車は光を秒速30万kmと認識したのですか? 相対論ではそうですね。 それでは、少しひねります。 その後、光は1秒でB点からA点まで到達しました。 実はA点から出発した光速列車は30万kmの長さ A点が前部のスタートラインA点から後方に30万km行ったところが後部。 A点から出発した前部の車掌は 1秒後にB点に差し掛かったとき光が自分横を通過したのを確認した。 後部の車掌はどの時点で光が自分の横を通過したのを確認したのですか? A点とB点の間でしょうね。 となると 0.5秒ですね。 前部車掌から後部車掌までの距離は30万kmですね 光速の2倍になってますね!

  • 光の速度を超える宇宙

    宇宙はものすごい速さで広がっているといいます。 そして、この世界では、光速が一番早いですよね。 そして、宇宙が広がる速度は、地球から遠ざかるほど速くなります。 だから、どんどん遠くなると、光の速度を超えますよね。 そう考えると、光の速度を超えることはできないというのは、 予測に過ぎないという結果にならないでしょうか? まぁ、インフレーション理論によれば、宇宙の膨張は 光のスピードを超えて加速していくわけですけど、 光より早く遠ざかる物体という運動は、 相対論とは矛盾しないということになりますけど。 物体は周りを取り巻く空間に対し相対的に静止していて、 光より早く膨張するようになるのは、空間そのものですが、 光の速度を超えたということは、これからの日本は、 「宇宙の膨張が一番はやい」という科学になるのでしょうか?

  • 相対論のパラドックスを2つ考えました

    相対論のパラドックスを2つ考えました。karat_321さん 相対論のパラドックスを2つ考えました。 ・時空図と光時計のパラドックス 縦軸が時間、横軸が空間のグラフがあります。 このグラフ上では光速は45度の直線になります。 グラフを見れば、光速でも時間は過去から未来へ流れています。 この線の傾きが水平になると、速度は無限大で時間経過は0になります。 宇宙船の後方から光を発射して、前方の鏡で反射して戻ってきて1秒の光時計があります。 宇宙船が光速に近づくと鏡は光から少し遠ざかるので、1秒以上長くなります。 もし、宇宙船が光速で動くと光は永遠に鏡に到達できないので、光時計の時間経過は0になる。 しかし、時空図の光速は時間経過は0にはなっていない。 いったい、どちらが正しいのか? ・タキオンと加速器の存在パラドックス 長さ100光年の加速器があるとする。 タキオンはこの加速器の内部で自由に操作することができるとする。 加速器は2100年に存在しているとする。 タキオンは100光年の距離を移動し、2000年へタイムトラベルしたとする。 その場合、加速器の存在はどうなるのか? 加速器も一緒に2000年へタイムトラベルするのだろうか? しかし、動いたのはタキオンの方である。 結局、タキオンはタイムトラベルできるのだろうか? よろしくお願いします。

  • 光速度不変の原理について

    相対論関連の質問を読ませていただいてふと疑問に思いました。 特殊相対性理論の前提として、光速度不変の原理というのがあります。 「真空中の光の速さは、光源の運動状態に影響されない一定値cである。」(Wikipediaから引用) Q1. 光速度不変の原理は、一般相対性理論でも前提となっているのでしょうか?  Wikipediaの一般相対論の項目をみても良く分かりませんでした。  大きな重力場の恒星などの光は、時間がゆっくり進むため周波数が低い方に変移して観測されると、昔なにかの本で読んだ記憶があるのですが、光の速度はどう観測されるのでしょうか。 Q2. 宇宙の膨張との関係について  空間の膨張によって遠くの星ほど速く遠ざかって行くように観測されます(ハッブルの法則)  この「空間の膨張」の光速度への影響というのは、「光源の運動」とおなじと考えてしまって良いのでしょうか?  つまり、近くの恒星から発せられた光の速度と、はるか遠くの銀河から発せられた光の速度を比較した場合に、「空間の膨張」の影響で異なって観測されるということはあるのでしょうか? 何かとんでもなくマヌケな質問をしている様にも思えるのですが、今ひとつスッキリしませんので、ご回答をいただけると嬉しいです。

  • 相対論は間違っている

    一辺30万kmのキューブ状の宇宙船A,Bが互いに等速度運動している。 Aにおいて、天井から垂直に発せられて床に届くまでの光をa、Bにおける同様の光をbとする。 それぞれの経過時間に対応している「aの長さ」は、「A視点で30万km、B視点で30万+αkm」で、aの長さを比較することによって、Bは「Aの時間が遅れる」と主張するわけですが、同様にAが「Bの時間が進む」と言えないのはなぜですか。 例えば、Bが、何らかの方法で実際にaを観測し、何らかの手段で結果をAに伝えることができるなら、Aは、「自身の時間が1秒経過する間にBの時間が1+α秒経過した」すなわち「Bの時間が進む」と考えざるを得ないのではないでしょうか。 本当は aによるA視点「Bの時間が進む」 bによるA視点「Bの時間が遅れる」 aによるB視点「Aの時間が遅れる」 bによるB視点「Aの時間が進む」 で、相対論は、aについてはB視点だけ、bについてはA視点だけを言うことで「互いに相手の時間が遅れる」と主張しているのでは。 https://note.com/abikonobuhiro666/n/n60773c61c41d

  • 相対論 ニュートリノ

    のお陰で、随分窮地に追いやられているようです^0^ そもそも、帰納法により光速度が一定で光行差の観測(実験結果)からエーテルも否定されると説明が付かない(エーテルがないとなると、演繹的計算では光速度と時間と距離との関係に矛盾が生じる)ので、光速度を不変とし、時間と距離を相対的とした公理から出発した理論ですよね。 そうすると、公理は仮定でもいいので、とりあえずそこから導き出された結論(定理)が事実と相違しなければ、前提は真で論理が妥当であるから相対性理論は正しいとなります。 ところが、相対論から演繹的に導きだした定理は、質量のある物は光速を越えられない、と言うものである。 ニュートリノは質量があり、0km/hから加速しているので、定理は事実と異なり、 論理が間違っているか前提が間違っているかのいずれかになります。 この場合、演繹的な計算はまさか100年も経っているので、間違う筈はなく、 前提が間違っていると推定できます。 要は、時間と距離が相対的で光速度が絶対的という公理が間違っているのではないでしょうか?

  • 相対速度の限界

    光速の物体Aと光速の物体Bが正面からすれ違う時に発生する相対速度はどれほどか? ちなみに、「相対性理論によれば、真空中での光の相対速度は、観測者の速度に依らず常に一定である。」という事が言われていますが、 その根拠が分かりません。相対性理論を理解してはいないのですが、論理的に説明できる方がいましたら回答願います。

  •  光速についてご質問します。観測者からの光の速度は不変ですね。仮に光速

     光速についてご質問します。観測者からの光の速度は不変ですね。仮に光速の99%で移動する宇宙船aとそれを外から見ている観測者bとします。aの船内から前方へライトを付けました。ライトが船内の前方へ到達する時間をkとします。とすると観測者bから見た到達時間はkより多くかからなければなりませよね。光速の99%なんで、到達するのがスローに見えるのでしょうか?  光速は超えられないのですが、仮に光速で移動したとすると観測者は前方に到達することを確認できません。だから光速を超えることはできないということですか?また、宇宙船内の光は速度cで進みます。とすると宇宙船a内のライトは宇宙船にとっては観測者bに対して(1+99/100)cとなり、宇宙船にとっての観測者に対するライトの速さは光速を超えてしまうのですか?うまく表現できませんが、どこに間違いが有るのか教えてください。

  • 地球で観測される星からの光の相対速度について

    観測者が高速で移動しながら光の速さを観測しても、見かけの光の速さは c=3.0×10^8[m/s]であり、静止して観測した場合と変わらない。 この事実から、アインシュタインは高速で移動すると、時間の進みが遅くなると 説明しました。  これはわかるのですが、星からの光も地球で観測した場合はc=3.0×10^8[m/s] となるのでしょうか? 吸収スペクトルが赤方偏移していることから宇宙が膨張していることが分かったということ ですから、たぶん星からの光の速さを測定してもc=3.0×10^8[m/s]で変わらなかった とは予想できますけど・・・実際にはどうなのでしょうか?  これが正しいとすると、結局光源が高速で動いている場合でも観測される光の速さは 変わらないということになります。光源の時間の進みはゆっくりで、観測者は相対的に 時間の進みが速いと無理やり考えれば何とか納得できそうですが・・・ ご回答よろしくお願いいたします。