締切済み

ヘーゲルの「他人の欲望」

  • 暇なときにでも
  • 質問No.239560
  • 閲覧数305
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

柄谷行人氏の漱石「こころ」評を読んでいて、全く新しい視点で印象深かったのですが、その中にヘーゲルの「他人の欲望」というキーワードが出てきました。

我々の欲望は既に社会的な関係のなかに絡めとられていて、「こころ」でも先生のお嬢さんに対する欲望はKという他人がいて初めて発生した欲望だ、従ってこの欲望ははなからKを排除することが条件づけられたものだ、というような内容でした。

さて、実際にヘーゲルの「他人の欲望」という説をもう少し知りたいと思うのですが、どなたか教えていただけますか。
昔ボードリヤールは多少読みましたので、そのあたりとの違いをベースに教えて頂けると有難いと思います。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 14% (98/698)

下記にご紹介する参考URLが、なにかのお役に立てばと思います。
見当違いの回答になりましたらご容赦ください。
お礼コメント
noname#2755

どうも有難うございました。
URL拝見しました。ボードリヤールの解説ですね。彼の言うところの記号消費社会の現実と比べて「他人の欲望」がどういうものなのか、と思ったのが質問のきっかけでした。
投稿日時 - 2002-03-23 08:52:13

このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ