解決済み

好気呼吸で発生するATP量は、36?38?

  • 困ってます
  • 質問No.2311427
  • 閲覧数8994
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 57% (199/349)

グルコース1分子を好気呼吸で完全に分解した場合、高校生物の教科書では38ATPが発生すると書い
たいたはずですが、今日大学レベルのことが書いて
あるホームページを見たところ、36ATPという
記述が見られました。1つではなくたまたま見たと
ころ2つともです。
これはどういうことか教えて下さい。

なお説明は多少専門的でも構いせん。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 55% (1516/2748)

我々ヒトでも,臓器により違いがあります。解糖系で生じた2 NADHをミトコンドリア内に輸送する仕組みが二つあります。筋肉ではグリセロールリン酸シャトルで輸送します。この際には2 NADH → 4 ATPとなります。肝臓・心臓・腎臓ではリンゴ酸・アスパラギン酸シャトルで輸送します。これは2 NADH → 6 ATPとなります。つまり筋肉では36 ATP,肝臓・心臓・腎臓では38 ATPとなります。運動生理学関係の成書は以上の理由から筋肉での36 ATPを使っているものが多いと思います。

ただし,これらはNADH →3 ATP,FADH2 → 2ATPとして計算したものです。現在はNADH → 2.5ATP,FADH2 → 1.5ATPと計算する成書も多くなってきました。これですと32 ATPとなります。ここら辺は現在でも議論のあるところのようです。シャトルについては下記を参考にしてください。

○ミトコンドリア輸送系
http://hobab.fc2web.com/sub4-mitochondrial_transporter.htm
お礼コメント
tyoukaifusuma2

お礼率 57% (199/349)

回答ありがとうございました。
かなりわかってきました。
投稿日時 - 2006-08-16 10:29:23
感謝経済

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 67% (701/1045)

36 ATPというのは真核生物を念頭に述べているのだと思います。原核生物だと38 ATPと算定されます。

解糖系で生じた2 NADHは、原核生物では細胞質内にある電子伝達系で6 ATPに変換されます。

真核生物では電子伝達系はミトコンドリア内にあります。NADHはミトコンドリア膜を透過できないので、膜を挟んでミトコンドリア内のFADにFADHにすることでプロトンを転移します。1 FADHは電子伝達系で2 ATPに変換されるので、解糖系で生じた2 NADH -> 2FADH -> 4 ATPで、真核生物は原核生物より2 ATP少なくなります。

参考URLもどうぞ
お礼コメント
tyoukaifusuma2

お礼率 57% (199/349)

詳細な回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-08-16 10:28:47
  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (267/1890)

グルコースが細胞に入るとまず2ATP消費します。その後完全分解で38ATP発生するといわれてます(根拠乏しい)。よって差し引き36ATP。
お礼コメント
tyoukaifusuma2

お礼率 57% (199/349)

早速の回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2006-08-16 10:26:07
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ