• ベストアンサー
  • 困ってます

好気呼吸で発生するATP量は、36?38?

グルコース1分子を好気呼吸で完全に分解した場合、高校生物の教科書では38ATPが発生すると書い たいたはずですが、今日大学レベルのことが書いて あるホームページを見たところ、36ATPという 記述が見られました。1つではなくたまたま見たと ころ2つともです。 これはどういうことか教えて下さい。 なお説明は多少専門的でも構いせん。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数9557
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

我々ヒトでも,臓器により違いがあります。解糖系で生じた2 NADHをミトコンドリア内に輸送する仕組みが二つあります。筋肉ではグリセロールリン酸シャトルで輸送します。この際には2 NADH → 4 ATPとなります。肝臓・心臓・腎臓ではリンゴ酸・アスパラギン酸シャトルで輸送します。これは2 NADH → 6 ATPとなります。つまり筋肉では36 ATP,肝臓・心臓・腎臓では38 ATPとなります。運動生理学関係の成書は以上の理由から筋肉での36 ATPを使っているものが多いと思います。 ただし,これらはNADH →3 ATP,FADH2 → 2ATPとして計算したものです。現在はNADH → 2.5ATP,FADH2 → 1.5ATPと計算する成書も多くなってきました。これですと32 ATPとなります。ここら辺は現在でも議論のあるところのようです。シャトルについては下記を参考にしてください。 ○ミトコンドリア輸送系 http://hobab.fc2web.com/sub4-mitochondrial_transporter.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 かなりわかってきました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

36 ATPというのは真核生物を念頭に述べているのだと思います。原核生物だと38 ATPと算定されます。 解糖系で生じた2 NADHは、原核生物では細胞質内にある電子伝達系で6 ATPに変換されます。 真核生物では電子伝達系はミトコンドリア内にあります。NADHはミトコンドリア膜を透過できないので、膜を挟んでミトコンドリア内のFADにFADHにすることでプロトンを転移します。1 FADHは電子伝達系で2 ATPに変換されるので、解糖系で生じた2 NADH -> 2FADH -> 4 ATPで、真核生物は原核生物より2 ATP少なくなります。 参考URLもどうぞ

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2263647

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

グルコースが細胞に入るとまず2ATP消費します。その後完全分解で38ATP発生するといわれてます(根拠乏しい)。よって差し引き36ATP。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ATPについて

    同化や異化をはじめとして、色々な分野でエネルギーの単位として「ATP」という物質がでてきますが、実際にどのようにエネルギーとして使われるのでしょうか? 例えば、好気呼吸でグルコース1分子あたり38ATP作られ、身体を動かす時のエネルギーとして使われる…などの文章が教科書にありますが、実際、ATPがどのように使われて筋肉が動いたり、エネルギーとして使われるのでしょうか?ATPが燃えるとも思えないし…。どなたか、教えてください。

  • 糖質代謝のATP量について

    グルコースやグリコーゲンの分解によって生じるATP産生量ついてわからなくなってしまったので質問します。 グルコース1molが解糖系、クエン酸回路系、酸化的リン酸化によって異化されることで生じる総ATPは32mol(リンゴ酸アスパラギン酸シャトルを用いた時)か30mol(グリセロールリン酸シャトルを用いた時)と教科書に書いてあります。 グリコーゲンの場合は、1molのグルコースがグルコース-6-リン酸になる際に1ATP使うのに対して、グリコーゲンはグルコース-1-リン酸を経由してグルコース6ーリン酸になるのにATPを使わないので、グリコーゲン1molから生じるATP量は グルコースから得られる総ATP数+1をして、33mol(リンゴ酸アスパラギン酸シャトル)か31mol(グリセロールリン酸シャトル)を生じる、という考えで良いのですか?? あと もう一つ質問なのですが、私の教科書では好気的条件下では1molグルコースから25molのATPを生じるとあったのですが、教えてgooのATP関連の他の質問を見ている時に、どなたかの質問内容に好気呼吸で38mol生じるとありました。 それを見るまでは好気的条件下=好気呼吸と思っていたのですが、この2つは全然違うものなのですか?? 教えてください。お願いします。

  • ミトコンドリアの呼吸鎖におけるATP生産量について質問です。

    ミトコンドリアの呼吸鎖におけるATP生産量は、原始細菌や細胞質におけるEM経路によるATP生産量に比べると、はるかに効率が良い。この生産効率の違いを、1分子のグルコースから生じるATPの分子数の具体的な比で教えてください。

  • ミトコンドリアと好気呼吸について

    高1の女子です。今生物の授業でミトコンドリアについて勉強してます。 ☆ミトコンドリアは好気呼吸の場である。 ☆好気呼吸を行なう事により、ATPがクリステで合成される。 ☆ミトコンドリア内で好気呼吸をするにあたって、様々な物質が分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解される 大まかではありますが、以上の点について少し質問があります。 (1)クリステでATPが合成される事により、何が出来るのですか? エネルギーをするとADPになったり、呼吸をするとATPになったり する事は分かりますが、エネルギーとATPの関係性が分かりません! (2)最終的に分解された水と二酸化炭素は私達の体の中で何の役に立っているのですか?

  • 呼吸以外の異化について

    好気呼吸と嫌気呼吸以外の異化ってあるのでしょうか? 例えば赤血球は、能動輸送のために、ATPが必要で, そのATPのエネルギーをつくるためにグルコースを分解 つまり異化ですよね?をしてると思うんですけど、 その異化は呼吸とは過程が違いますよね? それとも同じですか?それじゃあ、赤血球は呼吸してることに なっちゃいますよね? えー、と、つまり、呼吸以外の異化があるなら、 その過程を教えてください。

  • ATP合成に必要なプロトン量論

    私が高校生の頃は(1990年代前半)、ミトコンドリア内膜の運搬によるロスを無視した場合、 1分子のグルコースから2 ATP, 2 GTP, 10 NADH, 2 FADH2が合成され、 NADH + H+ -> NAD+ + H+ + 2 e- 1/2 O2 + 2 H+ + 2e- -> H2O の間に介在する電子伝達系の過程で、 3 ATP (FADH2由来だと2 ATP)が段階的に合成されるので、 最終的に38 ATPが得られると教科書に堂々と書いてありました。 しかるに現在は化学浸透圧説が定説となり、電子伝達系では、 NADH-ubiquinone oxidoreductaseで4 H+、 ubiquinone cytochrome c oxidoresuctaseで4 H+、 cytochrome c oxidaseで2 H+、 合計10 H+がミトコンドリア膜外に排出され、 そのプロトン駆動力でATP synthaseからATPが合成されると説明されています。 問題はそのATPを合成する際に必要なプロトンの量ですが、生化学の教科書によって答えがまちまちです。 3 H+/ATPだとすると、グルコースから合成されるATP量は41.3分子となり、 4 H+/ATPだとすると、グルコースから合成されるATP量は32分子となります。 現時点でATPシンターゼがATPを合成するのに必要なH+の量論は解決しているのでしょうか? 解決しているとして、そのことについて書かれたreviewはありますか? いずれかの質問への回答を御願いします。

  • 原核生物の細胞呼吸について

    原核生物の細胞呼吸の過程について こんにちは ・原核生物において1分子のグルコースC6H12O6が細胞呼吸で代謝される3つの過程で生成する、二酸化炭素、水、ATPの理論的な純生産量を分子数で表したとき、A~Eを埋めよ。 という問題で、写真のような表を完成させるのですが 解糖系・C6H12O6→2C3H4O3+4H+2ATP クエン酸回路・2C3H4O3+6H2O→6CO2+20H+2ATP 電子伝達系・6O2+24H→12H2O+34ATP ですよね。 よってA=0、B=2、C=6、D=12、E=34 となるはずなのですが、表のH2O分子数があわないため不思議に思いました。 なぜ解糖系で2分子の水が生成され、クエン酸回路では6分子ではなく2分子しか水分子を使わないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 呼吸で得られるエネルギーの計算

    生物学を学習していてわからないところが出てきました。初歩的なことかもしれませんがよろしくお願いします。 好気呼吸の化学式はわかるのですがそこで発生するエネルギーの求め方がわかりません。 好気呼吸の化学式    C6H12O6+6O2→6CO2+12H2O+686Kcal(38ATP) この式で38ATPが生産させるのはわかるのですが686Kcalはどのようにして求めるのでしょうか? 書籍(生物学)では熱力学的な計算によって求めるとしか記述していなく詳しい求め方がわかりません。 回答よろしくお願いします。

  • 光合成

    高校生物の範囲で質問です。 植物が光合成を行うとき最初、光エネルギーで水を水素と酸素に分解して残ったエネルギーをATPに変換すると習ったのですが、細胞内においてATPを生成する役目を担っているのはミトコンドリアではないのでしょうか。 葉緑体がグルコースを生成して、そのグルコースからミトコンドリアがATPをつくると思っていたので、困っています。後で自分なりに調べてみて分かったのは、葉緑体内でつくられたATPはグルコース生成のために使われる?だそうです。しかしだとしたらミトコンドリアでつくられたATPを使わないのはどうしてなのでしょうか。 ご回答いただけるとありがたいです。

  • 植物細胞の嫌気呼吸について

    ホウレンソウの葉を細かく刻み,等張のスクロース溶液を加え,低温下ですりつぶして懸濁液をつくり,分画遠心法を行い沈殿と上澄みを分ける操作を繰り返し,それぞれ核,葉緑体,ミトコンドリア,そして最後に沈殿し得られたミクロソーム(小胞体やリボソームなど)や,その上澄みである細胞質基質など,がこれらの手順で得られた。 ここでミクロソームの上澄みである細胞質基質などにグルコースを加えたところある有機物が増加した。その物質名を記せ。 という生物の問題なのですが,解答は【エタノール】となっていて,解説に【ミクロソームの上澄みに含まれる細胞質基質で進行する嫌気呼吸により,グルコースはピルビン酸をへて,エタノールにまで分解される。】と,書いてあります。 解糖によってグルコースからピルビン酸まで分解されるのはわかるのですが,その後に何故アルコール発酵と同じように,エタノールまで分解されるのかこれだけでは納得できません。 詳しい方わかりやすく教えてください。