• ベストアンサー
  • 困ってます

途方にくれています・・・

  • 質問No.2288928
  • 閲覧数73
  • ありがとう数15
  • 回答数9

お礼率 92% (13/14)

父親の借金が発覚しました。
銀行に300万、
他の銀行に30万、
自分に50万、
保険に150万、
消費者金融に20万です。

母親はパートで月7万、父親は警備員で20万の収入です。
両親とも50代半ばです。
私は来年頭に結婚し、家を出てしまいます。
これから先どうしたらいいのか…
家のローンもあと1000万残っています。
誰からも借りることはできず、自己破産すると父親はクビになってしまいます。
ちなみに自分が貸した50万は結婚資金で、
それがないと結婚できません。

まずはどこから手をつければいいのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 38% (47/122)

 詳細な状況がわからないと最適な解決策は導き出せないので、まずは弁護士に相談してください。知り合いの弁護士がいなければ、自治体(市町村)でときどき開催する無料法律相談会(たいていは交通事故の補償問題、遺産相続の手続きなどが多いようですが)で、あるいは、インターネットか電話帳で地元の弁護士会を探して、弁護士会に多重債務の処理を得意とする弁護士を紹介してもらってください。

 相談だけであれば、通常、30分~1時間で5000円が相場です。それでまず相談して、その後、必要があれば本格的に弁護士に債務整理を依頼しましょう。本格的に弁護士にやってもらう場合は40万円程度かかると思います。(すぐにやらないと、借金の利子がどんどん増えて40万円どころか数百万円を失うことになったり、大変なことになるかもしれません)

 一般論ですが、だいたい3つのケースがあります。

●調停
 比較的軽度の場合。手続きは自分でできます。弁護士と契約する必要はありません。裁判所に行って、まどぐちで債務整理の調停をしたいと申し込みます。費用もほとんどかかりません。裁判所の調停委員が、債務者と債権者の双方の言い分を聞いて、3年程度を目安に借金を完済できるように、利子を割り引いてもらったり、返済額を調整してくれます。調停で合意した内容は判事(裁判官)が確認し、裁判の判決と同等の法的な効力を持ちます。

●個人再生
 個人で手続きをするのはほとんど不可能です。弁護士に依頼します。会社更生(倒産しかけた会社の再生)の個人版で、債務者の財産や収入金額に応じて再生計画を立て、借金を割り引いてもらいます。3年で完済します。住居をはじめとして財産は残されますが、その財産の評価額に応じて返済額も高くなります。(ですから、現金収入だけで返済できない場合は、自分でどれかの財産を処分して返済することになります)

●自己破産
 やはり弁護士に手続きを依頼します。生活するために必要な最小限の財産(衣類や身の回り品)を残して財産を処分し、借金を返済します。住宅なども通常は処分します。財産を処分して返済しても残った借金は、返済せずにすませます。借金を一方的になくしてもらうので、個人再生よりさらに条件は厳しくなります。
 借金の原因がギャンブルなどの遊興費など、「同情の余地がない」場合には、自己破産は認められません。

 いずれにせよ、一人一人事情は異なるでしょうから、まずは専門家(弁護士)に相談してみることが必要です。
 月に20万円の収入で500万円以上の借金となると…調停はむずかしいでしょうね。個人再生か自己破産でしょう。

 いずれの場合もすべての債権者に平等に返済する原則がありますので、たとえば、Aから700万円、Bから300万円の借金があり、100万円しか持っていないとすると、Aには70万円、Bには30万円と、平等に同じ割合で返済しなければなりません。

>自己破産すると父親はクビになってしまいます。

 はて? なぜでしょう? 自己破産しても会社に知らされることはありませんし(ただし官報には掲載されます)、会社も、自己破産を理由に従業員を解雇したりはできません。
 もし、自己破産を理由に解雇されたら、それは不当解雇です。
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

とても細かく、わかりやすく書いていただいてありがとうございます。

読ませていただくと、最悪のケースになりそうです。
でも「同情の余地がない」場合に当てはまる気もします。
個人再生も余地がないとできないものなのでしょうか?

解雇に関しては本日から再就職だったのですが、契約書にそう書いてあったのです。
違法なのですね、それなのに書いてあるなんて!
会社が知ることができないならば、希望が持てます。

時間との勝負、がんばります。
本当にありがとうございました!
投稿日時:2006/07/22 00:21

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 14% (173/1193)

他の方の回答どおりですがひとつだけ補足。
今後はあなたさまはお金かしたり援助してはいけません。
この状況では,あなたさまがお金を出したところで,なにも解決しませんし,全くのムダです。今回だした結婚資金の50万は非常にもったいないことをしました。
法律の専門家に相談すれば,あとはすべてやってくれますから,お任せしましょう。今後は貴方様の人生だけを前向きに考えてください。心情的に複雑なのはわかりますが。
補足コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

皆様、本当にありがとうございます。
本日、いろいろ事情が変わりましたので書かせていただきます。

事態はさらに深刻になりました。
近くに住む母方の祖父母を呼び、父を問い詰めたところ
さらに消費者金融で借金が発覚しました。
ローン(実際は500万でした)も含め、1400万になってました。

まだ父本人には伝えてませんが、祖父母・私・母本人も離婚を選択するつもりです。
父には両親がいないので、代わりに父の姉、兄を呼び、プラス母・祖父母・私で
30日に親族会議をすることにしました。
それまで離婚に向けていろいろ調べる予定です。

持ち家(名義は父)は諦めました。
土地がまだ祖父名義なのが、せめてもの救いでした。
幸い父の兄は独身だし、母方の祖父母はお金持ちです。
なんとか一人一人でやっていけるかもという状況です。
楽観視はできませんが、電話に怯え、借金に追われる母をこれ以上見たくはないです。
父は2回目なのです。
1度目は900万程祖父母が出してくれました。
母のためならともかく、2度目はないでしょう。
3度目がないとも限りません。
母との結婚生活、父は金に関してウソだらけでした。

援助ナシで自力で返させる。
父の収入に頼って生活している現状で、これはむずかしそうです。
父=母で苦しむのです・・
やはり離婚しかないですよね?


最後は愚痴になってしまいましたが、
読んでくださってありがとうございました。
投稿日時:2006/07/23 01:51
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

はい、一切援助はいたしません。
私の人生とは切り離して考えたいと思います。

でも母のことは決して切り離せません…
やさしい母は、私の結婚資金を保険を解約してまでだしてくれようとするのです(涙)
借りたのを返すのは、資金として一銭も援助できない親のせめてもの務めだと。

とにかく弁護士ですね。

本日でいろいろ事情が変わりました。
補足に書かせていただきます。
投稿日時:2006/07/23 01:37
  • 回答No.8

ベストアンサー率 31% (44/139)

NO.7さんの言うとおりで、
「株式会社の取締役」「保険外交員」「警備員」は自己破産者は、就く事ができません。
弁護士に相談すれば詳しく教えてくれます。


契約書にそう書いてあったのです。
>警備員の雇用契約書には「破産者」についての解雇要件は必ず書いてあります。


あとの処理については弁護士さんがやってくれますから、頑張って下さい。
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

やはり警備員に破産者はダメなのですね。
おっしゃるとおり契約書に書いてありました。
ありがとうございます。
弁護士に相談してきます!
投稿日時:2006/07/23 01:32
  • 回答No.7

ベストアンサー率 15% (28/176)

大変ですね。私も他の皆さんが仰っているように早急に専門家に相談する事をお勧めいたします。

ただ、確かに自己破産をしたからと言って、それを理由に解雇するのは、不当解雇になると思いますが・・・お父さんは警備員ですよね?

私の記憶が正しければ、警備員の場合は少し特種な事になるかもしれないので、(自己破産をした者は警備員などの職に何年間かは就けなかったと思います)それは不当解雇になるんだからと初めから決め付けて行動をするのではなく、よくお調べになってから行動してください。

気休めにしかなりませせんが、頑張ってください。
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

ありがとうございます。
気休めなんてとんでもないです!
弁護士に相談してきます。

警備員は特殊なのですね。
いろいろ気をつけることがありそうです…
がんばります。
投稿日時:2006/07/23 01:31
  • 回答No.6

ベストアンサー率 23% (3/13)

> ちなみに自分が貸した50万は結婚資金で、
> それがないと結婚できません。

婚姻は、紙切れ一枚でできますから、市役所までの交通費くらいでできます。
ボールペンも貸してくれます。
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

そうですね、おっしゃる通りです!

でも引越し代と家具代とかが・・なんて贅沢ですね。
ありがとうございました!
投稿日時:2006/07/22 00:23
  • 回答No.4

ベストアンサー率 23% (177/743)

>まずはどこから手をつければいいのでしょうか。

 こんなところへ相談していないで、利息や延滞損害金がバンバンふくらまないうちに、明日にでも、すぐに、弁護士へ相談へ行くべきです。

 少なくとも、多重債務をなんとか一本化すべきであり、そのためにも弁護士の力は必須と考えます。

 「弁護士に相談すると、結局破産が待っているのでは?」と恐れる向きもあろうとは存じますが・・・、自己破産してお父上は会社を首になってでも「やり直すことが可能な状態」へ引き戻すことができるなら、自己破産せずに本当に首をくくるような羽目になるまで待つより、良いとお思いになりませんでしょうか?

 なお、「貸した」とのことですが、ご自身の金銭を貸したまま自己破産させるというのは、最悪から3番目くらいのシナリオだと存じます。
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

ありがとうございます。
明日、弁護士に予約の電話をしたいと思ってます。
家族のそれぞれの仕事の都合ですぐに行けないところがもどかしいですが・・

自己破産についてはまだ現実味がなく恐怖感だけがあります。
やり直すことが可能な状態になりたいです。

貸したお金については、後悔しています。
3番目…よくないですね
でも消費者金融に行かれるよりはいいのかなと思いたいです。
投稿日時:2006/07/22 00:13
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (119/424)

借金の悩みは弁護士に限ります。電話帳かネットで調べて、借金関係が得意で近所の弁護士を探しましょう。
現状を調べられるだけ下調べして、請求書等は全て揃えて、金額を一枚の紙にまとめて、素早く説明できる体制で行きましょう。
弁護士との相談は時間制で、そのための下調べは重要です。
うまくいけば、借りた先の会社との間に入って交渉してくれます。そうなると、相手が直接こちらに取り立てにくれば違反行為になって、こちらに有利にもなります。
金利を調整して、返済額を減らしてもくれます。
こういったメリットは、弁護士に会わなければ実現しません。是非、早い時期に。
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

早速弁護士さんの情報を調べました。
明日電話します!
下調べもしっかりして、臨みたいと思います。
請求書を揃えるとか思い浮かばなかったので、助かりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2006/07/22 00:03
  • 回答No.2
八方塞ですね
借金合計1550万円年利3%でも利息が年50万円ほど
まずあなたが貸した50万円はあきらめるべきでしょう
それでも自主返済は困難です。自己破産ををお勧めします。
ただし年齢的にも再就職は難しく生活費を稼ぐのは困難に思えます。自己破産と今の職場に残れるよう会社に相談することが良いのではないでしょうか。

この手の人は再び借金をするパターンが多いのでそちらのほうが心配ですが
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

はい、もう出口が見えません。
年齢がとてもネックです。
会社との相談ができればそれが一番ですが、
両方は難しいかもしれません。
でも、ホントに書いてくださったようにしたいです!

この手の人の最低のパターンを踏んでます。
どうしたら収まるんでしょうね・・(涙)
投稿日時:2006/07/21 23:59
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (125/427)

私なら消費者金融ですかね。
利息が高いから。

>自己破産すると父親はクビになってしまいます。
でも、再就職はできるのでは?
お礼コメント
kainkain

お礼率 92% (13/14)

ありがとうございます。
利息の高い消費者金融ですね。
20万からいきます。

実情はもっと最悪でして、
2ヶ月前に会社を辞め、やっと本日から再就職したところだったのです(泣)
投稿日時:2006/07/21 23:52
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ