• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

He is more clver than he is fair.は正しいのですか?

He is more clever than he is fair. という英文に遭遇しました。(英文法詳解 p.542)この英文は正しいのでしょうか。 今まで見てきたこの構文の解説では、than節内部に主語・動詞がある場合はmore clver は cleverer にしなくてはならない、とあります。手持ちの辞書・英文法書ではこの説明が多いです。そんなことどうでもいいとお思いになるかもしれませんが、もしこの英文が正しければ、いわゆる「クジラ公式」が論理的に説明可能になります。自分としては正しい英文であって欲しいと思うのですが、論拠がありません。この英文が正しいと言い切れる方がいらっしゃれば、ぜひ回答くださいませんか?

noname#19043

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数201
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 この much が真実性の程度を表すというのと,私が is much clever と is much fair の程度を比較するというのと特に違いはないと思います。  A whale is no more a fish than a horse is. のような場合は真実性ということになるのでしょうが,He is more clever than fair. というのであれば,話者の判断ということになると思います。人の性質は真実性の尺度では測れないからです。もちろん,I think を補い,is clever の部分は真実性を表すと考えることも可能だと思いますが。  結局,much という英語に帰着するしかなく,「真実性」であれ,「話者の判断」であれ,程度の高いことを much が表しているのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>結局,much という英語に帰着するしかなく,「真実性」であれ,「話者の判断」であれ,程度の高いことを much が表しているのだと思います。 本当に仰るとおりだと思います。 このような比較表現は、その対象と程度が何なのか常に意識していないと、その本質を見誤ってしまいますね。そうでなくても比較するという行為自体相対的なものですから。 これで一連の「慣用表現」扱いされているモノを有機的に結びつけられました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • more A than B

    ある英文法の問題集に、 Don't judge him from such a biased point of view. He is _____ than clever. (a)nicer (b)more nice (c)nice (d)nicest という問題があって、答えは(b)なのですが、その解説に more A than B は等位接続詞と説明して、以下のように説明してあります。 一般の文法書では、このように本来等位接続詞と分類すべき表現を more が出てくるからという理由だけで比較表現に分類するため、混乱を呼び起こしているに過ぎないのだ。 この説明は正しいですか?

  • not more...than の文の作り

    英語の質問です。以下の文章の作り方・考え方はアリなのでしょうか?自分で書いていて違和感がものすごくあるのは感じています…。「この文章で言いたいことは、こういう表現をする」というのももしあれば教えてくれると嬉しいです。分かりづらい質問かもしれませんが、英文を見て、「これ変」っていうのを教えてください。お願いします。 ◆A is not more ~than B AはBほど~ではない ・I swim not more well(good?) than he does. =I swim not better than he does. ・I am not more clever than wise. =I am more wise than clever. =I am wise rather than clever. ・I can not more swim than cook. ◆A is not less~than B AはBに優るとも劣らず~だ ・I swim not less well(good?) than he does. =I swim not worse than he does. ・I am not less wise than clever. ・I can not less swim than cook.

  • チェーンストア イズ モア ディスカウントビジネス

    私のバイト先の某スーパーの経営理念に、 「チェーンストア イズ モア ディスカウントビジネスに徹する」というものがあります。 この「チェーンストア イズ モア ディスカウントビジネス(Chain store is more discount business)」には文法的に誤りがあるようですが、 どのように直せば正しい英文になるのでしょうか? 初歩的なレベルの英文法なのかもしれませんが、私にはどの部分が誤りなのかよくわかりません。 “I'm possible.”みたいな英文ならすぐにわかりますが… than以下が省略されているのは、比較対象が明らか(他の小売業?)だからですよね。 どなたかわかる方、お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

He is more clever than he is fair. は正しい表現です。 「彼は、公正だと言うよりも、賢いのだ。」と言うような意味です。 普通は、than の後の主語+be動詞が省略されて、 He is more clever than fair. のようになります。 clever と言う尺度と、fair と言う尺度は、互いに違うので、直接比較できません。 つまり、He is cleverer than fair. としても、cleverer と言うための基準点がfair にはないですから、文の意味が成立しないわけです。 例えば、とても太っている人とやせている人では、どちらかが他方よりも「より太っている」、「よりやせている」と言えますが、これは、太っている、やせているが、互いに反対表現で、その基準尺度は同じだからです。ところが、とても太っている人と、とても背が高い人がいるとき、こちらの人は他方よりもより背が高いと言っても、それは、ただ背の高さだけを比べているので、太っていることと背の高さを比べているのではないわけです。 ただ、ご質問者の方が書かれているように、than 以下の主語+be動詞が省略されていない場合は、 He is cleverer than he is fair. の文章もOKだと言われています。これは、主語と述語動詞が繰り返されていることにより、直接形容詞同士が比較されていると言う意識が薄まるからでしょう。 >than節内部に主語・動詞がある場合はmore clver は cleverer にしなくてはならない と言われていますが、「しなくてはならない」というのは、かなり言い過ぎのような感じがします。形容詞や副詞にはそもそもmore,most で比較、最上級を作るしかないものもありますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「しなくてはならない」というのは、私が言ったんじゃありませんよ。そういう風に書かれているものが多かったんです。中には冒頭の文が間違いだとハッキリかいてあるモノもありました。(今思うと、何と何を比較するかという見解の相違があったのかもしれませんが。)兎に角、この表現が正しいとはっきり仰ってくれて助かりました。これで表現の幅がグンと広がりました。ありがとうございます。 尚、便宜上#1さんと#5さんに点数をつけなくてはいけないようですが、どちらも甲乙つけがたいので先着順とさせて頂きました。全然他意はありませんが、気を悪くされたらごめんなさい。

  • 回答No.3

たびたびすみません。  勘違いされるといけませんが,he is much clever というのは比較級をつくるための仮の英語であり,he is very much clever とは言うことはあっても,he is much clever とは普通は言いません。  とにかく,he is clever 全体,あるいは,is clever という状態を very much が強調すれば he is very much clever となります。この比較表現が he is more clever than ~となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答くださり、ありがとうございます。とても適切で論理的な説明ですから、勘違いはしていません。ご安心ください。ただ、若干私の見込みんでいた考え方と違うようなので、私の考えを聞いて是非を判断していただけませんか? 例えば、HE is more clever than (he is) wise. という文では、moreの原級であるmuchは真実性の程度を表していると思うのです。つまり、この文では、 he is cleverの方がhe is wiseより真実性が高い事をあらわしている、もっと簡潔にいえば、文と文との正しさを比べているのではなのでしょうか。 このように考えれば、 HE is no more young than I am.という文は、 He is youngはIam youngと同じように真実性がない、ということになり「クジラ公式」に繋がると思うのです。この考え方は間違っていますか?

  • 回答No.2

 #1です。 >というのは He is cleverer than you are. のように他者との比較の場合に you are のことを言っているのだと思います。 日本語が少し変でした。「比較の場合に」→「比較の場合の」  もう少し説明しますと, He is more clever than he is fair. は,He is more clever than fair. でもかまいませんが,He is much clever と he is much fair の much の程度を比較して前者が優っているために,more clever となったものです。  more A than B で,「BというよりもむしろA」=not so much B as A または,rather A than B と熟語化しているのも,実はこの同一のものの性質の比較のことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

He is more clever than he is fair. 「彼は fair というよりも,clever だ」のように同一の人や物の性質の比較の場合は,-er で比較級を作る語でも more ~となります。  これは,he is clever の clever という語を比較するというよりも,is clever という状態を比較していると考えればよいでしょう。  is clever という動詞句を much という副詞が強調し,is (very) much clever となり,これが比較級となると,is more clever となります。  このように,この more は much が比較級になったものです。  この考えは,not so much A as B にも応用がききますし,おそらくご質問者が考えている no more A than B に応用がききます。 >than節内部に主語・動詞がある場合は more clever は cleverer にしなくてはならない というのは He is cleverer than you are. のように他者との比較の場合に you are のことを言っているのだと思います。  He is more clever than fair.  He is cleverer than you. のように,同一のものの比較の場合に fair だけにしてもいいし,他者との比較の場合も you 一語にしてもかまいません。  than 以下が節になるかどうかと,more clever となるか,cleverer となるかは関係ありません。  ただし,他者との比較の場合も,cleverer は more clever としてもかまいません。  clever は日本の辞書では cleverer という比較級しか載っていませんが,more clever も用いられます。ここは誤解なさらないでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「程度の比較」と「性質の比較」について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

  • more thanについて

    お世話になっております。 以下についてお教え頂けないでしょうか。 This constraction noise is more than an inconvenience. (1)moreの後に比較を表す形容詞がどうして存在しないのでしょうか? (2)また以下のような文にすることは文法的に可能でしょうか? This constraction noise is more inconvenience than an usual inconvenience. ご指導のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

  • not more thanの訳について

    「彼は二十分そこそこで帰ってきた」でmoreを入れて表現する 条件英作でHe came back in not more than twenty minutesが 正解なんですが、このnot more thanは「せいぜい、多くても」の 意味になるはずだと思いますが「そこそこ」の意味で使うのは まずいのではないでしょうか。せめてaboutを入れて表現 した方がいいと思うのですが。詳しい解説お願いします。

  • not more...than,not less...thanの表現

    A whale is no more a fish than horse is. (馬が魚でないのと同様に、クジラも魚でない) A whale is no less a mammal than a horse. (クジラは魚と同様に、哺乳類である) これらの文を、それぞれ、noをnotに代えて A whale is not more the a fish than horse is., A whale is not less a mammal than a horse. にするとどんな意味になるのでしょうか?

  • more than の使い方

    Between 1989 and 2001, the share of households owning stock through a pension account more than doubled, accounting for the bulk of the overall increase in stock ownership. 上記英文の主部は doubled,だと思われますが,その前のmore thanは文法的に如何位置付けられるでしょうか?

  • He is no more young than I am. という文は本当に英文として正しい表現ですか?

    ジーニアス大英和には以下のように書いてあります。 He is no more young than I am. (彼は私が若くないのと同様若くない。) この場合、「私」も若くないという意味が込められている。 (cf. He is not younger than I am. (彼は私より若くない)では2人が若いか年寄りか不明) また、F.T.Wood著 Current English Usage revised edition , Macmillan のP.171には "He is no younger than I am" merely compares the ages of the two persons, without telling us whether either is really young or old. "He is no more young than I am" means that it would be no more appropriate to call him young than it is to call me young. とあります。 しかし、Oxford English Dictionary で全文検索をしても、そのような表現はでてきませんし、googleで"no more young than"を検索しても28件しかでてこず、しかもその28件のほとんどは日本人の英文法に関するホームページであり、それ以外の場合も上記の意味で使用されている例はありません。 (There is no more young (people) than ~ . のように「もっと多くの若い人」のように使われている例はある) 文法書以外で"no more young than"という表現をみたことがないのですが、実際に使われている実例をご存知の方、教えていただけないでしょうか?

  • more than と as ~ as について

    There is nothing I hate more than being asked, "What are you hobbies ." 上記の英文でmore thanをas much asにしてはいけない理由ってなんでしょうか? 必ずあるはずなんです!お願いします。

  • 文法添削お願いします。which is more difficult than expected

    こんにちは、すいませんが英文添削お願いします。 或る方が、「これが案外難しい」を英訳して、 which is more difficult than expected と書きましたが、 It is more difficult than you'd expect. が正しい英語だと思うのですがどうでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 比較(more than)についての疑問

    いつもお世話になっております。先ほど質問させていただいた地球環境に関する英文でもう1つわからないことがあったので教えてください。 Over the next 50 years, the U.K. aims to cut its carbon dioxide output by 60% from today's level, substantially more than is required by the Kyoto Protocol. carbon dioxide:二酸化炭素 Kyoto Protocol:京都議定書 という英文で、訳すと「今後50年で、英国は今日の水準から60%の程度にまで二酸化炭素の排出を削減しようとしており、これは京都議定書で要求されているよりもかなり多くの削減量なのです」となるはず(?)だと思うのですが、なぜ「more than is required by the Kyoto Protocol」となっているのかがわかりません。なぜ「more than amount of emission cuts required by the Kyoto Protocol」といったような感じではなく「more than」の後ろに受動態の不完全な文がきているのでしょうか?? わかる方がおられましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • お勧め英文法書を教えて下さい。

    お勧め英文法書を教えて下さい。 私は 中学生の頃はdual scope、forest 高校以降は、ロイヤル英文法、英文法解説、英文法詳解 現在は、主に英文法解説を使っています。 しかし、アメリカドラマなどを観ていて、理解出来ない文章を構文解析する時は、役に立たないことが多々あります。 何か良い文法書があったら、教えてください。