• 締切済み
  • 困ってます

more A than B

ある英文法の問題集に、 Don't judge him from such a biased point of view. He is _____ than clever. (a)nicer (b)more nice (c)nice (d)nicest という問題があって、答えは(b)なのですが、その解説に more A than B は等位接続詞と説明して、以下のように説明してあります。 一般の文法書では、このように本来等位接続詞と分類すべき表現を more が出てくるからという理由だけで比較表現に分類するため、混乱を呼び起こしているに過ぎないのだ。 この説明は正しいですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数585
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

正しいかどうかより表現が意味不明です。 >等位接続詞と分類すべき表現 接続詞は品詞名であり単語です。これが表現の一つであるというのは無理があります。「等位接続詞を使った表現」とするべきです。またどのような経緯からそのような意味が引き出されるのか説明がありませんし、なぜ等位接続詞と考えた方がいいのかという具体的説明もありません。 では具体的にどの単語が等位接続詞でしょうか。 more A than B 全体というわけにはいきません。せいぜい than しかないでしょう。しかしそういう表現を使うと than を使う比較級もすべて同じになります。 Ted is nicer than Andy.「テッドはアンディよりいいやつだ」 これは Ted is nicer, then (comes) Andy.「テッドが(二者のうち)いい方で、次(に来るの)がアンディだ」 のような表現に由来し( than と then は本来同一語)、then は and then 「それから」のように等位接続詞的に機能しています。 He is more nice, then he is clever.「彼がいいやつであることの方が分量が多く、次に来るのが彼は賢いということだ」 このような語源にさかのぼるような考えをしてもそれが有用であるとは思えません。 >混乱を呼び起こしている 混乱など起こっていません。「同一物の性質比較」という表現を知らないか、than の後ろの単語をよく見ていないか知らないかで間違えるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>接続詞は品詞名であり単語です。これが表現の一つであるというのは無理があります。 すみません。説明不足でした。等位接続詞というのは、and or but だけではなく、もっと大きく見てboth A and B なども rather A than B も含めて考えるということです。 more A than Bは私にとっては不思議な表現です。通常の比較と一緒にするのはかなり無理があるように思えてならないのです。

関連するQ&A

  • not more...than の文の作り

    英語の質問です。以下の文章の作り方・考え方はアリなのでしょうか?自分で書いていて違和感がものすごくあるのは感じています…。「この文章で言いたいことは、こういう表現をする」というのももしあれば教えてくれると嬉しいです。分かりづらい質問かもしれませんが、英文を見て、「これ変」っていうのを教えてください。お願いします。 ◆A is not more ~than B AはBほど~ではない ・I swim not more well(good?) than he does. =I swim not better than he does. ・I am not more clever than wise. =I am more wise than clever. =I am wise rather than clever. ・I can not more swim than cook. ◆A is not less~than B AはBに優るとも劣らず~だ ・I swim not less well(good?) than he does. =I swim not worse than he does. ・I am not less wise than clever. ・I can not less swim than cook.

  • He is more clver than he is fair.は正しいのですか?

    He is more clever than he is fair. という英文に遭遇しました。(英文法詳解 p.542)この英文は正しいのでしょうか。 今まで見てきたこの構文の解説では、than節内部に主語・動詞がある場合はmore clver は cleverer にしなくてはならない、とあります。手持ちの辞書・英文法書ではこの説明が多いです。そんなことどうでもいいとお思いになるかもしれませんが、もしこの英文が正しければ、いわゆる「クジラ公式」が論理的に説明可能になります。自分としては正しい英文であって欲しいと思うのですが、論拠がありません。この英文が正しいと言い切れる方がいらっしゃれば、ぜひ回答くださいませんか?

  • far とmoreの使い分け

    高校英文法の問題です This restaurant is ( ) nicer than the one we went to the other day. 1. far 2. more 3. too 4. very 答えは2だと思ったのですが、解答は1でした 理由を教えてください! よろしくお願いしますm(_ _)m

  • たぶん簡単なので英語の問題を教えてください、

    Q Only one comparative from is correct. Correct the nine mistakes. で 例 My new girlfriend is much (1)nice than Andy. nice→nicerに変えます She's  (2) more beautiful than Andy これがcorerctに変わるそうなんですが 理由を教えていただければありがたいです。 問題文が足りないようでしたら補足します。 よろしくお願いします。

  • 英語の参考書について

    良い英文法の参考書をさがしているのですが、誰かおすすめのものがあったら教えてください。英文法でも、“ここはこうなる”と事実だけを暗記するように書いてあるものでなくて、しっかりと、文法とともにそれがそのように成り立つ理由が説明してあるものがいいです。例えば、no more thanの説明だったら、I have no more than 500 yen.という文章があったとすると、 no でmore than という比較級の存在を否定しているから、Iは500円を持っていることになって、no moreのnoはマイナスの意味で、more はプラスの意味と考えるとプラスとマイナスを掛け合わせて、全体でマイナスの意味になり、500円しかもっていないという意味になるというような説明がしてあるものがほしいです。誰か楽しく英文法が学べるような本を教えてくれませんか。お願いします。

  • 以下の例文についての質問になります。

    I cannot do otherwise than obey him.  (彼に従うより他に仕方がない)    この文は  I cannot do otherwise than I obey him. から「 I 」を省略したものでしょうか? 「私が彼に従う」以外に「私は他の方法でできない」 これから和訳の様になったと考えて良いものでしょうか? この場合の than は後に動詞 obey があるので接続詞という事になります。 than節には主語がありません。otherwise は副詞または形容詞なので、この節を 関係代名詞的にはかけられません。 そこで than I obey him を副詞節と考えれば良いかなあと思った訳です。 要するに接続詞than の後に動詞 obey がきて節の主語がない、そしてこれは何節なのか 文法的説明が自分では出来ない、という事です。 上の質問が正しいと仮定してもう一つお願いします。 逆に  I cannot do otherwise than I obey him. という文は正しい文でしょうか? 宜しくお願いします。

  • 英語の比較など

    (1)Tom is more clever than honest. これが 同一主語の性質と書いてあったのですがどういう意味ですか。 (2)Mother's milk is of great value to babies.  これはどんな構文なんですか。似た表現もあったらおしえてください。 (3)no sooner_thanとscarcely_beforeの構文の違いを教えてください。

  • A more than B more than A

    英語ネイテブの知り合いがこんなことをつぶやいています。 I speak Japanese more often than I speak English more than I speak Japanese. しゃらくさくて分かりにくい言い方ですが、常識的に考えると英語ネイテブが言ってるわけだから、下記のような事をいっているのでしょうか? ・私は、日本語よりも英語を話せるけど、日本語を話す事のほうが多い。 それとも、日本語も英語も最近良く使うな~と考えて、下記のように意味不明な事を言っているのでしょうか? ・私は、日本語を話すよりも英語を話すよりも日本語を頻繁に話す。 できれば、文構造も教えていただけると助かります。 また、A more than B more than Aの例文も教えていただければ、と思っています。 よろしくお願い致します。

  • It's more a case of

    NHK実践ビジネス英語2019年5月Lesson 3(5)のMcMillanさんの台詞で, It's more a case of learning to use your time wisely and to prioritize. とあります。 「むしろ、自分の時間の賢い使い方や優先順位のつけ方を学ぶ1つのケースなのです。」 “It's more a case”ですから、「1つのケース以上のものです」のように訳したくなります。 でも、 “more a case”を比較級と考えると、 “more A than B”のように、than以下に比較対象が登場するわけですから、この場合だと直接書かれていない対称Bより以上のことという意味でしょうか。テキスト訳では、「むしろ、1つのケースなのです。」となっています。 「むしろ」ということなら、その前の wellness travel doesn't mean completely renouncing things like alcohol and the internet. と比べて「自分の時間の賢い使い方や優先順位のつけ方を学ぶ機会だ」というように受け取れます。 ごちゃごちゃ考えずに、 “it’s more a case of doing”を「むしろ…1つのケースである」というフレーズとして憶えなさいということでしょうか? McMillan: Yes, it's a pity how we lose sight of the really important things amid the hurly-burly of daily life. I should point out, by the way, that wellness travel doesn't mean completely renouncing things like alcohol and the internet. It's more a case of learning to use your time wisely and to prioritize. The idea is to go back to your regular working life with a healthier, balanced perspective on life and work. @2019年5月L3(5) hurly-burly 大騒ぎ、ごたごた この講座では、他に同じ用例は見つかりませんでした。 Web検索では、Yahoo知恵袋で “more the case”がでてきて、ますます「?」です。 It's more the case that money is just being spent differently. (むしろ、ただお金の使われ方が違っているということにすぎない。) この講座では、似たような表現で “more a matter of”が見つかりました。これらは、後ろに “rather than”がありますから、比較対象があります。テキスト訳に「むしろ…」という表現はありませんが、内容から見て “a matter of …”がthanの後の比較対象より注目されています。 Shiga: It seems that skills-based volunteering is different from the old-fashioned kind of sweet charity. It's more a matter of lending your head rather than your hand. @2008年12月L6(4) 「手を貸すというよりも知恵を貸す活動というわけです。」 Kinkaid: Nowadays, the generation gap is more a matter of amiable disagreement than a deep, acrimonious divide between parents and their kids. @2010年3月L24(3) 今日では親子の間の溝は、とげとげしい深い溝というよりも、仲がいいけれど意見はことなるという性質のものになっています。」

  • 「程度の比較」と「性質の比較」について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?