• 締切済み
  • すぐに回答を!

栄養療法について

金曜日に試験があり、試験のキーワードについてまとめていたのですが、栄養療法について、どうもうまく概念がまとまっているものが見つかりませんでした。 代替医療に関しての話題から、栄養療法について授業では触れたのですが、いまいち、はっきりとした概念がつかめていません。 私がわかっていることは以下の書くとおりです。 *対症療法とは違った観点から、疾病と関わる治療法のひとつである。 *食事、経口摂取、点滴等で栄養素の不足を補い、ヒトが本来もっている体の機能を発揮させることで、症状の改善や、疾病予防につなげる治療法である。 疑問な点は、 *あくまで、栄養素の不足を補うことによる症状の改善や疾病予防がメインであり、栄養素の過剰などの場合の対処や、その人にとっての栄養素の必要量をコントロールする治療または予防療法というわけではないのか? (日本語がおかしいかもしれません。) いろいろネットで検索をかけてみたものの、いまいち概念がまとまっているものがなく、頭を抱えている状態です。 乱文で伝わりにくいのですが、どなた、概念をうまく説明できる方、または、まとまっている概念がのっているHPを知っている方がいらしたら、どうか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • sawaya
  • ベストアンサー率38% (70/184)

今一つご質問がよく把握できないのですが、今流行のNSTに関することでしょうか。あまり参考にならないかもしれませんが学会のアドレスをお知らせしておきます。 NSTの活動は、基本的には患者さんの身長、体重、疾患の状態、活動量などからその時その時の必要エネルギー量、蛋白量などを計算し、補っていくことで病気からの回復を早めよう、あるいは合併症の発生を抑制しようという考え方です。 栄養過剰の患者に対する対応も行いますが(例えば過剰な輸液を中止する勧告を主治医に出すとか)、栄養過剰に対するものは従来から行われている栄養指導というものが当たるのではないでしょうか。

参考URL:
http://www.jspen.jp/top.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 NSTプロジェクトの学会HPを拝見させていただきました。 NSTはもちろん、TNTも含まれるのかなぁと思いました。 ただ、代替・補完医療という観点とはまた違うのかな?と感じました。 先ほど、知人がNCCAMのHPに先生が言ったところが載っているとの連絡がはいったのでこれからみてみるところです。 (お騒がせですいません。) 勉強になりました!本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 栄養療法で

    うつの治りがけで、主治医にはうつは良くなっている と言われるものの、どうしても治っているとは思えず 完全に治したくて、栄養療法(オーソモレキュラー療 法)をいうのを知り今やっています。 が、長年玄米菜食をやってきたのと、それほど食が 元々太くないのとで、中々2か月たった今も、サプリ メントも全部は飲めない状況です。 消化剤等を飲みつつ、少しづつ量は増えているものの ・・全部飲めないので・・。 不安等の精神症状があるので、何とかとは思うのです が・・。 自分の様な方もいらっしゃるとも聞きました。 うつ等の精神疾患を抱えている場合、中々思うように 飲めないもいると思いますし、食の面でも糖質禁止 タンパク質多めの食事が難しいという方も居ると思います。 この療法でうつ等の治療をされた方の体験談があれば 途中経過でも結構です。お聞きしたいです。

  • 栄養療法について

    大学4年生の女子です。 肩こり、眩暈、頭痛が1年ほど前からエンドレスに続き、 耳鼻科や普通の病院などにお世話になっていますが、 なかなか改善が見られません。 一人暮らしで食生活もあまりよくなく、 生活リズムが崩れているなど色々考えられるのですが。。 血液検査をして、一回調べて欲しいと思い、 テレビで中谷美紀さんもおっしゃっていた栄養療法に行ってみたいと思うのですが、 どこか評判がいいところや、お勧めなところはありますか? 治療費についてもお伺いしたいです。

  • 大阪で栄養療法(分子整合医学)

    最近、メンタル症状の治療に薬ではなくサプリを使う栄養療法というものを知ったのですが、日本ではまだマイナーらしくあまり(うつや神経症の治療として)専門的にやっている病院が見つかりません。 東京には「東京メディカルケアセンター」などが有るようなのですが・・・。 質問なのですが、大阪で栄養療法(分子整合医学)によるメンタル症状の治療を行っている医療機関(またはそれに準ずるもの)をご存知であれば教えていただけないでしょうか。

  • パニック障害の治療法(薬、心理療法など)について教えて下さい

    パニック障害を克服するために、どのような治療法があるのでしょうか? パキシルやデパスなど薬を服用することが一般的だと思いますが、 対症療法とも言われていますので、根治療法が可能な方法がどういうものがあるのか教えて下さい。 治療法や心理療法以外でも、生活リズムや普段気をつけるべきことがありましたら、そちらもアドバイスよろしくお願いします。

  • パニック障害の症状で悩んでいます(切実)

    パニック障害で改善したい一つの症状! ズバリ息苦しさです。 これがダントツです。 この「息苦しさ」を改善するだけで十分です。 他には汗びっしょり。 人が集まる場所で過度に心臓がドキドキする。 しかしこれらはさほど辛くありません。 ・二年前はトイレの鍵が閉められない。 ・エレベーターに乗れない。 ・怖くて電車に乗れない。 ・歯医者の治療を平常心で受けられない。 ↑ これらは時間と共に克服できました。 現在はなんら支障をきたしません。 しかし毎日、何度も息苦しさを感じます。 そのためスーハースーハ息を吸う作業の繰り返しで嫌気がさしてます。 薬は対症療法なので飲みません。 質問です。 ●薬以外でこの煩わしい「息苦しさ」を改善したいのです。 どのような方法が効果的でしょうか?(切実) ●息苦しさの頻度が少なくなるための対策、 予防など教えて頂けないでしょうか。 ●栄養療法が良いと勝手に思っていますが 息苦しさの改善にも適しているのでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

  • 精神疾患の治療法について

    精神疾患といっても色々ありますが、今の日本の治療法は対症療法が中心で原因療法(根本療法)はあまりされてないみたいですが、今後精神疾患の治療法で対症療法だけでなく原因療法も行われるようになっていくのでしょうか?

  •  現在、腰部脊柱管狭窄症の症状で苦しんでいます。

     この疾病の症状として、排泄障害もあることになっていますが、私は反対にトイレに通う回数が多く困っています。洗面所で水を口にしますと、すぐ尿意を催します。また、睡眠中尿意に目をさまし起き上がってトイレに行く間に漏らしてしまいます。耐えることが不可能です。 これは、何か特別な疾病の症状でしょうか? 対症療法を教えていただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 唇に良い食べ物・栄養素

    ★掲題した内容のもの、唇の乾燥に対処できるような食べ物、または栄養素を教えてください★ ------------------------ (背景説明) 慢性的な金銭不足により、栄養不足・食事不足・水分不足は大いに痛感しております。 現状金銭不足を解決できる目処が立っていないため、この先も栄養等の不足とともにしばらく歩み続けなければなりません。 今週の月曜日(12日)に友達と地元のラーメン屋へ行きました。 自分が食べたのは塩味のあっさり系ラーメンです。その後友達とブラブラしていると、急激に喉が渇いてきました。 喉が渇くってことを直近で体験したことがなかったため後手に回ったのは覚えています。 それですぐに、水分を取って喉の渇きを満たしました。それから今日に至るまで、喉の渇きは確認できていません。 その時期からなのですが、唇の乾燥が目立ちました。今も乾いてます。 冒頭でも記述したように、栄養不足なのは理解しております。 金銭不足を解消できない以上、原因療法ではなくて対症療法になってしまうのは致し方ないと考えています。 できれば薬などには頼らず、食事で解決に導けるのが理想的です。料理はできないため、スーパーの惣菜等に頼る結果になるのはご了承ください。 嫌いなものはあまりありません。トマト(未加工品)・食用菊・パクチーぐらいです。それ以外でお願いいたします。

  • 乳癌に効果のある免疫療法

     今まで免疫療法というと、いわゆる代替療法のようなものと思っていましたが、今ではかなり医学的にも認められる存在と聞きました。  私は乳癌患者です。再発の可能性が高いと主治医から言われていますが今のところ元気です。ハウツー陰性なので抗体療法であるハーセプチンは効果がありません。  樹状細胞療法が効果ありとされているようですが、どのような治療法なのでしょうか?また、他にも効果の認められている治療法がありますか?ご存知の方教えてください。  また、効果無しと思う方の意見もお聞きしたいと思います。

  • 大野裕先生お勧めの代替療法で…

     うつ病の西洋療法の代替療法として、慶応大学の大野裕先生がお勧めの代替療法についてお尋ねします。  監訳された「鬱とそうの教科書」の中で、西洋療法を受診治療するとともに患者自身が出来ることとして、10の実践すべきことを挙げています。  そのうち、あらゆる代替療法の基礎となる栄養サプリメントの摂取を勧めています。  そこでお尋ねしたいのは次の内容のサプリメントを日本で入手する方法です。  必須脂肪酸の、リノレン酸でオメガ3。これが含まれている、低温圧搾で未精製の亜麻仁油です。これを一日ティスプーン1から2杯飲むと良いそうですが、入手する方法をご存知でしたら教えてください。