• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

英語圏での電話の応答

Cathyが家事をしている時に、半年以上前に就職を申し込んだ会社から電話が来た場面の会話です。 Cathy: Salford 779-883. Hello? Rajif: Could I speak to Cathy Barnes, please? Cathy: This is Cathy Barnes speaking. Who is this? Rajif: My name's Rajif Gupta. I'm human resources manager at Online. I'd like you to come for an interview with our company. Cathy: But I sent you an application and a CV more than six months ago! Rajif: I know. I apologise, but we're always busy at this time of year. Are you still interested in a job with us? Cathy: Of course I am. When would you like me to come? Rajif: As soon as possible. How about next Thursday? ここで質問ですが、日本では電話がかかって来た場合は「はい、○○です。」と応答するのが普通ですが、英語圏では 自分の電話番号を言うのが普通なんでしょうか? それから、human resources managerは人事部(課)長のことと推察されますが、日本とほぼ同じようなシステムと解釈していいのでしょうか?また、英語圏では 課長と部長のような区別はあるんでしょうか?

noname#47281
noname#47281

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数498
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

今は携帯が多いので Cathy:Hello Cathy:Hello Cathty. Cathy:Cathty. Cathy:Yes Cathty. などで電話にでることが多いとおもいますが、仕事や人柄によってばらばらです。 わたしは Cathy:Cathty みたいに、自分の名前のみいうのが自分に合っているのか無意識にこれを使います。 固定電話では、この10-20年は(特にアメリカでは)犯罪への恐れから個人家や名前を特定されないよう、情報をできるだけ少なくする傾向があったかと思います。 とくに留守番電話には「ただいま留守にしております」も入れないことが多いと思います。 human resources は人事部ではありますが、人的資源と訳せるように従業員など人に関するいろいろなことを扱います。 採用関係のみならず、会社によっては社員の保険システムの構築や運営、地方支店へ転勤などの際のサポートなど、までいろいろリソース、すなわち情報を取り揃えてサポートしてくれる部署だったりもします。 また日本は有給休暇は国の法律で決まっていても、使うかどうかは本人にまかされていますが、海外の多くでは「あなたの今年の有効有給は、○月○日で消滅しますのでご注意ください」みたいな、アテンションを回してくれますが、これもたいていヒューマン・リソース部が出すケースが多いようです。 海外では権利として休みを積極的にとりますし、国によっては全社員に休みを年間△日は無理やり(必ず)取らせる、というところもありますので、そういった従業員のコントロールも受け持っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 この後、Cathyは大喜びで夫の職場に電話をかけ、夫にcall backするように伝言します。 Simon:Hello darling. You want me to call you back? Cathy: Guess what? I've got an interview with Online. Simon: That's wonderful news! Hello? Speak louder. I'm on my mobile. Cathy: You know I sent my CV to them six months ago? Well this morning I was doing the housework the phone rang. It was personal director himself. He said he wants me to go to York next week. I'm so excited! I really wasn't expecting this. Simon: Darling, I must go. Tell me all about it this evening. Goodbye. ここでは human resources managerがpersonal directorに言い換えられています。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

今どき、普通言いませんよ。 (過去20年以上英語圏に住んでいたものです。)  でもずーっと前、古い時代の人が「こちら何番何番です。」と言って電話を受けていた事がありました。 でも番号を言う場合には名前は名乗っていませんでしたけど。   普通は“Hello"(もしもし)ですね。 仕事場で自分の専用電話でしたら、その後に自分の名前をつける人もいます。 (“Hello. (This is) John." --( )内のThis is は省く場合があります。) でも一般のお宅でしたら“Hello"のみが普通です。 人事課の事について「日本とほぼ同じようなシステムと解釈していいのでしょうか?」とのことですが、日本のどのようなシステムについてなのかはっきりしないので…   課長・部長のことですが、 マネージャーとかシニアマネージャーとかその職種によっていろいろな名前のマネージャー職があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 英語圏といっても色々国がありますからね。国によっても違うかもしれませんね。

  • 回答No.1

国によって人によって違うと思います。自分の名前をなのることももちろん多いです。これはイギリスでの会話ではないでしょうか。Salfordは地名だと思いますが。イギリスだったらこういう会話も想像に難くないです。イギリスでは日本より個人主義が強くプライバシーの意識が強いと思います。電話も一軒家はともかくとしてフラットなどの場合は、共有してることも多いので、個人名を名のらず電話にでることも考えられます。human resource managerは人事のマネージャーだと思いますが、日本でいう課長か部長かそこまでこまかくわかれていないような気がします。managerの上がsenior manager, group manager, director, vice presidentといった感じでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ご察しの通り、イギリスでの会話です。Salfordは地名、厳密には電話のエリア名だと思います。 余談ですが、私の日本での経験上なんですが、○○(日本ではかなり多い姓)さんの家に電話をかけたんですが、間違がって電話をかけてしまいました。「それで、○○さんいらっしゃいますか?」と言ったら、話がかみ合わないのです。どうやら、偶然にも 同姓の人の家に間違い電話をかけたようでした。

関連するQ&A

  • 英語教えてください

    you left us as usual take~ away from ★in an instant ★come to an end それぞれの意味を教えてください また★がついてるのには品詞も教えてください

  • 掲示板で英語圏の方に返信を書きたいのですが翻訳は正しい?

    飛行機のゲームの掲示板で英語圏の方に僕の考えを投稿したいのですが、このような内容で相手には正確に伝わるでしょうか? 英語は多少苦手なんですが、ヤフーの翻訳メニューがありましたのでそれを使ってみたのですがおかしな翻訳ではないでしょうか? 以下がその内容です  I love this body, but it is the airplane that I love at all BOEING747 - 300B747 - 200B747 -100s that played an active part as a main plane most of an international airline to just this. As for the classic jumbo of あ ... - these, I put vintage 747 and a pet name, but may love this airplane than a woman if I say. B747SR -100 completely retires just the other day from All Nippon Airways, and it is a better help. Because it is only JAL now if it gets in Japan of this place, I am lonely, but jumbo is the airplane which after all is splendid.

  • クエスチョンマークをつけるだけの疑問文

    Cathyが半年以上も前に求職の申し込みをした会社から突然電話が来て、面接を行う知らせを受け、喜んですぐさま夫のSimonの職場に電話をかけて、夫に電話をかけ直させる場面の会話です。 Simon:Hello darling. You want me to call you back? Cathy: Guess what? I've got an interview with Online. Simon: That's wonderful news! Hello? Speak louder. I'm on my mobile. Cathy: You know I sent my CV to them six months ago? Well this morning I was doing the housework the phone rang. It was the personal director himself. He said he wants me to go to York next week. I'm so excited! I really wasn't expecting this. Simon: Darling, I must go. Tell me all about it this evening. Goodbye. そこで質問です。英語では疑問文を作る場合、動詞がbe動詞や助動詞の場合は主語と倒置し、それ以外は頭にdoをつけますが、Cathyのセリフで“You know I sent my CV to them six months ago?”のところは、 ピリオドをクエスチョンマークに変えただけですが、 こういう疑問文はよく用いられるんでしょうか? それから、携帯電話のことは cell-phoneも全く同じように使えるんでしょうか? また、personal directorは前の会話では human resourses managerという用語が使われていましたが、directorとmanagerは何が違うんでしょうか?

  • win withって成句的表現?

    Cathyが夫のSimonと一緒に友人のBrendaのところを訪れてお喋りしている場面です。 Cathy:Stella called me from Nottingham the day before yesterday. I hadn't heard from her for ages. Not since she left university. She said that she'd been working as an account in Australia but that she'd moved back to Nottinghamshire and bought a house. I told her I was seeing you this you this weekend and she sent you her love. Brenda: I wonder what became of her sister, Anna. She was so clever. Cathy: I asked her what Anna was up to, but she wouldn't tell me. The last I knew, she was working as an estate agent in Nottingham. I used to run into her from time to time in the “Trip to Jerusalem”. I don't remember whether I told you in my letter, but I've got a job. A proper job, in an office. I start next week. Why are you laughing? Brenda: I'm not laughing at you. I'm just very happy for you. Simon: Are you two going to sit there gossiping all day? It's nearly dark. Cathy: I like that! You can never win with man, can you? If you talk about other people, they call you a gossip. And if you talk about yourself, they say you're self-centered! そこで質問です。Cathyのセリフで「I like that! You can never win with man, can you? 」の部分ですが、これはSimonが 女二人がお喋りに夢中になっているのに しびれを切らして言葉を挟んだ後、Cathyが少し皮肉を込めて発した思うんですが、これは 男がいるんじゃ参ったということだと思うんですが、上手に訳すとどうなりますか?

  • 英語おしえてください

    but i did like you although you had an husband and talk to me これはどういう意味ですか?

  • 英語にしてくださいm(__)m

    If come to Japan and I'm with you I will never want to leave. I know say this a lot but I so badly wish you could come here right now.に 『私も同じ気持ちよ* そうできたらいいんだけどね。。 てか、あなたは今すぐにでも来てくれるって言ってくれてるのに 私がわがまま言って拒んでるんだよね。本当ごめんね。 』←と英語で言いたいです。 英語にしてくださいm(__)m

  • 彼がよくわかりません

    いつもありがといございます。海外にいるペンパルからでんわで話したいといわれたのですが、私は電話だと英語が聞き取れなくてうまく話せないかもよ?どう思う?と聞き返したらこのような返事がきました。 i like to see your message all the time baby,i really like to know you beter,but you dont know how im thinking of you baby,i really like to know you as well,dont thik that im joking with you baby,i really need you to come my life,beliee me baby, I hope you are fine baby,Looking forward to hear from you as soon as possible, 彼はどのようなつもりでこの返事をかいてきたのかがわかりません。私の言っていることはつうじているのでしょうか?なんと言っているのか教えて下さい。おねがいします

  • 英文メールの一文を日本語に

    英語から日本語に訳して欲しいんですが... メールの一部で、 I believe you are the right person to contact regarding this, but I apologise if not. という文章なんですが、どう書けばいいのか分からず困っています。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 英語のことで教えて下さい!

    「もしあなたが日本に来るならどこに行きたいですか?」を英語にすると「Where would you like to go if you came to Japan?」でcomeのところは過去形になるんですよね? 「もしあなたがアメリカに行くならどこに行きたいですか?」を英語にすると「Where would you like to go if you go to America?」で合っていますか?goのところは過去形にするのか、そもそもこの英語はおかしいのかが分かりません(>_<) 初歩的な質問で申し訳ないのですがどなたか教えて下さいm(_ _)m

  • 和訳お願いいたします。

    Today I brought your presents to work. All my colleagues were very happy ... but also very surprised (this is very unusual in European culture). Ok ... it's probably unusual in every part of the world except Japan :) It's too kind for th rest of the world. And all my colleagues hope you will come back to Belgium soon ... because they all like the crackers :) But no one is hoping you come back as much as I do ... 以上です。ありがとうございました。